タグ:旅行 ( 117 ) タグの人気記事

10月2日(日) 日本

運動会の後、車で3時間程の所に住むペーさんの親友ファミリーを訪ねました。
着いた当日は魚市場でタコを買ってくれていてたこ焼きディナー♪
娘ちゃん達が上手にたくさん焼いてくれ、リュウも喜んでたくさん頂きました◎

そして翌日日曜日は村のお祭りでした。
子ども達がお神輿を引くとのことで、朝食の後娘ちゃん2人は早々とお出掛け。
私達もお神輿を見るべく出掛けました。
私達が合流できた時は既に半分引き終え休憩地点に居ました。
f0224632_538553.jpg

休憩を終え最終地点を目指し出発。
子ども達が引くお神輿の後ろをお神酒を乗せたトラックが続き、お神酒が呑み放題!
お神酒だけではなくおつまみやジュースも何度も振る舞われました。
ペーさんの親友であり悪友(呑み友達)でもある友人は「このお祭りのハイライトはお神酒なんだから、お神酒を呑んで今晩も泊まればいい」と何度もぺーさんを誘っていましたが、予定通りこの日に帰ろうとペーさんはお神酒はパス。
f0224632_5385527.jpg

といっても、前の晩は2人で夕飯後2時頃まで呑み、瓶ビール6本、缶ビール10本、そしてシュナプス(ドイツの蒸留酒)をなんとボトル半分くらい開けていました…(^^;)
f0224632_5385572.jpg

坂の上の神社までお神輿を引っ張りお神輿行列が終了。
f0224632_5385634.jpg

お神輿を引っ張っていた子ども達はご褒美にお菓子の詰め合わせを貰っていました。
後ろでジュースやおつまみのさきいかを貰いながら歩いていただけのリュウにもくださり大喜び♪ 有難いやら申し訳ないやら…
f0224632_5385714.jpg

お昼は村の人達が集まって手作りのお寿司やすき焼きを。
部外者の私達まで混ぜて頂きました。
f0224632_5385723.jpg

これでお祭りは終了かと思いきやまた山の上の神社の境内に集合とのことで、午後は村の人達お待ちかねのビンゴ大会と餅まきがありました。
ビンゴは景品が豪華な上になんとハズレなし!
みんな大盛り上がりで楽しみました♪
餅まきも大盛況!
f0224632_5385899.jpg

ステージ前に子どもエリアがあり、リュウも7個拾えました。
「頑張ってしっかり取ってね!」とお願いしていたペーさんがリュウと同じ7個って…
初めて挑戦した餅まきで皆の殺気立った様子に引いてしまったようです。(^^;)
f0224632_5385860.jpg

この日は思いがけず日が照り気温も上がった夏日でした。
帰りがけに川に入って遊んでいる大きな子達を見たリュウは「僕も入りたい♪」と。
「ちょっとだけだよ」と入れるとちっとも出たがらず帰りたがらず大変でした。
f0224632_5385964.jpg

村の小さなお祭りに部外者の私達が飛び入り参加させて貰いましたが皆さんとても温かく受け入れてくださりとても良い時間が過ごせました。
リュウにとっても日本の文化や自然を体験する良い機会となりました。
f0224632_5405729.jpg

「お祭りがあるから泊りがけでおいでよ」と誘ってくれ温かく迎えてくれた友達ファミリーに感謝です◎


こういう村のお祭りってイイね♪と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-11-10 23:30 | イベント
9月29日(木) 日本

続けて日本ネタですが、有馬温泉の続きなので続けてアップします。

朝食を済ませた後はチェックアウトしてすぐに神戸ハーバーランドを目指します。
目的地はアンパンマンこどもミュージアム。
リュウはドイツに居る時から「日本に行ったらアンパンマンに会いにアンパンマン・ミュージアムに行く」という願いがあり、ずっと言い続けていた彼の願いがやっと叶い憧れのヒーローに会えました☆

10時のオープン前に着くとアンパンマン達がお出迎えしてくれるとのことでしたが、いつも空いている高速が事故で渋滞していたり道に迷ったりのトラブルがありお出迎えには間に合いませんでしたがワックワクのリュウはそんなことは気にせず喜んで入館しました♪
f0224632_023119.jpg

ちなみにワックワクのリュウに対し、アンパンマン嫌いのペーさんは渋々お付き合い。最後はアンパンチ(暴力)で解決するアンパンマンは好きではないし子どもの教育に良くないという彼の意見からうちではリュウにはストーリーのあるアンパンマンは殆ど見せておらず、リュウに見せているアンパンマンのDVDは手遊びやまねっ子遊びといったシリーズです。それでもキャラクターに惹かれるらしく頂き物の『アンパンマンと仲間たち』といった本でキャラクターの名前を覚えています。
日本だと「桃太郎」や「金太郎」といった童話も力で解決しめでたしめでたしですしアンパンマンが暴力的と言われてビックリでしたが、これはペーさんだけではなく他のドイツ人達からも同様の意見を聞き、言われてみると「なるほど」と目からウロコでした。
f0224632_023191.jpg

開館前のお出迎えには間に合いませんでしたが朝の館内パトロール中のアンパンマンに遭遇しました!
リュウに「あそこにアンパンマンが居るよ」と教えると、「アンパンマーン!!!!!」と叫んで駆け寄り、やっと念願叶って会えたアンパンマンにハグして貰えました♡
f0224632_023258.jpg

シアターでのショーは前より中央のかなり良い席で見られました。
リュウは振付を一緒にしてノリノリ♪
f0224632_023223.jpg

アンパンマンのお面作りに挑戦。
リュウの描くアンパンマンのお顔があまりに困った感じなので目の位置をちょっと手直ししてしまいました。(^^;)
f0224632_023322.jpg

その後はお面を付けて館内をあちこち見て周りました。
f0224632_023373.jpg

雨が降ったり止んだりでしたが、タイミング良く雨の合間に外を走るSLマンにも乗れました♪
f0224632_023473.jpg

館内に戻り手遊びコーナーに参加したり人形劇を観たり。
f0224632_072230.jpg

そろそろ引き上げようと下のモールに下りるとそちらのステージでもダンス・ショーが調度始まる所でそちらも鑑賞。
f0224632_023560.jpg

結局お昼も食べずに15時半頃まで遊びました。
f0224632_02362.jpg

最後にはミュージアムの目の前にある観覧車にも乗車。
今までベルリンの移動遊園地の観覧車を見ても恐がって乗ったことのなかったリュウですが、今回は冗談で「乗ってみる?」と聞くと乗る気満々。
アンパンマン・ミュージアムでテンションが上がっていたからか大き過ぎて高さのリアリティがなかったのか⁈
f0224632_023653.jpg

乗ってみると思った以上に高くて私が恐くなり、リュウがゴンドラの中を歩くので「動かないで!」と真っ青でした。
f0224632_083611.jpg

渋々お付き合いだったペーさんはショーの度にビデオカメラを回してくれていました。
そして、ただただカメラマンとして同行してくれた母に、丸一日一人で時間を潰してくれた父に感謝です。
リュウにとっては念願が叶った大興奮&大満足の最高の一日だったようです☆


憧れのヒーローに会えてハグをして貰えて良かったね♪と応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-10-10 23:55 | お出かけ
9月28日(水) 日本

母の姉で神戸に住む伯母は子どもの頃は夏休みは毎年泊まりに行きかわいがってもらった大好きな伯母です。
その伯母が去年突然癌だと宣告され、それもステージ4だと言われ愕然としました。
その後癌治療専門の病院に入ることができ詳しく調べて貰いステージ3と言われましたがそれでも危険な状態には変わりなく、手術ができないので放射線治療をするとのことでした。
一刻も早く会いに帰国したかったのですが私も家庭の事情があったり、伯母の配偶者である伯父しかお見舞いに入れない病院だったこともあったりで帰りそびれていましたが、なんと今年に入って奇跡が起き癌が完治したとの知らせをもらいました。

帰国してすぐに伯母に会いに行きたかったのですが、癌が治った安堵もあり、私の体調不良もあり、うちの両親のスケジュールのこともあり、なかなか会いに行けずにいましたがやっと28日に1泊で神戸に行くことになりました。
27日は伯母の誕生日だったので誕生日の後祝いもできるし、28日にペーさんが関空に着く予定だったので彼にもそのまま宿に来てもらい合流することができるしでとても良いタイミングとなりました☆

宿泊先は伯母のうちから車で10分程の有馬温泉に。
宿泊はうちの両親と私達で大人4名、幼児1名ですが、伯母夫婦も食事に来てもらうことにし食事は大人6名でお願いし、伯母の体調も私の体調も心配だったので部屋食をお願いしたところ、10畳と15畳の2間続きのお部屋を用意してもらえることに!
台風の影響であいにくのお天気でしたがとても眺めの良いお部屋でした。
f0224632_145964.jpg

食事の前にまずは最上階の展望風呂へ。
広々としたお風呂で露天もあり、お風呂からの眺めもとても良く気持ち良かったです。
f0224632_1459976.jpg

お部屋に戻るとお食事の用意ができていました。
誕生日と快気祝いと言ってあったので、「祝」と書かれたお膳掛けが掛けてあり、お箸も祝箸でした。
f0224632_145963.jpg

用意されていた前菜で特に素晴らしかったのが秋のお皿!
お芋で銀杏を、大根でうさぎを、人参で紅葉を、お蕎麦で松葉を作ってあり、お米も油で揚げてはじかせて食べられるようになっていました。
銀杏の実や栗の甘露煮も美味しかったです。
f0224632_1459814.jpg

炊き立てお赤飯も付けてありました。
炊き立てほこほこもちもちの美味しいお赤飯はリュウも1人分ペロリと食べました。
しかも、伯母と私はお刺身がドクター・ストップなのに気付きチェックイン後お部屋から電話してその旨を伝えたのですが、そんな直前の申告にもかかわらず2名分お刺身盛り合わせを茹で海老に変えて下さいました。
海老好きのリュウは大きな海老を伯母と私から1匹ずつ貰いました。
f0224632_1459526.jpg

酸っぱい物好きのリュウはもずく酢も好物で、3人分ペロリ。
飲み物の様にもずく酢を飲んでいました。
f0224632_1459799.jpg

どのお食事もとても美味しく、最後までしっかり平らげました。
f0224632_1459618.jpg

食事の後はリュウが伯母にお誕生日の歌のプレゼント♪
f0224632_1459829.jpg

↑お部屋係の方がリュウ用に小さな浴衣を持って来てくださって、みんなで「似合う♡」と散々おだてたのに袖が気になったり裾がはだけたりするのが嫌ですぐに脱いでしまいました。(^^;)

食事を済ませ伯母夫婦が帰った後、リュウはチェックイン後すぐに目ざとく見つけたガチャコロのあるホテル内のゲームセンターにじぃじに連れて行ってもらうことに。
「1回だけよ」と約束させ行かせたのに全然戻って来ないので見に行くと太っ腹のじぃじがゲーム用のお小遣いをリュウにくれたのでペーさんとバイキンマンのモグラたたき対決を。
3段階のレベルがありリュウは1番簡単、ペーさんは1番難しいレベルにしましたがナント結果はリュウの勝ち☆
f0224632_145984.jpg

ゲームセンターの後は男女に別れそれぞれ地下のお風呂へ直行♪
地下といっても建物が山肌に建っているので竹林が見られる露天風呂があり、しかもその内の1つは豪華に薔薇の花をたくさん浮かべたローズ風呂でした!
内風呂も大きな木の梁が巡らせてあり気持ち良かったですが、「やはり展望風呂が良かったね」母と私はもう一度展望風呂へ♨
私は翌朝も食事の前に展望風呂を堪能しました◎
f0224632_1459988.jpg

リュウは寝る時に天井を見上げ「このお部屋、広くていいね♪」と言い、帰る時も「またホテルに泊まりたいね♪」と言っていました。
伯母夫婦と奇跡の様な良き日を迎えられ本当に本当に良かったです。


気の利いたサービスをしてくださるお宿って素晴らしい☆と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-10-07 15:00 | 旅行
3月25日(金)から28日(月)までイースター休暇で4連休でした。
クリスマス同様イースターはドイツでは家族で過ごすイベントでもあるので例年ぺーさんの実家に帰省するのですが、今年はペーさんは仕事で不在です。
悩んだ末、去年のイースターに実家のお庭で卵探しをした際にリュウがとても喜んだし、リュウを連れて帰省すればペーさんパパ&ママは間違いなく大喜びなので、リュウを連れて電車で帰省することにしました。

リュウと2人でペーさんの実家へ行くのはもちろん、電車での帰省も初めてです。
2人分の着替え等を大きなリュックサックに詰め、更に手提げに電車用の食べ物やリュウの本などを持ち荷物はいっぱい。
リュウも自分のリュックサックにオモチャを詰めて出発しました。
途中で電車を1本間違えているのに気付き、もう間に合わないかもしれないと地下鉄を降りタクシーに乗り換えるというバタバタがありましたが、タクシーの運転手さんが親切な方で飛ばしてくれたり駅の手前の信号で停まっている間にお金を払わせてくれたりでなんとか買ってあった特急電車に間に合いました。
リュウはベルリン市内の電車にはほぼ毎日乗っているのですが、久しぶりに乗る長距離電車にワクワクです♪
f0224632_2073815.jpg

特急電車に乗ってすぐに車掌さんが来て乗車券のチェック。
リュウは子どもチケットをもらいリュウは大喜びでした◎
f0224632_2073880.jpg

連休の初日だったので列車は大混雑で、指定席を2つ前もって買っておいて大正解でした。
f0224632_2073817.jpg

無事にオパ&オマ(おじいちゃん&おばあちゃん)のうちに着き、3泊してきました。
滞在中、私が些細なことでペーさんパパにムッとしてしまいキツく言ってしまいました。
折角ぺーさんの両親に親孝行できればと思い帰省したのに台無しにしてしまいました。
ペーさんの両親は2人とも年齢の割に精神的にも肉体的にも老けていて、そんな2人が彼らなりに私達に気を遣って頑張ってくれていたのだから、私は気に入らないことがあっても我慢するか言うにしても言い方があったはずだと反省です。
f0224632_2073883.jpg

私の至らなさはともかく、リュウは終始楽しかったようですし、ペーさんの両親もリュウの滞在を喜んでくれ帰りには涙ぐんでいた程でした。
f0224632_207393.jpg

私の失敗談は恥ずかしいので詳しくは書きませんが、休暇中の様子をまたボチボチとアップしたいと思います。


未熟な私に応援クリックお願いします。 (^^;)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-03-30 20:30 | お出かけ
12月29日(火)

以前も行ったことのあるBad Saarowという温泉地に日帰りで行ってきました。
1泊ゆっくり行くのも良いなと思ったのですがクリスマス後の休暇シーズンなので良さそうなホテルは既に満室でした。
温泉施設内にマッサージ施設もありいろんなマッサージのコースがあるのですが、前日に電話するとなんとそちらもいっぱいで予約できませんでした…
あまりのことに驚き芋洗い状態だったら嫌なので行くのを止めようかと思いましたが、リュウが行く気満々だったので行ってみることにしました。
f0224632_1538248.jpg

かなり寒い日でしたが、まずは湖の周りを散歩しました。
5歳位の女の子がお父さんと葦で魚釣りごっこをしているのを見てリュウも真似っこ♪
f0224632_1538399.jpg

寒かったですが散歩を楽しんだ後はお目当ての温泉へ。
f0224632_1538387.jpg

ドイツの温泉は日本人からすると温泉というより温水プール。
温度も32度位の所が多いですが、こちらは水温が36度ありドイツにしては温かめで嬉しいです。
ベルリンから日帰りで行ける温泉は他にもあり、他の場所の方が幼児が遊べるプールがあるのですが、温度で今回はこちらを選びました。
中の人数を制限していたので入るのに少し待ちましたが中はそんなに込んでおらず良かったです。
f0224632_1538476.jpg

↑外プール。私達も出ました。水温が中より更にちょっと温かめで寒くはないのですがやっぱり頭が冷えます!
室内にはジャグジーがあったり、別室で塩分濃度の高く体が浮き易くなっているプールでは仰向けに浮かんで水を耳につけると水中から音楽が聞こえる仕掛けになっていました。
リュウも「聞こえるよ~♪」と喜んでいました。
f0224632_1538484.jpg

着替えや出る前のシャワーの時間を含め3時間近くしっかり楽しんできました。
反省点は龍の浮き輪を忘れてしまったこと。
幼児用の浅いプールがないので常にぺーさんか私が抱っこしていないといけないし、浮き輪があればリュウも自分で遊べたのでリュウとしてもその方が楽しかったと思います。
f0224632_1538532.jpg

温泉を楽しんだ後は、ぺーさんが調べておいてくれた魚レストランへ向かったのですが、温泉からレストランまで車に6分ほど揺られた間にリュウが寝てしまい、どんなに起しても無理だったので諦めてベルリンへ戻ることに。
ベルリンで気になっていたトルコの魚レストランがあったことを思い出し、すぐに電話で開いているかを確認しそちらへ向かいました。

タイミング良くリュウはレストランに着く少し前に起きました。
まずは前菜としてタコの酢の物とオリーブ、タラモサラダをオーダー。
f0224632_1538618.jpg

どれもリュウは気に入ったらしくたくさん食べ、熱々パンもいっぱい来たので前菜だけでお腹いっぱいになりそうでした。
それから以前ご近所さん宅で頂きリュウがたくさん食べたイワシのから揚げも♪
f0224632_1538712.jpg

メインはスズキのグリルにしました◎
f0224632_153889.jpg

どれも美味しく頂きました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

静子ママがリュウにクリスマス・プレゼントを渡したいので帰りに寄って欲しいと言われていたので食後は静子ママのお宅へ。
いつもリュウの誕生日とクリスマスにプレゼントを用意してくださり、申し訳ないので今年は私が粘土を用意して前もってお渡ししていたのですが、それ以外にベルリン・ベアのTシャツとベルリン名物アンペルマンの靴下、そしてなんとトーマスの仲間のエドワードもありビックリ!
Tシャツも靴下もとても嬉しかったですが驚いたのはエドワード!エドワードはまだ持っていなかったし、今年はサンタさんにレールとその他の仲間を貰ったのであまりにもピッタリなプレゼントにビックリでした。
f0224632_1538965.jpg

そういえば前回Bad Saarowへ行った後も静子ママのお宅にお邪魔したなぁとその時にアップ(こちら→)を見ると、その時も静子ママからのテレパシーかのようなオファーに驚いたことを思いだいました。
やっぱり静子ママはスゴイ☆


体温位の温泉なんて…と思われた方も応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-01-28 23:55 | お出かけ
8月30日(日) 後編

お昼休憩をした後、皆でブロッケン山の頂上にある観測所や展望台の周りをぐるりと歩きました。
f0224632_14504235.jpg

ブロッケン山のあるハルツ山地は魔女が集う山として有名です。
頂上にあった岩には魔女や悪魔が集まって腰かけるそうです。
f0224632_14504190.jpg

リュウはヤコブくんと一緒なので大はしゃぎで、ヤコブくんを追いかけて走り回り何度もこけ、おでこをすりむいた時は痛さで一瞬泣きましたが抱き上げるとすぐに泣き止みまたヤコブくんを追いかけていました。
f0224632_14504138.jpg

以前は別の山からブロッケン山まで何度も歩いたというペーさんパパ&ママですが、最近ペーさんママは普段の生活には全く問題のない程度ですが歩くのが辛いとのことで2人は往復のチケットを買っていたので、駅に行き2人を見送りました。
f0224632_14504114.jpg


この山を自転車で登る人も多く、すごいなぁと思っていると、小学校高学年くらいの子どももお父さんお母さんと自転車で登っていて驚きました。
ただ、下山する自転車がすごいスピードで下っていくのが危なくておチビ2人を歩かせられず仕方ないのでパパ2人が肩車を。
f0224632_1450415.jpg

頂上でも見かけましたが、馬車でも登れるらしくビックリ!
馬にとってはとても過酷な仕事だと思うしかなり時間も掛かると思います。
f0224632_14504330.jpg

下山中にも機関車を見かけ「エマ~♪」と喜ぶリュウ。
f0224632_14504359.jpg

舗装された道から登山道にそれ、自転車が来ないので子ども達を歩かせました。
f0224632_1450431.jpg

大人でも気をつけないと危ないような岩ぼこ道が多く、リュウはぺーさんが強制抱っこ紐や肩車していましたが、岩から岩へぴょんぴょんと上手に飛び移りながら下って行くヤコブくんを見て同じことをしたがります。(^^;)
5歳でもうあんなに歩けるのだと感心しました。
f0224632_14504442.jpg

大きな岩場は無理ですがちょっとしたでこぼこ道なら歩かせ、2歳児にしてはかなり歩いたと思います。
上が居ると成長が速いとよく聞きますが、まさにそんな感じでした。
f0224632_14504449.jpg

ブロッケン山には雪のあった2008年12月に登ったことがあり、その時は登りも下りも歩いたのですが割と簡単な登山だったという印象だったので、今回は子ども連れとはいえ下山に2時間以上掛かりかなり疲れました。
ズブズブ踏み込まない程度の雪山より暑い夏の山の方が疲れるのかも⁈

街に出ると、魔女の集う観光地らしい看板を見かけました。
f0224632_14504521.jpg

観光地なのでかわいらしいペンションもたくさん並んでいました。
町役場と思われる建物もとてもかわいらしかったです。
f0224632_14504612.jpg

以前に一度行ったことがありますが、ハルツ地方には温泉に入れる所もあるので次回は温泉&街歩きもいいなぁ♪と思います。


魔女が集う山ってすごいね!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-09-12 23:55 | お出かけ
8月30日(日)前編

日曜日はハルツ山地の最高峰、ブロッケン山に登る予定でした。
お天気にも恵まれ絶好のハイキング日和◎ということで、丁度日曜日にペーさんの上のお兄さんが末っ子のヤコブくんを連れて実家に来る予定だったのでブロッケン山に誘うと一緒に行ってくれることになり、それならとペーさんパパ&ママも誘い7人で出掛けました♪

朝食を済ませ出掛ける準備をしているとヤコブくん達がやって来ました。
f0224632_13125047.jpg

リュウは大喜びで「ヤコブ~♪」と外へ行き、お庭のラズベリーを食べる2人。

車2台でブロッケン山の麓へ向かいました。
今回ブロッケン山に来た目的は、蒸気機関車の登山鉄道です。
駐車場から駅まで800m程山道を歩きました。
山道に入るとすぐに苔生した岩がたくさんあり空気が違います。
f0224632_1312505.jpg

「屋久島まで行かなくてもここで見れるね」なんて笑いながら言うぺーさん。以前訪れた屋久島の白谷雲水峡のことを言っているのですがもちろん冗談!ここも綺麗でしたがあの雰囲気はやっぱり訪れてみる価値ありです!
f0224632_13125278.jpg

リュウも頑張って歩きなんとかギリギリ乗りたかった列車に間に合いました◎

列車は私達の乗った駅より1つ前の駅もあり(そこなら多分歩かずに乗れたのだと思いますが、以前乗ったことのあるヤコブくんパパによると景色がつまらないとのことで頂上1つ手前の駅から乗りました。)私達が乗った時は既にほぼ満席で、私達はデッキに立っていましたが、これが正解◎
風が気持ち良いし、景色も綺麗だし、なんといっても機関車がかなりのスピードで山を登って行く迫力を感じられます。
f0224632_13125164.jpg

気温が30度まで上がった8月最後の日曜日だったのでハイキングに来ている人もたくさんいました。
列車は1日11往復走っているそうですが、この日はもっと頻繁に走っていたように感じたので臨時列車が走っていたのかもしれません。
f0224632_13125193.jpg

列車はカーブも急な坂もスピードを落とさず力強く登って行きます。
カーブの度にデッキにいる人達が写真を撮ろうと身を乗り出すので列車が倒れないかちょっとドキドキでした。(鉄の塊の機関車がそんなことで倒れる訳ないですよね。^^;)
f0224632_13125385.jpg

周りの木々がなくなり岩が目立つとついに頂上に到着。
f0224632_13125270.jpg

私達が乗った最後の1区間でも30分以上の距離で、そこをかなりのスピードでグングン登るので迫力があり楽しかったです。
f0224632_13125285.jpg

リュウはもちろん大喜び♪
f0224632_131254100.jpg

お気に入りのミヒャエル・エンデ原作の絵本『ジム・ボタンの機関車大旅行』に出てくる機関車の名前で機関車を「エマ~♪」と呼んでいました。
f0224632_13125443.jpg

到着後に頂上にあった軽食屋さんでお昼休憩をしました。
f0224632_13125588.jpg

リュウは食後にポー!ポー!という音につられて駅を見に行き新たにやって来た”エマ”を出迎えていました。
f0224632_13125617.jpg

この後山の上をぐるりと歩き下山しましたが、写真が多いのでまた改めてアップします。


大人が乗っても楽しそうな登山機関車だね♪と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-09-10 23:55 | お出かけ
8月8日(土)

遅い朝食を皆で食べた後、ドイツ人男性2人は山へロッククライミングに。
ペーさんは夕食の買い出しに街へ行き、リュウと私はお昼寝でした。
ペーさんが買い物から帰って来ると彼がRobertのパートナーと夕飯の下準備を始め、ちっともお昼寝してくれないリュウは気配を感じてキッチンに様子を見に行き、なんと私一人でグッスリお昼寝…

その後我が家の3人でバスタイ登山へ行きました。
緑の山からゴツゴツの岩山が飛び出した独特の景色で有名なバスタイはRobertの山のおうちから近く前々から行きたい場所でした。
ラッキーなことにオペラ歌手のRobertのパートナーが翌日バスタイの野外劇場で歌うため普段観光客が車を停められない街に車を停められるパスがありそれを貸してもらえました☆
f0224632_22354117.jpg

教えて貰った街はかわいらしい建物のホテルやペンションやリゾートマンションが並んでいます。
f0224632_22354212.jpg

バスタイの独特の岩山が登山道の入口から既に見えてワクワク♪
f0224632_22354295.jpg

登山道自体は割となだらで距離も長くなく楽なコースですが、山の気温は分かりませんが街は37度位まで上がった猛暑日だったので暑くて暑くて大変でした。
f0224632_22354440.jpg

有料(といっても大人2ユーロ)の鉄の橋をいくつも渡したエリアにも入ってみました。
f0224632_22354372.jpg

↑背景に見える石の橋がバスタイ橋です。
金網状の橋からは下が見えるし、手すりも簡単な物なので恐々でしたが、ぺーさんに抱かれたリュウは意外にもちっとも恐がっていませんでした。
下にRobertのパートナーが翌日歌う予定の野外歌劇場が見えました。
こんな歌劇場は歌い手さんにとっても観客にとってもすごく気持ち良い場所だろうなぁ。
f0224632_22354231.jpg

↑木々の間に客席が並ぶのが見えるでしょうか?
まだ夏休み中で家族連れの登山者も多かったですが、有名な観光地でお天気の良い土曜日の割に人が少なかったのはあまりの暑さに登山を断念した人がいるからかもしれません。
f0224632_22354587.jpg

どうやってこんな岩山が生えたのだろう?と思ってしまうような景色にただただ感動!
f0224632_22354669.jpg

暑くても登った甲斐がありました。
f0224632_22354842.jpg

山の頂上にはパーティなどにも使われそうな素敵な展望レストランや、かわいらしいホテルがありましたが、パーティに招かれた方はまず登山しないといけないし、ホテルの宿泊客も出掛ける度にここを登ったり下ったりするのは大変だなぁと思ったら、ナント頂上まで車で登れると分かり拍子抜け!
f0224632_22354795.jpg

まぁぺーさんは知っていたと思いますが、ハイキングすることが目的なので車で登るという選択肢は最初からなかったのだと思います。
f0224632_22354943.jpg

山の上からエルベ川を見下ろす景色もよく、風が爽やかで、こういう気分は車で登ったら味わえなかっただろうなぁと自己満足◎
f0224632_22355023.jpg

リュウは歩きたがりましたが、出発が遅くなったうえにあまり遅くならずに帰ってぺーさんが夕飯の支度をしなければならなかったのでリュウのペースでは時間が掛かり過ぎると強制的に抱っこ紐に入れ、ぺーさんが抱っこし、背中には水などを背負って登りました。
f0224632_22355124.jpg

バスタイ橋辺りから少し歩かせましたが周りは絶壁で、柵というより手すり程度の物があるのですが、リュウの身長は手すりより低くスルリと抜けてしまうので落ちたら大変と心配性のぺーさんはほぼ抱っこしていました。
という訳で今回の登山はリュウは殆ど歩きませんでしたが、この絶景のすごさを分かって楽しんでくれたかなぁ。
f0224632_22355173.jpg

程好いハイキング・コースだったのでまた行きたいです。
次回は時間に余裕を持って出掛けリュウにもしっかり歩いてもらおうと思います♪


この絶景を実際に見てみたい!と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-18 23:15
誕生日のお祝いをReichstagの上でしてもらった後、丁度アジアからベルリンに来ていたペーさんのドイツ人の友人と合流しドレスデン郊外にあるRobertの山の別荘へ行ってきました。
5月にカナダ在中のドイツ人の友人が来た際にもここに集合して4日間過ごしたので今年2度目です。
カナダ在住の友達も今回の友達もRobertも共通点は中国つながりです。

この日は街は38度まで気温の上がった猛暑日で、山の上に来ると一気に気温が28度位まで下がりましたがそれでも暑い!
荷物をお部屋に運ぶと男性陣は汗を流しに裏庭から小川へ。
リュウも別荘の入口に置いてあったバトミントンのラケットを手に追いかけました。
f0224632_983958.jpg

とても綺麗な小川で、水辺は空気もひんやり気持ち良かったです。
f0224632_984222.jpg

小川に着くと男性陣は全裸になり川へ。目のやり場に困ってしまいました。
リュウは「うわ~!」「冷たーい!!」と奇声を発しながら川に入るペーさん達を笑いながら見ていましたが、彼らが水温に慣れて川に浸かっていると、「ジャンプ―!(飛び込んで!(」と指示し、ペーさんの友達が川面に石を投げるのを見て喜び「もっと石ー!大きい石ー!」とラケットを振り回して支持をしまくる隊長に!
f0224632_983976.jpg

リュウに付き合って割と長く川の中に居た男性達は体がすっかりクールダウンし、川に入らず汗をかき続ける私と対象に長袖シャツを着た程です。
f0224632_983910.jpg

男性陣は翌日も翌々日も朝起きるとシャワーの代わりに川へ。
さすがに私とリュウは中で温かいシャワーを浴びさせてもらいましたが、私も2度川へ入りました。
(ペーさんもハイキングに行った後は石鹸で体を洗いたいと中でシャワーを浴びていました。)
f0224632_984174.jpg

最初はヒヤッと冷たいのですが、しばらくするととても気持ち良く清められる気がしました。

男性陣が川から家に向かうと、リュウはお気に入りのブランコへまっしぐら♪
f0224632_984095.jpg

このブランコには滞在中もちろん毎日乗りました◎
f0224632_984034.jpg

相変わらず公園のブランコはあまり好きではなさそうですが、ここのブランコは大好きです。
f0224632_984382.jpg


Robertの山のおうちには子ども用の乗り物やオモチャがいろいろあり、広いお庭で遊べるのでリュウにとって最高の場所です。
f0224632_984311.jpg

去年Robertが芝刈りをした草を運ぶのを手伝ったのを覚えているのか(?!)、「草はどこ?草を運びたい。」と言いながら手押し車に草の代わりのボールを乗せて運んでいました。
f0224632_984115.jpg


お庭の一角にあるお花やハーブ、野菜を植えたエリアに水遣りを。
お水遊びが好きなリュウはじょうろで何度も水遣りをさせてもらっていましたが、一度ホースを使っての水遣りをさせてもらい大喜び♪
f0224632_984141.jpg

大自然と自然の恵みを満喫した3日間でした◎

翌日のハイキングのことなどまたアップしたいと思います。


全裸で川で水浴びなんてワイルドね!と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-15 23:30 | 旅行
ランゲオーグでの滞在はペーさんパパ&ママが毎年同じ貸しアパートに滞在しているので、私達も同じ建物の少し広いアパートを借りました。
洋服ダンスやクローゼットのある寝室と、
f0224632_20414116.jpg

2段ベッドのある子ども用の寝室があります。写真には写っていませんが、ベッドと反対側の壁には子ども部屋にピッタリなかわいらしい絵が飾ってありました。
f0224632_2041412.jpg

キッチンと一応別れた形でダイニング兼リビングルームがあります。
リュウはまだ1人で寝られないので子ども部屋は要らないのですが、寝室が1つのタイプはリビングルームの中にキッチンがあるという感じでとても狭いのでファミリータイプのこちらのお部屋にしました。
f0224632_20414299.jpg

3年前にはリュウがいなかったので私達も小さなタイプでも良かったのですが空いておらず3年前も同じお部屋でした。

大家さんが用意してくれているのか滞在した人が置いていくのかリビングルームの棚には本やボードゲームやオモチャなどがありました。
リュウは電車などのオモチャでよく遊んでいましたが、特に気に入ったのは柔らかいワンちゃん。
f0224632_20414322.jpg

リュウが「ママ、ワンワンのお名前何ですか?」と聞くので見てみると、首に巻いているエプロンにLuzieと書いてありました。
ご飯を食べる時はルッツィにも分けてあげます◎
f0224632_20414298.jpg

うちでみんなで夕飯を食べた日、食事の後にヤコブくんと遊びつつもルッツィは足の間にキープ♡
f0224632_20414280.jpg

お出掛けの際に「ルッツィも一緒に行きたいって♡ 」と連れて出掛けたことも。
f0224632_20414465.jpg

ベルリンでも子ども用のショッピングカートがあるという理由でリュウお気に入りのドラッグストアーへ行った際には得意気にルッツィをカートに入れて押していました。
f0224632_20414418.jpg

ランゲオーグのショッピングストリートは小さいので、リュウはどこに乗れる車やヘリコプターがあるか覚えていて走って行ってしまいます。
お金は一度も入れていませんが乗るだけで嬉しいのにこの日はルッツィも一緒なので楽しさ倍増♪
f0224632_20443062.jpg

そのうち「お船に乗って~、バスに乗って~、それからICEに乗って~」とベルリンへの帰り方をルッツィに説明し始めたので、仕方がないと大家さんにルッツィを譲って欲しいとお願いするとかわりのぬいぐるみを買って置いておけば良いとのことで、羊のぬいぐるみと交換でうちに連れて帰ってきました。
f0224632_20443316.jpg

写真はありませんが、帰りの電車の中ではルッツィと一緒に外を見ながらリュウがお兄さん風を吹かせて「あそこに牛さんがいるよ」「こっちは○○だよ」とず~っと説明していたのがかわいらしかったです。

以来ルッツィはリュウの一番の仲良しで、うちでも良く一緒に遊び、毎日一緒に寝ています。
早くルッツィと2人だけで私が添い寝しなくてもなられるようになると良いなぁ☆

ルッツィと2人だけで寝られるようになるとイイね!と応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-07-01 23:55 | 旅行

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle