「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨日はリュウと日本の保育園にお邪魔しました。
調度お昼の時間で、0-1歳児クラスのお昼の様子を見学させてもらえました。
みんな椅子に座ってお行儀良く食べていました。
リュウはベルトをしないと(していても)椅子の上で立とうとしてなかなかじっとしていないのでビックリ!
保育士の先生は「集団生活の賜物ですよ」とのこと。
f0224632_0571468.jpg

お昼が終わると、食べ終えた子から隣のお部屋に遊びに行きます。
リュウも一緒に遊ばせてもらいました。
f0224632_057378.jpg

遊んでいる間に先生達が食卓を片付けお布団を敷かれます。
そして、オムツを替えてもらい先生達にうながされみんなそれぞれに自分のお布団に入りねんねモード。
なかなか寝れない子は先生にトントンしてもらっていましたが、殆どの子がすぐにグッスリ。
これにはもうビーーーックリ!!!!!
リュウはベビーカーなどで寝る事はありますが、うちで寝る時はお昼寝も夜もおっぱいを飲みながらの寝かし付けです。
先生によるとこちらも「集団生活とリズムですね」とのこと。
保育園に早めに通わせることの意義を見た気がしました。
ドイツの保育園がどんな感じか分かりませんが、日本の保育園は日本ならではの躾がしてもらえるし、次回の帰国時には一時預かりをお願いしようかと思い始めました。

みんながおねんねした後もお遊戯室で一人遊ぶリュウ。
f0224632_058764.jpg


もう少し大きい子のお昼が1食分余っているとの事で頂きました。
f0224632_0581936.jpg

いろんな食材が使ってあるヘルシー和食メニューでした。
そしてなんと私にも先生用のお昼(同じ献立で量が大人用)を頂きました。
胡麻和えや具沢山であっさりな汁物も美味しくて母子共にペロリと完食♪

その後、大きいクラスの子も続々とお昼寝に移動し、誰もいない園庭の遊具でも遊ばせてもらいました。
f0224632_0583320.jpg

予定外に長居して、とてもたくさん遊ばせてもらいリュウもとても楽しい時間が過ごせたし、私も勉強になりました◎
見学させてもらえるだけで感激なのに、お昼まで分けてくださり、いろいろ見せてくださった保育園の先生達に感謝です。

いつもおとなしいと言われるリュウですが、最初食事中のチビっ子のお部屋に行った際は固まっていたもののみんなが遊び始めると一緒に遊び始め、積極的に他の子に引っ付いて行きました。
他の子達は日々他の園児と遊ぶのに慣れているはずなのに見知らぬリュウがあまりにも引っ付くのに戸惑ったのか固まってしまったり泣いてしまう子も…
リュウは外でも子供を見かけると喜んで手を出してコミュニケーションをはかろうとするし、意外と社交的な子なのかもしれません。
f0224632_133737.jpg

↑寝に行った女の子を追いかけるリュウ。コラコラ~!

今はどこの保育園も半日園を開放してくれるオープン・デーがあったり、親子で体験入園できる日があったりするそうなので、うちの近所の保育園にも問い合わせてみようかと思います。
そして、こちらの保育園で来月5日に半日園の開放があるらしいのでそれにペーさんも一緒に参加させてもらおうと思います♪


保育園のヘルシー和食ご飯がイイな♪と思われた方、応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-30 23:00 | 子育て | Comments(8)
日本に帰省中ですが、書き掛けのレスボス島の記録の続きです。
レスボス島では7泊のうち最初5泊はPetraという町に滞在しました。
リュウの離乳食の事もあるので、Studioというキッチンが付いたタイプのホテルに泊まりました。
f0224632_17264082.jpg

ニキさんという女性が経営していて、その名も「Studio Niki」。
同様のネーミングが多く、お隣は「Michaella’s Hotel」だったし、近くには「Andy’s Rent-a-Car」など「○○’s Bar」「○○’s Studio」という名前をたくさん見かけました。
f0224632_17271825.jpg

お部屋も小さいけれど清潔だったし、お庭の手入れも行き届いていて感じが良かったです。
f0224632_17275281.jpg

到着してお部屋に入ると、タオルとブランケット用のカバーで蝶とリボン(?)が作ってありました♪
f0224632_1728572.jpg

翌日、「こういうアパート・タイプのホテルって何日置きにタオルを取り換えてくれるんだろうね?」と言いながら出かけ帰ってみると、しっかりお掃除&ベッドメーキングに来てくれていて、ベッドの上に置きっぱなしだったリュウのパジャマが新しいタオルと共にデコレーションされていて、笑ってしまったけれどなんだか散らかしっぱなしのお部屋で恥ずかしかったです。
f0224632_17282489.jpg

ちなみにお掃除&タオル交換は私達が泊まっていた間は日曜日以外毎日でした。
f0224632_17335167.jpg


朝食はお庭で頂きます。
f0224632_17285240.jpg

ベーシックなギリシャ・スタイルの朝ごはん(パン、野菜、オリーブ、羊のチーズにはちみつ、卵料理、濃厚なプレーン・ヨーグルトにはちみつ等)で、卵料理が日替わりで目玉や焼きだったりオムレツだったり、添えられるほうれん草とチーズをパイ生地に包んで焼いた様な物なども日替わりでした。それらやパン、全てニキさんの手作りだそうです。
f0224632_17292849.jpg

お庭には猫ちゃんがいっぱい!
f0224632_17295574.jpg

この旅行の少し前から動物を動物として認識するようになったリュウは動物園でも動物の近くに近付き過ぎると恐がるようになり、ここでも最初猫がリュウの近くに来ると「ひぃぃぃぃぃーーー!!!」と恐がっていたのですが、だんだん好きになったようで、私が「にゃおさんが来た」というと身を乗り出して探すようになり、近くに来ると手を出すようになりました♡
f0224632_1730536.jpg

↑お互いに「おチビちゃんだなぁ」と見つめ合うリュウと子猫ちゃん。
f0224632_17301748.jpg

ニキさんは会う度にリュウの名前を呼んでかわいがってくれ、私達が朝食を食べる間リュウを抱っこしてくれたり、リュウに離乳食を食べさせてくれたり◎

チェックインした際にパスポートを1人分提示して欲しいと言われ、ぺーさんの物を見せ、私は名前を聞かれ口頭で応えただけだったので、日本人の名前で聞いたことがないだろうから覚えていないと思っていたのですが、チェックアウト時に私の名前を呼んでハグをしてくれ、短いお付き合いでしたがうるっときてしまいました。
折角キッチン付のホテルにしましたが、ぺーさんが外食したがるのでなかなか調理する時はなく、リュウの離乳食を作って持ち歩いて腐らせるのも心配なので結局リュウのご飯も殆ど瓶詰めのベビー・フードか果物になりキッチンは殆ど使いませんでしたが、それでも清潔で優しいニキさんの所に泊まって良かったです。
もしまたレスボス島を訪れてもニキさんの所に泊まることは残念ながらないと思いますが(ニキさんのStudioの問題ではなくPetra以外に泊まると思うからです。)、今回ここに泊まりとても気持ち良く過ごせました◎
f0224632_17303396.jpg

ニキさんとリュウの写真が何枚かあるので、ニキさんにお礼のメールに写真を添付して送ろうと思います♡

赤ちゃん連れに優しく清潔な宿ってイイな♪と思われた方、応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-28 17:30 | 旅行 | Comments(8)
20日の夜にベルリンを発ち、時差もあり21日の夜に関空に着きました。
ギリシャへ行った際に初めてバシネット(機内の赤ちゃん用ベッド)を使ったのですが、結構高い位置にあるので折角膝の上で寝かしつけてもベルトを外して立ち上がっている間に起きてしまい、しかもしっかり体を固定できるベルトがないので立ち上がってしまって危な~い!
f0224632_2205996.jpg

実際リュウが一度突然私達に向かってジャンプし真っ青になりましたが、咄嗟にペーさんがキャッチできました。
ギリシャ旅行の際はペーさんも一緒だったので交代で手を添えながら食事をしましたが、日本へのフライトは私とリュウだけなのでどうやってご飯を食べようかと心配していました。
幸い日本への機体のバシネットは少し低めの位置にあったのと、時間的にリュウも疲れて本当に眠かったのとでタイミングよく3回の食事の度に寝てくれていました◎
f0224632_2212331.jpg

とはいっても11時間のフライトのうちバシネットで寝てくれたのは3回に分けて3時間半くらいで、ほぼずっと私の胸の上で寝ていたので体が痛くて痛くて…
今回はリュウが寝てくれるかなぁと夜のフライトを選びました。
実際割と寝てくれたのですが周りもずっと寝ているのでリュウがちょっとでもグズると気が引けてしまいました。
それでも大声で泣き続けたりはしなかったので多少は仕方ないので許容範囲内だと思うことにします。
怪我もトラブルもなく無事に帰れてやれやれです。
f0224632_2213591.jpg

(↑写真は全てギリシャ旅行の際の物です。今回は写真を撮る余裕はありませんでした。^^;)

空港には両親が迎えに来てくれました。
空港内のレストランで夕食を食べ、神戸のおばのうちへ。
渋滞の為到着が遅くなりましたが大歓迎して頂き、リュウ用に子供椅子や子供食器まで出してくれていてビックリしました。

実家に着いたのは日付が更に変わって22日の明け方でした。

23日は前から日本に住む人や帰省する人の写真を見せてもらい行ってみたかったスタジオ・アリスへ。
子供の写真だけかと思っていたら家族写真の撮影もできるとのことで、折角なのでじぃじとばぁば(私の両親)も一緒に撮影しました。
私の実家は田舎なのでスタジオ・アリスまで車で約2時間。
それからお買い物もして、うちに帰るのが遅くなるので途中で食べて帰ることに。
赤ちゃん連れなのでお座敷に入れてもらい、リュウ用に白身魚の小鍋を作って頂きました。
畳のお部屋&お魚にリュウは大喜び♪
f0224632_2221372.jpg

食事のほぼ終わりまでなぜか長方形のテーブルの一番料理から遠い所で遊んでくれ助かりました◎
f0224632_2222598.jpg

リュウにとって母国である日本に初めてやって来ました。
同じく母国であるドイツも数えると日本はリュウにとって5ヵ国目です。
私が初めて外国へ行ったのは19歳の時なのに、0歳児にしてすごいなぁ。
台風の影響による大雨で昨日今日とうちに籠っていますが、私もリュウも元気に日本を満喫中です。
ベッドと違い落ちる事のないお布団とハイハイし放題の畳のお部屋はリュウにとっても楽しい様ですし、お魚や甘い日本のサツマイモに大喜びです♪
f0224632_223776.jpg

後はペーさんが台風などの影響なく無事にやって来てくれ、リュウが元気に1歳の誕生日を迎えれば万々歳です。
f0224632_2232186.jpg

それにしても上げ膳据え膳でデザートまで出てきて、いつも誰かがリュウの相手をしてくれる実家ってやっぱり最高です☆
f0224632_2233276.jpg


無事に帰れて良かったね♪と応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-25 22:30 | 子育て | Comments(14)
金曜日(10/18)は静子ママ&Peterさんの金婚式のパーティにお招き頂きました。
紅葉の綺麗な秋をドイツ語でGoldener Herbst (黄金の秋)と言います。
f0224632_2242543.jpg

只今紅葉まっさかりのベルリン。(気温は既に日本の初冬ですが・・・)
そのGolder Oktober(黄金の10月)にめでたく金婚式を迎えられました。
f0224632_2244827.jpg

日本で出会われ、日本で30年以上過ごされ、今はベルリンに住んでおられます。
まだ国際結婚の少なかった時代ですし、いろいろとご苦労もあったことと思いますが、そんなご苦労をお2人からは全く感じることはなく、いつも仲良くお互いを尊重される姿は憧れますし、私も見習わねばと思います。

パーティのテーブルは秋を感じる綺麗な赤い葉でデコレーションしてありました。
f0224632_2251018.jpg

リュウはこの日の為に日本からお取り寄せしたおめかし服で☆
f0224632_225322.jpg

お料理はブッフェ・スタイルでしたが、前菜、メイン、デザート、そしてチーズ各種とウェイターさんが用意してくださって、メインはもちろん熱々でした◎
f0224632_226670.jpg

リュウはまずはパンをハムハム~♪
f0224632_2262848.jpg

持参した離乳食をペロリと平らげ、メインには鯛があったのでリュウは大喜でたべていました♪♪
f0224632_2274953.jpg


乾杯の音楽、そして、中間、後半とベルリン在住で静子ママご夫妻と親しい音楽家の方達による素晴らしい演奏がありました。
演奏中にリュウがワーワー言ったら困るなぁと思ったのですが、演奏の度にリュウは釘付けでした。
f0224632_2281580.jpg

仲良しのソプラノ歌手のあずささんが歌われ、普段遊んでくれるあずささんの美しい歌声といつもとは違う姿にリュウは釘付けだったのかもしれません♡
最後には歌に合わせてソプラノとテノールの方がダンス、そしてなんと静子ママとPeterさんのダンスもあり会場は大盛り上がりでした!

パーティの途中で眠くなったリュウが騒ぎ出すのでは?と心配していましたが、私達がちょっと早めに会場を後にする0時頃まで眠そうにしつつもニコニコで、他の赤ちゃん連れのパパさんにも「頑張っているなー」と驚かれました。
f0224632_2284628.jpg

そろそろ失礼しないとね、なんて言いつつ、リュウが頑張ってくれていたので私達はしっかりデザートまで楽しめました。
f0224632_229593.jpg

Peterさんや息子さん達のスピーチも素晴らしく、みなさんの愛に溢れたすばらしい宴でした。
私もお2人を見習って日々を大切に家族やお友達と仲良く歳を重ねたいと改めて思いました。
素敵な宴にお招き頂き、本当に感謝です。

静子ママ&Peterさん、これからもお元気で私達のお手本でいてくださいね♡

*********************

心配していた粗相はなくパーティを楽しむことができました。
テーブルに取り付ける子供椅子を持ってくるように言われていたのにすっかり忘れてしまっていましたが、逆にリュウをテーブルに近付け過ぎると危険だったと思うのでペーさんと交代抱っこで結果オーライでした。
いよいよ本日これから日本に向けて出発です。
日本行きの空の旅もトラブルなく無事に着けますように!

金婚式を家族や友達と祝うって素敵だなぁと思われた方、応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-20 22:00 | パーティ | Comments(12)
昨日(10/17)は一歳前検診と予防接種の日で、朝一の予約でぺーさんと3人で行ってきました。
まずは身長測定。
f0224632_225158.jpg

70cmで、洋服のサイズから予想していた通りでした。
ドイツの洋服はまだ68も着せています。

ドキドキの体重測定。
f0224632_2252073.jpg

8キロ強を予想してたのですが7,850gしかありませんでした。
先生は順調に増えているので問題ないと言われました。

その後、ずり這いではなく腰を上げてハイハイできるか、ちゃんと自分から座れるかのチェックがありどちらも合格◎
f0224632_2254356.jpg

実はこれらは割りと最近始めたのでギリギリ・セーフでした。
ハイハイは腹筋や背筋を鍛えるのに必要なのでうちでもよくさせるように、とのこと。
うちは狭く危険ゾーンも多いのでいつも狭い限られた場所で遊ばせていたことを反省。
最近床を好きに動き回らせていたら腰を上げてハイハイするようになったので、たまたまタイミングかもしれませんがやっぱりある程度自由に動き回らせてあげないといけないなぁと思いました。

その他、両手にそれぞれ1つずつ木の積み木を持ちカチカチ音を鳴らせる(ぶつけられる)か、小さな物(レーズン)をそれぞれの手の指先でつまめるかのチェックがあり、全てクリア。
最近急に指先を使うようになり、よく人差し指を出して指差しのような事をしていますが、指差しというより指先でちょんちょん物を触っているようで、人差し指と親指で小さな物をつかみ取るというのもうちでは特にさせていませんでしたが最近できるようになったことだと思います。
上手にレーズンをつまんで食べていました◎
f0224632_226143.jpg

ニコニコのゴキゲンくんでこれらのチェックをこなし、看護婦さんが手の甲にハートを書いてくれました。

そして、ドイツ政府からエコ・バッグに入った絵本と両親の為の読み聞かせに関する冊子とDVDをもらいました。
f0224632_2262174.jpg

今は絵本が好きなリュウですが、本が好きな子に育って欲しいなぁ。
f0224632_2265536.jpg

特に日本語は漢字という山があるし、本に興味がないとなかなか漢字を覚えられないと思います。

予防接種は今回も混合で両足に。
1本目を打たれた時は「いぃぃぃぃーーー!!!」と顔を歪めて抵抗しましたが泣かず、2本目も同じようなリアクションで泣きかけると看護婦さんが音のするオモチャを見せてくれ、そちらに気を取られている間に終わり結局泣きませんでした。
先生も看護婦さんも驚いて誉めてくれ、ペーさんに一緒に行ってもらわなくても大丈夫だったね、という感じに全てオッケーでした◎

次回は日本からベルリンに戻ってすぐの11/26に予防接種です。

********************

一旦うちに戻り、午後は1歳4ヶ月のお友達&ママと、まだ生後1ヵ月半の赤ちゃん&ママと和食ランチへ。
私は鮭の天ぷらの甘酢あんかけで、お豆腐のお味噌汁付きです。
f0224632_227181.jpg

天ぷらの衣がカリッとしていて美味しかったです。
みんなとのおしゃべりも楽しくデザートは抹茶のムース、レアチーズ、ミントと桃のアイスの3つを頼みみんなでシェア。
f0224632_2274258.jpg

ここで大失敗をしてしまいました。
それまでベビーカーに座らせていたリュウを子供椅子デビューさせてみたのですが、子供椅子のベルトを抜けて椅子に立ってしまい、仕方なく抱っこしながら食べていたのですが、リュウがテーブルにあった私のお湯呑みをひっくり返し、テーブルの上を転がるのを眺めながら抱っこしていたのでつい手が出せず下に落ちて割れてしまいました。
お店の方がすぐに片付けてくださり「よくある事なので気にしないで下さい。」と言ってくださったのですが初めての事に大ショック・・・
こんな動き回るリュウを連れて一人で飛行機に乗りどうやって食事をするのか不安です。
機内食は無理と予め片手で食べられるサンドイッチやおにぎりを持参しておいた方が良いかもしれません。

今夜は静子ママ&Peterさんの金婚式のパーティに呼んで頂いています。
粗相のないよう楽しんできたいです♪


無事に2人で日本へ帰れるよう応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-18 22:00 | 子育て | Comments(6)
10月3日、リュウはギリシャのレスボス島で生後11ヶ月となりました。
旅行中、環境が変わりあちこち行って疲れても毎日ゴキゲンで食欲旺盛でした◎
f0224632_18125249.jpg

うちでは誰もご飯のことを「マンマ」なんて言わないのですが、ご飯を食べたい時、レストランのテーブルについた時、私達が何か食べているのを見た時などは「マンマ!マンマ!」と大騒ぎで催促します。

風の強かったこの日は、朝ごはんを食べたらお耳付きパーカーを着てお出掛けです♪
f0224632_1813234.jpg

↑ぺーさんに服を着させてもらうと、ソックスがずれて脱げないようにとパンツをソックスにイン!
確かに脱げにくいし足も出ないので良いとは思いますがカッコ悪いですよねー・・・

午前中は丘の上の城跡へ登りました。
f0224632_18134029.jpg

と~っても眺めが良く風も心地よく気持ちの良い所でした。
f0224632_18135414.jpg

リュウはぺーさんのお腹に温められ終始スヤスヤ~。

昼食に行ったレストランでは、リュウの瓶詰めを持っていたのですがベビーカーがないので座らせられないので食べさせにくく、レストランのパンで済ませてもらいました。
折角の11ヶ月バースデーだったのにゴメンねー。
f0224632_18141349.jpg

「オトナばかりズルい!」とリュウが思ったかどうかは分かりませんが、今回の旅行中で食べたパンの中でここのパンが一番美味しく、リュウも美味しいパンをハムハムと食べていました。

基本は瓶詰めのベビーフードでしたが、それだけでは足りないと催促され、レストランのパンを食べたり、私達用にオーダーしたお魚を食べたり。
お魚はさすがに揚げ物はあげませんでしたが、シンプルなグリルだと塩のついている皮を取って身の部分だけあげると大喜びで「もっと、もっと!」と激しく催促され、すっかりお魚好きになりました。

旅行中に好きになった物といえば動物です。
旅行の2週間ほど前に動物園に行った際、動物を動物として認識できるようになったのかちびっ子コーナーのロバの顔に近付けたら、「ひぃーーー!」とのけぞって恐がるという今までなかった反応を示しました。
島でも始めは足元に来る猫に興味を示すもののあまり近くに来られると「ひぃーーー!」となんとも言えない声を出していましたが、だんだん好きになり手を出すように。
私が「にゃおさん来たよ」と言うと、ベビーカーから身を乗り出して探すようになりました。
犬を見ると「わんわん」と呼べるようになり、ベルリンは犬を連れている人が多く電車にも犬連れで乗ってくる人が多いので電車でも犬を見ると「わんわん」と呼んでいます。
電車でグズりそうな時にわんわんさんが乗ってきてくれると大助かりです。(^o^)

食事の後少し散歩をしホテルへ。
ホテルで夕食まで少しのんびりすることにしました。
この日泊まっていたホテルはお部屋にジャグジーがあり、夕食後ではリュウが眠くなってしまうだろうから夕食前に入ることに♪
ジャグジーのモーター音が思ったより大きく、お湯もゴボゴボすごいので恐がるかなぁと思いきや、泡をバシャバシャ叩いたり、浴槽の中をあちこち動いたり、すごく楽しそうにしていました。
f0224632_18143958.jpg

ホテルのお風呂が今回の旅行のリュウにとってのハイライトだったかもしれません。(^^;)
f0224632_18145121.jpg

お風呂でい~っぱい遊んで楽しんだ後は夕食までしばしお昼寝。
f0224632_1815518.jpg

夜は美味しいベビーフードをしっかり食べました。

島では出会う人で会う人皆リュウをかわいがってくれ、リュウはバイバイと手が振れるようになりました。

うちでは相変わらず私とリュウがダブルベッドに、ペーさんが別室のシングルベッドに寝ています。
昼間の授乳回数は減り出先では授乳しなくても離乳食&おやつで大丈夫になってきましたが、夜はまだ2-3回の授乳が必要です。
私達が寝ているベッドはリュウが落ちた時の為にベッドの足を取りマットレスの台とマットレスのみにしていますがそれでも高さは25cmあり布団を思えばかなり高いです。
何度か落ちて大泣きしたこともあり、最近はベッドの際まで行ってもそこから先は行かなくなっていたのでベッドの上で遊ばせておきしばらくその場を離れることもできたのですが、最近はベッドから上手に降りられるようになり勝手に出てきて動き回ってしまうので寝ているからといって安心してシャワーを浴びる、なんていうことはできなくなりました。
まだ1人で立つことはしませんが、つかまり立ち&つたい歩きは得意で何にでもつかまってすくっと立ち、ジャンプすらしそうな勢いです。
書き忘れですが、1ヶ月以上前からベビーベッドに入れるとベッドの中にしゃがんで「ばぁ!」と立ち上がるのが大好きで、「いないいないばぁ」をしているつもりのようです。たまに誰も居ない部屋で一人でしているを見るとちょっと切なく相手をしないないことが申し訳なくなります。(^^;)
歩けるようになると公園など外遊びが楽しくなるのかもしれませんが、私は追っかけまわす私は大変なことになるのでしょうね。
指差しも始まったようですが、まだ何かを指しているというより、人差し指でツンツンと物に触れたがっているという気もします。
以前困ったこととして書いたベッドの木枠をガリガリかじってしまうということは旅行後なぜかしなくなりました。

1歳目前にして変化の多い月でした。
いよいよ来月は日本で1歳のお誕生日を迎えます♪

1歳までカウントダウンとなったリュウに応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-15 23:30 | 子育て | Comments(6)
ベルリン在住のお友達Mちゃんは、去年の夏の終わりから今年の年始に掛けてのダンナさんのお仕事の都合で日本に帰国していましたが、帰国が4月末まで延びたので日本で用事ができたのかな、と思っていたら、ナントおめでたでつわりがひどかったので実家に居たとの事でした。

日本ベルリンに戻って会った時がリュウと初対面。
日本からリュウにタオル地で気持ち良さそうなとってもかわいいお洋服を買ってきてくれました♡
f0224632_1712109.jpg

サイズは80だったので1歳以降かな、としまっていたのですが、ギリシャへ行った際に夜は冷える可能性があるとのことでパーカーを持って行きました。

夜だけではなく風の強い日にも活躍してくれました☆
パーカーについたお耳がかわいい♡
f0224632_17123385.jpg

リュウは帽子を被せるとすぐに引っ張って脱いでしまうのですが、パーカーなら引っ張っても脱げないのでグッドです◎

パーカーが思ったよりピッタリだったのでうちに帰ってロンパースも着せてみたところピッタリ!
f0224632_17125025.jpg

ガーン、海辺で着せれば良かった~~~・・・
f0224632_1713972.jpg

80ということは12-18ヶ月用と書いてあるし、リュウは未だに9ヶ月用と書いてある服も着れているし、きっと来年たくさん着られると思います♪
Mちゃん、気持ち良く着られるお洋服をどうもありがとう!

Mちゃんの出産予定日は今月末だと聞いていたのですが、ナント10月10日(木)に産まれたと金曜日に聞きビックリ!
赤ちゃんに会えるのは私が日本からベルリンに戻ってきてからだと思っていたのでまだお祝いを用意しておらず金曜日に慌ててショッピング。
土曜日は帰国前の最後の週末ということでぺーさんとあちこちお土産等買い物に行き(ドイツは日曜日は全てのお店がお休みなのです)、予定より早い出産でMちゃんのお母さんはまだ見えていないとの事だったので日曜日では退院してしまう!と(ドイツの出産は基本的に3泊で退院です)夕方になってしまったけれどありあわせの物でお弁当を作ってお祝いに駆けつけました。
有り合わせのお弁当でしたが、ドイツの病院の夕飯は黒パンのスライスにハムやチーズがペローンと添えられるだけなのでそれに比べるとマシかなぁと。
丁度夕飯時になり、お腹をすかせたダンナさんは目の前で気持ちよくパクパクと召し上がってくれました◎
f0224632_17133223.jpg

お弁当が2個あるのを見たペーさんは「あれ、一緒に食べてくるの?僕の分は?」ですって。
買い物に行った際に「今日は夕飯の準備の時間がないから鍋にしよう」と一緒に鍋の材料を買ったし、9月に別のお友達の出産祝いに病院へ行った際にもダンナさん分とお弁当を2つ持って行ったでしょ~!と、要らぬ心配をしているぺーさんに突っ込みました。

病院はリュウが産まれた病院とも9月にお友達のお祝いに行った病院とも違う病院でした。
初めて行きましたが、レンガ造りの建物に蔦が絡まって素敵でした。
f0224632_171401.jpg

お祝いにはパーカーとパンツのセットと、リュウもお気に入りのお日様のオルゴール、そして持ち手の細い歯固め付きガラガラにしました。
オモチャはまだ何も用意していないと喜んでもらえました。
1人目だしきっとそうだと思ったのですが、うちもオモチャを用意しておらず頂き物のオモチャがとても活躍してくれたのでリュウが気に入った物を選びました。
f0224632_17142890.jpg

パーカーは引っ張っても脱げないのでギリシャでは日差しよけに、そしてすっかり寒くなったベルリンでは防寒に大活躍で、この日はリュウも厚手のパーカーを着ていました。
小さな小さな赤ちゃんを見たり(リュウがこんな小さかった頃が既に思い出せません・・・)、偶然日本からみえていたお友達の妹さんとそのお友達に抱っこしてもらったり、終始ご機嫌のリュウでした。
数ヵ月後には一緒にパーカーを着て遊べるかな♪

予定日より2週間ほど早く産まれた赤ちゃんですが、3050gと大きく、鼻筋の通った綺麗なお顔の赤ちゃんでした。
Mちゃんご夫妻、本当におめでとう◎

タオル地の服ってイイな♪と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-14 17:00 | その他 | Comments(10)
レスボス島に着いた翌日は、早速朝からハイキングへ。
体温が高く汗っかきのペーさんが抱っこ紐を使うのはリュウもかわいそう、とのことで、ペーさんは荷物を、私はリュウを背負って歩くことになりました。

私達が最初に滞在したのは海沿いのぺトラ(Petra)という小さな町(村?)です。
そこから海を背にして歩き、山の上にあるラフィオナス(Lafionas)という村を目指しました。
f0224632_15333278.jpg

ちょっとした通りもかわいらしくてついつい写真を撮ってしまいます。
f0224632_1533484.jpg


山に登る途中はオリーブの木がいっぱいです。
f0224632_15341380.jpg

柵があるエリアもありましたが、殆どが山の斜面にそのまま植えてあります。
たくさんの実がなっていましたが、オリーブは生では不味くて食べられないらしいので登山途中につまみ食いする人はいないのかもしれません。
そのままでは食べられないオリーブをピクルスにしたら美味しくなると発見した人もすごいですが、オリーブから油が取れると発見した人は本当に偉い☆

ぺトラからラフィオナスまでの道のりは坂道とはいってもそんなに急ではないし、ハイキングとしては楽なものです。
f0224632_15343415.jpg

ただ、気温が暑いしリュウを背負っているのでしんどかったー!

いつもは私の倍以上の荷物を持ってくれるぺーさんですが、この日はペーさんのバックパックはお水とガイドブックで3キロほど、私は約8キロのリュウと私が倍以上。
汗っかきで体温の高いぺーさんと密着していてはリュウも辛いと思うので、リュウの為にも仕方がないのですが「重いよー!」「不公平だー!」と文句を言いながらも無事山の上の小さな村に到着◎
f0224632_153598.jpg


村をぐるりとお散歩した後は、ペーさんが調べてくれていた眺めの良いカフェで休憩♪
夏の観光シーズンのピークを過ぎているからか広いテラス席が貸切状態!
ぺトラの町、青い海、そしてその向こうにトルコが見え、歩いて汗をかいた後に風を受けながらこの景色を眺めるのは本当に気持ち良かったです。
f0224632_1535251.jpg

リュウが生まれてからお出掛け時に連れて出るのを忘れてしまうこともあったこのコも今回の旅行には一緒に連れて行きました。
f0224632_15361923.jpg

記念撮影をしていると私の背中で寝ていたリュウも起きて「ヤッホー♪」。
f0224632_1536522.jpg

登りで私が重いと文句を言ったからか(そんなに何度も言った訳ではないんですよー!)、下りはぺーさんがリュウを抱っこすると言い出し、それならリュックは持つよと言ったのですが、両方あるほうがバランスが良いとリュウも荷物も全てぺーさんが。
(以来旅行中ぺーさんのこのスタイルが定着し、有難いような申し訳ないような。^^;)
f0224632_15372237.jpg

山道を下り始めるとロバに遭遇し、「ロバさんハロー♪」。
今回の旅行では猫や犬の他、羊やヤギ、馬、ロバをたくさん見られ、リュウは動物を身近に感じ始めたようです。

帰り道に上から眺めるぺトラの町をパチリ。
f0224632_15374795.jpg

オリーブの木がいっぱいの斜面の下、海の手前に突起した石の山があり、その上にある建物は教会でした。
この教会へも登ったのでまた様子をアップしたいと思います。


自分だけ手ぶらなんてあんまりじゃない!と思われた方も応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-10 15:38 | 旅行 | Comments(8)
毎年9月だったカボチャ祭りが去年は10月だったので、今年ももしかして休暇から戻ってきた頃にあるのでは?なんて思いつつチェックするのを忘れていました。(去年の様子です→
一昨日の日曜日、ゆっくり起きてうちでのんびりラジオを聴きながら遅い朝食を食べているとカボチャ祭りをやっているとのこと!
去年はお祭りの規模は大きくなったものの出展料が上がり肝心のカボチャ農家の方の出店が減っていて、私達がお目当てにしている通称カボチャおじさんの出店もなかったので今年もダメかもねぇと言いつつそれでも特に予定がなかったので「お散歩がてら行こう♪」ということになりました。

お祭りの規模は去年より更に大きくなっていて、例年お祭りがある通りだけではなくそこから横に伸びている通りにもお店がいっぱい。
それでもやっぱりカボチャ屋さんの出店は少なかったです。
f0224632_17412839.jpg

お祭りなので食べ物の屋台はつき物だと思うし、子供が遊ぶアトラクション的な出店も良いと思います。
f0224632_17414572.jpg

農家の方のお祭りなのでベルリン郊外のブランデンブルグ州の農家の方の出店も大賛成です。
f0224632_1742370.jpg

でも、お祭りの趣旨に関係ない革製品やアクセサリーや洋服を売るお店があったり、中には語学学校の出店まで!
f0224632_17422243.jpg

このお祭りの主催者の方は出店料を高くして出店者が増え、そしてお祭りに集まる人が増えればそれで良いのかもしれませんが、カボチャ祭りと名乗るからにはカボチャ農家の方が出店しやすいように優遇して欲しいものです。
私は去年同様残念に感じてしまったカボチャ祭りですが、出店者数も訪れる人の数も増えているように感じました。
f0224632_17451734.jpg

うさぎやアルパカといった動物もいました。
f0224632_17425689.jpg

レスボス島で猫や犬を身近に見て動物が好きになったリュウに見せてあげたいと思いましたが、人が多過ぎてベビーカーからは無理でした。
f0224632_17432454.jpg


いろいろなペストやジャムを売っているお店の試食に惹かれ、コリアンダー・ペストやガーリック・チリなどを試食させてもらいました。
小さく切ったパンが置いてありそれに付けて食べているのをリュウに見られてしまい、パンが大好きなリュウもパンが食べたくなり大騒ぎ!
f0224632_17434368.jpg

試食のパンをリュウ用に貰うのは申し訳ないのでパン屋さんを探してウロウロ。
やっとパンを手に入れリュウがおとなしくハムハムしていると、お祭りに来ていた2人組みのおばあさん「おとなしい良い子ねぇ。」と誉められ、ペーさんが「今はパンを食べているからですよ。さっきまでパンが欲しいと大騒ぎでしたよ。」と説明しおばあさん達に笑われました。(^^;)

2週間後には日本へ飛ぶので買い過ぎないように、と小ぶりな物を選んでいくつか買ってきました。
f0224632_1744121.jpg

リュウもカボチャが大好きなので離乳食にもたっぷり使い、2週間で食べきるように3人でモリモリ食べます♪
f0224632_17441469.jpg


小ぶりなカボチャばかり買ったのね!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-08 15:30 | イベント | Comments(10)
昨夜遅くにギリシャのレスボス島から戻ってきました。
いくら南ヨーロッパとはいっても9-10月はもう涼しいかも?と思ったのですが、まだ夏でした♪
ベルリンは私達が出発する前から既に暖房が必要な寒さで、私達がベルリンを出てすぐに気温が5度の日もあったようですが、私達は「夏よ再び♪」と遅い夏休みを楽しめました◎
f0224632_2345961.jpg

金曜日の早朝出発で金曜日の夜に帰宅という8日間の日程で、夏休みは2-3週間、少なくとも10日間は取るのが当たり前のヨーロッパからすると8日間はプチ・バカンスでしたが、0歳児連れにはこれ以上長いとちょっとキツいし、これ以上短いと移動が勿体無いので丁度良い日程だったと思います。
f0224632_23455245.jpg

レスボスはオリーブ・オイルと石鹸とウゾ(ギリシャのお酒)の産地として知られる小さな島です。
島の人達も動物も穏やかで、海も山も美しく、食べ物が美味しく、温泉もあるという「楽園」的な島でした。
f0224632_23461075.jpg

0歳児連れなので、海の前のホテルに泊まり、毎日ビーチへ行ってのんびり何もせずに過ごす、というヨーロッパ的バカンスが私の理想でしたが、日本人の旅行並みに「アレもコレも♪」なペーさんはギリシャのガイドブックだけではなくレスボス島だけのガイドブックを買い(そういう物がある事に私は驚きました。)、その他ネットでも情報を集め自分で冊子を作ってしまったくらいで、なんだか盛りだくさんな1週間でした。
f0224632_23462613.jpg

バカンスのピーク期は過ぎているので観光客は割と少なく、どこでものんびり楽しめました。
たまたまちょっと話をしたドイツ人xオーストリア人のカップルは、この島が気に入ってもう10年以上毎年訪れているらしく、夏のピークを避け春か秋(或いは両方!)に訪れているそうです。
f0224632_2346414.jpg

どの世代の人でも子供連れのファミリーでもそれぞれに楽しめる島だと思うので、何度もリピートする人が多いのも納得です。
私達も滞在中「また来たいね♪」と何度も言っていました。
f0224632_2347282.jpg

い~~~っぱい写真を撮ってきたと思っていましたが、帰っていざ見ると少ない&美しさを撮りきれていなくてガックリですが、とにかく1週間幸せな時間を過ごせました。
f0224632_2348861.jpg

ベルリンはすごーく寒いんだろうなぁと覚悟しながら帰ってきたので思ったよりは寒くない、という感じですが本日の気温は12度で朝から暖房を付けてしまいました。
f0224632_23483484.jpg

ベルリンの夏はとても楽しい時季なので、ベルリンが涼しく(寒く)なってからちょっと遅めの夏休みを取ったのは大正解でした◎
ただ、偶然にもベルリン・ブランデンブルグ州の学校の秋休みと重なっていて飛行機が高くてビックリ!うちはまだ学校のお休みと関係ないので来年以降は休暇の計画を立てる際には学校のスケジュールもチェックせねば!と思いました。
f0224632_23485572.jpg

何から書こうか迷いますし、約2週間後には日本へ飛ぶのでそれまでどこまでアップできるか分かりませんが、旅の思い出をぼちぼち綴ってゆきたいと思いますので、お付き合い頂けると嬉しいです。(*^_^*)
f0224632_234983.jpg

今日はゆっくりめの起床で、のんびり朝ごはん。
行く前に冷蔵庫を調味料やジャムなどを除きほぼ空っぽにして行ったので冷蔵庫の掃除をし、洗濯機を3回(もしかしたらもう1回?)回していたらもう夕方です。
ドイツは日曜日はスーパーがお休みなので、これから空っぽにした冷蔵庫を埋めるべく3人で買出しへ行ってきます。


南の島へは夏より秋に行くのが夏を2度楽しめてお得だね◎と思われた方、応援クリックお願いします。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-10-05 23:30 | 旅行 | Comments(8)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle