「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

8月最初の週末はアジア在住のペーさんの大学時代の友人がやってきて一緒にRobertの山のうちへ。
2週目の週末はペーさんの幼馴染Gunnarがベルリンに遊びに。
そして3週目の週末はペーさんと同じプログラムで日本に行っていたPhilippが出張でベルリンへ来ました。
3人とも私も日本に住んでいた時から良く知っている人達で、久しぶりに会え楽しい時間が過ごせました。

ぺーさんはPhilippとプログラムの同窓会や出張先で会っていることもありますが、私は彼らがまだミュンヘンに住んでいた4年前に遊び行かせてもらった時以来の再会でした。
Philippは金曜日に仕事を終え、土曜日は帰るだけだったので、土曜日のお昼に待ち合わせをしまずはランチ。
(男性達は金曜日の夜に既に合流し、朝まで遊んでいたのでブランチではなくお昼の待ち合わせでした。^^;)
f0224632_2055677.jpg

大きなピッツァをリュウもたくさん食べました。

その後はあまりの暑さに近くのアイスクリーム屋さんへ移動。
f0224632_2055659.jpg

私達がアイスを食べる間、リュウはそこに置いてあった遊具で遊ぶのに夢中でアイスは眼中になかったようで、基本的にまだアイスを含む甘い物をあげていないのでホッ。

折角お天気が良いので川沿いをお散歩することにしました。
f0224632_2055681.jpg

夏日の週末は大きな船に乗ったり、手漕ぎのゴムボートに乗ったり川で楽しむ人もいっぱい。
リュウが手を振ると川の上の人達がみんな手を振り返してくれました。
f0224632_2055797.jpg

少し歩くと川岸で日向ぼっこする白鳥の群れに遭遇。
f0224632_2055829.jpg

人に慣れているらしく近付いてもも逃げる気配はなく、かといって食べ物を貰おうと寄ってくる風でもありませんでしたが、心配性のペーさんはリュウに噛みつくのではないかとリュウが近付き過ぎないように手を引っ張っていました。
f0224632_2055917.jpg

恐がりのリュウはそんなに近付かないし大丈夫だとは思いましたが、攻撃されたら顔面を丁度つつかれる高さですものねー。
f0224632_2055766.jpg

お散歩の途中に電車型の遊具のある児童公園を見つけ吸い込まれるリュウ。
f0224632_2055961.jpg

遊ぶリュウを眺めながらしばしおしゃべりをし、Philippは帰路につきました。

偶然3週末連続でぺーさんの友人達に再会となりました。
皆それぞれに夏のベルリン(ドイツ)を楽しんでくれたようです◎
3人ともそれぞれ近い将来家族揃って再会できると嬉しいなぁ♪

ピッツァも白鳥も大きいね!と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-28 20:30 | 散歩 | Comments(4)
ペーさんの幼馴染で、私もよく知っているGunnarが週末(8/14金―8/17月)ベルリンにやって来ました。
去年の5月に私がリュウを連れて先に日本へ帰っている間にもぺーさんと遊びにやってきていたし、ぺーさんは今年の春にも高校の同窓会で会っていますが、私は2013年のイースター以来の再会です。

金曜日の夕方にやって来て、その日はみんなで近所のビヤガーデンへ。
リュウへのお土産にプレイモービルのヘリコプターを持って来てくれ、リュウは大喜びでその場で開けて男3人で組み立て作業♪
f0224632_2129966.jpg

リュウは大喜びで食事の間もずっと遊んでいました。
f0224632_2129919.jpg

連日の暑さのせいか久しぶりにどーんとドイツ料理でお肉を食べるのも良いなぁと私はアイスバインをオーダー。
f0224632_21291046.jpg

ぺーさんは私がアイスバインと迷ったシュバイネハクセを。
アイスバインは塩漬けした豚のももを茹でたものですが、シュバイネハクセは下茹でした豚のももを皮がパリパリになるまでローストしたものです。
f0224632_2129997.jpg

料理しか写っていないので大きさが分かり辛いですがとにかくどど~ん!と大きい!大食漢のぺーさんと私2人+リュウの3人がかりでも食べきれずかなりの量が残ったのでお持ち帰りにしてもらいました。

ビヤガーデンの中に遊具のある遊び場があり、リュウは早々に食事を終えてそちらへ遊びに行ってしまいました。
f0224632_2129116.jpg

もちろんヘリコプターも一緒です♪
f0224632_21291251.jpg

以来うちでもこのヘリコプターでよく遊んでいて、付属の救急ヘリで運ばれる足を骨折した子どものお世話もよくしています◎

ベルリンでは只今バーガーがブームの様であちこちにバーガー屋さんができどこも結構賑わっています。
中でもとっても人気なのは”BURGERAMT”というドイツ語のBürgeramt(市役所)をもじった店名のお店。
彼が住む南ドイツの街にもベルリン発祥のお店として支店を出しているらしいのですが、いつも大行列で食べたことがないと言うのでそれならばとベルリン本店へ。
f0224632_2129138.jpg

本店といってもアメリカ系の大手チェーン店とは違い他の街に支店があるのが意外な感じのこじんまりしたお店で好印象。
私は前日のお肉が響いていたこともありチーズや野菜のグリルが入ったベジタリアン地中海バーガーを。辛い物が好きなペーさんはチリチーズバーガーでした。
f0224632_21291452.jpg

普段バーガーを食べない上にドイツのパンに慣れていて久しぶりの甘いバンズに驚きましたが具はボリュームたっぷりで美味しかったです◎

食べた後はリュウのリクエストで目の前の公園へ移動。
お砂遊びをさせるつもりが水場を見つけてまっしぐら!
洋服の着替えを持っていなかったし、他の子達も裸だったので慌ててリュウも服を脱がせました。
f0224632_21291535.jpg

Gunnarはしっかり3日半、夏のベルリンを楽しんで帰りました。
f0224632_21291627.jpg

彼にはリュウと歳の近い息子くんと、2歳上の娘ちゃんがいるので、一緒に会えたらリュウも喜ぶと思うし、彼も彼の息子くんとリュウはとても気が合いそうだと言っていたし、次回は家族揃って会えるといいな♪


幼馴染と大人になっても仲良しって良いね♪と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-26 00:00 | Comments(4)
楽しかった山のうちの2泊滞在はあっという間に終了。
短い期間でしたが37度位の気温が続いた週末に山と小川の涼しい空気に癒され、大自然を満喫してきました。

到着した日は私の誕生日。
出発前にベルリンで家族に祝って貰っていたし、家族には祝ってもらいたいけれどこの歳になると友達に祝ってもらうのは恥ずかしいので私の誕生日というのは伏せておいてもらいたかったのですが、5年前に私の誕生日に初めてここを訪れた際にあまりにも衝撃的なできごとに見舞われたこともあり、「また同じ日に行くよ」とペーさんがRobertに言ったらしくRobertがプレゼントを用意してくれていました。
f0224632_5451660.jpg

嬉しいやら申し訳ないやら。(*^_^*)

滞在中、リュウが朝から晩までお庭で遊びまわったのはもちろんですが、私もお庭でたくさん楽しませてもらいました。
f0224632_5451337.jpg

もちろん種類によるのでしょうが、ドイツでは5月くらいからいろんな花が咲き始めるので、
猛暑続きで8月に入っていたこの頃はお庭のお花も終わり気味でしたが、それでもいろんなお花を楽しませてもらいました。
f0224632_545159.jpg

この夏は気温が高過ぎていつもより芝が伸びず芝刈りの頻度が少なくてすむとのことでしたが、とにかく広大なお庭なので手入れが大変だと思います。
f0224632_5451311.jpg

たくさんのお花の他に、野菜やハーブ類もたくさん植えてあります。
なのでお茶を入れてくれる時はいつもまずお庭にハーブを摘みに行って新鮮なハーブティーを。ティーバッグのハーブティーと香りが全然違い本当に美味しい◎
f0224632_5451365.jpg

5月に訪れた際もそうですが、セージやミント、そして今回は紫蘇もたくさんもらって来て、うちに戻ってからも随分楽しませてもらいました♪
f0224632_5451427.jpg


朝食のテーブルに並ぶサラダは全てお庭から採れたもの。
野菜類だけではなく、ジャムもお庭で採れたベリー類で作ったものでした。
f0224632_5451839.jpg

レッドビートと紫蘇が合うなんて意外な発見!
f0224632_5451750.jpg

鉄分や抗酸化物資(=老化防止)を多く含むレッドビートは頻繁に食べたい食材です。

ハイキングから戻った夜はぺーさんがピッツァを焼きました。
具は生ハムとモツァレラをのせたものと、ひき肉とういきょうの実を混ぜたものの2種類でした。
f0224632_545193.jpg

うちはガスオーブンですが、こちらは電気オーブンで火力が弱いにもかかわらずなぜかいつもよりクリスピーに美味しく焼け、みんな美味しいと大好評でした◎
写真を撮り損ねたのですが、お庭で採れたインゲンマメ(緑と黄色の2種類)のサラダもどど~んと!
お酢とカッテージチーズで味付けという大人なサラダでしたがリュウもたくさん食べました。

リュウはいつものように「ベルリンのおうちに帰りたくない」と言っていました。
こんな素敵な別荘を持っていて、たまに遊びに行くと温かく迎えてくれる友人がいるなんて本当にラッキー☆
f0224632_5451342.jpg

お庭のお世話など大変な部分抜きで楽しませてもらえることに感謝です。
次回は草刈などのお手伝いもさせてもらおうと思います。


夏は海も良いけど山も良いね♪と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-23 17:35 | お出かけ | Comments(4)
8月8日(土)

遅い朝食を皆で食べた後、ドイツ人男性2人は山へロッククライミングに。
ペーさんは夕食の買い出しに街へ行き、リュウと私はお昼寝でした。
ペーさんが買い物から帰って来ると彼がRobertのパートナーと夕飯の下準備を始め、ちっともお昼寝してくれないリュウは気配を感じてキッチンに様子を見に行き、なんと私一人でグッスリお昼寝…

その後我が家の3人でバスタイ登山へ行きました。
緑の山からゴツゴツの岩山が飛び出した独特の景色で有名なバスタイはRobertの山のおうちから近く前々から行きたい場所でした。
ラッキーなことにオペラ歌手のRobertのパートナーが翌日バスタイの野外劇場で歌うため普段観光客が車を停められない街に車を停められるパスがありそれを貸してもらえました☆
f0224632_22354117.jpg

教えて貰った街はかわいらしい建物のホテルやペンションやリゾートマンションが並んでいます。
f0224632_22354212.jpg

バスタイの独特の岩山が登山道の入口から既に見えてワクワク♪
f0224632_22354295.jpg

登山道自体は割となだらで距離も長くなく楽なコースですが、山の気温は分かりませんが街は37度位まで上がった猛暑日だったので暑くて暑くて大変でした。
f0224632_22354440.jpg

有料(といっても大人2ユーロ)の鉄の橋をいくつも渡したエリアにも入ってみました。
f0224632_22354372.jpg

↑背景に見える石の橋がバスタイ橋です。
金網状の橋からは下が見えるし、手すりも簡単な物なので恐々でしたが、ぺーさんに抱かれたリュウは意外にもちっとも恐がっていませんでした。
下にRobertのパートナーが翌日歌う予定の野外歌劇場が見えました。
こんな歌劇場は歌い手さんにとっても観客にとってもすごく気持ち良い場所だろうなぁ。
f0224632_22354231.jpg

↑木々の間に客席が並ぶのが見えるでしょうか?
まだ夏休み中で家族連れの登山者も多かったですが、有名な観光地でお天気の良い土曜日の割に人が少なかったのはあまりの暑さに登山を断念した人がいるからかもしれません。
f0224632_22354587.jpg

どうやってこんな岩山が生えたのだろう?と思ってしまうような景色にただただ感動!
f0224632_22354669.jpg

暑くても登った甲斐がありました。
f0224632_22354842.jpg

山の頂上にはパーティなどにも使われそうな素敵な展望レストランや、かわいらしいホテルがありましたが、パーティに招かれた方はまず登山しないといけないし、ホテルの宿泊客も出掛ける度にここを登ったり下ったりするのは大変だなぁと思ったら、ナント頂上まで車で登れると分かり拍子抜け!
f0224632_22354795.jpg

まぁぺーさんは知っていたと思いますが、ハイキングすることが目的なので車で登るという選択肢は最初からなかったのだと思います。
f0224632_22354943.jpg

山の上からエルベ川を見下ろす景色もよく、風が爽やかで、こういう気分は車で登ったら味わえなかっただろうなぁと自己満足◎
f0224632_22355023.jpg

リュウは歩きたがりましたが、出発が遅くなったうえにあまり遅くならずに帰ってぺーさんが夕飯の支度をしなければならなかったのでリュウのペースでは時間が掛かり過ぎると強制的に抱っこ紐に入れ、ぺーさんが抱っこし、背中には水などを背負って登りました。
f0224632_22355124.jpg

バスタイ橋辺りから少し歩かせましたが周りは絶壁で、柵というより手すり程度の物があるのですが、リュウの身長は手すりより低くスルリと抜けてしまうので落ちたら大変と心配性のぺーさんはほぼ抱っこしていました。
という訳で今回の登山はリュウは殆ど歩きませんでしたが、この絶景のすごさを分かって楽しんでくれたかなぁ。
f0224632_22355173.jpg

程好いハイキング・コースだったのでまた行きたいです。
次回は時間に余裕を持って出掛けリュウにもしっかり歩いてもらおうと思います♪


この絶景を実際に見てみたい!と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-18 23:15 | Comments(8)
誕生日のお祝いをReichstagの上でしてもらった後、丁度アジアからベルリンに来ていたペーさんのドイツ人の友人と合流しドレスデン郊外にあるRobertの山の別荘へ行ってきました。
5月にカナダ在中のドイツ人の友人が来た際にもここに集合して4日間過ごしたので今年2度目です。
カナダ在住の友達も今回の友達もRobertも共通点は中国つながりです。

この日は街は38度まで気温の上がった猛暑日で、山の上に来ると一気に気温が28度位まで下がりましたがそれでも暑い!
荷物をお部屋に運ぶと男性陣は汗を流しに裏庭から小川へ。
リュウも別荘の入口に置いてあったバトミントンのラケットを手に追いかけました。
f0224632_983958.jpg

とても綺麗な小川で、水辺は空気もひんやり気持ち良かったです。
f0224632_984222.jpg

小川に着くと男性陣は全裸になり川へ。目のやり場に困ってしまいました。
リュウは「うわ~!」「冷たーい!!」と奇声を発しながら川に入るペーさん達を笑いながら見ていましたが、彼らが水温に慣れて川に浸かっていると、「ジャンプ―!(飛び込んで!(」と指示し、ペーさんの友達が川面に石を投げるのを見て喜び「もっと石ー!大きい石ー!」とラケットを振り回して支持をしまくる隊長に!
f0224632_983976.jpg

リュウに付き合って割と長く川の中に居た男性達は体がすっかりクールダウンし、川に入らず汗をかき続ける私と対象に長袖シャツを着た程です。
f0224632_983910.jpg

男性陣は翌日も翌々日も朝起きるとシャワーの代わりに川へ。
さすがに私とリュウは中で温かいシャワーを浴びさせてもらいましたが、私も2度川へ入りました。
(ペーさんもハイキングに行った後は石鹸で体を洗いたいと中でシャワーを浴びていました。)
f0224632_984174.jpg

最初はヒヤッと冷たいのですが、しばらくするととても気持ち良く清められる気がしました。

男性陣が川から家に向かうと、リュウはお気に入りのブランコへまっしぐら♪
f0224632_984095.jpg

このブランコには滞在中もちろん毎日乗りました◎
f0224632_984034.jpg

相変わらず公園のブランコはあまり好きではなさそうですが、ここのブランコは大好きです。
f0224632_984382.jpg


Robertの山のおうちには子ども用の乗り物やオモチャがいろいろあり、広いお庭で遊べるのでリュウにとって最高の場所です。
f0224632_984311.jpg

去年Robertが芝刈りをした草を運ぶのを手伝ったのを覚えているのか(?!)、「草はどこ?草を運びたい。」と言いながら手押し車に草の代わりのボールを乗せて運んでいました。
f0224632_984115.jpg


お庭の一角にあるお花やハーブ、野菜を植えたエリアに水遣りを。
お水遊びが好きなリュウはじょうろで何度も水遣りをさせてもらっていましたが、一度ホースを使っての水遣りをさせてもらい大喜び♪
f0224632_984141.jpg

大自然と自然の恵みを満喫した3日間でした◎

翌日のハイキングのことなどまたアップしたいと思います。


全裸で川で水浴びなんてワイルドね!と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-15 23:30 | 旅行 | Comments(6)
8月7日(ハナの日)は私の誕生日。
ペーさんが前々からお休みを取ってくれていたのでベルリン郊外へ小旅行したいなぁと思ったのですが、その日(金曜日)の夕方から日曜日まで何度かお邪魔しているペーさんのお友達Robertのドレスデン郊外の山の別荘にお邪魔することになったので、ランチ・タイムにベルリンのレストランでお祝いしてもらうことにしました。

ペーさんが予約してくれたのはReichstag(国会議事堂)の上にあるレストランです。
ドイツの国会議事堂は上のガラス張りの半球の部分が展望台になっていて、観光スポットでもあります。
f0224632_13203543.jpg

11年前に旅行でベルリンを訪れた際にここに上ったことがありますが、以来11年振りに上りました。
以前はここに上る為には延々と列に並ぶ必要があり、レストランに予約を入れることが並ばずに上れる裏技でレストランの予約を取るのもとても難しかったようですが、数年前から展望台に上るのは予約制になりそのせいかたまたまラッキーだったのか数日前に電話を予約が取れたそうです。
f0224632_13203064.jpg

レストランに行く前に折角なので一番上までグルグル上ってベルリンを見渡してきました♪
f0224632_1323619.jpg

私達が座ったテラス席からはベルリン大聖堂、アレックス(テレビ塔)、中央駅、シュプレー川が見えました。
f0224632_13203293.jpg

右側に移動するとブランデンブルグ門も見えます。
f0224632_13203374.jpg


この日は38度位まで気温の上がった暑い日でペーさんはまずはトマトの冷製スープを。
f0224632_13203117.jpg

私は炙りサーモンをオーダー。
海草、胡麻、紫蘇とオリエンタルな素材が使ってありました。炙り具合も良くドレッシングも美味しく暑い日でもさっぱりと美味しく頂きました◎
f0224632_13203145.jpg

リュウも自分のカトラリーをもらい、普段使わせてあげていないバターナイフを使って自分でパンを切ったりクリームチーズを塗って喜んでかなりの量のパンを食べていました。
f0224632_13203162.jpg

メインは半分ずつ食べようと誕生日の特権で私が選ばせてもらい白身魚と
f0224632_13203325.jpg

先日の結婚記念日に静子ママとぺーさんが食べていたカツレツ(ヴィーナー・シュニッツェル)が美味しそうだったのでカツレツを。
f0224632_13203340.jpg

カツレツは大きなカツレツが2枚もあってビックリ!しかも付け合わせのポテトはポテト炒めとポテトサラダ(酢ポテト)の2種類とすごいボリューム!
お肉そのものは薄く伸ばしてあり衣がサクサクで美味しかったですが、リュウと一緒に1枚弱でも充分でした。
カツレツにサラダが付いたのにお魚にはないなぁと思ったら、お魚の下にグリル野菜とニョッキがたくさんでこちらも見た目以上にボリュームたっぷりでした。
メインを半分ほど食べ、ぺーさんと私が丁度お皿を交換すると、テラスの上の雲がなくなり日差しが直撃!あまりの暑さに慌てて帽子をかぶりましたがリュウが「暑いよ~。まぶしいよ~。助けて~!」なんて言うので中の席に移してもらいました。
お魚もカツレツもとても美味しかったのですが、お魚はソースの味付けがやや濃かったし、カツレツは当然揚げ物だし、猛暑日に食べるには重かったと食べた後で思いました。(^^;)
f0224632_13203488.jpg

お腹はいっぱいだったのですが、誕生日だしケーキも食べようということに♪
ぺーさんはシュバルツバルドキルシュトルテ(チョコレートとさくらんぼのケーキ)、私はリュウのリクエストでラズベリーのヨーグルトケーキにしました。
f0224632_13203480.jpg

ラズベリーとヨーグルトの酸味が爽やかで暑い日にピッタリの美味しいケーキでした◎
普段甘い物をあげていないリュウもこの日は特別と私と一緒にラズベリーヨーグルトケーキを食べました。
甘い物を食べなれていないからか甘い物を食べたがらないリュウですが、このケーキは酸味が利いていたからか「美味しい♪」とよく食べました。

最初にぺーさんにこちらのレストランを提案された時は展望レストランってどうなの?と思いましたが、ミュンヘンに本店のある”Käfer“というきちんとしたレストランなのでお料理もサービスも良かったです。
ベルリンのレストランとしてはお値段は高めですが、14時過ぎにはカフェ利用の方もいらしていたのでベルリン観光の際にはおススメです☆
私達も日本などからお友達や家族が来た際にはまた行きたいな♪


ベルリンを見渡せる展望レストランって良いね♪と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-12 15:00 | 外食 | Comments(11)
最近リュウはごっこ遊びが好きなようで、すぐに好きなキャラクターになっています。
よくなるのが『みつばちマーヤの冒険』に出てくるバッタのフィリップで、フィリップが歌って踊るのをよく真似します。そして、そんな時は私はマーヤに任命されます。
f0224632_2218645.jpg

ミッキーマウスになることもあり、私はミニーにされ、ぺーさんはグーフィーに任命です。
ある日公園でリュウが突然ミッキーになり、「ミニー、あっちへ行こう♪」と遊具の方へ駆けて行き、「ミニー、見て~♪」と得意気に遊具に上るのを見ていたのですが、ちょっと高い所から落ちたので慌てて「リュウくん大丈夫?!」と声を掛けると、「ミッキーよ…」と痛そうにしつつも役柄にこだわっていたのに笑ってしまいました。
f0224632_2218522.jpg

ペーさんとごっご遊びをする際に、以前は「Ich(僕)、○○(役名)。パパ、○○(役名)」という感じだったのに、急に「Ich bin ○○」と正しく言えるようになりました。
まだ保育園に行っていないし、遊ぶ友達も日本人ばかりでドイツ語を聞く機会がとても少ないのですがドイツ語も着々と進歩していて私から出ないような単語や言い回しをすることもあり驚いてしまいます。
f0224632_2218618.jpg

自己主張がはっきりしているせいか魔の2歳児といわれるようなイヤイヤは特にないですが、年相応に(?)何を言っても返事が「イヤだ」ということもあり、私が「そんなにイヤイヤ言わないよ」と言うと、「言うよ。Alle Kinder(子どもはみんな)イヤイヤ言うよ」なんてどこで聞いたんだか悟ったようなことを言うのでペーさん共々あんぐりでした。
f0224632_2218792.jpg

これといってトイレ・トレーニングという程のことをしていないのですが、ほぼオムツが取れました◎
キッカケはお砂遊びです。
夕方まで砂場で遊び、体中砂まみれになってうちに帰りお風呂場に直行。
それから夕飯を食べて寝る前の数時間に新しいオムツを使い、寝る前にまた新しいオムツをするのは非エコだし勿体ないとパンツを履かせるようにしたところ、最初は少し失敗もありましたが、きちんと「おしっこ」「うんち」「トイレ」と出る前に言えるようになりました。
f0224632_2218665.jpg

特に良かったのがペラペラ・パンツ☆
最初は日本から取り寄せた厚手のトレーニング・パンツを履かせていたのですが、履いていても漏れるには漏れるし、厚手なので乾くのに時間が掛かり2枚では洗濯がおいつかず、ドイツでは見かけないしわざわざまた取り寄せるのもなんなので普通の薄いパンツ(通称ペラペラ・パンツ)を買ってみたら大正解!
トレーニング・パンツは厚手でフィットしているのでオムツをしているような錯覚をするのかもしれませんが、ペラペラ・パンツは風通しが良い分緊張感があるようで失敗はほぼゼロになり、朝起きてからうちに居る時はずっとパンツで過ごすようになりました。
f0224632_2218772.jpg

(上がトレーニング・パンツ、下がペラペラ・パンツです。)
寝ている時は100%おしっこをするので夜寝る時とお昼寝の時はまだオムツです。
f0224632_2218580.jpg


オムツをしていると安心してしまうのか、殆ど出ると教えてくれずオムツでしてしまいます。
出掛ける際は電車移動が多く駅や電車内でトイレと言われても困るので出掛ける時もオムツだったのですが、先月ペーさんの実家へ帰省した際にお天気の良い日のお庭遊びはペラペラ・パンツのみで遊び、風の強い寒い日に近所に出掛けた際も田舎なのでどこでも用を足せるとパンツにズボンで出掛けたのですが、どちらも失敗ナシだったので、ベルリンでも徐々にオムツ無しで出掛けるようにしています。
f0224632_2218579.jpg

ただ、「おしっこ」と教えてくれても外で立ってさせるのはなかなか難しい!
今週末は自然の中で過ごすので、ペーさんにしっかり外での用の足し方の指導をしてもらおうと思います。

*写真は最初の5枚は8/3の撮影、最後の2枚は7月の帰省時の撮影です。


ほぼ脱オムツのリュウに拍手!と応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-07 22:55 | 子育て | Comments(4)
7月28日(火)は私達の4回目の結婚記念日でした。

1年目は、私達がベルリンの両親と慕う静子ママご夫妻が結婚のお披露目会をしたホテルの宿泊券を結婚祝いとしてくださっていたのでその宿泊券を使わせて頂きました。
2年目は、2泊でプラハへ。
3年目の去年は宮殿ホテルに2泊。
とたまたま泊りでお祝いが続いていたので今年もそうしたかったのですが、今年はペーさんが仕事を休めなかったの泊りは無理となり、どこかでお食事することに。
記念日なので奮発レストランへ!とも思ったのですが、リュウと一緒では難しいかなぁと思案した末、私達がお披露目会をした思い出のホテルのレストランは広いテラス席のあるしお料理も美味しかったのでお世話になっている静子ママご夫妻をお招きしてそこで食事することにしました。

ペーさんはアンズ茸のスープを。
f0224632_1319244.jpg

私は蕪のスープにしました。
f0224632_1319158.jpg

スープに浮かぶスモークサーモンはほぼリュウのお口に入りました。
サラダが来て
f0224632_1319291.jpg

メインはペーさんはウィーン風カツレツを。
f0224632_1319321.jpg

私はナマズにしてみました。
ナマズそのものは癖がなくあっさり。別に来ていたソースを掛けて美味しく頂きました。
f0224632_131925.jpg

リュウは静子ママのカツレツとポテトを頂き「美味しい~♪」とパクパク。今までフライドポテトは好きではないようだったのにこの日はお替りを貰う程。美味しかったからか大好きなオマ静子から貰うのが嬉しかったのかよく食べました。
f0224632_1319373.jpg

お腹はいっぱいだったのですが、食後に何か甘い物を食べたいなぁとデザートを頼むことに。
ペーさんはチョコレート・ムースとアイスを。
f0224632_1319417.jpg

私はデザート・プレートをオーダーし静子ママと分けることにしました。
f0224632_1319312.jpg

アイスとシャーベットばかりでやや残念でしたが甘い物を食べてお腹も心も満たされました◎

こちらのレストランを選んだ理由は湖に面した広いテラス席でもあったのですが、残念ながらこの日はお天気が良くなく気温が下がりテラス席ではありませんでした。
心配だったリュウは食事中はおとなしく食べられたし、食後はウロチョロしたりソファーの上で飛び跳ねたりしてしまいましたが平日ということもあり空いていたので大丈夫でした。
食後テラスへ出てみると、お水遊びが好きなリュウはすぐに噴水のお水を触りに行きました。
f0224632_1319565.jpg

少しだったので服が濡れるようなことはなかったですが、外席ならずっと水場に遊びに行っていたと思うので中の席で結果オーライだったのかもしれません。(^^;)
f0224632_1319528.jpg

私達の勝手な思い付きに静子ママご夫妻にお付き合い頂きましたが、私とリュウはちょこちょこお宅にお邪魔させてもらっているものの久しぶりにぺーさんも含めお二人とゆっくりお話ができとても良い時間を過ごせました。
静子ママご夫妻始めたくさんの方に支えられていることに感謝です♡


お皿からはみ出しそうな大きなカツレツがドイツらしい!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-02 23:55 | イベント | Comments(6)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle