<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リュウがベルリンで通っていた園では通い始めて1年位経った頃に保護者面談をするとのことでしたが、1年未満で辞めることになってしまったので担任の先生から「面談をしましょうか?」と提案を頂き、ペーさんがベルリンに戻って来てから時間を取ってもらうことにしました。
リュウのクラスは年齢に応じて3つのグループに分かれていて、リュウのグループには2人の女性の先生がメインで見てくれていました。
面談をしてもらったのは7月最後の月曜日で、その週は年配の方の先生は休暇中だったので若い方の先生と面談でした。
f0224632_8285154.jpg

今回の面談で知ったのですが彼女は元々言語教育学の先生らしく、子ども達の言葉の発達をサポートするのが専門だそうです。
リュウのドイツ語は3歳児として充分で、コミュニケーションが問題なく取れるし自分の言いたいことをきちんと表現できているとのこと。多少の訛りあるものの他の先生達も皆さん彼の言うことを問題なく理解できているとのことでした。
訛りが日本語から来るものなのか幼児ならではのものなのか聞けば良かったですが、わざわざ言われたということは私は気付きませんでしたが日本語から来るものなのかもしれません。

先生から表現(言い回し)についての指摘はありませんでしたが、ドイツ語を話し始めた時は明らかに日本語から訳したドイツ語だなぁという表現をしていることがありました。
園に通い始めドイツ語が上達し始めてからはそういうことが減り、逆にドイツ語から訳した日本語を話すことも。
両方別言語としてそれぞれ自然な表現を身につけて欲しいですがなかなか難しいことなのでしょうね。
そういう意味でも、今回一旦ドイツ語が消えるかもしれないというリスクがあっても長期間日本に住んで自然な日本語を見につける機会に恵まれたのは良かったかもしれません。
f0224632_8285130.jpg

先生達とも他の園児達とも楽しく過ごせているとのことで、園生活で特に気になる点、問題点はなく、どの先生もリュウの退園を残念に思い寂しく思ってくれていると言ってもらえとても嬉しかったです。
f0224632_828514.jpg

こちらから質問があるかと聞かれたので2つ質問させてもらいました。
1つめは、園に通い始めて間もない頃は昼食の時間にじっと椅子に座れず歩き回るともう1人の先生に指摘されていたのでその点について聞いてみました。
最初の頃はお友達の様子やいろんな物が気になりじっとできなかったのかもしれないけれど、今はきちんと座って食事をしているとのこと。
離れた場所にあるお水などが欲しい時にもその物の近くにいる先生やお友達を呼び”Kannst Du bitte mir ○○ geben?“ (○○を取ってください)と丁寧にお願いしているとのことです。
こういう表現も先生の指導だと思います。
小学校ではこういう指導はないと思うので、園から通う意義を感じました。
f0224632_828531.jpg

もう1つは、海賊ごっこの真似事のつもりなのか園で男の子達とちょっと乱暴に遊んでいるからか最近リュウが暴力的になってきていて困っている点についてです。
例えば公園などでも木の枝を見つけると他の子に向かって振り回します。
面談に行った日も園で同じクラスの男の子(リュウより大きい)を見つけると駆け寄り挨拶代わりにパンチ。
園で自分より大きい子やそういう挨拶の通じる子なら良いのかもしれませんが、公園で初めて会った子や自分より小さい子にもするのでヒヤヒヤです。
先生はリュウが特に暴力的だと感じたことはないとのこと。
もちろんやり過ぎないように見守ることが必要だけれど、この年頃の子はそうやって痛さや加減を経験することも大切と言われました。
先生のコメントに安心しつつも、園の中でそういう暗黙の了解で遊んでくれる分には良いのですがやはり外でそういうことをされると相手の親御さんの手前もあり困ってしまいます。
f0224632_8285333.jpg

先生からの注意点や指導は特になく面談は無事終了しました。
30分位かと思っていたら1時間も時間を割いて丁寧に話してくださり、リュウの園での様子が分かり良かったです。
ベルリンで楽しい園生活を送れすっかり園好きになったリュウ。
日本でも先生やお友達と仲良く楽しい園生活が送れますように!

*写真は7月上旬に近所の公園にお散歩に行った時の物です。


リュウのやんちゃ振りが治まるといいね!と応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-08-30 23:30 | 子育て | Comments(4)
観光客向けに夏の間だけ神社の境内に「夢広場」という名前の縁日ができます。
先日弟が登板で売り子をするとのことで、夜両親がリュウを連れて出掛けることになりました。
私は体調が相変わらずなので両親にお願いしてうちでのんびりさせてもらいました。
リュウは夕飯後じぃじとばぁばが夢広場に連れて行ってくれるよと言うと、夢広場がどんな場所かも分からないのにお祭りだと思ったらしく「僕、甚平に着替える!甚平出して♪」と張り切って甚平に着替えて出掛けました。

大きな声で「ただいま~!」と帰って来たリュウは戦隊モノ(ジュウオウジャーと言うらしい)の仮面を被って得意気でした。
f0224632_15421363.jpg

弟はお面売り場担当だったらしいのですが全く売れなかったのに、リュウが買ってもらってからリュウが客寄せパンダになったのか一気に10個も売れたとか。母が「リュウくんの後に女の子なのに同じ青のお面を買っている子がいたわ」と言っていたのですが、どうやらジュウオウジャーでは青と白が女性らしいです。リュウも私も番組を見たことがないので知りません。(^^;)

くじ引きの一番下の等でもらった光るくじらも自慢げに見せてくれました。
その他スーパーボールすくいもさせて貰ったらしくスーパーボールも持ち帰っていました。
f0224632_15421339.jpg

じぃじとばぁばと一緒であれこれさせて貰えて良かったね、と言いつつお面の値段を聞くと「700円」とのことで「高っ!!!」とビックリ。母曰く「街の人がやっているイベントなので普通のお祭りより安いはず。」とのこと。お面ってそんなにするものなの?!!私が行っていたら絶対に買わなかったので私がお留守番でリュウにとっては良かったようです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夢広場では日曜日に「温泉ジャー」というご当地ヒーローのショーをやっていて、21日(日)がこの夏最後のショーとのことで、弟は出演はしていませんがスタッフとして参加しているので甥っ子も一緒に見に行きました。
ショーは40分もあるとのことだったので私達は最後の写真撮影会だけで参加できれば良いと遅れて行くと、ショーは既に盛り上がっていてスピーカーから大きな声が聞こえるし怪獣が神社の入口に居たのでリュウも恐がって神社の境内に入りたがらないし1歳の甥っ子もギャン泣き…
「恐くないから大丈夫だよ」となだめつつ境内に入ってもののリュウはショーは見たがらず興味を示したのはお魚釣りゲーム。
f0224632_15421319.jpg

係りの方に難しいと言われたのですが、磁石で釣るタイプでリュウでも割と簡単に釣れ、時間制限がないので釣り竿と一緒に渡されたカップがいっぱいになるまで遊べました♪
f0224632_15421419.jpg

お魚釣りで気分が上がってきた所で温泉ジャー・ショーの最後だけ見せました。
f0224632_15421538.jpg

最後は悪者は居なくて温泉ジャー達がキメのポーズをしていたのでリュウも恐くはなかったようです。
f0224632_15421475.jpg

写真撮影にも恐る恐る参加。ここでも甥っ子はギャン泣き…
f0224632_15421582.jpg

リュウはヒーローと写真を撮れ気を良くしたのか弟に連れられて悪役達とも写真撮影。
リュウお得意の悪い顔=強い顔をしていました。
f0224632_15421678.jpg

地元では観光客の方向けに8月は平日毎日打ち上げ花火が上がり、21時からと遅いのですがそれも何度か見れました。
日本の蒸し暑さにやられつつも地元の夏を大満喫です。


「縁日=お祭り」「お祭り=甚平」と思っているリュウに応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-08-26 17:00 | イベント | Comments(4)
7月の幼稚園の記録です。

6月の遠足で恐竜がたくさん見れる所へ行ったからか、リュウのグループでは園児がお気に入りの本を持って来てその本についてみんなでいろいろ学ぶプロジェクトがあるのですが6-7月は恐竜の本を題材に恐竜についてのプロジェクトでした。
そしてその流れなのか7月の初めにグループのみんなでベルリンのNaturkundemusesum (自然博物館)に恐竜の骨を見に行ってきました。
f0224632_815322.jpg

博物館に行く前からプロジェクトを通して説明があったようで「Dino(恐竜)の骨を見に行くよ♪」とリュウは楽しみにしていました♪
そして実際に行って帰った後はどんな恐竜の骨を見たか興奮気味にいろいろ教えてくれました。
f0224632_8145710.jpg

園から博物館までは電車を乗り換えねばならず結構離れています。
15人近くの3-4歳児を2人の先生で引率して連れて行き、見学して帰って来たなんて本当にすごいなぁ。
(*博物館の写真はインターネットより)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

急遽8月3日にベルリンから日本に引っ越すことに決めたので、リュウの通園は7月いっぱいとなりました。
最終日の少し前、7月26日(火)にお別れ会を開いてくれました。
この日は小児科で4歳前検診をしてもらうことになっていたので、検診を終えるとぺーさんに大急ぎで園に連れて行ってもらいました。

お別れ会でどんなことをしてくれたのかは分かりませんが、ドイツの子ども達が大好きなグミのちょっと豪華バージョンをプレゼントに貰ったようです。
f0224632_8145757.jpg

↑中身が少ないのは、この日私達のベルリンの友人達と集まり、その際リュウは貰ったプレゼントを自慢げに見せ、太っ腹にみんなにお裾分けしたからです。

その他リュウの名前が書かれたファイルとグループのお友達みんなから絵とメッセージのプレゼントがありました☆
f0224632_8145848.jpg

ファイルは入園してすぐの頃、お迎えに行くとリュウが「ちょっと来て」と私を自分達のグループのお部屋に連れて行き「これ、僕のAkten(ファイル)だよ」と見せてくれたリュウの名前の書かれたファイルです。
その時はまだリュウのプロフィールが掛かれたページしかありませんでした。
f0224632_815068.jpg

6月の卒園パーティで卒園生達が受け取っていたファイルはパンパンで「いいなぁ!」と思うと同時に、リュウのファイルはあんな風にならないと切ない思いでしたが、それでもいろんな行事の写真や、お気に入りの本のプロジェクトのことなどたくさん綴ってありました。
f0224632_815121.jpg

今はどうか分かりませんが、私が子どもの頃は園や学校のイベントの後、先生が撮った写真が廊下に貼られ、欲しい写真を買うというシステムがありましたが、ドイツの園ではわざわざお出掛けの度に先生が写真を撮ってくれるなんてことはないのだろうと思っていましたが、ちゃ~んと撮ってくれていました!
f0224632_815079.jpg

お出掛けの度に全員の写真をそれぞれ撮るのはとても大変な作業だと思います。
しかもそれをファイルにして1人分ずつ手書きのコメントを。
f0224632_815180.jpg

改めて先生達に感謝です。
f0224632_815246.jpg

最後には同じグループの子達の集合写真で、「大好きなリュウ、元気でね!」と書かれたプラカードを持ってくれています。
こんなにみんなが正面を向いて楽しそうに笑っている写真が撮れるなんてさすが先生☆と感動です。
f0224632_8145971.jpg

みんなからの寄せ書きには、それぞれ絵と共に「素敵なお友達ができますように!」とか「カッコいいロケットを!」とかメッセージが添えてあります。
f0224632_8145986.jpg

中には「素敵なお誕生日を!」なんていうお誕生日のお決まりメッセージもありましたがそれもご愛敬。
本当に良い先生、良いお友達に恵まれました。
f0224632_8145882.jpg

先日朝起きたリュウが、とても嬉しそうに「僕、○○(園のお友達)と○○ちゃんと○○ちゃん(ベルリンのお友達)と一緒に公園に行った夢を見たよ」と話してくれました。
だんだん園のお友達やベルリンのお友達のことを忘れてしまうのかなぁと思うと切ないですが、忘れないように時々このファイルや写真を一緒に見たいです。

日本へ行くことにしたので7月いっぱいで園を辞めると告げると、何人かの先生に「どのくらいの期間行くのか」と聞かれ、「1年以上」と答えたのですが、「以上」は省略されてしまったのかどの先生にも「1年経ったらまたうちに戻って来て欲しい」と言われました。
正直先のことは分からないのでハッキリとしたお返事はできませんでしたがとても嬉しかったです。
ファイルの1ページ目のリュウのプロフィールが入園日が書いてあるけれど卒園・退園日が書いてないのは敢えてのご好意かもしれません。
先生達に「とても園に馴染んでいたのに」と残念がってもらえ、皆さんにかわいがってもらえて本当に良かったです。
来月から通う日本の園でも良い先生、良いお友達に恵まれますように!!!


ベルリンのお友達とまた会えるといいね!と応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-08-21 23:55 | 子育て | Comments(8)
8月4日
日本に到着した日は地元の夏祭りでした。
飛行機に乗る日の前日、荷作りなどで寝るのがとても遅くなりリュウも寝不足だったので飛行機ではグッスリ寝てくれるかと思いきや、座席に付いたテレビ(モニター)に大喜びで操作の仕方をすぐに覚え子ども向けのプログラムを次々と見てリュウが寝たのは2時間程。リュウが寝てくれないので私も1時間程しか寝れずクタクタでしたが、その日の夏祭りが地元で一番大きく縁日の出るお祭りとしては最後の夏祭りとのことだったので、絵本でしか見たことのない夏祭りを見せたいと出掛けました。

地元の青年団の方が主催のザリガニ釣りを見つけ興味津々のリュウ。
ザリガニは青年団の方達が自ら川で600匹も捕り、その後数日何度も水を変えて臭いを抑えたとか。
f0224632_1494828.jpg

リュウも挑戦してみることに。
最初はなかなか釣れませんでしたが、コツを覚えると釣れるようになりました♪
f0224632_1494833.jpg

時間制限無しという太っ腹コーナーで1時間もやっている子もいるようでした。
私達も30分以上粘り12匹も釣れました◎
f0224632_1494935.jpg

リュウが連れて帰りたいと言うので飼育について聞いてみると、飼育は簡単だけど繁殖力がすごく臭いもすごいとのこと。
それは無理!となんとかリュウを説得しお店の方に返しました。

ザリガニを返すことに納得したものの返した後はかなりしょんぼりしていたリュウですが、他の子が持っていて欲しがっていた光る剣をばぁばに買って貰い元気復活!
f0224632_1494959.jpg

どうせその場限りで後々遊ばないと思うし、後々も振り回されたら面倒だし、そもそも剣の形というのが嫌で私は買いたくなかったのですが甘いばぁばはリュウの願いを叶えます。(^^;)
ザリガニ釣りの前に見かけた子達が持っていた剣は大きさも値段もリュウの持っている物の倍以上で、そちらが売り切れていたのがせめてもの救いでした。
f0224632_1495075.jpg

↑剣を持って強くなった気分で悪い顔のリュウ。
剣は翌日もちょっと遊んだものの案の定その後は忘れ去られた存在です。(まぁずっと剣を振り回されるより良いですが。^^;)

リュウは眠さマックスでしたが興奮度合いが眠気に勝ったらしく最後の花火までお祭りを堪能しました☆
f0224632_1494726.jpg


8月5日
翌日はお昼から行者祭りでした。
例年は夜のお祭りだそうですが今年は炎天下の昼間に護摩を焚かれ大変そうでした。
護摩業の後、無業息災を願って燃やした木の上を歩きます。
リュウはズルですが抱っこして頂いて木の上を。煙をしっかり浴びたので元気にすごせますように!
f0224632_1495068.jpg

私も恐る恐るチャレンジしましたが、木はそんなに熱くなくそれよりも真夏日の太陽に照らされた砂利やコンクリート道の方が熱かったです。

最後は餅まきもありました。
f0224632_1495176.jpg

平日の昼間だったせいか例年よりも参拝客が少なかったらしく餅まきはリュウでも拾える和やかなもので、リュウもたくさん拾って大喜び◎
f0224632_1495163.jpg

リュウと母と私の3人で35個も拾えました!
護摩を焚かれた木の上を歩き、供養された有難いお餅を頂いたので皆元気に過ごせますように!

8月7日
私の誕生日でした。
母がケーキを焼いてくれ、リュウがお誕生日の歌を歌ってくれました。
f0224632_1495246.jpg

ロウソクに火を灯す前は「僕がフーってする(火を消す)」と言っていたリュウですが、歌を歌った後は私がロウソクを吹き消すように私の方に差し出してくれました♡

夏に日本に帰るのは約10年振りで、暑い暑いと覚悟してはいたもののあまりの暑さと湿度にヘトヘトですが、それでもリュウは毎日甥っ子と水遊びを楽しんでいるし、実家では楽をさせて貰っているし、帰って来て良かったです◎


家族揃って元気に過ごせるといいね!と応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-08-11 23:50 | イベント | Comments(10)
ペーさんが今年から3年の予定でアジアのとある国勤務となりました。
リュウは現地のドイツ幼稚園に通えるよう手続きをし、幼稚園が8月スタートなので6月か7月の引っ越しを予定していました。
f0224632_645338.jpg

その後我が家の事情や現地の状況を考慮しリュウと私はベルリンに残るつもりでした。
ベルリンのリュウの幼稚園をとても気に入っていたし、何よりベルリンは子どもが自然や動物に触れられる所や遊び場が多く子どもにとって環境が良いからです。
私自身将来的にまた仕事がしたいという希望もあるので、数年海外に住んで戻って来るよりここで準備をした方が良いという気持ちもありました。
f0224632_645473.jpg

ただ私の体調の問題もあり、リュウのお世話や最低限の家事をこなすのもいっぱいいっぱいで…
今後も基本はリュウと2人きりだと思うと不安なことも多く、悩みに悩んだ末、リュウと私は1-2年の予定で私の実家でお世話になることにしました。
ベルリンよりはぺーさんからも近いので彼も会いに来易いです。
f0224632_645460.jpg

リュウは今ドイツ語がかなりスムーズに話せ、言い回しなど私より上手で驚くことが多々あります。幼稚園にニュージーランド人の先生が加わってから英語も吸収しつつありますが、子どもは覚えるのが早いけれど忘れるのも早いので私の地元に住んだら英語はもちろんドイツ語も消えてしまうだろうという心配もありました。
言葉の面は残念ですが幼児のうちはメンタル面のケアが大事だと思うので、具合が悪くて余裕がなくついついリュウに必要以上にキツく言う私と2人っきりでいるより甘えられるじぃじやばぁばが傍に居てくれる方がリュウにとっても私にとっても良いと思うようになりました。
(実際3歳児相手に本気で怒鳴り合いのケンカをしてしまったことも何度かありました…)
言葉の面にしても、一旦はドイツ語が消えてしまっても将来的にはドイツ語が強くなると思うので、日本に住んで幼稚園に通い、季節の行事に参加したりお友達ができたりすれば今後帰国の楽しみや日本語を勉強するモチベーションになると思うようになりました。
f0224632_645564.jpg

リュウにも何度も相談し、彼なりに私がいっぱいいっぱいだと分かっているので、「ばぁばにベルリンにお手伝いに来てもらえば?」と言われたのですが、ばぁばが長期でベルリンに来るとじぃじが困ってしまうのよと言うと、「じゃあ私達(リュウは1人称単数は「僕」ですが複数は「私達」なのです)がじぃじとばぁばのおうちに行こうか?」と言ってくれました。
「リュウくん、Kita(ドイツの幼稚園)好きでしょ?日本に行ったらKitaの先生やお友達に会えなくなるよ。寂しい?」と聞くと、「うん、寂しい。僕、泣いちゃうかも。」と言うので「やっぱりベルリンで2人で頑張ろうか?」と言うと、「でも~、日本に行ったら日本のKitaに行くでしょ?そこで新しいお友達ができるでしょ♪」と言ってくれ決定しました。
f0224632_645521.jpg

小学校に上がる1年前にはドイツ語の為にドイツ幼稚園のあるペーさんの赴任先に行くか私達だけ先にベルリンに戻るかしようと思っています。
f0224632_645636.jpg

6月か7月に家族揃って引っ越し予定が、7月にペーさんだけ引っ越し予定に変わり、その後8月初めに引っ越し先を2か所に分けてそれぞれに引っ越すことになりました。
7月後半に急遽ペーさんにドイツ出張が入り、仕事を終えた彼がそのままベルリンに来て、それから2週間程で一気に荷作りや各種事務手続きを済ませて引っ越しとバタバタでしたがなんとか無事に引っ越せました。
f0224632_645790.jpg

飛行機には1人2つ荷物を預けられたので4つの大きな荷物を預け、更に手荷物も2人分持ち込めるMax(パンパンに詰め込んだ手荷物サイズのリュックとコロコロ。そして私は貴重品用のバッグとリュウは小さなリュック)を持ち込みました。
大荷物での乗り換えが一番ネックでした。
大きなフランクフルト空港で乗り換え時間が1時間しかなくリュウがトイレに行きたくなりトイレを探すにあたふたし、次のゲートまで大荷物で大急ぎ。
予定外にリュウのリュックまであれこれ詰め込むことになりすごく重かったですがリュウもリュックを背負って歩いたり、広い広い空港内を走ったりと頑張ってくれました☆
f0224632_645830.jpg

私達も荷物も無事に到着し、今は実家で甘えさせてもらい私はゴロゴロと楽をさせて貰っています。
自分で買い物に行ったり料理を作ったりしなくてもご飯が出て来るって本当に有難い!
リュウは毎日2つ年下の甥っ子と元気に遊んでいます。
悩んだけれど帰って来て本当に良かったです。
f0224632_645935.jpg

リュウは来月から私も通った園に通園します。
日本語が話せ人見知りがなく通園経験のあるリュウはこちらの園にもすぐ馴染むのではと思っているのですがどうでしょう。
f0224632_6451082.jpg

追記:
「ソーセージ王国」の住人でなくなってしまったので今後このブログは閉鎖するかもしれませんが、ベルリンでアップしそびれたことがたくさんあるので今後もこちらのブログにアップしていきたいと思っています。
まだまだお付き合い頂けると嬉しいです♡
日本在住となったたんたんより


小さいながらも逞しく育っているリュウに応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-08-08 00:00 | その他 | Comments(8)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle