「ほっ」と。キャンペーン
9月1日から私も通った園にリュウが通い始めました。
私が通った頃は保育園だったのですが、今は幼稚園と一緒になりこども園となっています。
建物が新しくなっていますが場所はもちろんそのままでなんと私の頃にいらした先生(保育士さん)がまだ2名いらっしゃいます!
私と同じ園にリュウが通う日が来るなんて思ってもみなかったのでとても感慨深いです。

こども園には私が子どもの頃は私服の上にスモックでしたが、今はなんとブレザーにブラウス、男の子はネクタイ&チェックのズボンという制服があります。
9月いっぱいは半袖半ズボンの体操服で通園だそうです。
リュウはずっと「早くこども園に行きたいなぁ♪」と言っていたのでついに始まったこども園に大喜びで、新しい体操服を喜んで着ました。
指定のリュックも自分で「僕が自分で持つ!」と張り切って背負いました。
f0224632_7452657.jpg

ベルリンで10か月ほど園に通い園で過ごすことに慣れていたからか、一応慣らし期間があったのですが必要ない位順調で毎日楽しく通ってくれています。
朝起きてグズグズと準備をしない時に「もう遅れちゃうから今日はお休みしますって先生にお電話するね!」と言うと、「お電話したらダメ―!行くー!」と慌てて準備する程で、「今日はお休みする」なんてグズることがないのでとても楽です。
f0224632_745268.jpg

10月1日に運動会があり春からその練習が始まっていて、リュウはかなり途中参加ですが先生の指示や周りのお友達がすることを見て真似をしながらしっかり同じことができるようになっているとのことで、運動会が楽しみです♪
お迎えに行くと毎日クラスの前の掲示板にその日何をしたかが書いて貼ってあり、子ども達の様子が分かり嬉しいです。
先生もお迎えに行くとその日のリュウの食事の様子、お昼寝の様子などを丁寧に教えてくださるのでとても有難いです。
f0224632_7452597.jpg

日本の園は細やかで手厚いという印象だったのですが、確かにベルリンで通った園と比べて毎日の様子を細かく教えてくれて先生がよく見てくださっているのが分かるし、こちらも園での様子が分かり嬉しいです。
ただ、ベルリンで通った園の先生も今思えばとても頑張ってくれていたのだと思います。
例えば、日本ではお昼寝の布団は敷き掛け一式持参し、時々持ち帰って洗濯するのが一般的なようですが、ベルリンでは冬のブランケットは用意しましたがマットレスは園が用意してくれ、シーツは園で洗ってくれていましたし、夏はブランケット代わりの薄手の布を用意してくれそれも園で洗ってくれていました。
毎日使う手拭きもこちらでは名前を書いて持参で1週間ごとに持ち帰って洗濯ですが、ベルリンで通った園ではそれも園で用意してくれ洗濯してくれていました。
リュウがベルリンの園を辞める際に貰ったような行事ごとの思い出を綴ってくれたファイルもこちらではないと思います。
その代りこちらの園では毎月園からのお便りがあり、全員に同じ物が配られるのでベルリンのファイルの様に個人にスポットは当たっていませんが園でどんなことをしたか写真付きでお知らせしてくれるようです。

日本の園に入園するにあたり驚いたのは買いそろえる必要品の多さです。
ベルリンの園では特に買う物はなかったのですが、園によるのでしょうがこちらでは制服や体操服を始め、お昼寝布団の他にお道具箱一式など必要品が多くてビックリ!
お道具箱はリュウの1つ下のクラスは要らないらしく、同じ園に子どもを通わせている友達によると幼稚園を兼ねているからかもとのこと。
中身は粘土やクレパス、ハサミなどです。
1つ1つ名前を書いて自分の物としっかり管理することも良いのでしょうが、ベルリンの園の様に園の物をみんなでシェアしたり順番を待ちながら大切に使うのも良いのになぁと思ってしまいました。
f0224632_7525249.jpg

食事に関しては、ベルリンで通っていた園も園内できちんと作ってくれていて、割とバランスの良い食事で満足していましたが、日本は「食育」という言葉がある位なので園の食事に期待していました。
実際昼食は食材の品目数が多くバリエーションも豊富です。
ただ、おやつはベルリンの方が良かったです。
日本は乳児・幼児用として売られているおやつやパンなどにも砂糖はもちろん香料といった添加物が使われているので、砂糖や添加物に対する意識が低いのかなぁと思っていたのですが、園でのおやつも芋ケンピやなんとスナック菓子の日もあったそうです。
そういう物を食べたことのないリュウは園で味を覚え病みつきになるかと思いきや、食べずに牛乳だけ飲んでいるとのことで内心ホッとしています。
ちなみにベルリンの園でのおやつは果物や、ドイツの黒パンにクリームチーズや、砂糖無しのシリアルにミルクなどでした。
食事に関してベルリンの園が良かったのは、早く登園すると朝食が食べられたこと。
園によって時間やシステムは違うようですが、リュウの通っていた園では8時20分までに着けば8時半から朝食が食べられました。
こちらの園は朝7時半からの登園が可能ですが、朝食を済ませてくるようにとのこと。
リュウはいつも9時ギリギリの登園なので問題ありませんが、家庭の事情で7時半に登園する子にとってそれまでに朝食を済ませて行くのはとても大変だと思います。

ベルリンで通った園と比べてこちらの園のマイナス点をいろいろ書いてしまいましたが、こちらの園にも良いことはたくさんあります!
日によってリトミックや体操の時間があったり、季節のイベントもいろいろあるようです。
リュウが通い始めてすぐにも子ども達がお月見団子を丸め、それを調理場の方がお昼寝の間に茹でくださって、おやつの時間にみんなで食べたそうです。生地にお豆腐が入っていたらしくリュウもたくさん食べたそうです。
運動会もドイツではないものですし、3歳児クラスなのに結構いろんなことをさせてもらうようで見に行くのが楽しみです♪
先生方は皆さん優しく毎日笑顔で接してくださるし、そして何よりリュウが楽しんで通ってくれているのがとても嬉しいです◎
それと、とても驚いたのですが、こちらの園では(友達の子どもが通う隣町の園もなので日本では、なのでしょうか⁈)なんと土曜日も通常通りです。
お休みが週に1回だなんて本当に有難いです!(ちなみに日曜日も木曜日までの申し込みで先着5名までみてくださるとのこと!)
f0224632_7525739.jpg

園でリュウは先生や周りの子ども達が話していることを聞いて自分なりにいろいろ吸収しようと頑張っているのか、なんと園に通い始めてたった1週間程でぺーさんと話してもドイツ語が出なくなってきました。
初日の2時間だけで地元弁の語尾に「わぁ」と付けるのを習得し「○○したわぁ」なんて言っていますが、それ以外はまだ一人称複数は「私達」のままで、「○○じゃん」なんて地元の子達が言わない言葉を使っています。
元々日本語で普通にコミュニケーションが取れていたので日本語が上達してきたとも思わないのですが、それでも「折角○○したのに」なんて表現も自然に使っているし、日本語も上達しているのだと思います。
子どもは覚えるが早いけれど忘れるのも早いと覚悟はしていたものの思ったより早くてショックでしたが、その分日本語の上達だけでなく日本の文化や行事もここで体験して成長してくれたらなぁと思います。


スムーズに新しい園に馴染めて良かったね♪と応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by tantan_quelle | 2016-09-15 22:30 | 子育て | Comments(4)
11月生まれのリュウは10月に4歳前検診をする予定でした。前倒ししても9月とのことでしたが8月の初めに日本に引っ越すことになったことを伝え、かなり前倒しですが7月26日にしてもらえることになりました。

まずは体重と身長測定。
体重は14キロ。身長は92㎝でした。
身長はうちでペーさんが測った時に94㎝位あったので92㎝に驚き何度か測り直してもらいましたが92㎝でした。立ち方のせいでしょうか。まぁ94㎝あったとしても平均身長よりかなり小さいのですが…(^^;)
f0224632_23365239.jpg

続いて血圧を測ってもらいました。
看護婦さんが腕を圧迫する物を腕に巻く時に「Flügel(羽根)を着けるわね。 Flügelって知ってる?」と聞くと、リュウは「うん。僕、おうちにSchwimmflügel(腕に着ける浮き輪)持ってるよ」と応えたので長らく使っていないのによくつながったなぁと驚きました。
f0224632_23365272.jpg

続いて聴力テスト。
こちらは引っかかってしまいました。
看護婦さんによると、このくらいの子は音が聞こえていても手を挙げるタイミングが分からないことがあるので心配する必要はないけれど念の為に耳鼻科で診てもらうことをすすめられました。
f0224632_23365373.jpg

実は1月末頃リュウの耳が遠くなっている気がしていて気にしていると、その後耳が痛いと言って泣き出したことがあり翌日耳鼻科へ連れて行ったことがあります。その際の診断では鼻水が耳にたまり軽い炎症を起こしているとのことで、耳の聞こえが悪いのもそのせいだと思われるとのことでした。鼻スプレーが処方され様子を見るようにとのことで再度4月に受信。その時も完治とは言えないので7月に再度と言われていたのですが、6月末にまた軽い炎症を起こし耳鼻科のお世話になったので検診はもう先延ばしになり、続きは日本で診てもらうようにと言われていました。
f0224632_23365319.jpg

その次はお絵描きチェック。
とても絵心のないリュウ…
「太陽の絵を描いて」と言われ、「そんなの描けない…」とハラハラしながら見ていましたが、看護婦さんがお手本を描いてくれたのでとてもいびつな丸でしたがなんとか太陽を描け合格となりました。

視力検査は大人の穴あき輪っかの物ではなく、黒く塗りつぶした動物や乗り物の絵がだんだん小さくなっていて、それが何か答える物でした。
最初に一番大きな鳥を指されいきなり答えられずにいるので焦りましたが、しばらくして「アヒル」と答えました。看護婦さんによると、見えていないのではもちろんなく子どもによってアヒルだったり鳩だったり、それが何なのか迷ってしまうとのこと。最後にとても小さなサイズの同じ鶏の形を指された時リュウは「ひよこ」と答えたので、なるほどアヒルの小さなのはひよこだなぁと笑ってしまいました。

ベルリンではリュウは基本的にテレビは見せておらず、週に1-2回、1回につき1時間以内で決まったDVDを見せる程度(私が体調を崩してからは回数と時間が大幅に増えていましたが…)だったのですが、看護婦さんに「テレビを見せていないでしょ?」と聞かれ、相手の話をきちんと聞けるし集中力があるしテレビを見ていない子だと分かると言われ驚くと共にテレビに頼らず頑張ってきて良かったととても嬉しくなりました◎
f0224632_23365426.jpg

↑部屋を移動し先生の診察を待つ間置いてあったお医者さんごっこキットでぺーさんを診察するリュウ。

片足で立てるか、後ろ向きに歩けるか、はしごを上り下りできるか、先生の投げるボールを受けて投げ返すことができるかといった身体能力のテストがありましたが全てクリア。
f0224632_23365567.jpg

言葉のテストもあり、形容詞の反対語の問題がありました。
最初に先生が「大きなお友達が居るね。大きくない子は?」と聞かれ、「悲しい」と答えたリュウ。その答えに驚き、もう一度先生がゆっくり言うと、今度は「小さい」と正しく答えられ、その他の形容詞「暗い-明るい」「長い-短い」「高い-低い」などきちんと答えられホッとしましたが、自分が小さいことにコンプレックスがあるかどうかは分かりませんが自分が日々大きくなっている(と信じて)ことを自慢に思っているリュウはお友達に「小さい」と言われることがとても嫌なようなので、最初の質問の「悲しい」はもしかしたらリュウ的には正解だったのかもしれません。
f0224632_23365521.jpg

その他にも積み木を上手く積み重ねられるか、簡単なパズルを正しく入れられるかといったテストがありましたが、上手くできました。
f0224632_23365510.jpg

うちから徒歩数分の所にある小児科で産まれてからずっとお世話になって来たので、先生も看護婦さんもこれが最後の受診だと別れを惜しんでくれました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

視力検査は問題ナシでしたがドイツでは4歳までに眼下検診も受けることになっているとのことで日本に来てから耳鼻科と眼科でそれぞれ診てもらいました。
結果どちらも異常なし☆
耳の中も綺麗になっていて聴力も問題ないでしょうとのことで一安心です。
視力は両目0.8とのことでそんなに悪いの⁈と思ってしまいましたが、幼児は焦点が合わせにくいらしくリュウ位の年齢では普通だと言われホッとしました。
今のところ虫歯もナシです。
小さいながらもこのまま元気にすくすく育ってくれると嬉しいです。(*^o^*)


ドイツでは腕に巻く物はなんでも羽根なのね!と驚かれた方、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by tantan_quelle | 2016-09-10 23:50 | 子育て | Comments(4)
ベルリンでアップしそびれたことと日本でのことを交互にアップし時間と場所が行ったり来たりですが、しばらくはこんな感じで更新していこうと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

実家に戻ってから私は必要最低限の用事に出掛ける以外はゴロゴロと寝てばかり。
リュウは2つ年下の甥っ子と遊んだり、弟のお嫁さんに甥っ子くんと一緒に外に遊びに連れて出て貰ったりしていました。

8月後半にお嫁さんが甥っ子くんを連れてしばらく実家に里帰りし、暇を持て余したリュウが寝ている私に「お散歩に行こうよ~!」と言うので、うちに居ても寝かせて貰えなさそうだし仕方がない!と炎天下の中久々の外遊びに付き合うことにしました。
f0224632_5221177.jpg

地元の友達がリュウ位の子達を連れて大師山に時々登っているよう様子をFBにアップしていたので、私達もロープウェイに乗って大師山の山頂まで登りました。
まずは奥の院にお参りし、山頂からの景色を眺めてから遊具のある方へ。
f0224632_5272223.jpg

私が子どもの頃は動物がたくさん居てミニ動物園でしたが、残念ながら今は動物は居らず遊具が少しあるだけです。
f0224632_522652.jpg

それでもリュウは大喜び♪
f0224632_52261.jpg

暑い中全ての遊具にトライし、途中で持って行った冷たい麦茶を飲みながら何度も何度も遊びました。
f0224632_522747.jpg

遊具によっては私も付き合わされましたが、私はなるべく木陰で休憩。
f0224632_52277.jpg

20歳前後の男の子2人組が来て子供向けの遊具でダイナミックに遊んでいて、リュウは「お兄ちゃん達スゴイね!」と目を丸くして見ていました。
f0224632_5221049.jpg

金曜日の昼間にここに来ているのは私達以外は観光客ばかりですが、男の子2人で温泉地に旅行に来るなんてもしかして…なんて思ってしまいましたが、日本では若い男の子2-3人のグループでの旅行者が多く、皆さん別にゲイではないと後日地元の友人に聞きました。
ゲイの多いベルリンから来るとついついそんな風に思ってしまいました。(^^;)
f0224632_522921.jpg

なんて、思えばぺーさんも私と付き合って間もない頃、ドイツ人男3人で車で2週間掛けて北海道を周ったし(内1人は当時既に妻子アリ)、私とベルリンで暮らし始めてからも男友達と2人で中国北部を周りました。3人とも現在は結婚して子どもも居ます。
f0224632_522854.jpg

2時間近く遊び、お昼を過ぎたので下山することに。
f0224632_522893.jpg

ロープウェイを待つ間山頂の茶屋で特製ジェラートを。
f0224632_5221098.jpg

↑イメージ先行でアイスやかき氷を食べたがるけれど冷たい物が苦手なリュウ。

観光客の方達に交じって外遊びを楽しんだ翌日は、またもや観光客の方に交ざり足湯を。
結構熱めのお湯でしたがとても気に入ったようです◎
f0224632_522111.jpg

地元には児童公園がないのがネックですが、お散歩ついでに足湯が楽しめるというのも悪くないですね。


結局ジェラートは溶けた物を”アイス・スープ”と呼んで飲んだリュウに応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by tantan_quelle | 2016-09-01 23:30 | 散歩 | Comments(6)
リュウがベルリンで通っていた園では通い始めて1年位経った頃に保護者面談をするとのことでしたが、1年未満で辞めることになってしまったので担任の先生から「面談をしましょうか?」と提案を頂き、ペーさんがベルリンに戻って来てから時間を取ってもらうことにしました。
リュウのクラスは年齢に応じて3つのグループに分かれていて、リュウのグループには2人の女性の先生がメインで見てくれていました。
面談をしてもらったのは7月最後の月曜日で、その週は年配の方の先生は休暇中だったので若い方の先生と面談でした。
f0224632_8285154.jpg

今回の面談で知ったのですが彼女は元々言語教育学の先生らしく、子ども達の言葉の発達をサポートするのが専門だそうです。
リュウのドイツ語は3歳児として充分で、コミュニケーションが問題なく取れるし自分の言いたいことをきちんと表現できているとのこと。多少の訛りあるものの他の先生達も皆さん彼の言うことを問題なく理解できているとのことでした。
訛りが日本語から来るものなのか幼児ならではのものなのか聞けば良かったですが、わざわざ言われたということは私は気付きませんでしたが日本語から来るものなのかもしれません。

先生から表現(言い回し)についての指摘はありませんでしたが、ドイツ語を話し始めた時は明らかに日本語から訳したドイツ語だなぁという表現をしていることがありました。
園に通い始めドイツ語が上達し始めてからはそういうことが減り、逆にドイツ語から訳した日本語を話すことも。
両方別言語としてそれぞれ自然な表現を身につけて欲しいですがなかなか難しいことなのでしょうね。
そういう意味でも、今回一旦ドイツ語が消えるかもしれないというリスクがあっても長期間日本に住んで自然な日本語を見につける機会に恵まれたのは良かったかもしれません。
f0224632_8285130.jpg

先生達とも他の園児達とも楽しく過ごせているとのことで、園生活で特に気になる点、問題点はなく、どの先生もリュウの退園を残念に思い寂しく思ってくれていると言ってもらえとても嬉しかったです。
f0224632_828514.jpg

こちらから質問があるかと聞かれたので2つ質問させてもらいました。
1つめは、園に通い始めて間もない頃は昼食の時間にじっと椅子に座れず歩き回るともう1人の先生に指摘されていたのでその点について聞いてみました。
最初の頃はお友達の様子やいろんな物が気になりじっとできなかったのかもしれないけれど、今はきちんと座って食事をしているとのこと。
離れた場所にあるお水などが欲しい時にもその物の近くにいる先生やお友達を呼び”Kannst Du bitte mir ○○ geben?“ (○○を取ってください)と丁寧にお願いしているとのことです。
こういう表現も先生の指導だと思います。
小学校ではこういう指導はないと思うので、園から通う意義を感じました。
f0224632_828531.jpg

もう1つは、海賊ごっこの真似事のつもりなのか園で男の子達とちょっと乱暴に遊んでいるからか最近リュウが暴力的になってきていて困っている点についてです。
例えば公園などでも木の枝を見つけると他の子に向かって振り回します。
面談に行った日も園で同じクラスの男の子(リュウより大きい)を見つけると駆け寄り挨拶代わりにパンチ。
園で自分より大きい子やそういう挨拶の通じる子なら良いのかもしれませんが、公園で初めて会った子や自分より小さい子にもするのでヒヤヒヤです。
先生はリュウが特に暴力的だと感じたことはないとのこと。
もちろんやり過ぎないように見守ることが必要だけれど、この年頃の子はそうやって痛さや加減を経験することも大切と言われました。
先生のコメントに安心しつつも、園の中でそういう暗黙の了解で遊んでくれる分には良いのですがやはり外でそういうことをされると相手の親御さんの手前もあり困ってしまいます。
f0224632_8285333.jpg

先生からの注意点や指導は特になく面談は無事終了しました。
30分位かと思っていたら1時間も時間を割いて丁寧に話してくださり、リュウの園での様子が分かり良かったです。
ベルリンで楽しい園生活を送れすっかり園好きになったリュウ。
日本でも先生やお友達と仲良く楽しい園生活が送れますように!

*写真は7月上旬に近所の公園にお散歩に行った時の物です。


リュウのやんちゃ振りが治まるといいね!と応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by tantan_quelle | 2016-08-30 23:30 | 子育て | Comments(4)
観光客向けに夏の間だけ神社の境内に「夢広場」という名前の縁日ができます。
先日弟が登板で売り子をするとのことで、夜両親がリュウを連れて出掛けることになりました。
私は体調が相変わらずなので両親にお願いしてうちでのんびりさせてもらいました。
リュウは夕飯後じぃじとばぁばが夢広場に連れて行ってくれるよと言うと、夢広場がどんな場所かも分からないのにお祭りだと思ったらしく「僕、甚平に着替える!甚平出して♪」と張り切って甚平に着替えて出掛けました。

大きな声で「ただいま~!」と帰って来たリュウは戦隊モノ(ジュウオウジャーと言うらしい)の仮面を被って得意気でした。
f0224632_15421363.jpg

弟はお面売り場担当だったらしいのですが全く売れなかったのに、リュウが買ってもらってからリュウが客寄せパンダになったのか一気に10個も売れたとか。母が「リュウくんの後に女の子なのに同じ青のお面を買っている子がいたわ」と言っていたのですが、どうやらジュウオウジャーでは青と白が女性らしいです。リュウも私も番組を見たことがないので知りません。(^^;)

くじ引きの一番下の等でもらった光るくじらも自慢げに見せてくれました。
その他スーパーボールすくいもさせて貰ったらしくスーパーボールも持ち帰っていました。
f0224632_15421339.jpg

じぃじとばぁばと一緒であれこれさせて貰えて良かったね、と言いつつお面の値段を聞くと「700円」とのことで「高っ!!!」とビックリ。母曰く「街の人がやっているイベントなので普通のお祭りより安いはず。」とのこと。お面ってそんなにするものなの?!!私が行っていたら絶対に買わなかったので私がお留守番でリュウにとっては良かったようです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夢広場では日曜日に「温泉ジャー」というご当地ヒーローのショーをやっていて、21日(日)がこの夏最後のショーとのことで、弟は出演はしていませんがスタッフとして参加しているので甥っ子も一緒に見に行きました。
ショーは40分もあるとのことだったので私達は最後の写真撮影会だけで参加できれば良いと遅れて行くと、ショーは既に盛り上がっていてスピーカーから大きな声が聞こえるし怪獣が神社の入口に居たのでリュウも恐がって神社の境内に入りたがらないし1歳の甥っ子もギャン泣き…
「恐くないから大丈夫だよ」となだめつつ境内に入ってもののリュウはショーは見たがらず興味を示したのはお魚釣りゲーム。
f0224632_15421319.jpg

係りの方に難しいと言われたのですが、磁石で釣るタイプでリュウでも割と簡単に釣れ、時間制限がないので釣り竿と一緒に渡されたカップがいっぱいになるまで遊べました♪
f0224632_15421419.jpg

お魚釣りで気分が上がってきた所で温泉ジャー・ショーの最後だけ見せました。
f0224632_15421538.jpg

最後は悪者は居なくて温泉ジャー達がキメのポーズをしていたのでリュウも恐くはなかったようです。
f0224632_15421475.jpg

写真撮影にも恐る恐る参加。ここでも甥っ子はギャン泣き…
f0224632_15421582.jpg

リュウはヒーローと写真を撮れ気を良くしたのか弟に連れられて悪役達とも写真撮影。
リュウお得意の悪い顔=強い顔をしていました。
f0224632_15421678.jpg

地元では観光客の方向けに8月は平日毎日打ち上げ花火が上がり、21時からと遅いのですがそれも何度か見れました。
日本の蒸し暑さにやられつつも地元の夏を大満喫です。


「縁日=お祭り」「お祭り=甚平」と思っているリュウに応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by tantan_quelle | 2016-08-26 17:00 | イベント | Comments(4)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle