「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ドイツではクリスマス・イブに家族が集まりプレゼント交換をするのが一般的のようです。
クリスマス・イブのランチは、ペーさんママの出身地のソーセージを食べるのがぺーさんちのお決まりなのですが、今年はそのソーセージが手に入らなかったらしく普通のソーセージにマッシュポテト&ザワークラウトを添えて。
f0224632_10205760.jpg


夜は2人のお兄さんファミリーもやって来て、七面鳥の丸焼きでした。
f0224632_10213058.jpg

前菜はぺーさんパパ&ママが秋に森で集めてきたきのこで作ったきのこスープです。
f0224632_10214585.jpg

七面鳥は皮がパリパリで身はジューシーでとっても美味しかったです。
f0224632_1022082.jpg

大きな七面鳥が2羽いましたが、みんなでムシャムシャ平らげました♪

クリスマス(25日)には親戚ファミリーがやって来て一緒にティー・タイムでした。
f0224632_10222024.jpg

手前のケーキは「ファンタ・ケーキ」という名前ですが、オリジナルのレシピでは本当にファンタを入れて作るそうです。
今回はファンタではなくレモン入りの炭酸水で作ったらしいですが、しっとりしていて美味しかったです。
今度レシピを貰おうと思います♪

そして夜はペーさんパパの弟さんファミリーのおうちで夕食でした。
こちらのお宅はいつもクリスマスにはフィッシュ・スープを食べます。
フィッシュ・スープという名前ですが魚は入っておらず、いろんな種類のソーセージが浮いているからフィッシュ・スープというそうです。
f0224632_10224970.jpg

スープのベースにマルツ・ビール(モルト・ビール)という通常のビールと同じように造られていますが醗酵させてなくアルコールがゼロに近い甘いビールとドイツのクリスマスの定番お菓子レープクーヘン(蜂蜜や香辛料を用いて作ったケーキの一種)が使われています。
このスープをザワークラウトにかけて頂きます。
ザワークラウトが苦手な人もこの食べ方なら美味しく食べられるのではと思います。

第二クリスマスの26日はティー・タイムにぺーさんの下のお兄さんのうちに集りました。
いろいろなケーキがありましたが、私はペーさんママ作のケシの実のケーキが好きでした。
f0224632_1023821.jpg

(写真では最後の2切れが左の手前に写っています。)

私はカボチャのケーキを焼いて行きました。
f0224632_10233310.jpg

ドイツの一般的なカボチャは甘みの少ない水っぽいカボチャだからかカボチャのケーキというと皆「え?!」と顔をしかめて躊躇していましたが、食べると「美味しい!」と口々に言ってくれとても嬉しかったです◎
特に3歳の甥っ子君がフルーツ・ケーキもチョコレートも要らないと言っていたのにカボチャのケーキは1口食べたとたんに「もっともっと!」と何切れも食べてくれたのがとっても嬉しかった~♪

と毎日3食しっかり+デザート+ティー・タイムに各種のケーキという日々で、産前に増えた体重が戻っていないまま又もや体重を増やしてしまいました・・・

しばらくダイエットは無理そうですが、母乳の為にもバランスの良い食生活を心がけねばと反省です。

*********************

いよいよ今年も終わりですね。
私は反省する事が多々ありますが、それでも新しい家族を迎えられたという意味では大満足の年となりました。

来年も元気に過ごせる良い年となりますように!

皆さまもお元気で良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。m(_ _)m

ドイツ料理に興味を持たれた方、応援クリックをお願いします!(*^_^*)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-30 23:35 | 料理 | Comments(10)
今年のクリスマスはリュウタにとっては初めてのクリスマス。初めて尽くしのクリスマスとなりました☆

まだお出掛けもあまりしておらず、車で出かけた事はありますが近くにお買い物や友達と食事に行った程度ですが、今回は初めてベルリンを出るという遠出のドライブ。
片道2時間半から3時間の距離なので1回休憩を挟んで行くつもりでしたがよく寝てくれていたので下手に起すより早く着いた方が良いだろうとノンストップで行きました。
f0224632_2262886.jpg

赤ちゃん用の車シートに乗せるとまだまだちっちゃくて思わず皆の笑いを誘っていました。

ぺーさんママは季節ごとにおうちをきちんとデコレーションされるので、あちこちクリスマスの飾りでいっぱいです。
玄関横の靴箱の上や廊下等にはかわいいミニ・ツリーが。
f0224632_2265220.jpg

ダイニング・ルームにはいろんな飾りがぶら下げてあり、殺風景なうちとは違う風景にリュウタはキョロキョロ。
f0224632_227148.jpg

中でも彼の目を引いたのはこちらのスター・ライト。
赤ちゃんは目があまり見えない頃から光は見えるらしく病院にいた頃から蛍光灯や照明をよく見ていて、今でも光る物が好きなようです。
f0224632_2273417.jpg

(後ろに見える猫の七福神は猫好きのぺーさんママへ数年前に日本からのお土産として買って来ました。)

居間にはメインのクリスマス・ツリー☆
私達は毎年クリスマスには帰省するのでベルリンではクリスマス・ツリーを飾っておらずリュウタにとって正真正銘初めてのクリスマス・ツリーです。
f0224632_228389.jpg

下の方に飾ってある麦わらで作られた星が丁度手の届く高さだったので触って遊んでいました。
f0224632_229080.jpg

ひとしきり一人で遊んだ後はすやすやとおねんね。
f0224632_2292366.jpg

うちでは平らなベッドの上に寝かせていますが、実家にあった傾斜のあるゆりかごだと視界がよく一人でも遊べる様です。

初めてウサギちゃんやネコちゃんも見ました!
f0224632_2295210.jpg

反応はお互いに薄かったです・・・(^^;)

そして初めてのお泊り。お泊り上級者のMiffyちゃんと一緒でした。
f0224632_22103131.jpg

割と夜によく寝てくれる子なのですが、うちではないと分かるのか全然寝てくれず、4泊したうち最終日はやっと慣れたのかすぐにスヤスヤでした。

イブの夜にはぺーさんの2人のお兄さんとそのファミリーが勢揃い。
下のお兄さんの奥さんは看護婦さんをしているのでイブに仕事が入る事もありますし、仕事が入らなくても夜勤明けだったり翌朝のシフトだったりで、ここ数年イブには来ないで25日か26日のお昼に来ていましたが、リュウタが産まれたので今年はみんなで集まろうと数年振りの全員集合となりました。
人がたくさん集まって夕食をしている間や、翌日ぺーさんの下のお兄さんのうちでティー・タイムをした時など、大人数で賑やかだったのによく寝てくれスムーズに食事やお茶が楽しめたのは助かりました。
ゆりかごの中でも寝られたのですが、みんながかわいいと代わる代わるだっこしてくれました。
f0224632_2211939.jpg

美人従姉妹のお姉ちゃんにもだっこしてもらい、目覚めてすぐからニコニコとご機嫌くん◎

リュウタにとってはベルリンに来てくれた人以外は初めましてだったのですが、私にとっても初めての人が一人。
イギリスに住んでいるぺーさんの年の離れた従姉妹ちゃんです。
彼も会うのは15年振りとの事でしたが、イギリスから私達にプレゼントを持って来てくれていました。
かわいい缶に入ったショートブレッドとリュウタにネクタイの刺繍がしてあるTシャツです。
f0224632_22113814.jpg

どちらも私のツボ~~~♪

み~んなにかわいがってもらって、楽しいクリスマスとなりました☆

***************

お知らせです。
12/18付のアップに載せたリュウタの1ヶ月記念の寝相アートの写真が12/30放送の「とくダネ!」(フジテレビ)で紹介される事になりました。
10時から11時までの時間帯で放送予定ですが、生放送ですので番組の内容によってはカットとなるかもしれません。
お時間のある方はチェック頂けると嬉しいです。(*^_^*)


日本と趣の違う、ファミリー・イベントのクリスマスも良いなぁと思われた方、応援クリックをお願いします!(*^_^*)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-28 20:00 | イベント | Comments(8)
ぺーさんがインド出張から戻った12/7は、ベルリンへのフライトが朝9時頃に着く便だと分かったので、お昼前後にリュウタの寝かしつけをして母ともう一度クリスマス・マーケットとデパートにお土産の買出しに行く事にしてぺーさんの帰りを待っていると、15時半という中途半端な時間に電話会議が入ってしまったとの事。
それでも彼が「大丈夫」と言ってくれるので、リュウタお願いしてお昼過ぎに出掛けました。
(ちなみに14時には起してオムツを替えて搾乳しておいたおっぱいをあげるようにお願いしていたのですが、15時過ぎから私達が戻るまで寝続けて、会議の間全く問題なかったようです。ぺーさんもリュウタも偉い☆)

まず向かったのは、ベルリンで最も美しい広場と言われるGendarmen Marketのクリスマス・マーケットへ。
f0224632_2228558.jpg

ここは入場料が要りますが(平日14時までは無料)時間ごとにライブ・ミュージックが楽しめるし、お店の質が良いし(多分出店料が高いのだと思います)お薦めです☆
f0224632_22371917.jpg

かわいらしい駄菓子屋さんも見ているだけでワクワク。子供なら大興奮だと思います◎
f0224632_2237391.jpg

屋台ではなく屋根のあるお店になった建物には綺麗なクリスマス・デコレーションがいっぱいで目移りします。
f0224632_22375944.jpg

お値段的にもスペース的にもなかなか手が出ませんが見ているだけで目の保養になります☆
f0224632_22381729.jpg

フランスのサラミ屋さんがあり、オリーブ入り、カマンベール入り、ポルチーニ入り等いろ~んなサラミがあり、それぞれ試食させてもらえました。
f0224632_2238511.jpg

どれも美味しかったのですが、無難なガーリック入りとチリ入りをぺーさんへのお土産に買いました。

こちらのマーケットをぐるりと見て周り、次はすぐ近くのチョコレートの有名店へ。
季節柄、チョコレートで作った大きなクリスマス・ピラミッドがありました。
f0224632_22392588.jpg

小さなサンタさんチョコをたくさんくっつけて作った大きなサンタさんもすごい♪
f0224632_22394780.jpg

母はお土産用のチョコレートは十分に買ったとの事でここは見学だけでしたが、通り道だしこれらのチョコを眺めるだけでも寄る価値はありました。

その後向かったのはベルリンの老舗デパート「KaDeWe」。
こちらのデパートは季節ごとの入り口のデコレーションも見物で、特にクリスマスのこの時期はお買い物&デコレーションの見物客でいっぱいでした。
f0224632_22401693.jpg

今年のテーマはクリスマスのテーマはクリスマスの居間の様でした。
f0224632_22404399.jpg

こちらのデコレーションをぐるりと見て、お目当ての物を求めて上の階へ。
f0224632_22411532.jpg

ここへ買いに来たのはワインでしたが、同じフロアに入っている「Lenotre」でその日のおやつ用にエクレアと、翌朝のパンを買ってもらいました♪

エクレアはモカ、チョコ、ピスタチオの3種類。
f0224632_2241385.jpg

日本の物より生地もクリームもずっしり重く食べ応えがあります。
大きさも大きいので3等分して食べる事にしましたが、食後に1人1本分食べるのは苦しい程のずっしりエクレアでした。

夕飯は母が予め用意しておいてくれた物でササっと。
f0224632_2242978.jpg

こちらのスコッチエッグや高野豆腐の煮物、ひじきの煮物、千切り大根の煮物はたくさん作り置きしておいてくれ本当に助かりました◎
スコッチエッグは後日冷蔵庫にあった野菜と一緒にトマトベースで煮たり、
f0224632_22423971.jpg

ぺーさんが餃子をお土産に買って来てくれたので中華風のあんかけにしたりして頂きました。
f0224632_22431373.jpg

本当に最後まで母に感謝です。

母にとっては長く辛いベルリン滞在だったかもしれませんが、もっと短くて良いのでまた来て欲しいなぁ。
リュウタ共々お待ちしております~!!!

あちこちでクリスマスが楽しめるベルリンに行きたいと思われた方、応援クリックをお願いします!(*^_^*)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-23 22:30 | お店 | Comments(8)
ぺーさんの上のお兄さんは毎年パパ&ママへのクリスマス・プレゼントに子供達(パパ&ママからすると孫達)の写真を集めたカレンダーを作っています。
今年はうちからも2枚出して欲しいと言われました(最初は4枚と言われました)が、頼まれた時は生後1ヶ月未満で殆ど寝てばかりで良い写真がなく、しかもお天気が悪く暗い季節なので自然光での写真が殆どないのでいざ欲しいと言われるとカレンダーに使えそうな写真なんてない!と困り、友達がしていた”寝相アート”とやらにチャレンジしてみる事にしました。

うちであるもので簡単にできそうだったコックさんに挑戦。
題材としては簡単といっても、日照時間の短い季節なのでお昼前後に寝かしつけをしなければならないし、私の膝の上でおっぱいを飲んでそのまま寝てもベッドに寝かせようとすると起きてしまう事がしばしばで結構手間取りました。

それでもなんとかパチリと撮影☆
f0224632_1815495.jpg

帽子とコック服を着せてみたつもりですがコックさんに見えるでしょうか?

撮影後、撮影した日は丁度12月3日で生後ピッタリ1ヶ月だと気付き、記念に乾杯~♪というシーンも撮ってみました。
f0224632_18161120.jpg

撮影中に目が開いてしまい既に”寝相アート”ではなくなっていますが、クマちゃんと目線が合っているのでこれはこれでアリかなと思っています。

急に思いついてコックさんを撮った後に引き続き乾杯を撮ったので、服も椅子に見立てた布も白で分かり辛いし、ワイングラスは透明で見辛いなぁと反省。

ということで、後日洋服を色物に、ワイングラスをマグカップにして撮ってみました。
f0224632_18164196.jpg

顔にのっかっている右腕が気になりますが、赤ちゃんの睡眠の邪魔をしてはいけないというのが”寝相アート”の鉄則らしいので仕方がありません。

クマちゃんとのコラボが気に入り、クマちゃんと仲良くなって欲しいとリュウタがお昼寝している間に隣にクマちゃんを仕込んで起きました。
「ううーん」と声がするので覗きに行くと・・・
薄っすらと目を開けクマちゃんを見て、
f0224632_18171312.jpg

「あれれ、このモジャ男くん、なんでボクと寝ているの?」という感じでしたが、
f0224632_18175156.jpg

キャハハ!と大笑い♪
f0224632_18181021.jpg

なーんて、本当はまだやっと目を開けて笑う事が増えてきたばかりで声を出して笑う事はありません。
何かに反応して声を出して笑うようになったらもっと楽しくなるのでしょうね。

まだまだクマちゃんより小さいですが、指が太くなり手は毎日見ていても違いが分かるほど大きく力強くなってきています。
f0224632_18183164.jpg

*********************

本日(12/18)は定期健診でしたが全て異常なしでした◎
体重は4キロを超え、身長は産まれた時から4cm伸びて52cmでした。
どんどんすくすく大きくな~れ☆


まだまだクマちゃんより小さいリュウタに応援クリックをお願いします!(*^_^*)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-18 00:00 | 子育て | Comments(14)
12月2日(日)
ぺーさんは朝4時起床でインドへ向けて発ちました。
この日も気温はマイナスでしたが、太陽が出てお天気は良さそうです。
うちに篭っていても暇だし、前日行ったクリスマス・マーケットを母が思った以上に楽しんでくれたようなのでうちから電車で1本で行けるアレックス(テレビ塔)広場のマーケットに行くように母に勧めてみました。
テレビ塔までは産前に2度一緒に行った事がありますし、電車の乗り換えもないので安心だからと昼食を済ませて出掛ける事に。

私とリュウタは引き続き暖かいうちの中に篭ってゴロゴロお留守番~♪

アレックス広場のクリスマス・マーケットは前日に見たマーケットと違い毎年大きな観覧車や本物の(笑)ジェットコースターが設置されます。
空中ブランコは地上25mの高さを周るので景色もスリルも味わえますが、気温が0度前後の中高い所で回るので凍えてしまうようです。(^^;)
f0224632_257474.jpg

(写真は「Spiegel Online」より借用)

言葉が通じない母は買い物はできなくてもクリスマス・マーケットの雰囲気を味わいあちこち写真を撮って楽しんでくるのでは、と思ったのですが、なんとしっかりお買い物をして、クリスマス・マーケットの定番グリュー・ヴァイン(スパイス入りのホット・ワイン)のノン・アルコールの物も飲んで来たとのことで驚きました。
どうやってオーダーしたのかと聞くと、グリュー・バインを飲んでいる人のカップを指差し、「ディス、ノン・アルコール・プリーズ」と言ったとか。(^o^)

お土産用の物もいくつか買っていましたが、リュウタと私にもプレゼントがありました☆

リュウタへはかわいいクマちゃんの絵が描かれたクリスマス・ボール。
f0224632_2573022.jpg

裏側に”BABY's FIRST CHRISTMAS”と書いてあるのでリュウタに買ってくれたそうです。
f0224632_2575183.jpg

リュウタに見せると
f0224632_258126.jpg

喜んだ~~♪

私は毎年地名と西暦が書かれたグリュー・ヴァインのカップを集めていますが、使い回しができるように西暦が入っていない物が多かったり、古い年の物を使い回していたりなかなか集めるのが難しく、去年はお隣のポツダムまで行ってゲットできたという話をしていたので、西暦入りのグラスをみつけたのでそのグラスの屋台でノン・アルコールのグリュー・ヴァイン(Kinder Punsch)を飲んでグラスを持ち帰ってくれました。
ちなみに母は「リュウくんの年だから私も記念に持ち帰りたい」と後日自分の分も買いに行きました。(^o^)
f0224632_2584415.jpg

私が今まで集めていたカップは陶器の物でグラスは初めてですが、ベルリンのランド・マークであるアレックスの物だし、アレックスの物は今までのコレクションにないし嬉しいです。
私のコレクション用とは別にいつかリュウタにあげられるようにもう1つ買いに行こうかしら。(^_-)


母のようなお母さんになりたいと思う私に応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-15 23:30 | イベント | Comments(8)
母とクリスマス・マーケットに出かけた12/1は「世界エイズ・デー」でした。
やって来た電車に乗ろうとすると、窓一枚一枚にエイズ・デーのシンボルマークであるレッド・リボンのシールが貼られていました。
f0224632_22562667.jpg

私達が乗り込んだ車両には募金を募る車掌さんが居て、ケーキにコーヒー、紅茶を配っていました。
何人かの人は募金を既にしたらしく胸元に赤い羽根ならぬ赤いリボンを付けていました。
f0224632_22565846.jpg

母が珍しいと写真を撮ろうとすると、台の内側でケーキをサーブする係りの車掌さんが「アジア人が写真を撮ろうとしている」と写真に写らないように台から出ました。
「写真に写りたくないのだな」「勝手に撮って失礼だったかな」と思っていると、その車掌のおじさんがこちらにやって来ました。
写真を撮った事を注意されるのかと思ったら、
「ケーキはいかがですか?」と。
「では募金をさせて頂きます」と私が応えると、
「募金をしても良いですが、する必要はないんですよ。ケーキだけ食べても良いのですよ。」と言われビックリ。
ささやかならが募金をすると、ケーキの他に飲み物も勧められましたが、これから寒い外を歩くし、ドイツではお手洗いがなかなかみつからないので飲み物は遠慮しました。

ベルリンでは外国人が珍しくなく、外国人だからと優しくされる事はあまりありません。
母は言葉の通じないこの地で私の産後一人でスーパーに買い物に行ってくれていて、欲しい物が見つからず話せないなりに身振り手振りで質問して店員さんに酷い対応をされてしまった事もあります。
そんな事のあった後だったので、親切な車掌さんの優しさに感激でした☆

そして、クリスマス・マーケットを見終わってうちに帰る途中、うちの花がきれていたので近所の花屋さんに寄りました。
私が花屋さんに行くのは1ヶ月に2回弱ですし、店員さんはいつも同じ人とは限りません。
それなのにその日店番をしていたおばさんは私を見ると「あら、もう産まれたの?」と話し掛けてくれ、私の事を覚えていて私が妊婦だったと認識していたのだと驚きました。
f0224632_22572561.jpg

その上、お花を買ってお店を出ようとすると、「おめでとう!お祝いよ♪」と薔薇の花を1輪くれました。
思いかげない事でとても嬉しかったです。
f0224632_22575367.jpg

白い薔薇だと思っていましたが、開くと薄い黄色でした。

この日の前日、オムツ・ケーキをくれたお友達から本を借りる事になっていたので仕事帰りにぺーさんに彼女のうちによって受け取って来てもらいました。
なんとリュウタへかわいらしいハンコのプレゼント付き☆
f0224632_22582553.jpg

勿体無くてまだ開封せずに保管しています。
保育園に行くようになったら持ち物にこのハンコをペタペタ押させて貰おうかな♪

と小さな幸せがいっぱいの週末でした◎

****************************

一昨日(12/10)は乳児検診の一環で股関節に異常がないか調べる為の超音波検査でした。
日本でこの検査があるか分かりませんが、大きくなって見つかると治すのに手術が必要になり大変らしく、検査は無害なのでドイツでは義務付けられていますが、ヨーロッパでもしない国もあるそうです。
診察台にのせられ辺りをキョロキョロ不思議そうに眺めるリュウタ。
冷たいジェルにビックリして一度大きな声を出しましたが、後はおとなしく検査してもらっていました。
f0224632_22585734.jpg

先生が「あれ?」という反応をするとヒヤヒヤしますが、結果異常無しでした◎
良かった~!

ドイツでは生後2日目に聴力検査があり、右耳が引っかかってしまいこの時も焦りましたが、まだ羊水が耳に残っていたらしく翌日の再検査は無事クリアでした。

何の問題もなくリュウタがすくすく育ってくれている事は私達にとって何よりの幸せです☆

最近目がかなり見えるようになってきているリュウタ。
外出の移動時に初めてちゃんと起きていて辺りを見ようとしていましたが、雪&曇りで周りも空も白っぽくてつまらなかったかも。(^^;)
f0224632_22592689.jpg

リュウタの目にはどんな風に映ったかな。

小さな幸せがいっぱいある日々に感謝!

周りの方のちょっとした優しさって身にしみるなぁ♪と思われた方、応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-12 23:00 | 子育て | Comments(10)
ぺーさんは12月2日から7日までインド出張でした。
母は8日の朝のフライトで日本へ発つので、12月1日(土)は母の帰国前にぺーさんが居る最後の週末でした。
彼に母をクリスマス・マーケットへ連れて行ってもらおうと思っていました。
以前も私とリュウタでお留守番しぺーさんに母をベルリンの壁や蚤の市に連れて行ってもらったことがあるので今回もそうするつもりでしたが、母はできればお土産になりそうな物を買いたいらしく、私と行く方が女同士でお店を見て周れるだろうと授乳後リュウタを寝かしつけぺーさんとリュウタでお留守番してもらう事にしました。

12月に入って早々この日はこの冬初めての雪が降り、しっかり着込んで出掛けました。
まずはシャーロッテンブルグ宮殿の前庭のクリスマス・マーケットへ。
f0224632_8171578.jpg


鮭を豪快に炭火で焼いた物やグリュー・ヴァイン(温かいスパイス入りのワイン)やスイーツ等いろいろな食べ物の他、
f0224632_8175341.jpg

クリスマス用品を売るお店がいっぱい。
f0224632_8181240.jpg

やっぱりかわいいのはドイツの木製のクリスマス・オーナメントです。
f0224632_8183721.jpg

日本でもよくドイツ風の木製オーナメントが売られていますが、大半が中国製だと思います。
f0224632_819144.jpg

ドイツで売られている手作りの物は作りも素晴らしいですがお値段も立派です。

ちびっこ用のかわいい乗り物コーナーも♪
f0224632_8194734.jpg

「こんな小さな観覧車、見た事がない!」と母も思わず写真を撮っていました。(笑)
ジェットコースターも驚くべき小ささ(ループの部分は”もちろん”飾りです)ですが、乗っている子達はまるですごい絶叫コースターに乗っているかのように「キャー!!!」と大興奮で、その様子が笑ってしまうほどかわいらしかったです。
f0224632_8201550.jpg


一通りグルリと見て周った後は、電車に乗ってZoologischer Garten駅前のクリスマス・マーケットへ。
f0224632_821567.jpg

こちらはランドマークであるカイザーヴィルヘルム記念教会の周りに市場がたっているのですが、残念ながら教会はただいま改装中で屋根の先しか見えません。

冬のドイツは日が沈むのが早く、こちらに移動した頃にはすっかり日が落ち夜のマーケットを楽しめました♪
f0224632_8213069.jpg


アルコール無しのグリュー・ヴァイン(キンダー・プンシュ)を飲んで温まりました。
カップは有料で、飲み終わった後にカップを返せばカップ代を返してもらえますし、持ち帰る事もできます。
ベルリンのシンボルであるクマがつき、Berliner Weihnachtsmarkt (ベルリンのクリスマス・マーケット)と書かれたこちらのカップを母は記念に日本まで持ち帰る事にしました。
f0224632_822680.jpg

ちなみにカップ(或いはグラス)のデザインはクリスマス・マーケットによって違い、ベルリン中に何箇所もあるマーケットを巡る楽しみの1つでもあります。

この日は2箇所のマーケットを見て周り、母はお土産などいろいろ購入でき楽しんでくれました♪

夕食後にペーさんにリュウタを見てもらい近所のスーパーへ母と出た事は1度ありましたが、長時間の外出は初めてでした。
3時間で戻るつもりが4時間になってしまい、リュウタが泣いてぺーさんが困っていないかと心配しましたがリュウタはずっと寝ていておりこうさんでした☆


クリスマス・マーケットって楽しそう♪と思われた方、応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-08 23:55 | イベント | Comments(8)
11月24日(土)
急にぺーさんの上のお兄さんのお嫁さんがベルリンに所要で来る事になり、3歳の末っ子くんを連れてくるとの事で、夕方リュウタを見にうちに立ち寄るとの連絡が入りました。
f0224632_910767.jpg

(写真は昨年の5月なので今はもっと大きくなっています。)
18時前後の到着との事なので一応夕食の用意をする事にしましたが、3歳の子が食べる物の検討がつかず、あまり和食っぽい物は困るだろうし…と悩んだ末に手早く作れ母が帰る材料で作れるハヤシ・ライスを作る事にしました。
薄切り肉が手に入らないので、ミンチを使用して作りました。
お味は好評で、ミンチを使ったのでお姉さんに「ライスと食べるボロネーゼね」と言われました。なるほど、そんな感じ。(笑)

ちなみにちょっと前まで車(特にショベルカー)に夢中だったいとこくん、今回はなぜか本物そっくりな赤ちゃん人形(リアル人形)を連れてきていて、オムツを履かせたいからとリュウタのオムツを1つあげました。このリアル人形、ふと持ったらリュウタより重くてビックリ・・・(^^;)
生後3週のリュウタは寝てばかりだし、3歳のいとこくんは自分の世界で遊んでいるし、2人の間に交流は一切なかったけれど、一番歳の近いいとこだし、男の子同士だし、何年かしたら一緒に遊べるかな。

11月25日(日)
この日は前々からペーさんパパ&ママと下のお兄さんファミリーがリュウタに会いに来てくれる事になっていました。
リュウタへのたくさんのプレゼントと共に、季節柄ぺーさんママお手製のクリスマス飾りも持ってきてくれました☆
f0224632_9105422.jpg


下のお兄さんは娘ちゃんが2人いるのですが、既に14歳と16歳なのでほぼ大人。
ということで大人9人分の食事なので、ランチはワン・プレートご飯にしました。
揚げ物は揚げたてでないとダメ美味しくないし、あまり和食っぽい物は食べにくいかも知れないし・・・と悩んだ末に母が用意してくれたのは、
トンカツ用のお肉をブイヨンとお醤油で煮込んだ物、出汁巻き、にんじんのグラッセ、カボチャとジャガイモのサラダ、生姜ご飯です。
f0224632_9113151.jpg

どれもとっても好評でした◎
生姜ご飯は出汁で炊いてあるので、食べなれない人には魚臭いと言われるかと心配したのですが、た~っぷりの生姜と薄揚げが良い風味で美味しく作り方を聞かれたくらいです。
同じく出汁を使っている出し巻きも好評で、母が日本から葛粉を持参して作ってくれた甲斐がありました。
カボチャとジャガイモのサラダもドイツ人はこういう食べ方をしないので新鮮だったらしく、お替りをしてもらえました♪

食後お兄さんファミリーは2時間程ベルリン観光へ、彼らが戻ったらティータイム。
f0224632_912017.jpg

ぺーさんママがたくさんのケーキやクッキーを焼いてきてくれ、うちの母もお得意のブランデー・ケーキをお出しし、ケーキを食べながらまたおしゃべり。
f0224632_9123110.jpg

出産前に引越しをしようとお部屋探しをしたのですが気に入る物件がなく結局小さなアパートに留まっているのにたくさんのゲストを迎えてどうなることかと思いましたが、なんとか皆さんに楽しんでもらえた様です。
f0224632_9131566.jpg

リュウタもいとこのお姉ちゃん達にかわいがってもらえました♪
f0224632_9135887.jpg


母は朝から食事作りに大忙しで、夕方皆さんが帰った後は脱力~。
特に夕食の事は考えていなかったのですが、後片付けを済ませ母と私が休憩している間にぺーさんが夕食にお得意の中華料理、「宮保鶏丁」(鶏肉のカシューナッツの炒め)を作ってくれました。
f0224632_9142746.jpg

辛さは控えめで辛いものが苦手な母も美味しく食べられました。

リュウタがいとこ君やいとこちゃん達に初対面した週末でした。
クリスマスにはまた会うのでよろしくね~♪

比較対照があるとリュウタはちっちゃいなぁと思われた方、応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-12-05 23:50 | イベント | Comments(8)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle