<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年も2月恒例のBerlinale(ベルリン国際映画祭)が開催された。
チケットは上映日の3日前から窓口かインターネットで発売され、窓口だと大抵毎日町田の列に並ばなくてはならない。
去年までは仕事をしていなかったのでセッセとプログラムをチェックしては買いに行っていたけれど、今年は仕事があるしぺーさんもいないし1本も観れないかも、なんて思っていたら、他力本願で3本も観れた!本当に皆さんに感謝!

**************************

1本目は「蟹工船」
お友達に誘ってもらい、原作が有名な小説、という位の知識しかなく観に行った。
笑える部分もあり、熱いメッセージもあり、分かり易くて面白い映画だった。
ネットによると原作のファンからは批判が多いらしいので映画の後に原作を読んでみると、原作にあるエグいシーンがカットされ、より笑えるシーンが盛り込まれて分かり易く仕上げてあり私は映画の方が好きだと感じた。

映画が始まる前に司会者が「本当はSABU監督はここにいるはずだったのですが飛行機が遅れていて・・・」と言っていたのだけど、映画が終わる5分前に到着したとのことで、監督と松田龍平くんが登場!
f0224632_733436.jpg

見に来ていた日本人が少なかったせいもありQ&Aの後にお二方にサインを頂き、龍平君には握手もしてもらっちゃった。
f0224632_7344224.jpg

あまりに華奢で柔らかい手にビックリ。
水仕事をしない人は男性でもこんなに柔らかい手なの?!と驚き、せめて私もハンドクリームをタップリ塗っておくんだったと焦った。 (^^;)

2本目は「ゴールデン・スランバー」
ミーハーな私は龍平くんにサイン&握手をしてもらいテンションがあがり、弟の翔太の方が好きで、彼も自分の映画で映画祭に来ると聞いていたのでそちらに行きたいと思いつつバタバタしているうちに逃してしまい、その後「ゴールデン・スランバー」で堺雅人さんが来ると知りその日に行きたい!とお友達にもし興味があれば、とお願いし、チケットを買ってもらい一緒に観に行った。
映画が始まる前に堺雅人さんと演出家、プロデューサーの方が一緒に会場に入り舞台挨拶。
来れなかった監督からはビデオメッセージがあり、「残念ながら次の撮影に入っていて行けません。ベルリン映画祭の事を知っていれば撮影を入れなかったのですが・・・来年からは2月の予定を空けておくのでまた是非呼んでください!」なんて宣伝をされていた。
映画はずっとハラハラドキドキしっぱなしで面白く釘付け。
最後は主人公を思うとやりきれない気持ちにもなるけれどほろりともさせてくれて楽しい娯楽映画だった。
原作を読んだお友達は「有り得ない話でつまらない」との事だったけれど、活字だけだと確かにそうかなぁとも思った。
私達のすぐ後ろに座って一緒に映画鑑賞されいたお三方は映画の後再び舞台に現れQ&Aコーナー。
f0224632_735584.jpg

とても珍しい事に会場からの質問がゼロ。映画上映中や後の観客の反応は良かったのにどうしてだろう?はるばる日本からみえたのになんだかかわいそうだった。
日本人がたくさん来ていたので映画の後堺さんは大勢の人に囲まれ、サインは無理かなぁと思ったけれど何とかもらえてめっちゃ嬉しかった◎
f0224632_738172.jpg

「新撰組」のファンらしく、新撰組のはっぴらしき物を着たドイツ人男性は背中にサインを貰っていた。
堺さんも嬉しかっただろうし、もらった人にとっても宝物になっただろうなぁ。
f0224632_737769.jpg


最後は山田洋次監督の「おとうと」 。
f0224632_7393646.jpg

ボスの奥さまにチケットを譲って頂き観に行ける事に。
いっぱい笑えて泣けて、本当に良い映画だった。会場も大勢の人が泣いていた。
私達の前に座っていたドイツ人男性も「大丈夫?」というくらい笑い転げて最後には泣きまくっていて、「そんなに楽しめて良かったね~」という感じだった。
ただ観る前に、お友達の1人が「吉永小百合は演技がくさくて嫌い」と言っていて、そんな事を言う人初めて聞いた!と驚いたけれど観てみてなんとなく納得。
なんだか何もかもが綺麗過ぎて現実味がないというか・・・
それでも良い映画だったと思うし、残念ながら監督も俳優さんも現れなかったけれど大満足というくらい楽しめた◎
[PR]
by tantan_quelle | 2010-02-25 15:00 | イベント | Comments(0)
お友達がおうちで納豆を作ったとの事。
私も納豆が大好きで、日本では安い納豆もこちらでは3-4倍の値段のちょっとした高級珍味なので毎日食べる訳ではなく、うちで作ったら毎日食べれるなぁと思ったこともある。
以前聞いた話ではまずは納豆菌を日本から仕入れなくてはならないとの事だったので、次に一時帰国したらスーツケースに入れて持ち帰ろうかな、なんて思っていたのにすっかり忘れていた。
「納豆菌を持っているの?」と聞いてみたら、市販の納豆を種にして作ることができるとか!それならできる!
暖房を使うこの時期、発酵させるには最適だし、変わった物やゲテモノが大好きなのに納豆だけは大嫌いなぺーさんがいないので納豆を作るにはもってこいの状況!
私もトライしてみようかな?

ということで、納豆をごちそうして頂けるとの事でお呼ばれ♪
普通に納豆ご飯かなぁ、と思いきや、「納豆とお豆腐、きのこのお味噌汁」に、「ルッコラにお豆腐と納豆を載せたサラダ」、
f0224632_7281159.jpg

「納豆入り出汁巻き卵」
f0224632_729741.jpg

そして「納豆の洋風掻揚げ」
f0224632_7295713.jpg

と納豆づくし!
f0224632_727984.jpg

しかもご飯は炊きたてほくほくのコシヒカリ!
もうどれもこれも美味しくてご飯が進み、大興奮&大感激◎
納豆の掻揚げはトマトやチーズが入れてあり、衣を伸ばすのに豆乳を使ったとか。まさに大豆づくし!トマトを掻揚げに?と思ったけれど、熱々のトマトは甘酸っぱくて美味しくてこれがご飯とも合う!もう、えみちゃん天才!
こんな素晴らしいお料理を食べさせてくれて大感謝!

自家製納豆はとっても美味しかったのだけれど、強いて強いて言えば、市販の納豆より匂いや粘りが少ない気がした。
私が着いた時にはお料理はほぼできあがり状態だったので、粘りに関しては最初にグルグルかき混ぜたらもっとネバネバするのでは?という気がしなくもない。
匂いも少ないけれど納豆の匂いはもちろんしている。濃厚な納豆が好きな私には若干物足りない気がしなくもないけれど、あのくらいなら逆に納豆嫌いのPeterさんでも食べられるかも?!
ぜ~んぜん使っていないぺーさんの実家から持ってきた小さな圧力鍋に活躍の場を与えてあげる、という意味でもトライしてみようかな。(^_-)
[PR]
by tantan_quelle | 2010-02-20 20:00 | パーティ | Comments(0)
土曜日はご近所の静子さん&Peterさんのおうちにお招きに預かった。
新年会をしましょう!と言ってくださっていたけれどなかなかスケジュールが合わず土曜日にやっと実現。
今年は翌日の2月14日が旧正月なので、偶然にも大晦日のカウントダウン・ディナーとなった◎
明美さんご夫妻やEvaさん、そしてぺーさんと私の7人でワイワイとお鍋を囲みましょうと誘って頂いた。

まずはいつも通りリビングルームでウェルカム・ドリンクで乾杯!
この日はピンクのシャンパンを明けてくださった。甘くて飲み易く、アルコールがダメなもついつい飲んでしまい、私より更に早いスピードで飲んでいたぺーさんに慌ててグラスを交換されてしまった。

そしてダイニングルームに移動し、テーブルにつくと前菜として茶碗蒸しとかわいらしい小さな握り寿司が出てきた。
f0224632_7192320.jpg

静子さんの茶碗蒸しはいつもすが全くたっておらず上品なお味で美味しい!
そしてお寿司も小さく種類があるのが嬉しい! 鯛には梅肉が載せてありお醤油ナシで頂いた。こんな食べ方初めて!
実はこの日もう1人ゲストが増えるかも?という事で茶碗蒸しとお寿司ももう1人分用意してあり、ゲストが増えなかったのでお寿司をもう1つずつどうぞ、と来て、最初にお皿を貰ったぺーさんは鯛を選んでいた。梅肉と鯛の組み合わせが気に入ったみたい。 (^o^)

そしてメインはどど~んとあんこう鍋。
f0224632_720269.jpg

f0224632_7222236.jpg

プリプリのあんこうがいっぱいで、その他エリンギやシメジやえのきも普段見たことが無い位新鮮で香りも良くて美味しかった!
日本では普通に買えていたこれらのきのこもこちらではアジアショップや特別な食材店でないと手に入らないし、しかもしおれてしまっている事もしばしば。なので新鮮なきのこ類にも大興奮だった♪
しかもお出汁は静子さんの特製でこれがなんとも言えず美味しい!
静子さんもレシピがある訳ではなく適当に作ったので全く同じ物は二度と作れない、とおっしゃっていたけれど、大体の材料は教えてもらえたので今度マネしてみよう♪
f0224632_7211927.jpg

ぺーさんはこのうどんすき用のお鍋にもかなり惹かれたらしく、興味津々だった◎

食べきれないと思っていたお鍋をほぼ完食し、お腹がはちきれそうなのに炊飯器がピピっと鳴り、「〆にご飯を食べるでしょ?」と言われたけれどとてもとても無理。
ぺーさんはお鍋の特製出汁が美味しいのでこれでねこまんまにする、と少しご飯を貰うと、付け合せに「からし明太子高菜」なんて物まで出てきて、これがぺーさんの味覚にドンピシャ!熱々ご飯に載せても美味しいし、チャーハンにしてもラーメンに載せても美味しそうだし、お握りにも良さそう!お取り寄せできないかなぁ?

食後に美味しい羊羹まで頂き、おしゃべりも弾み気付けば24時を過ぎていて、無事に楽しく年を越し家路に着いた。
今年も美味しい物をいっぱい食べて楽しく過ごせる良い年になりますように!(^_-)
[PR]
by tantan_quelle | 2010-02-17 05:55 | パーティ | Comments(0)

Zufälle (広がる輪◎)

先週の日曜日、午前中にあずささんちの近くに用事がありお出掛け。
その後彼女のおうちでお昼をご馳走になった。
彼女のおうちには以前から飼っているセキセイインコのラッキーちゃんの他に、突然迷い込んできたオカメインコのキンちゃんの2羽がいる。
ラッキーちゃんには何度か会っているけれどキンちゃんは今回が初めて。
すぐに私の頭にも下りてきてくれたけど、わっさ~っと羽音を立ててくるのでかなりビックリ!オカメインコってこんなに大きい鳥なんだと驚いた。
以前知人が鳥が一羽だったのでかわいそうともう一羽連れてくると縄張り争いの大喧嘩が数日続いて大変だった、と聞いた事があったけれど、ラッキーちゃんとキンちゃんは最初から仲良しらしい。
私達が話す言葉を覚えるのが上手なラッキーちゃんは「キ~ンちゃん!」なんて事も言えるようになっていた。
ご飯の後あずささんがピアノを弾いてくれると、それにあわせてノリノリの2羽。
キンちゃんなんてピアノに合わせて声を張り上げて歌っていてかわいかった◎
f0224632_79353.jpg


流石に2羽は大変なので、キンちゃんは他のおうちへ行くらしい。もう飼い手も見つかり人安心だけれど、賑やかなキンちゃんが居なくなると寂しくなるんだろうなぁ。

**************************

夜はEvaさんのコンサートにボスの奥様と一緒に行った。
f0224632_7104722.jpg

コンサートの後楽屋へご挨拶に行くと、たまたま第一バイオリンを弾いてられた日本人女性に会い、「今日は他にも日本人は何人かいらっしゃったんですか?」と尋ねると「今日は少なくて、後チェロに1人」とのこと。それを聞いたボスの奥様が「お名前は?」と聞かれ、それがなんとお母さま同士がお友達でBerlinに来てからずっと会いたいと思っていた方だったとか!
偶然にも念願の出会いが!
又、同じくEvaさんの演奏を聴きにきてられたEvaさんのお友達の日本人女性とお話しするとうちのご近所さんだと分かり、しかも期間限定でお茶教室を開かれるとの事。
折角ご近所だし週末なので私も参加させてもらうことにした。
まだ足が治っておらず正座ができないので恥ずかしいけれどなんだか楽しみだわ♪
[PR]
by tantan_quelle | 2010-02-12 16:30 | イベント | Comments(0)
「一人暮らしになっちゃった~!」と言いまわっていたら、ありがたいことに寂しがる暇がないくらいいろんな人にお誘い頂いている。

今週も毎日予定がビッシリ。
足がまだ完治していないので本当はあまり歩いてはいけないので会社の人にも途中の駅までだけど送り迎えしてもらっているのに、その後雪道をお出掛けしているなんて言えない!
最近また雪が降り足元が良くないので来週はちょっとセーブしておとなしくおうちに居た方がいいかも… (>_<)

火曜日はお友達からダンナさんに接待が入ったのでとデートのお誘いを頂き、女性2人だしちょっとおシャレな所へ行ってみようとネットで探してくれたフレンチへ。
レストランの名前が「La Cocotte」で、その名の通り殆ど全てがココット料理。
前菜には私はエスカルゴ、お友達はフォアグラに卵を落としたココット料理。
エスカルゴのソースはオリーブオイルとにんにくがきいていて、添えられていたバケットが進む、進む!
f0224632_6593980.jpg


メインは私は牛肉のハーブ煮込みで彼女は豚肉のトマト煮込み。
f0224632_705426.jpg

f0224632_71323.jpg

どちらも鉄のココットでしっかり煮てあり、お肉がすっごく柔らかくて美味しかった。
そんなに大きくないココット料理だし、なんて思ったけれどかなりボリュームがあり、バケットを食べ過ぎたせいもありすご~く美味しかったのに2人ともメインを半分近くの残してしまった。
勿体無いし鞄に入っているお弁当箱にとろとろに煮込んであるお肉を入れたい衝動にかられたけどさすがに見つかると恥ずかしいので止めておいた。 (^^;)
デザートにはウェイターさんお勧めのベルリンで一番美味しいクレーム・ブリュレ。
ベルリンで一番かどうかはともかく生地に生クリームがタップリ使われていて、他とは違う美味しさだった。
f0224632_724948.jpg

女同士で美味しい物を食べおしゃべりしているとあっという間に時間は過ぎ、ふと時計を見ると23時をとっくに過ぎていてビックリ!
なんと彼女のダンナさんの接待は21時には既に終わっていたらしい。

*****************************

水曜日はオペラ歌手のあずささんとビオラ奏者のEvaさんに誘ってもらいJazzライブへ。
前々から引き合わせたいと思っていた2人から同じライブに誘われてビックリ!
水曜日辺りで中休みをしてまっすぐうちに帰ろうとか思っていたけれど、そんな偶然とあっては行かないわけには行かない!
ライブには日本人のバス奏者がいて、演奏前に彼と話したEvaさんは彼をいたく気に入り、ステージで彼の名前が呼ばれると「ばんざ~い、ばんざ~い!」と叫んでいた。Evaさんは久しぶりにお会いしたけど相変わらずかわいくて面白い!
この日もとっても楽しい夜だった◎
[PR]
by tantan_quelle | 2010-02-05 15:50 | 外食 | Comments(2)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle