カテゴリ:旅行( 102 )

9月28日(水) 日本

母の姉で神戸に住む伯母は子どもの頃は夏休みは毎年泊まりに行きかわいがってもらった大好きな伯母です。
その伯母が去年突然癌だと宣告され、それもステージ4だと言われ愕然としました。
その後癌治療専門の病院に入ることができ詳しく調べて貰いステージ3と言われましたがそれでも危険な状態には変わりなく、手術ができないので放射線治療をするとのことでした。
一刻も早く会いに帰国したかったのですが私も家庭の事情があったり、伯母の配偶者である伯父しかお見舞いに入れない病院だったこともあったりで帰りそびれていましたが、なんと今年に入って奇跡が起き癌が完治したとの知らせをもらいました。

帰国してすぐに伯母に会いに行きたかったのですが、癌が治った安堵もあり、私の体調不良もあり、うちの両親のスケジュールのこともあり、なかなか会いに行けずにいましたがやっと28日に1泊で神戸に行くことになりました。
27日は伯母の誕生日だったので誕生日の後祝いもできるし、28日にペーさんが関空に着く予定だったので彼にもそのまま宿に来てもらい合流することができるしでとても良いタイミングとなりました☆

宿泊先は伯母のうちから車で10分程の有馬温泉に。
宿泊はうちの両親と私達で大人4名、幼児1名ですが、伯母夫婦も食事に来てもらうことにし食事は大人6名でお願いし、伯母の体調も私の体調も心配だったので部屋食をお願いしたところ、10畳と15畳の2間続きのお部屋を用意してもらえることに!
台風の影響であいにくのお天気でしたがとても眺めの良いお部屋でした。
f0224632_145964.jpg

食事の前にまずは最上階の展望風呂へ。
広々としたお風呂で露天もあり、お風呂からの眺めもとても良く気持ち良かったです。
f0224632_1459976.jpg

お部屋に戻るとお食事の用意ができていました。
誕生日と快気祝いと言ってあったので、「祝」と書かれたお膳掛けが掛けてあり、お箸も祝箸でした。
f0224632_145963.jpg

用意されていた前菜で特に素晴らしかったのが秋のお皿!
お芋で銀杏を、大根でうさぎを、人参で紅葉を、お蕎麦で松葉を作ってあり、お米も油で揚げてはじかせて食べられるようになっていました。
銀杏の実や栗の甘露煮も美味しかったです。
f0224632_1459814.jpg

炊き立てお赤飯も付けてありました。
炊き立てほこほこもちもちの美味しいお赤飯はリュウも1人分ペロリと食べました。
しかも、伯母と私はお刺身がドクター・ストップなのに気付きチェックイン後お部屋から電話してその旨を伝えたのですが、そんな直前の申告にもかかわらず2名分お刺身盛り合わせを茹で海老に変えて下さいました。
海老好きのリュウは大きな海老を伯母と私から1匹ずつ貰いました。
f0224632_1459526.jpg

酸っぱい物好きのリュウはもずく酢も好物で、3人分ペロリ。
飲み物の様にもずく酢を飲んでいました。
f0224632_1459799.jpg

どのお食事もとても美味しく、最後までしっかり平らげました。
f0224632_1459618.jpg

食事の後はリュウが伯母にお誕生日の歌のプレゼント♪
f0224632_1459829.jpg

↑お部屋係の方がリュウ用に小さな浴衣を持って来てくださって、みんなで「似合う♡」と散々おだてたのに袖が気になったり裾がはだけたりするのが嫌ですぐに脱いでしまいました。(^^;)

食事を済ませ伯母夫婦が帰った後、リュウはチェックイン後すぐに目ざとく見つけたガチャコロのあるホテル内のゲームセンターにじぃじに連れて行ってもらうことに。
「1回だけよ」と約束させ行かせたのに全然戻って来ないので見に行くと太っ腹のじぃじがゲーム用のお小遣いをリュウにくれたのでペーさんとバイキンマンのモグラたたき対決を。
3段階のレベルがありリュウは1番簡単、ペーさんは1番難しいレベルにしましたがナント結果はリュウの勝ち☆
f0224632_145984.jpg

ゲームセンターの後は男女に別れそれぞれ地下のお風呂へ直行♪
地下といっても建物が山肌に建っているので竹林が見られる露天風呂があり、しかもその内の1つは豪華に薔薇の花をたくさん浮かべたローズ風呂でした!
内風呂も大きな木の梁が巡らせてあり気持ち良かったですが、「やはり展望風呂が良かったね」母と私はもう一度展望風呂へ♨
私は翌朝も食事の前に展望風呂を堪能しました◎
f0224632_1459988.jpg

リュウは寝る時に天井を見上げ「このお部屋、広くていいね♪」と言い、帰る時も「またホテルに泊まりたいね♪」と言っていました。
伯母夫婦と奇跡の様な良き日を迎えられ本当に本当に良かったです。


気の利いたサービスをしてくださるお宿って素晴らしい☆と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-10-07 15:00 | 旅行 | Comments(6)
誕生日のお祝いをReichstagの上でしてもらった後、丁度アジアからベルリンに来ていたペーさんのドイツ人の友人と合流しドレスデン郊外にあるRobertの山の別荘へ行ってきました。
5月にカナダ在中のドイツ人の友人が来た際にもここに集合して4日間過ごしたので今年2度目です。
カナダ在住の友達も今回の友達もRobertも共通点は中国つながりです。

この日は街は38度まで気温の上がった猛暑日で、山の上に来ると一気に気温が28度位まで下がりましたがそれでも暑い!
荷物をお部屋に運ぶと男性陣は汗を流しに裏庭から小川へ。
リュウも別荘の入口に置いてあったバトミントンのラケットを手に追いかけました。
f0224632_983958.jpg

とても綺麗な小川で、水辺は空気もひんやり気持ち良かったです。
f0224632_984222.jpg

小川に着くと男性陣は全裸になり川へ。目のやり場に困ってしまいました。
リュウは「うわ~!」「冷たーい!!」と奇声を発しながら川に入るペーさん達を笑いながら見ていましたが、彼らが水温に慣れて川に浸かっていると、「ジャンプ―!(飛び込んで!(」と指示し、ペーさんの友達が川面に石を投げるのを見て喜び「もっと石ー!大きい石ー!」とラケットを振り回して支持をしまくる隊長に!
f0224632_983976.jpg

リュウに付き合って割と長く川の中に居た男性達は体がすっかりクールダウンし、川に入らず汗をかき続ける私と対象に長袖シャツを着た程です。
f0224632_983910.jpg

男性陣は翌日も翌々日も朝起きるとシャワーの代わりに川へ。
さすがに私とリュウは中で温かいシャワーを浴びさせてもらいましたが、私も2度川へ入りました。
(ペーさんもハイキングに行った後は石鹸で体を洗いたいと中でシャワーを浴びていました。)
f0224632_984174.jpg

最初はヒヤッと冷たいのですが、しばらくするととても気持ち良く清められる気がしました。

男性陣が川から家に向かうと、リュウはお気に入りのブランコへまっしぐら♪
f0224632_984095.jpg

このブランコには滞在中もちろん毎日乗りました◎
f0224632_984034.jpg

相変わらず公園のブランコはあまり好きではなさそうですが、ここのブランコは大好きです。
f0224632_984382.jpg


Robertの山のおうちには子ども用の乗り物やオモチャがいろいろあり、広いお庭で遊べるのでリュウにとって最高の場所です。
f0224632_984311.jpg

去年Robertが芝刈りをした草を運ぶのを手伝ったのを覚えているのか(?!)、「草はどこ?草を運びたい。」と言いながら手押し車に草の代わりのボールを乗せて運んでいました。
f0224632_984115.jpg


お庭の一角にあるお花やハーブ、野菜を植えたエリアに水遣りを。
お水遊びが好きなリュウはじょうろで何度も水遣りをさせてもらっていましたが、一度ホースを使っての水遣りをさせてもらい大喜び♪
f0224632_984141.jpg

大自然と自然の恵みを満喫した3日間でした◎

翌日のハイキングのことなどまたアップしたいと思います。


全裸で川で水浴びなんてワイルドね!と思われた方、応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-15 23:30 | 旅行 | Comments(6)
ランゲオーグでの滞在はペーさんパパ&ママが毎年同じ貸しアパートに滞在しているので、私達も同じ建物の少し広いアパートを借りました。
洋服ダンスやクローゼットのある寝室と、
f0224632_20414116.jpg

2段ベッドのある子ども用の寝室があります。写真には写っていませんが、ベッドと反対側の壁には子ども部屋にピッタリなかわいらしい絵が飾ってありました。
f0224632_2041412.jpg

キッチンと一応別れた形でダイニング兼リビングルームがあります。
リュウはまだ1人で寝られないので子ども部屋は要らないのですが、寝室が1つのタイプはリビングルームの中にキッチンがあるという感じでとても狭いのでファミリータイプのこちらのお部屋にしました。
f0224632_20414299.jpg

3年前にはリュウがいなかったので私達も小さなタイプでも良かったのですが空いておらず3年前も同じお部屋でした。

大家さんが用意してくれているのか滞在した人が置いていくのかリビングルームの棚には本やボードゲームやオモチャなどがありました。
リュウは電車などのオモチャでよく遊んでいましたが、特に気に入ったのは柔らかいワンちゃん。
f0224632_20414322.jpg

リュウが「ママ、ワンワンのお名前何ですか?」と聞くので見てみると、首に巻いているエプロンにLuzieと書いてありました。
ご飯を食べる時はルッツィにも分けてあげます◎
f0224632_20414298.jpg

うちでみんなで夕飯を食べた日、食事の後にヤコブくんと遊びつつもルッツィは足の間にキープ♡
f0224632_20414280.jpg

お出掛けの際に「ルッツィも一緒に行きたいって♡ 」と連れて出掛けたことも。
f0224632_20414465.jpg

ベルリンでも子ども用のショッピングカートがあるという理由でリュウお気に入りのドラッグストアーへ行った際には得意気にルッツィをカートに入れて押していました。
f0224632_20414418.jpg

ランゲオーグのショッピングストリートは小さいので、リュウはどこに乗れる車やヘリコプターがあるか覚えていて走って行ってしまいます。
お金は一度も入れていませんが乗るだけで嬉しいのにこの日はルッツィも一緒なので楽しさ倍増♪
f0224632_20443062.jpg

そのうち「お船に乗って~、バスに乗って~、それからICEに乗って~」とベルリンへの帰り方をルッツィに説明し始めたので、仕方がないと大家さんにルッツィを譲って欲しいとお願いするとかわりのぬいぐるみを買って置いておけば良いとのことで、羊のぬいぐるみと交換でうちに連れて帰ってきました。
f0224632_20443316.jpg

写真はありませんが、帰りの電車の中ではルッツィと一緒に外を見ながらリュウがお兄さん風を吹かせて「あそこに牛さんがいるよ」「こっちは○○だよ」とず~っと説明していたのがかわいらしかったです。

以来ルッツィはリュウの一番の仲良しで、うちでも良く一緒に遊び、毎日一緒に寝ています。
早くルッツィと2人だけで私が添い寝しなくてもなられるようになると良いなぁ☆

ルッツィと2人だけで寝られるようになるとイイね!と応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-07-01 23:55 | 旅行 | Comments(10)
島をぐるりと自転車で周った後、食事の時間まで2時間半ほどあったので急いでアパートに戻り水着やタオルを持ってプールへ。
海水の温水プールがあり、波のプールや流れるプール、ジャグジーなどもあります。
f0224632_9195881.jpg

丁度食事時間の少し前だったからかベビー用のプールはほぼ貸切でした。
f0224632_9195952.jpg

リュウは大好きな滑り台を何回も滑り、ぺーさんと一緒に波のプールにある大きな大きな滑り台も何度か滑りました♪
f0224632_9195947.jpg

そうこうしていると食事の時間になり大慌てで着替えました。
f0224632_920090.jpg

↑ぺーさんのゴーグルを「メガネ~♪」と喜んで首からぶら下げるリュウ。

この日は丘の上の海が見渡せるレストランを予約してありました。
f0224632_920126.jpg

子どもは年齢プラス1ユーロで子どもブッフェがあるとのことで、ヤコブくんとリュウはこどもブッフェに。
f0224632_920277.jpg

パスタにソースはトマトかミートソース、フライドポテトにフライドフィッシュ、野菜スティックとフルーツサラダ、そしてアイスといかにも子ども向きな単純なメニューでしたがリュウはたったの3ユーロでたくさんお替りをして申し訳ないくらいでした。
f0224632_920320.jpg

私はまたもやだけれど海鮮の盛り合わせ。
前回のフライと違い薄味ソテーだったので趣が違い楽しめました。
f0224632_920481.jpg

ペーさんは小海老のパスタ。
程好い塩加減で見た目以上に美味しく満足度の高いパスタでした☆
f0224632_920532.jpg

お肉を頼んだ人も衣がカリっとしていて美味しそうだったし、たっぷりのマッシュルームにもそそられました。
f0224632_920671.jpg

3年前にここを訪れた時は、食事中に窓の外にヘリコプターが現れ中洲での救出劇が繰り広げられましたが、この日は何も起こらず平和な風景でした。
f0224632_920792.jpg

(3年前の救出劇はこちら→

食後は浜辺をみんなでお散歩。
f0224632_920862.jpg

夜になりグッと気温が下がりペーさんパパとママは早目にアパートへ戻りましたが、寒さしらずのチビっ子達はちっとも帰りたがらず日が沈むまで遊びました。
f0224632_920995.jpg

この日はサイクリングで島を周ったりみんなで食事の後砂浜で遊んだり盛りだくさんだったのに、リュウにとってこの日のハイライトはプールだったそうです。
f0224632_9201016.jpg

リュウのリクエストに応えて翌日もプールへ行くと、この日は恐がった流れるプールやジャグジーに入りたがり連れて行くと大はしゃぎで喜んでいました。
f0224632_9201155.jpg

折角島(海辺)へ行ったのに今年はなかなか気温が上がらず5月末はまだ寒く、特に海辺は風が強くて寒くて「海辺での休暇」のイメージには程遠かったですが、それでもペーさんパパ&ママと一緒に良い休暇が過ごせました。
次回はもっと暖かい時にまた一緒に行けたらいいなぁ!

やっぱり海辺の休暇は暖かい方が良いよね!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-06-30 20:30 | 旅行 | Comments(7)
5月の最後の週に1週間ほど北海に浮かぶランゲオーグ(Laneoog)という島へ行ってきました。
ペーさんの両親は40年以上毎年この島へ休暇を過ごしに行っていて、ペーさんも子どもの頃は毎年休暇を過ごした島です。
私はリュウを妊娠中の2012年9月に1度行きました。
車が入れない島で、消防車やパトカー、スーパーなどの配送車など車は走っていますが基本的に電気自動車という島で、だからか島に滞在中はつわりの症状が治まっていました。
今回はぺーさんの両親の恒例の休暇にヤコブくん達も何日か合流すると言うのでうちも1週間ほど合流することにし、リュウも家族の伝統行事に初参加でした。

朝起きて、「ICE(ドイツの新幹線の様な物)に乗るよ」と言うと、1か月程前にワイマールの帰りにICEに乗ってオモチャを貰ったのを覚えていて、「何もらう?ICEのオモチャもらう?」と大興奮。
早朝出発だったのでまずはICEに乗って持参していたおにぎりで朝ごはん。
f0224632_18521185.jpg

食堂車でオモチャが貰えるのを知っているリュウはおにぎりより食堂車へ行きたくて「これが食べたいの」とメニューをチェック。
今回は長旅なので1等席にしたので、食堂車へ行かなくてもオーダーした物を席に持って来てくれます。
飲み物だけオーダーしたのですが、オモチャを持って来てくれました♪
f0224632_18521176.jpg

それも、前回とは違う形の車両でした~◎

途中で乗り換え別のICEに。
今度は6人掛けの個室でしたが、ラッキーなことに他の3席には誰も来ず貸切でした☆
f0224632_18521281.jpg

連休中なので混んでいると思ったのですが、1等席は平日出張者で埋まることが多いらしく休日は逆に空いているそうです。
のびのび座れるのでリュウにはここでお昼寝して欲しかったのですが興奮してまったく寝る気配はなし…
f0224632_18521217.jpg

ドイツは街を出るとどこものどかな草原がひろがり牛や馬が度々見られるので外の景色を楽しんでいました。

ICEの次はバスに乗って1時間程で港に到着です。
港からフェリーに乗って島へ出発~♪
f0224632_18521311.jpg

フェリーの先頭に子ども用の舵があり、順番を待ってリュウが舵を動かしている時に丁度フェリーが動き始めたのでリュウは「お船動いたよ~!りゅーくん、お船運転してるよ~!」と大喜び♪
f0224632_18521445.jpg

舵の横には靴を脱いで遊べる場所がありました。とても嬉しいサービスですが、波の大きい日本の船では無理でしょうね。
f0224632_18521591.jpg

甲板から空を眺めると、私達のフェリーと一緒にずっと飛んでいるカモメが。
f0224632_18521662.jpg

途中から船にとまって一緒に島へ向かいました。

島へ到着すると、今度はかわいらしい電動機関車に乗って島の中心へ向かいます。
f0224632_18521827.jpg

リュウは車両のつなぎ目にあるハンドルを見つけて「運転するよ~!」と張り切っていましたが、車両をつなぐハンドルなので回したら(リュウの力では回らないですが)大変です。(^^;)
f0224632_18521857.jpg


私達より少し早くに島に到着していたぺーさんパパ&ママが迎えに来てくれていて、リュウは「オパ~、オマ~♡ 」と大喜び。
f0224632_18521973.jpg

片道7時間の長旅でしたがトラブルなく無事に到着しました。

今年はなかなか気温が上がらず海辺は風が強く寒かったですが、それでも割とお天気に恵まれ良い休暇となりました。
島での様子はまた改めてアップします。


車の入れない島って良いね♪と思われた方、応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-06-20 19:00 | 旅行 | Comments(2)
最終日4日目の朝、いつものように外で皆で朝食を食べました。
その後各自荷造り。
Toby一家は私達より一足先に出発でした。
リュウもお兄ちゃん達とハグでお別れのご挨拶。
f0224632_1732570.jpg

私にとっては初めての人達でしたが皆とても温かい人達で、お別れの時にはうるっとしてしまいました。
またいつか遠くない将来に会えるといいなぁ。

私達もお世話になったRobertにご挨拶をして出発。
Robertおススメのチェコの絶景スポットに寄って帰ることにしました。
Robertの山のおうちはドレスデン郊外ですが、山の反対側はチェコなので近い場所だと車で30分未満で到着します。
車か眺めたエルベ川沿いの風景も素敵でしたが、今回向かったのはエルベ川を見下ろす山(崖)の上。
f0224632_1732657.jpg

風が強くて寒かったですが眺めは美しく気持ち良かったです。
f0224632_17321081.jpg

見晴台は左右2か所。
f0224632_1732659.jpg

ホテルが1軒あり、その前が見晴台です。
f0224632_1732760.jpg

ホテルの1階にレストランがあり、そこで昼食を取ることにしました。
f0224632_1732102.jpg

見晴台の真ん前という思いっきり観光地なので高くて美味しくないのでは?とぺーさんに言いましたが、Robertが悪くなかったと言っていたらしいし、周りには他に何もないので入ってみることにしました。
ボヘミア料理(チェコの郷土料理)の項目からペーさんは豚肉の煮込みの蒸しパン添えを。
f0224632_17345640.jpg

私はジャガイモのパンケーキに豚肉の塩漬けを挟んだ物をオーダーしました。
f0224632_1732770.jpg

美味しくない上に観光地価格なのではと心配しつつ入ったレストランでしたがどちらも美味しくてビックリ!
ペーさんのお肉はとっても柔らかくソースも美味しかったし、添えてあったザワークラウトが甘酸っぱいと言う変わった味でしたがそれがまたもっと食べたくなる味でした。
私もパンケーキはややしょっぱ過ぎではありましたがこちらも予想以上に美味しく感激でした。
しかも価格はチェコの物価がドイツより安いからかホテル内のレストランなのにベルリンの普通のレストランより安いくらいで、味も価格大満足でした◎
ホテルの横にくるくる回る遊具があり、リュウは「メリーゴーランド♪」と喜んでいました。
f0224632_1732823.jpg

帰りが遅くなるのでベルリンにまっすぐ帰るか悩みつつ近いし折角だからと寄ってみましたが、寄り道して大正解でした☆
f0224632_17321081.jpg

この後スーパーによりチェコのお菓子やワインを買って帰りました♪

帰り道にもすごい風景があったので車を停めてパチリ。
f0224632_173211100.jpg

このすごい岩でロッククライミングをする人いるらしく、ロッククライミング用のロープが掛けてありました。

Robertの山のおうちもチェコもまた行きたいなぁ♪


夏にもまた山のおうちに行けるといいね!と応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-06-05 17:35 | 旅行 | Comments(6)

der übliche Weg (鱒と鮭)

前回の続きをすぐにアップするつもりだったのですが、できないまま又1週間ほど休暇に出掛けていました。
今回の旅行の事も書きたいのですが、その前にまだ前回の続きです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2日目は朝食の後、Tobyのお父さんとその家族5人が彼らを訪ねてやってきました。
子どもを含め総勢13名で裏山にハイキング。
私はRobertの山のうちを訪れたのは3回目でしたが、3回とも登っている山でリュウも2回目でした。
元気にどんどん先をゆくお兄ちゃん達に続け!とリュウも頑張りました。
f0224632_945421.jpg

↑注:「わ~い♪」と喜んでいるように見えますが、実際は「だっこ~!」です。
途中何度かこの「だっこ~!」が出ましたが、かわして励ましてリュウと一緒でもRobertの山のうちから登山道の入口までの徒歩を含めても45分ほどで登れて驚きました。
f0224632_945630.jpg

岩のトンネルを抜け見晴台へ。
f0224632_945469.jpg

今回は「天国のはしご」と命名された細い階段に初挑戦。
f0224632_9545599.jpg

さすがにリュウは落ちると恐いので去年ここを訪れた時以来の久々の抱っこ紐登場でした。
最初は余裕だったのですが、上に上がるにつれて両側の岩が遠くなり岩と階段の間の隙間が大きくなり足が震えてしまいました。
登りきると絶景スポットです。
f0224632_945553.jpg

しばらく景色を楽しんだ後、山小屋レストランで軽い昼食を取り下山しました。
帰りは行とは別のルートで帰ることに。
f0224632_945731.jpg

急な階段が続きましたが、お兄ちゃん達はへっちゃらでどんどん降りてゆきました。
お兄ちゃん達もすごかったですが、Tobyの奥さんのお母さん(72歳)がこのコースを皆と足並みを揃えてこなされているのに驚きました。
f0224632_945356.jpg

下り坂はリュウもお兄ちゃん達に負けじと走る走る!
コケるのではと冷や冷やしましたが、無事にコケずに無傷で帰れました☆

山のうちに戻ってしばし休憩タイム♪
f0224632_945378.jpg


夜はRobertおススメの近くのレストランへ。
ぺーさんは牛肉のグラーシュを。
蒸しパンが添えられているのがチェコっぽいですが、山の反対側はチェコなので食文化も似ているのだと思います。
f0224632_945267.jpg

私は鱒をオーダーしました。
ハイキングの帰りにも川で鱒が泳いでるのを見たのですが、新鮮な地元の鱒だそうです。
ガーリックとディルがたっぷりで絶品でした◎
f0224632_945336.jpg

こちらのレストランはなんと映画『愛を読む人』の撮影でケイト・ウィンスレットが訪れたそうです。
レストランそのものを撮影に使ったのか、撮影の合間に彼女が食事に来たのか聞きそびれたのですが、ザクセンスイスの風景が見られる映画自体見てみたくなりました。

山のうちに戻ると、用事があり一緒にレストランへ行けなかったRobertがお庭で夕食。
夕食のお供のサーモンは、なんとTobyがカナダで自分で釣り自分でスモークにして真空パックにして持って来た物です。
f0224632_94547.jpg

私も味見させてもらいましたがジューシーで燻製の加減も程好く美味しかったです。
我が家にも1パック頂きました!カナダからのすごいお土産にビックリです☆

~3日目に続く~


頑張ったリュウに応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-05-31 08:00 | 旅行 | Comments(6)
1つ前のアップの続きです。

ゲーテ·ハウスを見学した後はそれぞれ自由行動で、私達はヤコブくんとヤコブくんのママと馬車に乗って市内観光をした後、この地方の名物チューリンガーソーセージを食べました。
f0224632_1682958.jpg

宿に向かう途中に地元のスイーツを売るお店を見つけ、ケーキをたくさん買って帰り皆に宿に集合するように連絡し、みんなでお茶タイム♪
f0224632_168309.jpg

しばし休憩した後はみんなでお散歩に出かけました。

ワイマールの町中にあるイルム川の流れる大きな公園へ行きました。
お花のたくさん咲くとても良い季節でした。
f0224632_1683270.jpg

リュウは公園に着いてすぐにベビーカーの中で寝てしまい、起きていたらきっと大喜びだったと思うので残念でしたがその分私達はゆっくりとおしゃべりをしながら散歩を楽しめました。
f0224632_1683348.jpg

写真を撮り損ねましたが、公園内にはゲーテがゲーテ·ハウスに移り住むまで住んでいたガーデン·ハウスもありました。そしてなんと、城跡や塔の残るこちらの公園はゲーテのデザインだとか!ゲーテの多才振りにここでもビックリ!
f0224632_168247.jpg

広い広い公園を歩き、お城に出ました。
f0224632_1682469.jpg

通りを挟んで向かいのお城が見えるカフェに休憩しようと入ることにしたのですが、皆ランチはソーセージを食べたくらいでお腹がすいていたので早目の夕食を取ることにしました。

たまたま入ったお店でしたが、食事は美味しくてここにして正解☆
私はザワークラウと入りのリゾットが珍しかったしリュウがライスを食べたいと言うしでオーダーしたのですがと~ても美味しかったです。
f0224632_1682412.jpg

ライスは程好くアルデンテで、そこに丁度良い量のザワークラウとが入っていて酸味が良い感じ◎ 上にのっていたキノコのフリッターも美味しくてリュウもたくさん食べました。
f0224632_1682676.jpg

しかも敷地内に遊び場まであり、リュウは大喜びでお砂遊びをしていました♪

☆☆☆☆☆

ワイマールの街はあちこちに水場あり、お水遊びが大好きなリュウは見つける度に水を触りたがりました。
f0224632_1682732.jpg

たまに水の出がとても勢い良い所があり水が顔に掛かって大喜び♪
f0224632_1682416.jpg

残念ながら「飲み水ではありません」と書いてありましたが、飲めれば良いのになぁ。
スイスではこういう所は全て飲み水で夏はとても助かりました。
北ドイツのどこかの街でも街中に水飲み場を作ったところ肥満が減ったとのニュースがありました。
飲料を買う際に、みんなどうせ買うならお水より味の付いたもの、と砂糖の入った清涼飲料水を買いがちなんだそうです。
f0224632_1682834.jpg

ワイマールは観光地で、カフェも多いから街中の湧き水を飲料水としない大人の事情があるのかなぁとも思ってしまいましたがどうでしょう?

☆☆☆☆☆

結婚から4年経ってのお祝い旅行でしたが、リュウが増え、おチビ達も行くならと当初の予定と違ってペーさんパパ&ママもお兄さん達が招待してくれ、大人数でワイワイと行け良かったです。
ペーさんの両親にとっては3人の息子たちとその家族と旅行ができとても喜んでもらえたし、私達にとってもお兄さん夫婦とだけの大人旅行より楽しかったと思います。
こんな旅行を企画してくれたお義兄さんとお嫁さん達に感謝です。


お料理の向こうに見える鉄の急須が気になった方、応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-05-10 23:55 | 旅行 | Comments(8)
私達が2011年に結婚した際にお兄さん達から「一緒にワイマールへ行こう」とご招待頂いていましたが、その年は7月に結婚し9月は日本へ行きあっという間に良い季節が終わり、翌年は妊娠と出産で旅行気分ではなく、リュウが生まれてからはバタバタしていてそのご招待旅行がやっと実現し、4月最後の週末に行ってきました。
元々はお兄さん2人と私達の3夫婦で行く予定でしたが、お兄さん達がペーさんパパ&ママも招待してくれ、そこにヤコブくんとリュウが加わり10人での旅行となりました。

ワイマールは小さいけれど歴史を感じさせるとても綺麗な街でした。
f0224632_8565764.jpg

ゲーテとシラーの住んだ街、バウハウスの街として有名だそうです。
f0224632_8565758.jpg

このとても大きく立派な建物は市庁舎です。時計の上にはマイセン製の白い陶器の鐘がたくさん。一日に何度か決まった時間に演奏があるそうです。
f0224632_8565629.jpg

着いた日の夜は地元料理が食べられるレストランへ。
ヤコブくんがオーダーした大きなチューリンガーソーセージを1本貰ったリュウ。
食べきれないだろうから残りを貰おうとぺーさんが楽しみにしていたのですが、なんと完食!そのせいかリュウは夜中に「のどが渇いた。お水飲みたい」と起きてお水をゴクゴク飲みました。(^^;)
f0224632_8565893.jpg

金曜日から2泊3日の旅行で、私達はペーさんが金曜日仕事を休みお昼に出発したけれど、ヤコブくんのパパは仕事を終えてから来たので到着が遅くなり直接レストランへ。
食事を終えて退屈する子ども達を連れてヤコブくんママと私が先に帰ることにしたのですが、方向音痴の私は道を間違え、リュウにこっそり日本語で「道を間違えちゃったわ。お泊りする所に帰れるかなぁ」と言いつつ道を戻り目印の広場に出るとリュウが「ママ、あった~!こっちよ~!良かった~♪」と教えてくれました。
f0224632_8565978.jpg

目印の広場に出て私も宿がどこか分かっていましたが、リュウが私のつぶやきを聞き心配してリュウなりに帰る道を探してくれていたようです。

翌日は朝食の後まずはゲーテが1782年から亡くなるまでの50年間を過ごしたゲーテハウスを訪れました。
お屋敷の前がフラウエンプラッツという広場で、街の中心地にある大邸宅でした。
f0224632_856599.jpg

アウグスト公からこのお屋敷を贈られ、お客さまを迎えるのにふさわしい入口などゲーテのアイディアで改築されたとか。
f0224632_8565929.jpg

ゲーテは建築の知識もあったのかと驚きました。
お客さまをもてなすお部屋もいくつかあり、その他当然書斎や書庫もある大邸宅でした。
f0224632_8565558.jpg

建物の裏手には広いお庭もあります。
現在芝生になっている部分は当時は野菜を育てていたそうです。今でもハーブなどを育てているエリアもあり、庭はゲーテにとっては植物学の研究の場だったとか。
f0224632_8565527.jpg

作家だけではなく政治家や法律家としても活躍したそうですが、その他自然科学(人体解剖学、植物学、地質学、光学 )の分野でも多くの研究をして著作を残しているそうです。
f0224632_856567.jpg

ゲーテハウスと併設された博物館を見てゲーテのマルチな才能にすっかり驚かされた後は、ゲーテハウス前の広場から馬車に乗って市内観光をしました。
f0224632_8565630.jpg

御者さんが建物などについて丁寧に解説をしてくれ興味深かったし、リュウも初めての馬車にとても喜んでいました。
f0224632_8565624.jpg

写真が多いので後編へと続きます。


ゲーテってすごい!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-05-07 23:50 | 旅行 | Comments(8)
4月最後の週末、2泊3日で旅行に行ってきました。
行先はベルリンから列車で約2時間の近場です。
ベルリンからの列車はICという特急列車でしたが、車両はICE(ドイツの新幹線のような物)とほぼ同じでした。
長距離列車は2年前に列車で国境越えしてプラハへ行きましたが、その時はまだ赤ちゃんだったし、車両はハンガリーかどこかの古い列車だったし、今回は「新幹線、カッコい~♪」と大喜び。
f0224632_1537266.jpg

行きも帰りも間にテーブルのある4人掛けの席の内3席を予約してありましたが、ラッキーなことに行きも帰りももう1席は空いたままで4人でのびのびでした☆
f0224632_15372779.jpg

リュウは新幹線に乗って旅行へ行くということ、現地ではオパ&オマ(ドイツのおじいちゃん&おばあちゃん)といとこのヤコブくんに会えるということで大はしゃぎ。
目的地に着くと「速く、速く~♪」とどんどん駆けてゆきました。
f0224632_15372781.jpg

初めて一丁前に自分のリュックサックを背負って行きました。
中身はリュウのオモチャとおやつ少々です。

帰りは本物の(!)ICEでした☆
行きにぺーさんがしたように「パパ、モグラさんの紙取って来て」とモグラのイラストの付いた時刻表でスケジュールチェックをするリュウ。
f0224632_15372747.jpg

この時期のドイツは街を出るとあちこち菜の花畑がいっぱいでとても綺麗です。
八重桜が咲いているのも見えました。
f0224632_15372887.jpg

↑ぶどう畑がみえる一帯がありましたが、この辺りはヨーロッパ最北端のワイナリーだそうです。
帰りの列車は本物の(笑)ICEだったので、食堂車でICE型のオモチャとぬり絵と色鉛筆のセットを貰ってきました♪
f0224632_15372830.jpg

2時間ちょっとなので行きは外を見たりお友達に借りた雑誌を見たりしているとすぐに着きました。
帰りはリュウは電車に慣れてしまったのかオモチャも貰ったのに座席だけでは飽き足らずあちこち歩きたがって困りましたが、それでも2時間なのでそんなに大変な思いをすることなく無事に帰れました。
f0224632_15372857.jpg

今月末はなんと片道6-7時間の列車の旅です。
リュウがおとなしく座ったりお昼寝してくれたりすると良いのですが、興奮してお昼寝はしないかも。飛行機よりは歩き回っても大丈夫なのでぺーさんに頑張ってもらおうと思います。(笑)


行先はどこだったの?と思われた方、後ほどまたアップしますので応援クリックを頂けると嬉しいです。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-05-05 17:30 | 旅行 | Comments(8)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle