<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

冬時間が始まった先日日曜日、早速気温はガクンと下がり東向きのうちのバルコニーでさえ朝8時を過ぎても0度・・・(早朝は零下だったようです。)
それでも太陽が出てくれお天気が良かったので、母に中心地以外のベルリンも案内しようとお散歩がてらベルリンの中心部から少し外れた所にある旧市街地と宮殿を見に出掛けました。

旧市街地の中心部にはヨーロッパらしい大きな建物があり、「あれがお城?」と聞かれましたが、この建物は下にアイスクリーム屋さんが入っているし上は多分アパートだと思います。(^^;)
f0224632_172812.jpg

母はたまたま通りがかった犬の大きさにも驚いていました。(笑)

こちら(コーペニック地区)の区役所もなかなか素敵な建物です。
f0224632_1723588.jpg

すぐ近くに川が流れ、寒い中釣りをしている人が何人か居ました。
f0224632_1724835.jpg

水辺だからか区のマークは魚でした。
f0224632_173031.jpg


水辺を少しお散歩した後、本日のメイン、コーペニック宮殿へ。
f0224632_1732467.jpg

お庭も建物も宮殿としてはかなり小さめですが、初ヨーロッパ、初宮殿の母は他と比べようもないのでこの規模でも喜んで貰えました。(*^_^*)
f0224632_1741542.jpg

今回私がここに来たかった理由は、母に先日訪れたベルリンの中心地の観光地以外を見せたいというものありますが、こちらの宮殿の美術館で工芸品の特別展が開催されているからです。

入ってすぐのお部屋は床も天井も壁も扉も全て木製です。
ヨーロッパの宮殿の床は大理石、天井も天使などの装飾が施されている物が多いイメージだったので、全て木製の窓のない薄暗い部屋は意外でした。
f0224632_1754672.jpg

扉などには木で奥行きを感じさせるとても細かな絵が施されています。

上の階へ登ると、天井や壁が私のイメージする宮殿の雰囲気でした。
f0224632_176682.jpg

(電気は現代付けられた物で、ちょっと雰囲気に合わないね、というのが母と私の感想です。)

大小さまざまな棚の陳列されたお部屋へ。
f0224632_1763258.jpg

どれもとても立派な細工で見とれてしまいます。

全体的に琥珀で装飾された物もありました。
f0224632_1765243.jpg

白い部分の材質は多分象牙だと思います。

アジアっぽい物もあるなぁと思ったら、こちらは日本伝統的なデザインを模倣して作られた物だとか。
f0224632_1771298.jpg

日本文化がプロイセン王国に影響を与えていたのだと日本人としては思わずにんまりです。

更に上の階に上がると、たくさんの陶磁器が陳列されていました。
ドイツが誇るマイセンの食器類もたくさん!
f0224632_1773246.jpg


KPM Berlin(ベルリン王立磁器製陶所)の陶磁器もたくさんありました。
KPMはプロイセン王であるフリードリヒ大王によって創業され、今回の特別展はフリードリヒ大王生誕300年を記念してのものなので当然ですね。

見事なロウソク用のシャンデリアはKPM製でした。
f0224632_178476.jpg

一番上のパイナップルがなんだかユーモラスです。
南国=パラダイス、というイメージなのでしょうか?
シャンデリアなので高い所に吊るされていたのだと思いますが、細かい細工の埃を取り除いたり、毎日ロウソクの火を管理したりする係りの人は大変な仕事だね、と母と話しながら眺めました。
よくお皿を割ってしまう私達にはできそうもありません。(^^;)

パーティ・ルームと思われるお部屋にもKPMの食器がズラリと陳列されていました。
f0224632_178264.jpg

食器が映えるようにかテーブルが電気の入った陳列台だったり、陳列台に近づけない様にする為にか周りが鏡張りにしてあったりするのが宮殿の一部というより現代の美術館という感じで少しそぐわない気がしましたが、この日はお天気が良かったので外からの光も入っていましたが、お天気の悪い日はこうでないとよく見えないのかもしれませんね。

壁に施された人達は皆燭台を持っています。
f0224632_1785360.jpg

電灯のない当時はロウソクだけが頼りだったのだなぁと改めて感じました。

宮殿そのものは小さいながらも展示物が多く満足のゆくもので、母にも楽しんでもらえたようです◎

区役所の地下にはドイツ料理のレストランが入っていて、割と美味しいのでここで夕食を食べて帰っても良いなぁと思いましたが、あまりにも夕食の時間までには時間があったし、残念ながら母はドイツ料理にあまり興味が無いようなのでうちに帰って八宝菜を作って食べました。
母が来てから折角なので、と外食続きだったので、おうちでほっこりご飯も良かったです。(*^o^*)


ドイツの宮殿で日本文化を発見し、「ヨシ!」と思われた方、応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-31 15:00 | 食器 | Comments(12)
母が私の産後の手伝いの為にはるばるベルリンにやって来てくれました。
ベルリンはもちろん、ヨーロッパ初上陸です。
ベルリンには直行便がない為乗り継ぎが必要で、ドイツ語も英語も話せない母はとても心配していましたが、ルフトハンザで有料の日本語による乗り換えサービスがあり、それを頼んでおいたので無事にベルリンまで来られました。

私は元々和菓子が好きですが、ドイツに来て特に和菓子が恋しいという事はありませんでした。
それなのに、妊娠してからやたら餡子やお煎餅が食べたくて食べたくて。
母にあんぱんをリクエストしていたのですが、預け荷物2つ分を何度も重量を測ってパンパンに詰めた後あんぱんは餡子がペーストとみなされ手荷物では没収される可能性があると分かり大ショック!
その事に気が付いた時は既に荷物を空港宛に発送した後だったのですが、当日荷物にあんぱんやあんこ餅を加え、重量は1キロ少々オーバーしたようですがそれ位なら特に何も言われなかったようです。

そうやって持って来てくれた母の餡子セレクション☆
f0224632_17212490.jpg

あんぱんはメーカー違いで他にも2つありましたが、すぐに私のお腹へ入ってしまいました。(笑)
メロンパンはリクエストしていなかったのですが、これなら手荷物で持てると追加して持ってくれたそうです。

既に17キロ程体重が増えてしまっている私の為にかんてん系のお菓子をど~っさり。
f0224632_17215089.jpg

(写真に載せきれない程和菓子もお煎餅も洋菓子も来ているので、あまりダイエットとはなりそうもありませんが^^;)

産後はお餅や団子を食べるとお乳の出が良くなるらしく、お餅類もどっさり!
f0224632_17221613.jpg


空港の売店で明太子が買えたら欲しいとお願いしていたら、明太子の他に柿の葉寿司やきびだんごも♪
f0224632_17224940.jpg

柿の葉寿司は2箱あったので、味は落ちてしまうだろうなぁと思いつつ出張中のぺーさん用に1箱冷凍してみました。

ぺーさんへのお土産は、彼がリクエストしていた塩辛です。
f0224632_17234346.jpg

地元のイカの塩辛に加え、土佐鰹の塩辛です。
土佐鰹の塩辛はデパートで店員さんに薦められ、「塩辛といえばイカでは?」と思いつつ買ってみたら、父が買っていた週刊誌に取り上げられていたらしく、雑誌の切り抜きと共に持って来てくれました。

この他にも私の好きなヨックモックのクッキーや、抹茶のカステラ、抹茶プリン等など、ここで紹介しきれないくらい盛りだくさん。
60キロ程の母の荷物のうち、赤ちゃんの服やアルバム、お願いしていたDVD、私の授乳服を除くと殆どが食料なので(7週間の滞在だと言うのに、減らす物は自分の服しかないと母は驚くほど服を持って来ていませんでした。)、ぺーさんファミリーやお世話になっているご近所さんへのお土産を含め40キロ強が食料品だと思います。
流石お母さん☆

*************************************

母が到着する日までの数日、ちょっと歩いただけでお腹がとても硬くなり下腹部が痛んだので、もう産まれてしまうのでは?と焦りましたが、丁度母が来た翌日の検診でまだ子宮口が開いていないし大丈夫と言われホッ。
安心したからか痛みも治まりました。
到着したのは火曜日の夜で、水曜日は私の検診がお昼だったので母とは午後ゆっくり出掛け、私が出産する病院までの道を覚えてもらったり、赤ちゃんの寝袋を買いに行ったり、アジア・スーパーへ行ったり。
木曜日もお昼に助産婦さんの予約があったので午後遅くに出掛け、近所のスーパーを何軒か周りお買い物の事などを覚えてもらいました。
そして3日目の金曜日、やっとお天気が良くなったので少し気温の上がったお昼からベルリン観光へ出掛けました。

テレビ塔やその近くのマリエン教会に立ち寄ったり、
f0224632_17254734.jpg


大聖堂を見たり(この日は礼拝か何かをしていて中には入れませんでした)、
f0224632_17261314.jpg


その横の旧博物館の前で写真を撮ったり。
f0224632_17264768.jpg

旧博物館はドイツが誇る建築家シンケルの作品で、1830年に建てられた物です。
f0224632_1727203.jpg

内装も素晴らしいので、いつかこちらでご紹介できればと思います。

この辺りは「ミュージアム島」として世界遺産に登録されていて、博物館がたくさん立ち並び、その建物がどれも素晴らしく、初ヨーロッパの母はヨーロッパ風の大きな建物に圧倒され写真をたくさん撮っていました。

最後はベルリンと言えば!のブランデンブルグ門へ。
f0224632_17282838.jpg

この日も多くの観光客で賑わっていました。

折角お天気が良いのでテレビ塔へ登ろうとテレビ塔まで戻ったのですが、チケット売り場で2時間待ちだと言われて愕然。
その時点で15時半だったので、17時半では折角上がっても辺りは薄暗くて何も見えないだろうと諦めて、近くのデパートで私の買い物に付き合ってもらい、カフェに向かってブラブラしていると18時前になり、お腹がすいたのでカフェは止めて早めの夕食を食べてこの日は帰宅となりました。

前日、前々日より外出時間も歩いた距離もずっと長いのですが、この日は「覚えなければ!」と気負いがなかったからか母は疲れることなく楽しんでくれました♪
母が来る前の週は20度前後あったのに、今週は急に最高気温5-6度まで下がってしまいましたが、また赤ちゃんが産まれる前にお天気に恵まれて多少なりとも観光ができるといいな、と思っています。



お天気にな~れ!と応援クリック頂けると嬉しいです!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-28 15:30 | 妊娠 | Comments(8)
親しくさせて頂いているご近所さんはテキスタイル・デザインのお仕事をされていて、お裁縫教室もされています。
産休に入り時間ができたので教室に通わせて貰おうと、7月に2-3回行ったものの具合が悪くなったりバタバタしていたりで、作りかけていた物2つはどちらもほぼ完成していたのにそのままになっていました。
いよいよ出産が近付いてきたし、母が来てくれたら母と一緒に可能な限り出かけたいし、という事で先週慌てて仕上げて来ました。

作ったのはハイハイ・マットと授乳ケープです。
ハイハイ・マットはパッチワークで作ってみたらとご提案頂いたのですが、裁縫初心者な上に不器用な私には難易度が高過ぎるという事で、布2枚を合わせるだけの簡単な作りにしました。
中には綿が入れてあります。
f0224632_21583466.jpg

綿が動かないように一応グルグルとミシン掛けしてあり、洗濯機で丸洗いOKなのが嬉しいです◎

持ち運びできるように、余った布で巾着を作りました。
f0224632_2159135.jpg

表側に使ったハリネズミとウサギの柄の布で巾着を作ったのですが、持ち運び用なので汚れる事が多いでしょうし、裏側につかった水玉で袋を作った方が良かったかな。
まぁ汚れてしまえば水玉の布で袋をまた作ります♪

もう一つは外出先で授乳する時の為の授乳ケープです。
f0224632_21592643.jpg

ネットで型紙を見つけて作ってみたのですが、もうちょっと小さくても良かったかも・・・

作った後にたまたま見ていた日本のマタニティ&授乳服の通販サイトに秋冬物の授乳グッズとして授乳ケープとしても使えるオシャレなニットのストールやカーディガンが載っていて、わざわざ自分でこんなちゃちい物を作ることはなかったかなぁとも思いましたが、コットン100%なのでうちでジャバジャバ洗えるし、小さく丸められるし、季節を問わずに使えると思うのでこれはこれでイイのではと思うことにしました☆


不器用ながら頑張っている私に応援クリックを頂けると嬉しいです!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-23 22:10 | 妊娠 | Comments(10)
7月に産まれたお友達の赤ちゃんに会いに行ってきました。
ベルリンのランドマークであるテレビ塔と大聖堂が見える素敵なフラットに住むお友達で、リビングが広いので赤ちゃんの遊ぶ物がいっぱいで羨ましい!
f0224632_4465355.jpg

うちは結局気に入る物件がみつからず、私のお腹はどんどん大きくなって荷造りや荷解きをしたくないし、ぺーさんは出張が多いし、引越しは赤ちゃんが産まれて落ち着いてからする事にしたので、狭い所なので赤ちゃんや手伝いに来てくれる母はかわいそう・・・

リビングにどど~んとオムツのケーキがあり、「すご~い!お友達からのプレゼント?」と聞くと、「アナタへのプレゼントよ」と言われビックリ!
f0224632_4474512.jpg

別のお友達がオムツ・ケーキを作って写真をFBに載せているのを見た事があったのでオムツ・ケーキの存在は知っていたけれど、まさか私達がもらう事があるなんて思っていなかったので大感激☆

7月産まれのリコくんはまだ生後3ヶ月だというのに既に体重は7キロ以上!
そして、ソファーの肘掛につかまり立ちまで?!! 友達が肘掛にもたれ掛けさせてお腹で支えているだけらしいけれど、それでも足が立っている事がスゴイと思う。
f0224632_448987.jpg

ダンナさん(パパ)が大きな方だし、リコくんもグングン大きく逞しく育つんだろうなぁ。

お散歩の予定からお天気が怪しいのでお友達のうちで会うことになり、りんごのケーキを焼いていったけれど、お友達が美味しそうなチーズケーキを2種類も用意してくれていたので私はそちらを頂きました。
f0224632_4483234.jpg

ベリーのソース入りとアプリコット入りで、どちらもとっても美味しかった~◎

ミルクの甘~い香りのするリコくんと遊びながら友達とおしゃべり。
産後の事や子育ての事についていろいろ聞かせてもらえとっても楽しかったしお勉強になりました。
どうもありがとう!

***************************

赤ちゃんネタをもう1つ。
先週の日曜日(14日)、ペーさんは2週間強の出張へ向けて出発でした。
いつもなら玄関で「いってらっしゃ~い!」だけれど、今回はフライトがお昼過ぎの便だったし、ここ最近で久々の快晴だったので、お散歩がてら空港まで送っていく事にしました。
最寄り駅に向かって歩いていると、ふと道の隅に綿くずの様な物が。
「あれ?」と見てみるとなんと小さな小さな鳥の赤ちゃんでした!
前夜に雨が降っていたので小鳥の羽も濡れていて綿くずみたいになって濡れた道にいました。
人通りの多い駅前の道なので、こんなに小さくてはうっかり人に踏み潰されてしまいそう。
慌ててぺーさんに「この子を助けてあげて!」と小鳥の存在を教え、拾ってもらいました。
(私は動物は見るとかわいいと思うのですが、触るのはちょっと苦手なのです・・・)
f0224632_4491079.jpg

野生の小鳥なので抵抗してペーさんの手をつつくかと思いきや、ちょこんと彼の手に乗っておとなしくしていました。
そして、通りにあった花壇に降ろそうとすると、自らピョンとジャンプ。
f0224632_4493848.jpg

ぺーさんはこんなに小さな子なので助からないのではと心配していました。
私も心配だったので、帰りにまだ居たら連れて帰って小鳥に詳しいご近所さんに助けを求めようかと思っていました。
空港でぺーさんを見送って約3時間後に同じ場所に戻り、花壇の中や周りを隅々まで探しましたがみつかりません。
もしかして道に下りて誰かに踏まれてしまったかもと道も一通り見て回りましたがいませんでした。
思えば小鳥が落ちて来そうな巣のある木はないし、小さいながらも自分で飛べる子で、あの辺りまで来た時に雨に濡れて飛べなくなって道で震えていたのかもしれません。
私が空港から戻った時は道もすっかり乾いていたし、小鳥の羽も乾いて元気に青空に飛び立っておうちに戻ったのだと思います。
f0224632_4504050.jpg

元気に大きくなるんだよ~!


どっちの赤ちゃんもすくすく大きくなあれ!と応援クリックよろしくお願いします!(←あ、私のブログ応援と赤ちゃんの成長は関係ないですね。)(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-20 23:55 | その他 | Comments(8)
ベルリンで毎年開催されるカボチャ祭りは、毎年9月の末に行われていると記憶していて、去年は一時帰国の時期と重なり行けなかったし、今年もバタバタしているうちにもう10月だし逃してしまったと思っていました。
7日(日)、出産準備コースに行く前に朝食を食べながらラジオを聴いていると、カボチャ祭り開催のお知らせが!
これはもう行かなくっちゃ♪とコース終了後に会場に向かう事にしました。

このお祭りのお目当てはカボチャ祭りにいつも出店され、いつも美味しいカボチャを作っておられる通称カボチャおじさんのカボチャ。
カボチャおじさんを紹介してくれたお友達にも念の為カボチャ祭りの事をお知らせしようと電話してみると、「今年は彼は出店されてないかも…」との事。
ぺーさんに伝えると、おじさんは以前思い病気を患っておられたので「病気が悪化したのかな」と心配していたけれど、「そうではなく、お祭りの規模が年々大きくなって出店料が高くなってしまったからみたい」と。

いざお祭り会場に行ってみると確かに今まで見た事がないくらいの大勢の人!
f0224632_2041720.jpg


いつもカボチャで作ったモザイク等のデコレーションがある教会へ行ってみると、あらら、大盛況な割りにデコレーションはこちらの象のみでいつもよりも小規模な上に手が掛かってない感じ・・・
f0224632_2052431.jpg


アンティークなBarがあったり、
f0224632_2063243.jpg

かわいらしいクラシック・カーでコーヒーを売るお店があったり、
f0224632_2064676.jpg

他にもいろんな食べ物や雑貨をうるお店が出店していたけれどとにかく人がすごくて屋台に近付いて見物する気にならない程。

馬肉のソーセージの看板を見つけぺーさんが食べたいというので私はハーブ入りを、ぺーさんはプレーンを食べました。
f0224632_207955.jpg


肝心のカボチャ屋さんですが、教会の周りに1軒(もしかしたら2軒?)と、通りの終わりに大きなトラックにデコレーションを施したお店が1軒のみでした。
f0224632_2073046.jpg

出店料が高くなりすぎてカボチャ農家の方には割りに合わないお祭りになってしまっているのかもしれません。
f0224632_2075717.jpg

「カボチャ祭り」という名前なのにこれではただのストリート・フェスィバルです。
もしカボチャ農家の方の出店が減っている理由が本当に出店料なら、カボチャ農家の方には出店し易い様に特別価格にしてあげて欲しいものです。

最近ドイツでも日本のカボチャに近い甘いカボチャやホクホクな栗カボチャが手に入り易くなりました。
それでも同じ品種でも当たり外れがあり、カボチャおじさんのカボチャはハズレがないのでいつもまとめ買いするようにしているのですが、今回はおじさんがいらっしゃらず残念でした。
それでも折角行ってきたので5種類、計10個買ってきました。
f0224632_20152096.jpg

大きさが分かるようにMiffyちゃんの塩・コショウ入れを置いてみました。

奥のオレンジ色のカボチャはHokkaidoというネーミングでドイツのスーパー等でもよく売られているポピュラーなカボチャです。
こちらは既に一部天ぷらやお味噌汁の具にしました。
甘みがあって美味しかったです◎
お料理の他お菓子にも使って楽しもうと思います♪


カボチャがお好きな方、ポチポチっと応援クリックよろしくお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-15 23:50 | イベント | Comments(10)
先週末、5-7日(金-日)と3日間出産準備講座に参加しました。
最初は8月のコースを申し込もうとしたら既に満員と言われ、9月のコースに申し込んでいたらその週末にぺーさんの出張が入ってしまい、ギリギリですが今月のコースに入れました。
当初予定していたお友達お薦めのコースは10月も日程が合わず、結果出産予定の病院主催のコースに参加したのですが、実際に産む病院で受講できて良かったと思います。

講師は病院で働いておられる助産師さんなので、実際に私のお産に立ち会ってもらう可能性もある方です。
初日の金曜日は出産の仕組みについてのお勉強でした。
当然ながらドイツ語のみの説明ですし、広い部屋で声が聞き取り辛い事もあり途中で話に集中できずにいると、「吊るす事もあります」と聞こえ、「え?」と・・・
f0224632_1347950.jpg

私は産まれたての赤ちゃんを赤ちゃんが泣かない等の何かの理由で吊るす事があるのかなぁと思い、ぺーさんに「誰を吊るすって?」と聞くと、私との事。
「え、私?」と聞き返すと、「僕じゃない」と。
そりゃあ分かってるよ!!!
私が分娩台でうんうん唸っている横で吊るされるぺーさんを想像。
f0224632_13472236.jpg

それは何かの儀式でしょうか?安産の為にぺーさんを生贄に?だとしたらぺーさんの下では火が焚かれちゃうのでしょうか?!
なんて想像すると可笑しくなり、全然笑う時じゃないのに笑えてきて、笑ってはいけないと思うと益々笑いが止まらなくて困りました。

一通りお勉強が終わった後は、実際にこちらの病院の陣痛が始まって病院に行ってから待機するお部屋や
f0224632_13474690.jpg

分娩室を見せてもらいました。
分娩室の一つには水中出産用の大きなバスタブがありました。
f0224632_13481575.jpg

お風呂大好きの私達は思わずお風呂に釘付け。
ぺーさんもお風呂に惹かれたのか(彼はお風呂に入れる訳ではないのですが^^;)
「お風呂で産みたいならどうぞ♪」と。
「血が見えると恐いから嫌なんじゃなかったの?」と言うと、
「頑張ります!」と今までと打って変わって(最初は恐いからと分娩室すら入る事さえ嫌がっていました。)頼もしい!
ただ、水中出産はあらゆる状態が完璧でないとできないとの事なので、希望しても断念しなければならない事もあるようです。

注:上記の写真にあるように、分娩室では分娩椅子やベッド、お風呂の上に布の束の様な物が吊るされており、実際はそれに「吊るされる」のではなく「自分でぶら下がる・つかまる」というのが正しいようです。

2日目は実際に陣痛が起こってからのリラックス法や呼吸法、また陣痛に苦しむ妊婦をパートナーはどう対処(マッサージ等)するか、というものでした。
バランス・ボールの上に座ったり、上半身をボールの上に乗せたりして呼吸を整え痛みを和らげます。
f0224632_13484887.jpg

その間、パートナーは手のひらサイズのイガグリ・ボールを使ってマッサージ。
練習しながら、バランス・ボールもイガグリ・ボールもないなぁと思っていたら、ぺーさんがマッサージしてくれながら
「コレ(イガグリ)、買った方が良いかなぁ」とポツリ。
f0224632_13491242.jpg

うんうん、陣痛の時以外も足つぼマッサージ等いろいろ使えそうだし、買って買って♪

3日目はこれまでの復習をし、最後に授乳と赤ちゃんの沐浴について習いました。
お産に関するいろいろなシチュエーションの説明もあり、中には無痛分娩(麻酔の使用)を断固拒む人がいるけれど、あまりにも痛みがひどくパニックになっている場合は使用した方が良いと言われました。
私は以前は麻酔を使用するつもりでしたが、お友達の話を聞いて使わない方向に気持ちが変わり、麻酔を使用せずに頑張ってみるつもりでしたが、今回の話を聞いて一応麻酔使用の同意書にサインをしておき、状況に応じて必要なら使ってもらおうかと思います。

*****************************
金曜日は仕事帰りの時間帯に設定してあり、18:00から20:30までだったので夕食を食べて帰ることにしました。
ぺーさんが「オクトーバー・フェストで食べたチキンが美味しかったからまたチキンが食べたい」と言うので、うちの近所に最近オープンしたチキン屋さんへ行ってみました。

チキン半身のグリルにぺーさんはポメス(フライド・ポテト)を、私はポテト・サラダを添えて。
f0224632_13493963.jpg

皮がパリパリカリカリで美味しかったのですが、オクトーバー・フェストで食べた物はもっとジューシーだったと思います。
「コレも悪くないけどオクトーバー・フェストの方が美味しかったね。イベント会場の食事って高くて不味い事が多いのにスゴイね」と言うと、
ミュンヘンのオクトーバー・フェストはとにかくお客さんの数がすごく引っ切り無しに調理している状態なので、常にグリルしたての新鮮ジューシーなチキンが出て来て美味しいと評判だそうです。
なるほど☆
ビール等の値段も普通のお店に比べて若干高いかな、位だったし、オクトーバー・フェストはなかなか良心的なイベントの様です。
酔っ払いの少ない昼間ならまた行きたいなぁ、と改めて思いました。(*^o^*)


出産時にパニックになりそうと怯える小心者の私にポチポチっと応援クリックよろしくお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-12 23:55 | 妊娠 | Comments(14)
最終日の日曜日、帰りの列車は15時頃だったのでまずは遅めの朝食を食べに出掛けることに。
Kwi-Haeが住んでいるのは割と中心地で、彼女のうちから徒歩で行けるカフェでミュンヘンの朝食が食べられる所に電話し、3軒目で予約が取れました♪

ミュンヘン風の朝食とは、バイエルンの伝統料理である白ソーセージに甘いマスタードを付け、プレッツェルと共に頂くという物です。
今は冷蔵庫の普及により白ソーセージはいつでも食べられますが、元々傷み易い物なので伝統的には朝作ってお昼までに食べるの物らしいです。
Kwi-Haeとぺーさんは白ソーセージ2本とプレッツェルのミュンヘン風朝食をオーダーし、私は白ソーセージはぺーさんのを半分もらえばいいかなぁとオムレツの朝食をオーダーしました。
ぺーさんは朝からビール!
f0224632_6383516.jpg

これもミュンヘン・スタイルらしく、周りのテーブルの方達もミュンヘン風の朝食&ビールという組み合わせが多かったです。

朝食の後はお散歩へ。
朝食を食べたカフェのすぐ並びにとってもかわいらしい木造の建物がありました。
f0224632_6385668.jpg

アルプス登山の為のインフォメーション・オフィスだそうです。

少し歩くと見えてきた教会のような建物はなんとプールとのこと!
f0224632_6394716.jpg

中もクラシックで素敵なんだと思います。次回は水着を持参しなくては♪

そしてプールのすぐ裏手はイザール川。
f0224632_640770.jpg


この日はお天気が良くなく気温も低かったのでお散歩の人がちらほら居る程度でしたが、夏はこの川原はBBQをする人でいっぱいだそうです。
f0224632_640423.jpg

こんな所でBBQだなんて楽しそう!!!

空の色が寂しい感じですが、それがまた絵画の世界の様な美しい風景でした。
f0224632_64175.jpg

夏に大勢の人で賑わいBBQの煙がモクモクと上がっていたら雰囲気は全然違うのでしょうね。

綺麗な景色を眺めながら、ちょっと冷たい空気も気持ち良く2時間少々ぶらぶらと歩きました。
f0224632_6415158.jpg


ぺーさんが私の写真を撮ってくれましたが、なんだか私のお腹はウェストポーチを付けているみたいに下腹部だけポコンと膨らんでいますね。
赤ちゃんが入っているだけなんですけどねー。(笑)
f0224632_6422415.jpg

予定日は11月5日ですが、ぺーさんが10日14日から29日まで出張で不在なので早めに出て来てもらっては困るのです。
赤ちゃんは随分下で出てくる準備をしているようですが、まだまだゆっくりそこで寝ていてねー!

お散歩を楽しみ、Kwi-Haeに電車用にと昨夜作った肉まんを持たせてもらい駅に向かいました。

週末だけのミュンヘン旅行でしたが、Kwi-Haeのお蔭で盛りだくさんに楽しめました◎
どうもありがとう!
次は夏にBBQをしに行きたいな♪


街の中心地で美しい景色が眺められるミュンヘンへ行ってみたい!と思われた方はポチポチっと応援クリックよろしくお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-10 23:55 | 旅行 | Comments(9)
オクトーバーフェストを楽しんだ後は、夕飯の買い物をしにミュンヘンのアラブ・スーパー、アジア・スーパー、普通のスーパー、そして有機食材店をはしご。
物価の高い事で有名なミュンヘンだけあり、食材もベルリンよりも割高です。
店舗のお家賃が高いから仕方ないのかもしれませんね。
f0224632_16275027.jpg


い~っぱい買い物で歩き回って疲れたので、うちに帰る途中にお茶休憩。
やっぱり疲れた時は甘い物補給に限ります☆
f0224632_16283024.jpg

ケーキにフォークがザクッと突き刺さって出てくるのはドイツ中どこでも同じなのですね。(^^;)

あちこち周って食材を買い揃えて作った夕飯のメニューは、
ぺーさんの「豚肉と白菜の餃子」と「ラム肉と干ししいたけとキュウリの餃子」、
f0224632_16293936.jpg


そしてKwi-Haeの「野菜たっぷりヘルシー&ジューシー豚まん」です。
f0224632_16303113.jpg


Kwi-Haeはアメリカ育ちですが、ご両親が韓国人なので韓国料理で育ったからか舌はまるまる韓国人らしく、アジア料理が大好きで和食にも詳しく、ネットでレシピを調べてはいろんな料理にトライしています。
彼女がベルリンに住んでいた頃は、彼女の提案で一緒にうどんを捏ねた事もあります♪

私は2人のアシスタントで、指示された材料を切ったり、ぺーさんが作った餃子の皮に餡を詰めたり、Kwi-Haeの作った蒸しパンの生地に具を詰めたり。
f0224632_16311389.jpg


餃子は水餃子なので黒酢にぺーさん特製ラー油を好みで加えて頂きました。
ラー油は韓国人のKwi-Haeにも「辛くて美味しい!」と言ってもらえる出来栄えでした。
私は辛い物は好きなのですが、妊娠してから辛い物を食べるとお腹を壊し易い傾向にあるようなのでラー油はほんのちょっぴりでガマン。

食後のデザートはKwi-Haeがお団子を作ってくれました。
f0224632_1633846.jpg

白玉、抹茶入り(薄い緑の物)、よもぎ入り(奥の濃い緑)の3種で、どれも黄な粉をまぶして頂きました。
私はお団子に抹茶やよもぎを入れた事はなかったのですが、よもぎは入れ過ぎだったのかちょっと苦味が強かったです。
よもぎはKwi-Haeがよもぎパウダーを持っていてそれをお団子の粉に混ぜていました。
抹茶もよもぎもそれだけでは甘い物ではないので、黄な粉ではなく餡子と食べたらもっと美味しかったのかもしれません。

この日もおしゃべりが弾んだのですが、朝から大きなお腹を抱えてたくさん歩いて流石に疲れていたし腰も痛くなっていたので、私はアシスタントにもかかわらず「後片付けよろしくね~」と先に休ませてもらいました。
流石にお世話になっているKwi-Hae先生にはそれは言い難いので、ぺーさん先生の方に「しっかりよろしくね」とお願いして失礼しました。

ちなみに、この日大量に作った肉まんは翌日帰りの電車用にも持たせてもらいました♪
f0224632_16421857.jpg


わざわざミュンヘンでアジア料理なんて変って思われた方も、友達とワイワイ手料理ってイイなぁと思われた方もポチポチっと応援クリックよろしくお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-05 16:21 | 旅行 | Comments(8)
偶然とは言え折角世界最大のビール祭り、「オクトーバーフェスト」の時期に本場ミュンヘンへ来たのだから会場へも行ってみようと、翌日はランチがてら会場へ行ってみました。
12時オープンの会場に12時半頃着くと、既に人・人・人・・・
f0224632_20552214.jpg


お天気はイマイチな日でしたが老いも若きもバイエルンのコスチュームを着た人達でいっぱいで、お祭りムードが漂います。
f0224632_205602.jpg

特に子供達のコスチューム姿はとってもかわいかったです◎
f0224632_20562584.jpg

写真は撮りませんでしたが、チェックのシャツに皮の短パンに鳥の羽の付いた帽子を被ってキメている小さな男の子達もすごくキュートでした。

Kwi-Haeが会社でチキン1つとビール2杯のクーポンを持っていたので、そのクーポンが使えるテント(お店)へ向かおうとすると、なんとそのテントがあるメインの広場は広場自体の入場制限がかかっておりとてもじゃないけれど入る事は無理そうでした。
開場してからたったの30分で?!と驚きましたが、土曜日は翌日を気にせず一日飲める日で、一番盛り上がる日らしく、みんな開場前から入り口に並んだり予約しているそうです。
人気のテントは半年以上前に予約が埋まってしまうとか。

広場のお店じゃなくても会場内にはお店がたくさんあるのでそちらにする事に。
魚のお店や
f0224632_20565564.jpg

豚の丸焼きの看板のお店や
f0224632_20572040.jpg

肉料理てんこもり(笑)のお店や、
f0224632_2057448.jpg

有名ビール店等いろいろありましたが、
f0224632_20581795.jpg

クーポンを手に「チキンを食べよう!」とすっかりチキン・モードだった私達はチキンのお店へ。
行列に並んでいると、「予約の無い方は入れませ~ん」と入り口で入場整理をしている人が言うので愕然としてしまったのですが、すかさずぺーさんが私を係りの人の方に向けて「彼女は妊婦でお腹をすかせています。お腹の子供もお腹をすかせているんです」と!
「え?そんな事でどうになかるの?!」と思ったけれど、入り口の係りの人は「分かりました」と応え、まずは私を中の待合席に座らせてくれ、私達3人を優先的に通してくれました!
何でも言ってみるものですね☆

それぞれにチキン(半羽)とサイド・ディッシュ(ポテトやプレッツェル)をオーダー。
f0224632_20584350.jpg

飲み物は私は当然ソフト・ドリンクでしたが2人はお昼でももちろんビール!
ビールは1リットルのみで小さなグラスはありません。(笑)

ウェイトレスさん達はこのジョッキを一度に5-6つ持って忙しそうに店内を動き回っています。
かわいらしいコスチュームからのぞく腕は当然ながら筋肉隆々!

昼間なので私達と相席になったコスチュームを着た若い男性3人組も食事プラスそれぞれビール1杯で食事と雰囲気を楽しんでいるという感じでしたが、これが夜だと食事よりもビールがメインでみんな酔っ払って大騒ぎで大変な事になっているのでしょう。
(会場内や街中は昼間から酔っ払って座り込んでいる人や寝ている人も見掛けました。)

会場内はビールを飲む(食事をする)お店以外に甘い物を売るお店もたくさんあり、ゲームコーナーや移動遊園地も来ていてクリスマス・マーケットと似ていると思いました。
f0224632_20592869.jpg
ベルリンから行った私には随分規模の大きなクリスマス・マーケットというか、グリューバイン(スパイスの入った温かいワイン)の代わりにビールを飲むお祭り会場という風に感じました。
f0224632_2101846.jpg


乗り物はかなり大きな絶叫系が多く、昼間で飲む前ならともかく、飲んでからこんなのに乗ったら大変な事になりそうです。
f0224632_2105882.jpg

夜に会場に訪れると、ビールや乗り物に酔って大変な事になっている人達でいっぱいかもしれません。(^^;)
f0224632_2112043.jpg

私達は酔っ払っている人達がほどほどで安全に見てまわれる会場を楽しく見物し、夕食のお買い物へとくり出しました♪

ビールが飲めなくても大人も子供も楽しめるオクトーバーフェスト、一度は訪れてみたいと思われた方はポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-03 23:50 | 旅行 | Comments(8)
ミュンヘンへの年内使えるICE(新幹線の様な物)のチケットを随分前に買っていましたが、行きそびれているうちに9月に。
10月は私は臨月だし、ぺーさんも2週間も出張があるし、うちの母が来てくれるし、行くなら9月中に行かないと!と慌てて9月最後の週末に行ってきました。

一応一等席にしたものの、飛行機のビジネスクラスの様に椅子が倒れる訳ではないので片道6時間はかなり辛かったですが、現地では元気に楽しめました♪

以前ベルリンに住んでいた韓国系アメリカ人のKwi-Haeが仕事の関係で去年の8月からミュンヘンに住んでいて、今回の旅行も彼女が誘ってくれたのがキッカケで実現しました。
急遽旅行の日程を決めましたが、日付を特定した後に世界最大のビール祭り「オクトーバー・フェスト」開催中だと気付き、彼女のうちに泊めてもらえたから良かったもののそうでなかったらホテルが取れないか、すごく辺鄙な場所にあり通常料金の3倍はするホテルに泊まる事になっていたと思います。

まずは中央駅で彼女と合流。
駅にも駅の周りにもバイエルン地方の民族衣装を着た人でいっぱいです。
f0224632_18481714.jpg

駅の中でも、通りを歩いても、あちこちで衣装が売られていて、地元っ子はもちろんミュンヘンに着いたツアリストはこの時期まずこの衣装を買って着替えるようです。
f0224632_18485697.jpg


彼女に「オクトーバー・フェストの時期にミュンヘンに来るのは初めて?」と聞かれたので、
「街中は初めてだけど去年の9月に成田からベルリンへミュンヘン経由で飛び、空港でスタッフの人達がこの民族衣装を来ていて驚いたよ」と応えると、
f0224632_18492349.jpg

「この時期はオフィスでもみんなこの服を着ているんだよ」と言われてビックリ!(笑)

私達がミュンヘンへ行った目的はオクトーバー・フェストではなく、Kwi-Haeに会うことと、ドイツで唯一(?)のウイグル(新疆)料理レストランへ行く事でした。
レストランは中央駅からすぐだったので、早速行ってみました♪

レストランというよりImbiss(軽食屋)という感じのお店ですが、夜遅い時間だったにもかかわらず人がいっぱいで、ドイツ人らしき人も、ウイグル人らしき人も中国人もいました。
f0224632_1850087.jpg


まずは前菜に「キュウリとニンニクのサラダ」と「セロリの炒め物」、「冷麺」そして「トマトのパスタ入スープ」をオーダーしました。
f0224632_18503414.jpg

トマトのスープにはラム肉とパプリカが入っていて、私が上海でよく行ったウイグル料理のお店では手打ちラーメンが入っていましたが、こちらでは手打ち麺を短く切ったものが入っていてスプーンで食べるスープでした。
f0224632_1851743.jpg

それからメインはウイグル麺の定番「ラグマン」と
f0224632_18513733.jpg

ぺーさんの大好物「羊肉串」!
f0224632_1852837.jpg

ラグマンの麺はオーダーしてから捏ねてくれるモチモチ麺で、とっても美味しくお腹にたまる麺でした。
羊肉もジューシーでスパイスも効いていて懐かしの味でぺーさんも大満足◎

正直最初の冷麺とセロリがイマイチで、はるばるミュンヘンまでこの為に来たのに…という思いがよぎりましたが、メインは美味しく満足満足!

たくさんのコスチュームを着た酔っ払い達を眺めながら彼女のうちに行き、夜な夜な彼女とのおしゃべりに笑い転げて就寝となりました☆



ご訪問のしるしにポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-01 23:55 | 旅行 | Comments(8)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle