leckere Gechencke (トナカイと私)

水曜日の朝、歯茎を切開して親不知を2本抜くというオペをしたら、その後どんどんほほが腫れ、鎮痛剤も効かないくらい痛くて痛くて・・・
口が開かないし噛めないのでろくに何も食べられない。
木曜日はスープを飲んで過ごした。
金曜日はオランダ出張帰りのぺーさんがやってくるので、スープだけではかわいそうなので一応柔らかそうな煮込み料理を作ることに。
Karashiさんのブログで見て以前から気になっていた白菜と豚肉の煮込みを作ってみた。
作り方はいたってシンプルで、ざくざくと切った白菜を立てに並べ、その隙間に豚ばら肉をはさみ、酒、水、塩を少々振ってレンジでチンするだけらしい。
私は最近無水調理に向いていると気付いた小鍋に塩と粉末の出汁を振り、火にかけてみた。すぐに白菜から水分が出るので、そのまましばらくグツグツ。
f0224632_20252321.jpg

豚肉がよく脂がのっていたからかすご~く柔らかく仕上がってなんとか噛む事ができた◎
付け合せは野菜の煮物とキャベツのお味噌汁、そしてご飯は同僚に日本土産に頂いた山口名産「しそわかめ」ご飯。
f0224632_20254179.jpg

この「しそわかめ」、ちゃんと紫蘇の風味がするし胡麻も入っているし、ぺーさんも気に入ったらしく、普段おかずと食べる時はどちらかといえば白ご飯派なのにお替りもしそわかめご飯で♪

翌日の朝食に登場したのはぺーさんのオランダ土産のゴーダチーズ。
クリスマス前だからトナカイの形をしていてかわいい◎
f0224632_2026857.jpg

お皿は殆ど写ってないけれど冬仕様のMiffyちゃんのお皿♪
ぺーさんはほっぺたがパンパンに腫れてすごい事になっている私とこのかわいい下膨れトナカイを見比べ、「そっくり!」と大喜び。
う・・・ムカつくけど言われれば・・・と私も笑ってしまった。
それから、歯を抜く前日にお友達のおうちにお呼ばれし(前日でご馳走を食べられ本当に良かった!)、ダンナさんお手製のとっても美味しいパプリカ・ペーストをお持ち帰りさせてもらっていたのでそれもトーストにのせて頂いた。
f0224632_20263878.jpg


夜は寒いし、前日の豚肉が食べられたので、お鍋でグツグツすれば私も食べられるかも、と鴨と鶏でお鍋をする事に。
鴨は奮発してフランス産の脂のよくのった方をチョイス。
f0224632_20271540.jpg

・・・にも拘わらず、私には噛めなかった。(T_T) ぺーさんには「すごく柔らかくてジューシーで美味しい!」だったらしく、私が食べれなかった分モリモリと2人分平らげてくれた。(苦笑)

翌朝は先週えみちゃんから届いた小包の中にあったほうとうを頂くことに。
その為に鴨鍋のスープを取っておき、きのこや野菜のほかにほうとうに欠かせないかぼちゃと付属の味噌ソースを加えてグツグツ。
f0224632_202804.jpg

お肉はぺーさんがお鍋に入れると好きなスパムを入れた。これなら柔らかいので私でも美味しく食べられた◎

それにしてもあまりにも痛みがひどいし熱もあるし、抜歯をした口腔外科の先生は既に年内の仕事を終え休暇に入ってしまっているので、抜糸をしてもらう予定の歯科へ今日(月)の朝一番で行ってみるつもり。
クリスマスまでにこのトナカイ顔が治るといいなぁ。
[PR]
by tantan_quelle | 2010-12-20 08:30 | 料理

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle