<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

現在ベルリンには2つの空港がある。
1つは西側にあるTegel空港で、主な航空会社はこちらを使っている。
もう1つは東側にあるSchönefeld空港で、主に格安航空会社が利用している。
そして、その東側の空港を更にベルリン郊外に進んだ土地に現在新空港を建設中。
今後は現在使われている2つの空港が閉鎖され、新空港のみとなるらしい。
先週その空港の見学会があり会社に案内が来たので私も参加させてもらった♪

まずはSchönefeld空港近くの建物で説明会。
今回の見学会は日経企業向けだったので、来ていた皆さんの最大の関心は「ベルリン-日本間の直行便が飛ぶようになるか」だったけれど、それは航空会社次第だろうし、航空会社にしてみれば利用客の数次第なので難しいだろうなぁ。
この見学会に参加されていたベルリン育ちの方が、このプロジェクトは東西ベルリン統一後最大のプロジェクトと言えるだろう、とおっしゃっていたけれど、大きな国際空港を作ることであちこちへのアクセスを良くし、企業をベルリンに誘致したいという考えもあるようだ。
もし本当にベルリンにいろんな企業が進出し、日系企業もやって来て、日本人の旅行者も増えたら日本への直行便が飛ぶようになるかも?!

説明会の後バスで新空港へ。
空港へ向かう途中、大きな発電所やコンクリート工場があり、そられは新空港の為に建設された物らしい。
コンクリート工場は新空港の建設が終われば取り壊されるのかもしれないけれど、発電所はそのまま空港への電力供給に使われるらしい。
f0224632_2249289.jpg


空港の敷地の入り口に細長いパビリオンが建てられていて、その上から空港を一望できるようになっていた。
f0224632_22582265.jpg

エレベーターがあったけれど乗れる人数が限られているので私はぐるぐると螺旋階段を歩いて上まで上った。
滑走路の長さなんて今まで知らなかったけれど、今使っているSchönefeld空港の滑走路は3キロ程で、Schönefeld空港から新空港に向かって伸びているのでSchönefeld空港から走ってきて飛び立つ飛行機がパビリオンの上から見えた。
f0224632_22592374.jpg

ちなみに新空港の滑走路は更に長く4キロ弱らしい。
言われて見ると飛行機って飛ぶ前にすごい速さで走って離陸しているし、相当な距離を走っているのだとは思うけれど3キロ近くも走っているなんて思ってもみなかったので驚いた。

パビリオン横の建物には大きな完成予想図ならぬ完成予想写真が飾ってあった。
今はコンピューターでこんなに綺麗な写真が作れるのだとビックリ!
f0224632_231189.jpg


現在のところ、2012年4月か5月のスタートを目指して建設工事中とのことらしいけれど、当初の予定は2011年の10月スタートだったので半年は遅れている事になる。
経済危機の影響で工事が遅れたらしいけれど、「ベルリンには現在2つの空港があるので新空港のスタートが遅れてもそんなにトラブルはない」と新空港の広報の方がおっしゃるくらいなので、更に遅れる可能性アリなんだろうなぁ。(^^;)
[PR]
by tantan_quelle | 2010-06-25 19:50 | イベント | Comments(5)
去年の9月に日本に帰ってしまったけれど、以前はご近所で仲良くしてもらっていた大好きなお友達が先週から半月お休みを取って戻ってきた♪
(2週間じゃなくて半月、という点がポイントらしい!半月は2週間より1日長いからね◎)
先週の金曜日は彼女とEvaさんに誘ってもらい、植物園でのコンサートへ。
f0224632_0571818.jpg

コンサートはバイオリン、ビオラ、チェロの4人構成で、とっても聴き応えがあり素晴らしかった。
f0224632_112925.jpg

植物園でクラシック・コンサートというのも、クラシックが身近なヨーロッパならではという感じで良かった。
会場は満席で、みんな割りとラフな格好でお散歩のついでに聴きにきました、という感じ。
こちらの夏は日が長いのでコンサートの終わる20時頃でも青空が広がり気持ち良かったけれど、途中で風が強くて演奏者が大変そうだったのと、日差しがあまりにも強くて眩しくて困った。
チェロの人も途中でサングラスを掛けていて、サングラスを掛けての演奏ってなかなか見ない風景だなぁとそれはそれで面白かった。
外なので、鳥もやって来て、美しい弦楽器の音色に惹かれたのか同じ鳥が何度も私達の頭上にやってきて、お世辞にも美しいと言えない歌声を披露してくれ困ったけれど、私の隣のおばさま達は鳥が来る度に笑っていて、そういう事も含めて楽しんでいる感じも良かった。

日本ではまだまだクラシックの敷居が高いと思うのでこういうカジュアルなコンサートはあるかなぁとクラシック好きのお友達に聞いてみたら、
「無理だよ。湿気がすごいもん!」と言われ、なるほどと納得!(^o^)
それじゃあ演奏する人も楽器も聴衆も大変だ!

コンサートの後は折角植物園に来たので園内をお散歩。
丁度今の時期はいろんなお花が咲いていてとっても綺麗だった。
f0224632_133869.jpg

f0224632_15210.jpg

f0224632_164383.jpg

f0224632_17528.jpg

ぐるりと周って入ったのと反対側の出口から出たけれど、見逃している所もあると思うし、今度ゆっくり植物園だけに行っても良いかなぁとも思った。

久しぶりに会うEvaさんは相変わらずお茶目でかわいかった!
そしてお友達も全然久しぶりな感じがせず、一緒に楽しい時間を過ごした。
行動派の彼女は今回の滞在中もあちこち旅行に行き忙しそう。
彼女の滞在中、後何回会えるかな?
とりあえず今週末も会えることが確定しているので楽しみだわ♪
[PR]
by tantan_quelle | 2010-06-18 15:00 | イベント | Comments(2)
今年の冬はビックリするぐらい寒かった。
いつまでも太陽が出ず気温が上がらず、春物のコートを着る機会がなく、6月になってもまだやや厚めの上着を着ていた。
先週末になってやっと急激に暖かくなり、昼間は30度を越えた日も!

でもそんな状況だったからか、春菊は太陽を求めてかヒョロヒョロと去年の3倍位の長さに伸びてしまった。
f0224632_19505748.jpg

しかも、いつまでも寒い日が続きもう秋が来たと思ったのか蕾がたくさん付きビックリ。
去年は春菊に蕾が付いたのは最後の最後だったのに・・・
去年夏の終わり頃に気温が下がった時、まず最初に花を付けたのはバジルで、その際にバジルが花を付けるのは秋だと思っているからで、まだまだ葉を付けさせる為にはその蕾を摘む事、と教えてもらったので春菊の蕾を慌てて摘んだ。

そしてもっとビックリしたのが、ある日突然水菜にもたくさんの蕾が!
水菜なんて去年も一昨年も最後の最後まで蕾なんて見たことがなかったので、花を付けるという事に驚いた。
これも慌てて蕾を摘んだけれど、密集して生えている上に、葉の下の背の低い所にも蕾があるので全部摘み取るのはなかなか難しく、一つ摘み損ねていたのが花が咲き、黄色い花が咲くんだと発見。
f0224632_19512216.jpg


ネギもバジルもパセリも去年と比べ物にならないくらいヒョロヒョロで不作だし、菜の花は私が間引くのが遅かったせいもあってか葉は大きくなったものの相変わらず上には伸びず、ちっとも菜の花に見えないし蕾も付けなさそう。
蕾を付けても良い物は付けてくれず、付けて欲しくない物には付くし困った物だ。

そんな災難な今年のバルコニー菜園で、苺も花を咲かせた物のその後寒くて太陽の出ない日が続きぐったりしていて、ダメだなぁと思っていたのに、太陽が出始めたとたん実が大きくなり色づき始めた!
f0224632_19514083.jpg

この調子なら、今週末には試食ができるかも♪
[PR]
by tantan_quelle | 2010-06-08 15:30 | Comments(4)
先週の金曜日、仕事が終わるとそのまま電車に乗ってぺーさんのいるLüneburgへ。
前回行った時は会社が用意してくれたウィークリー・マンションに居たので、彼のアパートへ行くのは今回が初めて。
お風呂(浴槽)とシャワーブースが別にあるのがイイなと思ったし、物置があるのも羨ましい!

Lüneburgもアスパラガスの産地として有名らしく、大きなアスパラをたくさん買ってくれていた。それから、この時期食べる Maischolle(五月カレイ)というお魚も。
アスパラは下茹でした後ほうれん草と鮭と併せてソースにし、シュペッツラーというドイツのバスタの上に載せて。
f0224632_22141584.jpg

f0224632_22145156.jpg

カレイは軽く小麦ををはたきバターでムニエルに。
f0224632_2215285.jpg

フライパンがテフロンではなかったので皮がひっついてしまい見た目はイマイチな仕上がりになっ てしまったけれど、皮は適度に脂がのっていて身は甘味がありと~っても美味しかった◎
折角のドイツ料理なのでドイツの白ワインで乾杯!
デザートはLüneburg名物(?)のLünebest(リューネベスト)!
f0224632_22155948.jpg

ゼリー状のジャムの上にヨーグルト・ムースを載せたもの、という感じだった。

前回はマイナス10度以下だったけれど、やっとちょっと春らしくなっているのでLüneburgの見所の1つである荒野へ向かった。
この時期ドイツはちょっと街を出ると菜の花畑がいっぱい。
f0224632_22171128.jpg

秋にはエリカが咲き多くの人が訪れるらしいけれど、今の時期は人が全然いないので静かで、広い荒野を静か~に見渡せて気持ち良かった。
f0224632_22174929.jpg

f0224632_22184363.jpg

所々砂漠化している所があり、英国軍に占領されていた時に戦車の為に平らな広い場所が必要で、この荒野を基地につかっていたらしいので、戦車に踏 み荒らされて植物が絶えてしまったのかも・・・
f0224632_22193984.jpg

新緑の木やたくさん咲いている黄色い花を見れ、エリカが咲いている風景を見たことがないけれどこの時期も悪くないなぁと思った。
私はなぜか子供の頃から黄色が好きじゃないけれど、黄色いお花は見て綺麗だと思う。
f0224632_22202433.jpg


エリカが咲く頃は多くの人が訪れる為、混雑する前に行こうと思うと4時か5時起床で行かなければならないらしい。
早起きは苦手だけれど、一度は行ってみたいなぁ。
[PR]
by tantan_quelle | 2010-06-01 07:25 | 旅行 | Comments(4)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle