カテゴリ:子育て( 115 )

ドイツでは幼稚園でも学校でも職場でも誕生日の人がケーキを持参して振る舞います。
リュウの幼稚園にも誕生日の子はケーキを持参するとのことで、誕生日当日は帰省で休み、その日の夜に戻って来るので翌日のケーキ持参は難しいと誕生日の翌々日に持って行かせて欲しいと予め先生にお願いしていました。

休み明けの誕生日翌日、幼稚園に行くのを嫌がるリュウに「先生に3歳になったよって言わないと」と言うと行く気になりやれやれ。
リュウのクラスのあるフロアーに着き、掲示板に自分の誕生日をお知らせする写真が貼ってあるのをすぐに見つけて大喜び♪
f0224632_2128387.jpg

(↑ドアップ&おでこが大きくて笑えます。^^;)
先生に会うとすぐに「Ich bin drei♪」(僕3歳だよ)と指を3本立てて見せていました。

ケーキはみんなに配り易いようにカップケーキにしようかと思ったのですが、人数を聞くと同じフロアーの子ども達みんなで祝うので44人と言われ唖然…
44人プラス先生分を入れると50個以上必要で、それを1つ1つ包装するなんて…と思っていると、先生が「普通に鉄板で焼いてきてくれればこちらで小さく切るので大丈夫です」とのこと。
普段私はパウンド型か丸型ばかりなのでドイツの大きな30㎝のパウンド型が2つあるので2本焼こうかとも思ったのですが、面積が大きい方が分け易いかとぺーさんが買っていた持ち運び用の蓋のある鉄板(40x26cm)で焼いてみることにしました。
厚みがないのでパウンドより少なくても良いかなぁとパウンド2本を3だとすると2の分量で作ってみると、かなりうすーいケーキになってしまいました。(汗)
生地は誕生日のケーキの反省点を改善し再度カボチャのケーキにし、種でリュウの名前と3を書きました。
f0224632_2128280.jpg

足りたかヒヤヒヤでしたが、リュウと同じフロアーの少し大きな子が私に「カボチャのケーキ、すっごく美味しかったよ」と言ってくれとても嬉しかったです♡
f0224632_2128231.jpg

リュウもお友達に歌を歌ってお祝いして貰いみんなに自分が持って行ったケーキを食べて貰い嬉しかったようです◎

幼稚園からもお祝いのケーキを貰いました。
f0224632_212849.jpg

カメ組にちなんでかカメのぬいぐるみも一緒でした。お誕生日の子が一晩連れて帰って良いカメとのことで、長年お誕生日の子のおうちをたくさん訪問したであろう年季の入ったカメさんでした。

この日はうちの近くに新しいオーガニック・スーパーがオープンしたと聞き、夏にうちの近くにオープンした別のオーガニック・スーパーは開店時3日間も全品10%オフでしかも景品の出る外れ無しクジやオーガニック・アイスの無料配布など太っ腹企画が盛りだくさんだったので早速リュウと行ってみました。
f0224632_2128336.jpg

残念ながら割引もクジもアイスの無料配布も何もなかったですが、他のオーガニック・スーパーにもある子ども用のショッピング・カートがありリュウ的には満足だったようです。
割引はなかったけれど折角行ったのでお買い物。
f0224632_2128396.jpg

レジで普段なら買わなければならないマチが大きくて丈夫そうなエコバッグを貰えたので行った甲斐はありました。
リュウはレジに飾ってあった旗を貰い大喜び♪
f0224632_2128319.jpg

カートを押して店内を回り、試食を貰い、旗も貰い、リュウにとっては楽しいイベントだったようです◎

幼稚園でお祝いをしてもらい、同じフロアーの大きな子達にも名前を覚えて貰い、幼稚園が楽しくなってきたようです。
今日は幼稚園で提灯祭りなので喜んで出掛けました♪
これからも楽しんで通ってくれるといいなぁ!


これをキッカケに幼稚園に楽しく通えるようになるといいね♪と応援クリックお願いします。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-11-11 23:00 | 子育て | Comments(10)
1つ前のアップでリュウが幼稚園デビューをしたことを書きましたが、幼稚園の写真を全く載せていなかったので、幼稚園の写真をアップしつつ幼稚園の様子をご紹介してみようと思います。

幼稚園ではリュウはカメ組になりました。
先生がリュウの紹介文を作って廊下の掲示板に貼ってくれました。
f0224632_181530100.jpg

(写真を1枚持って来て欲しいと言われ、ぺーさんが携帯で撮った写真を持って行きました。)

建物に入ってすぐにクラスごとの籠があり、そこから写真の付いた自分のカードを持って自分のクラスの更衣室に行き、そこにある籠にカードを入れます。
帰る時は同様に更衣室からカードを取って建物の出入り口にある籠に入れて帰ります。
f0224632_1815273.jpg

↑こちらの写真は園で撮ってくれていました。まだ園に通い始めて間もない頃の撮影だと思いますが、自然な笑顔で上手に撮ってくれていました◎

更衣室では上着を脱ぎ、靴を上履きに履き替えます。
汚れてしまった時の着替えの予備は園が用意してくれているハンガータイプの袋に入れてここに下げておきます。
f0224632_18152734.jpg

園児一人一人にマークがあり、マークで自分の場所を覚えるようになっています。
リュウのマークは雄鶏です。
f0224632_18153059.jpg

私物を入れる引き出し(今のところ入れる物がなくリュウの引き出しは空っぽです。他の子は園で描いた絵や、おうちから持ってきたお気に入りのオモチャをいれているようです。)にもこのマークがあり、トイレの手拭きもそれぞれマークのついたハンガーにぶら下がっていて自分の物がどれか分かるようになっています。

リュウは園に通い始めてすぐの頃にはいろんな物の場所や先生たちの名前をすぐに覚え、先生たちの名前を呼んで話し掛け、先生にも「記憶力が良くて園にもすごく馴染んでいます」なんて誉めてもらい順調だったので、「幼稚園に行きたくない!」と泣く日が来るなんて思っていませんでした…

この園に決めた理由の1つはお庭がとっても広いこと!
ちょっとした児童公園2つ3つ分余裕でありそうな広さです。
暑い日や寒い日、私が外遊びに付き合うのは辛いですが、園でしっかり外で遊ばせてくれるのはとても有難いです◎
f0224632_18152810.jpg

大分寒くなってきましたが、雨などお天気の悪い日以外はしっかり着込んで外で遊ばせてくれるようです。
天候や気温に関係なく毎日外で過ごすのをモットーにしている園もあるようですが、洋服が汚れて洗濯物が大変なことになりそうだし、無茶をして風邪を引かれても困るので私は今の園の度合いで丁度良いと思っています。
気温が10度を超え最近にしては暖かかった昨日は午前と午後の2回外で遊んだそうです。
f0224632_21322336.jpg

水遊びできる箇所も何カ所かあり、夏に見学に行った際は子ども達はパンツ一丁で水遊びをしていました。
外にレストランと呼ぶエリアがあり、お天気の良い日はそこでご飯をたべることもあるそうです♪
f0224632_18152844.jpg

クマの像があるのがベルリンらしく、子ども用のミニ・サッカー・グラウンドがあるのがドイツらしいです。

子ども用の駐輪場もあり、ストライダーや自転車、キックボード、三輪車などいろいろ停めてあります。
f0224632_18152874.jpg

(↑写真は一部です)
昨日はうちを出てしばらくするとリュウくらいの子がすごい速さでストライダーを漕いでいて、「速いねぇ」なんて見ていると、リュウは「りゅーくんもラウフラード(ストライダー)で行く」と言いだし、「今日はもう遅いからまた早く起きた日ね」と言ったのですが聞かず、園への道中も園に着いても大泣きで、泣いた理由は園に行きたくないではなくストライダーで行きたいですが、「おうちに取りに帰る」と行ってきかず園に着いてもなかなか建物に入ろうとせず困りました。
今までこんなに長い間泣き続けることはなかったのになぁ。
幼稚園に通うようになり、すぐに泣くようになりました。
小さい子がよく泣くのを見ているからか、泣いたら希望が通ると学んだのか(先生はたくさんの子どもを見ないといけないのでそんなに甘やかしてくれないと思いますが)、園で頑張っている分うちでは泣いて甘えたいのか、なぜだか分かりませんが困ったものです。

お昼ご飯は日本の園のように品数や食材の品目数の多い立派な献立ではなくシンプルな食事ですが、うちで食べないような物が出ることもありリュウは割と喜んで食べているようです。
f0224632_18195788.jpg

週に1度はお米がでることもあり、園で昼食を食べ始めて3日目に「今日はライスだよ」とリュウに言うと、リュウは「え、幼稚園にライスあるの⁈」と驚いていたので、2回食べただけで幼稚園の食事はうちの食事と違うと感じていたようです。(^^;)
ちなみに1日目の主食はジャガイモ、2日目はパンだったように思います。
その他パスタの日も週に1度はあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もうすぐリュウの3歳の誕生日です。
私の母はドラえもんの太鼓(リズムマシーン)を送ってくれたそうです。
誕生日の翌月のクリスマスにはサンタさんにリュウの希望の列車をお願いしようと思っているので、オモチャはいっぱいなので私達からは何か幼稚園で使うような実用的な物をあげたいと思っています。
…が、これといった物が浮かびません。
思いついたのはリュウの好きなキャラクターの付いた大きなブランケットです。
お昼寝の際のブランケットは各自持参ですがリュウは小さなひざ掛けブランケットを使っているので、一応体は入っているようですが薄いし大きな温かい物を買おうかなぁと。
f0224632_18152668.jpg

↑初めてお昼寝した日、寝付くのに1時間近く掛かったらしく迎えに行くと他の子達は起きてほかの部屋で遊んでいましたがリュウはまだ寝ていました。
他に何かあるかなぁ???

プレゼントのアイディアがあれば是非お願いします!!!

リュウ同様ドイツの幼稚園でもライスが出るのね!と驚かれた方、応援クリックお願いします。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-10-23 15:15 | 子育て | Comments(8)
10月3日でリュウは2歳11か月となりました。
f0224632_821044.jpg

9月8日(火)から幼稚園に通い始めました。
初日は担任の先生が案内してくれ園の中を見て回り先生とお話をしただけで、2日目と3日目は私も同じ部屋に居て、先生とリュウが一緒に30分ほど遊ぶだけであまりにもすぐに終わってしまい拍子抜けでした。
4日目に初めて「30分ほど外に出てください」と言われ、カフェで時間を潰し戻ると、リュウは遊びに夢中で「まだ帰りたくない」帰ろうとせず、先生に「ではお昼ご飯を食べるので1時間半後に迎えに来てください」と言われ昼食にトライ。
たくさんのお友達と一緒にお昼を食べられ楽しかったようです。
f0224632_8205988.jpg

幼稚園に通う前は「一人で行く(滞在する)の?行きたくない」と言っていましたが、通い始める直前には楽しみにするようになり、通い始めたらうちにないオモチャで遊んだり、広いお庭のある幼稚園なので外でたくさん遊んだりと楽しいらしく毎日喜んで通っていました。
f0224632_821079.jpg

3週目の月曜日、迎えに行くと震えているのでおかしいと思ったら熱が。
その日の午前中「ママの所へ行く。おうちへ帰りたい」と泣いたらしいので、多分午前中既に具合が悪くなっていたのだと思います。
最初は全てが新鮮で楽しくても慣れると園がつまらなくなるのはよくあることとらしいので、先生はリュウがそれで帰りたがったと思ったのか発熱には気付いていなかったので、リュウは具合が悪くてもうちで甘えるように「抱っこ」とも言えず、お昼を食べる時も「食べさせて」と言えず集団行動せねばならず辛かったと思います。
その後火曜から金曜まで休んだので休み癖がついてしまったのか、具合が悪いのに集団行動しなければならず「園=辛い所」と思ってしまったのか以来園に行くのを嫌がるようになり、特に熱が下がり通い始めた翌週の最初の3日間は私から離れたがらず、先生が抱っこしてくれると「ママ~!!!」と大泣き…
f0224632_821057.jpg

熱が出た日までは順調だったし、その日リュウのクラスのある3階でリュウと別れた後1階にある来客者用のお手洗いを使って外に出ようとすると、丁度リュウが階段を下りて来てきたので「先生が下りるように言ったの?」と聞くと「お庭に行くの。お姉ちゃんがカード(名前の書かれたカードを持って外に出る)を取ってくれたの。お手手をつないで階段に連れて来てくれたよ。すごくすごく優しかったよ!」と笑顔で教えてくれ、すごく嬉しそうで私も嬉しかったのになぁ。
その後具合が悪くなり頑張りながら私の迎えを待っていたのかと思うと…
f0224632_821056.jpg

今でも朝は園に行きたがらないですが、着くと自分から入って行けるようになりやれやれです。
偶然にも同じクラスにリュウと同じドイツ人パパと日本人ママの子が居て、その子とお友達になれたようです◎

**********

園ではドイツ語で過ごしていますが、今のところまだ日本語の方が圧倒的に強く、益々おしゃべりになっています。
f0224632_821196.jpg

「ほら、○○でしょ。りゅーくん言ったでしょ」「やっぱり○○だね」なんて得意気に言ったり、「だから○○したらダメなの」なんて私が言われてしまったり。
スーパーに寄りたがるリュウに今日は買い物の必要がないというと「ヨーグルトがもう少ないし、牛乳も買いたいし、バナナも買いたいし。それから~、」としっかりした文章で話し驚きます。
f0224632_8211100.jpg

誕生日を通り越し既にサンタさんを楽しみにしていて、「りゅーくんイイ子だからサンタさんプレゼント持って来てくれるかも♪すっごくいい子だったらプレゼントいっぱい持って来てくれるかも♪ トーマスとか、粘土とか、ぬいぐるみとか~」と欲しい物をたくさん挙げます。「かも」や「たら」「とか」なんて言い方もできるのね、と感心。
話の途中で話題にあがった事に対して「そう言えば○○だったね」と過去の話をしたり、突然何かを思い出し「そう言えば、○○するって言ったのにまだしてなかったね」と言いだしたり、「そう言えば」の使い方もバッチリです。
「○○したら、○○しようね。分かった?」とリュウから交渉してくることもあります。
いろんなことをよく覚えていて驚きますが、私が言ったこともよく覚えていて、ぺーさんにしないでと言ったことをうっかり私がすると「こないだパパにダメって言ったよね?今はやってもいいの?」なんて聞かれギクっ…仕方がないので素直に謝りました。(^^;)

**********

言葉が早く理解力もあるので、「分かっているのになんで?!」という思いもありついキツく怒ってしまうこともありますが、まだ3歳未満の赤ちゃんダッシュなんですよね。
オムツは就寝時以外取れ、ほぼ失敗もなく、園でも初めて30分外に出た時に先生にちゃんと言えトイレに連れて行ってもらえ失敗もナシのようですが、うちで失敗してしまい怒ってしまいました。それも動きがおかしいので「トイレに行く?」と何度も聞き、「行かない。出ない」と言っていた直後に「出ちゃった」だったので思わず怒ってしまいましたが、イヤイヤながら園に通っているストレスと関係があるのかもしれないし、もっとゆったり構えねばと反省です。
園に通い始め、以前より「抱っこ抱っこ」と言うこともありますが、リュウはリュウなりに頑張っているので、一緒に居る時はなるべく甘えさせてあげないとなぁ。
f0224632_821212.jpg

早く園に楽しく通えるようになりますように!

来月はついに3歳になります。
元気に笑顔で誕生日を迎えられますように♡

*写真は全て9月にベルリンのあちこちで撮影したものです。


園に楽しく通えるようになるといいね!と応援クリックお願いします。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-10-18 23:55 | 子育て | Comments(12)
10月1日(木)

出張中のペーさんから「今日の夕方ヤコブママとヤコブがベルリンに着くけど会う?」と連絡が入ったので、リュウを幼稚園から連れて帰ると急いでお昼寝させて会いに行ってきました。

リュウはヤコブくんに会えると大喜びで、普段は着替えの途中に遊んだり本を開いたりで何をするにも時間が掛かるのですが、この日は「ヤコブくんに会えなくなるよ」と言うと言うことを聞いてくれ助かりました。

待ち合わせ場所で合流し、一緒に児童公園へ行きました♪
f0224632_1214981.jpg

↑カメラを構えるヤコブくんママにスマイルしているつもりのリュウ。
時々お友達と来る公園ですが、リュウは同い年のお友達とは遊ばないような遊具に行くヤコブくんを追いかけ同じことをしたいようです。
f0224632_12141217.jpg

ヤコブくんと同じようにて高い所に上り大喜び◎
f0224632_12141297.jpg

ヤコブくんが靴を脱いでいるのを見て靴を脱ぎたがるリュウに「もう夏じゃないんだから脱がなくていいよ。寒くなるよ。」と言ったのですが「ヤコブも脱いでるよ」となんでも真似っこ。
f0224632_12141235.jpg

ブランコがあまり好きではないリュウですが、ヤコブくんがブランコに行けばもちろんブランコに行きます。
f0224632_12141050.jpg

常にヤコブくんの後を追っている訳ではなかったですが、ヤコブくんと同じことをしようと頑張っていました。
f0224632_12141342.jpg

途中で「お腹がすいた」というヤコブくんにヤコブくんママが出したのはそのままのりんご。
リュウにもどう?と聞いてくれたけど、リュウは固い物を嫌がるしリンゴは固いのでいつも薄く切って食べさせているので丸いりんごを食べるかなぁと?と思いつつリュウに聞いてみると、ヤコブくんが食べるのを見て「欲しい」と。
最初は「固い。噛めない」なんて言うのでやっぱりと思ったのですが、一口噛めるとそこを突破口にほぼ食べきりました。
f0224632_12141444.jpg

その気になれば食べられるのね!
もうりんごを薄く切るのは止めます。

この日は気温が20度まで上がった暖かい日でした。
お天気の良い日にヤコブくんとベルリンで会え、とても楽しい午後を過ごせました◎
またヤコブくん達がベルリンに来てくれるといいなぁ♪


ヤコブくんの為ならサッサと行動できるリュウはヤコブくんが大好きなのね~!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-10-06 12:30 | 子育て | Comments(10)
ベルリンでは日曜日ごとにあちことで蚤の市が立ちますが、8月の最初の日曜日に街の真ん中に畑を作りそこで作ったものを食べさせてくれるカフェがあると聞き前から気になっていた場所で1日だけの蚤の市があると知り行ってきました♪

私が蚤の市で物色するのは食器やキッチン小物です。
その他何か気に入る物が目につけば…という感じです。
f0224632_17585259.jpg

こちらの蚤の市は食器類が少なく、そして「連れて帰ろう!」と思える物の出会いがなく残念でした。
物が多くペーさんから常々減らすようにと言われているのでなくて良かったといえば良かったのですが、折角行ったのに収穫がないとそれはそれで残念です。
f0224632_17585248.jpg

かわいい手作り子供服を売っている人もいましたが、大半は自宅で要らなくなった衣類や子どもの物を売っている人が多かったです。
f0224632_17585335.jpg

衣類は本当に要らないのだろうなという衣類も出してあり、それなのに見ている人が結構いるので私も出店してみようかしらと思ってしまいましたが、サイズの問題もあるし難しいでしょうね。
f0224632_17585454.jpg

出店していた人がリュウにペンギンのぬいぐるみを差し出し、ペンギンのぬいぐるみは既にうちにあるし、それでなくてもうちにはぬいぐるみはたくさんありもう要らないと思っている上に、使い込まれたというか子どもにしっかりかわいがられた感じのぬいぐるみを買う気はないので断ったのですが、「この子を見てあげたいと思ったのでお金は要らないので受け取って。もし要らなければ別の子にあげればいいじゃない?」なんて言われ、リュウが受け取ってしまったのでお礼を言って頂くことになりました。
f0224632_17585473.jpg

こちらに来た目的の1つでもあったカフェは混んでいたし、ペーさんが少し移動するとイタリア人と行ったことのある美味しいピッツェリアがあるというのでお昼を食べにそちらへ行ってみることにしました。

大きなピッツァは生地がクリスピーで美味しかったです。
私はキノコのピッツァ。ぺーさんはどこへ行ってもたいていサルシッチャのピッツァです。
f0224632_17585532.jpg

リュウは今まで一口サイズに切って食べさせていましたが、自分で手で持って大胆に食べるようになりました。
リュウのお更に適当に切ってのせておけば一人で食べるのでとっても楽♪
f0224632_17585714.jpg

「美味し~♪」とモリモリたくさん食べました◎
f0224632_17585718.jpg

お腹いっぱいになるとベビーカーで待っていたペンギンちゃんと交代です。
f0224632_17585882.jpg


ピッツェリアの向かいの公園に子ども農園があり、動物が見られるので寄ってみました。
f0224632_1759026.jpg

動物を一通り見た後は、ペンギンちゃんと滑り台を滑ったり列車型のベンチにまたがったり♪
f0224632_1759057.jpg


「うちの近くに美味しいアイス屋さんができたんだよ」と情報提供するとぺーさんはもちろん行こう!と。
私達がアイスを食べる間、アイスをまだ食べさせていないリュウはバナナで満足◎
f0224632_1759114.jpg


ペンギンちゃんにはうちに帰ってすぐにシャワーとお風呂でしっかり綺麗になってもらいました。
最初は私はあまり連れて帰りたくなかったペンギンちゃんなのですが、以来リュウの仲良しとなり、私はしょっちゅうペンギン役(リュウがペンギンに話しかけるので私がペンギンに扮して応えます)をやらされているので、今では私もこのペンギンちゃんに愛着がわいてきました♡


バナナがアイスの代わりになるのね!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-10-02 18:15 | 子育て | Comments(14)
9月3日でリュウは2歳10ヵ月となりました。

相変わらずフレンドリーで初めて会う大人でも子どもでもすぐに一緒に遊びたがります。
f0224632_140111.jpg

まだ人に自分が拒否されるということが分かっていないらしく、初めて会った男の子にハグを拒否されても後で「○○くん、なんでギュってしたくなかったんだろうね?」なんて言っていて、まだ人から拒否されることを知らない幸せな世界に生きているようです。
その子は人見知りな上に初めて会うリュウに突然抱き付かれ驚いただけでリュウを嫌がって拒否したという訳ではなく、その後仲良く一緒に遊んでいましたが、今後本当に拒否され傷つくこともあるのだろうと思うと切ないですが、傷ついても逞しく、人の痛みの分かる人になって欲しいです。
f0224632_1401359.jpg


腕力が弱いと思っていましたが、だんだん力がついてきてよくいろんな所にぶら下がり、ぶら~んと揺れては「見て~、おサルさんみたい♪」なんてやっています。
f0224632_1401370.jpg

↑ぶら下がりたいというのでかなり高い所にぶら下がり、私が「カメラを出すから待って」と待たせている間に手が滑って落ちそうになり「落ちちゃうよー、助けてー!」の顔です。(^^;)

どこどこへ行った、誰と会った、何をした、何を見た、というようなことは以前からよく覚えていて「そんなことよく覚えていたね!」と驚くこともありましたが、最近は臭い(匂い)や味についての記憶もしっかりしてきているようです。
f0224632_1401010.jpg

6月のことですが、週末にオフィス街を歩いているとリュウが「ここ、プールのにおいがする」と言うので行ってみると、ビル清掃か下水道清掃をしていたらしく塩素臭がしていて確かにプールの臭いでした。
f0224632_1401451.jpg

去年リュウは自分から率先して食べたわけではないですが勧めると食べたはずなのですが、今年はスーパーで西瓜を見て「買おうか?」とふってもいつも「りゅーくん、スイカ好きじゃない」とのこと。何でそんなことを言うのだろうと思いつつも気まぐれか間違った思い込みで言っているのだと思っていました。
7月のある日、レストランへ行くとサラダバーに西瓜がありました。トマトなどと共にスイカもお皿に取って来て、トマトが好きなリュウに「トマトだよ」と西瓜を食べさせたのですが、「これ、スイカ…」と口から出してしまいました。
去年食べた西瓜の味を覚えていたのでしょうか?? トマトじゃないから西瓜だと思ったのかもしれませんが、たとえトマトじゃないと気付いても好きじゃないというのは思い込みなので普通に食べると思っていたので驚きました。
f0224632_1401211.jpg

暑い夏の日、茄子の南蛮漬けを作ろうとリュウがお昼寝をしている間に茄子に小麦粉をはたきセッセと揚げました。
すると、お昼寝から起きたリュウは「お好み焼き作ったの?」と。
確かにお好み焼きを焼いた後も蓋をしていても部屋にかなりの油が充満するし、うちでは滅多に揚げ物をしないので油の匂いをお好み焼きの匂いだと思ったのだと思います。
言われてみればどちらも小麦粉+油ですしね。
f0224632_140146.jpg

料理に使ってあるけれど形は見えないニンニクや生姜、隠し味に使った醤油などに気付いて驚くこともあります。
なんでも美味しいと食べてくれるので美味しいの基準が低い気がしますが、その方が後々苦労が少ないだろうと思います。
ちゃんと味が分かりつつ、なんでも美味しく食べられたら最高ですね☆

お友達にストライダーのお下がりを貰いました♪
木製のスクーター型のかわいいストライダーです。
f0224632_140161.jpg

私都合もありベビーカーでの外出が多く、ストライダーに乗る機会が少ないのでまたまだヘタで、乗っているというよりはまたいで歩いているという感じなのですが、近所の外出はなるべくストラーダ―に乗せてあげるようにして上手くなるといいなぁ。
f0224632_1401347.jpg


8月に入りオムツは寝る時しかしていませんが失敗無しです。
寝ている時はお昼寝はともかく夜は毎回していたのですが、寝ている時していることもあれば起きてからオムツだからとそのまましている時もあるようです。9月1日の夜に「パンツで寝たい」と言うので、「ねんねの時におしっこをしなくなったら」と言うと、その日からピタリと夜もオムツでしなくなり、起きてから「おしっこ~!」とトイレでオムツを取ってするようになりました◎
(注: 9/3時点でのことです。)
それでも夜は失敗してしまったらと思うと恐くてまだオムツ無しで寝かせる勇気はありませんが、特にトイレ・トレーニングを頑張ることなく幼稚園で頑張ってもらおうかと思っていたくらいなので、入園前&3歳前にすんなりオムツが取れてビックリです。
f0224632_1401686.jpg

DVD等の動画を1日1時間未満で週に何日か見せるのですが、「おしっこをオムツでしなかった」「自分でパンツ履けたよ」などのアピールをして見たがります。
ぬいぐるみのお世話をする優しいリュウは、DVDを見る時も一人占めではなくお友達と一緒♪
f0224632_140178.jpg

最近のお気に入りは犬のルッツィとペンギンちゃんです。
(ルッツィとの出会いはこちら→、ペンギンちゃんとの出会いもいつか紹介したいと思います。)

今月ついに幼稚園デビューを果たしたリュウ。
良い先生やお友達に恵まれ、いろんな経験をしつつ、楽しい園生活を送れることを願います。
f0224632_1401455.jpg

*写真は全て8月の撮影です。


レトロなストライダーがかわいいね♪と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-09-23 23:55 | 子育て | Comments(12)
最近リュウはごっこ遊びが好きなようで、すぐに好きなキャラクターになっています。
よくなるのが『みつばちマーヤの冒険』に出てくるバッタのフィリップで、フィリップが歌って踊るのをよく真似します。そして、そんな時は私はマーヤに任命されます。
f0224632_2218645.jpg

ミッキーマウスになることもあり、私はミニーにされ、ぺーさんはグーフィーに任命です。
ある日公園でリュウが突然ミッキーになり、「ミニー、あっちへ行こう♪」と遊具の方へ駆けて行き、「ミニー、見て~♪」と得意気に遊具に上るのを見ていたのですが、ちょっと高い所から落ちたので慌てて「リュウくん大丈夫?!」と声を掛けると、「ミッキーよ…」と痛そうにしつつも役柄にこだわっていたのに笑ってしまいました。
f0224632_2218522.jpg

ペーさんとごっご遊びをする際に、以前は「Ich(僕)、○○(役名)。パパ、○○(役名)」という感じだったのに、急に「Ich bin ○○」と正しく言えるようになりました。
まだ保育園に行っていないし、遊ぶ友達も日本人ばかりでドイツ語を聞く機会がとても少ないのですがドイツ語も着々と進歩していて私から出ないような単語や言い回しをすることもあり驚いてしまいます。
f0224632_2218618.jpg

自己主張がはっきりしているせいか魔の2歳児といわれるようなイヤイヤは特にないですが、年相応に(?)何を言っても返事が「イヤだ」ということもあり、私が「そんなにイヤイヤ言わないよ」と言うと、「言うよ。Alle Kinder(子どもはみんな)イヤイヤ言うよ」なんてどこで聞いたんだか悟ったようなことを言うのでペーさん共々あんぐりでした。
f0224632_2218792.jpg

これといってトイレ・トレーニングという程のことをしていないのですが、ほぼオムツが取れました◎
キッカケはお砂遊びです。
夕方まで砂場で遊び、体中砂まみれになってうちに帰りお風呂場に直行。
それから夕飯を食べて寝る前の数時間に新しいオムツを使い、寝る前にまた新しいオムツをするのは非エコだし勿体ないとパンツを履かせるようにしたところ、最初は少し失敗もありましたが、きちんと「おしっこ」「うんち」「トイレ」と出る前に言えるようになりました。
f0224632_2218665.jpg

特に良かったのがペラペラ・パンツ☆
最初は日本から取り寄せた厚手のトレーニング・パンツを履かせていたのですが、履いていても漏れるには漏れるし、厚手なので乾くのに時間が掛かり2枚では洗濯がおいつかず、ドイツでは見かけないしわざわざまた取り寄せるのもなんなので普通の薄いパンツ(通称ペラペラ・パンツ)を買ってみたら大正解!
トレーニング・パンツは厚手でフィットしているのでオムツをしているような錯覚をするのかもしれませんが、ペラペラ・パンツは風通しが良い分緊張感があるようで失敗はほぼゼロになり、朝起きてからうちに居る時はずっとパンツで過ごすようになりました。
f0224632_2218772.jpg

(上がトレーニング・パンツ、下がペラペラ・パンツです。)
寝ている時は100%おしっこをするので夜寝る時とお昼寝の時はまだオムツです。
f0224632_2218580.jpg


オムツをしていると安心してしまうのか、殆ど出ると教えてくれずオムツでしてしまいます。
出掛ける際は電車移動が多く駅や電車内でトイレと言われても困るので出掛ける時もオムツだったのですが、先月ペーさんの実家へ帰省した際にお天気の良い日のお庭遊びはペラペラ・パンツのみで遊び、風の強い寒い日に近所に出掛けた際も田舎なのでどこでも用を足せるとパンツにズボンで出掛けたのですが、どちらも失敗ナシだったので、ベルリンでも徐々にオムツ無しで出掛けるようにしています。
f0224632_2218579.jpg

ただ、「おしっこ」と教えてくれても外で立ってさせるのはなかなか難しい!
今週末は自然の中で過ごすので、ペーさんにしっかり外での用の足し方の指導をしてもらおうと思います。

*写真は最初の5枚は8/3の撮影、最後の2枚は7月の帰省時の撮影です。


ほぼ脱オムツのリュウに拍手!と応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-08-07 22:55 | 子育て | Comments(4)
7月3日でリュウは生後2歳8か月となりました。
赤ちゃんの頃からキーッとなったり泣き叫んだりがないので友達には「おっとり男子」と言われますが、なかなか自己主張は激しいし、オモチャの取り合いでは相手が大きな子でもひるみません。
この調子なら幼稚園に通うようになっても大丈夫そうです。
f0224632_15435222.jpg

お箸(といっても指を入れる輪っかのついたエジソンのお箸ですが)が上手に使えるようになりました。
スープなどの汁物もスプーンで自分で食べられるように。
それでもまたしょっちゅう「食べさせて」と言われてしまいます。
来月半ばから幼稚園に通うことになりました。園では自分で食べないといけないので自分で食べることに慣れ「食べさせて」と言わなくなるのか、それとも園で頑張らなければならない分うちで甘えて今より「食べさせて」が増えるのかなぁ。
f0224632_15435239.jpg

ドイツ語で所有を表す”mein”はいつも女性名詞にかかる”meine”とeが付きますが随分前から言っていました。
最近になってドイツ語を話す時は主語を”ich”と言うようになりました。
日本語は相変わらず「りゅーくん」なのですが、たまに「ボク」とも言うように。
f0224632_15435370.jpg

先月の記録で「~だから」と理由を説明するようになったと書きましたが、ついに「なんで?」の質問攻めが始まりました。
自分で理由を説明する際にはかなり理にかなったことを言うのですが、こちらが「なんで?」と聞いてもなかなか答えが返って来ないことがあったのですが、「なんで?」の意味を理解してきたようです。
言葉を話し始めてすぐに「これは?」「これは?」と目の前の物を指さし何でも知りたがったリュウなので、「何?」が「なんで?」に変わったら大変だろうなぁと思っていましたが、ついに来てしまいました。
それでも思いがけずにリュウが拒否した際に「なんでしたくないの?」「なんで行きたくないの?」「なんで嫌なの?」と聞いても回答は「したくないから」「行きたくないから」「嫌だから」ととてもシンプルなので、もうちょっとしっかりした回答が返って来るのはもう少し先のようです。
f0224632_15435365.jpg

私が身内(家族)に優しくない(ズケズケ言い放題のワガママ)性格だとは知っていましたが、すごく嫌味な話し方もしているようです。
ぺーさんに指摘されるまで気付きもしませんでしたが、彼が私の気に入らないことをした際などに「なんで○○してるの?」という様な言い方をしてしまっています。
彼曰く、その質問に対する答えはない、と。
言われてみると友人にはそういう言い方はしないので潜在的に嫌味なのでしょうね。(←恐っ!)
そして、最近リュウがぺーさんにそういう言い方をすることがあり唖然…
リュウに本を読んでいたぺーさんに高い所に物を閉まって欲しいと渡すと、読み聞かせ中の彼は「分かりました」と受け取り後でしまおうと座っていた場所の近くにあったおもちゃ箱の上にとりあえず置くと、それを見たリュウが「なんでここに置くかな?ペーさん、ダメね~!」と。
ぺーさんにリュウの話し方は私のコピーだと言われ反省です。
言葉使いには気を付けなくては!
私のコピーと言えば、リュウがDVDを見たがる際に「DVD見てもいい?1回だけ!1回だけ!1回だけよ!お約束よ!分かってる?」と言います。後半の3つ「1回だけよ!お約束よ!分かってる?」は私のセリフでは…(^^;)
1回(1エピソード。DVDにもよりますが大抵20分前後)だけのお約束は必ずしも守られる訳ではありませんが、自分から「終わったよ。切って~!」と言うこともありビックリ!少し前までは考えられませんでした。「もう1回!」と言い続けている時に切っても以前の様に泣いて見たがることもまずなくなりました。
f0224632_15435359.jpg

写真は全て6月の撮影です。

プールの写真は今月まで通っていたベビー・スイミングの先生が撮ってくれたものです。
以前通っていた教室は10回に1回プロのカメラマンが来てくれ水中写真を撮ってくれたのですが、今通っている所は先生が防水カメラで撮ってくれるだけです。
(プロ撮影の写真はこちら→
写真は残念ですが、コースそのものは気に入っています。
公立のプールでのコースだからか8月は夏休みで、8月末から次のコースが始まりますが、幼稚園に通う様子を見てみようと次回のコースはパスすることにしました。
園のスタート、リュウもドキドキのようですが、私もドキドキです。


リュウの発言に冷汗たらりな私に応援クリックお願いします。(^^;)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-07-27 15:30 | 子育て | Comments(6)
6月3日でリュウは生後2歳7か月となりました。
f0224632_222102.jpg

毎日元気いっぱいで、走り回り歌を歌っています。
お外遊びが大好きで、最近は特にお砂遊びと滑り台がブームです。
f0224632_222931.jpg

1歳頃はかなり大きな滑り台も寝そべって足から降りていたのですが、痛い経験をしたわけでもないのに突然滑り台が恐くなって滑れなくなっていました。最近急にその恐さを克服できたようで、かなり大きな滑り台も私が下で受け止められるように待っていると滑るようになりました。

ドイツの児童公園はそれぞれ異なるデザインで、1つ1つが日本でいうアスレチックのような感じです。結構難易度の高い物にも果敢にチャレンジします。
f0224632_2221020.jpg

最終ゴールの滑り台までどうやったらたどり着けるのか、小さなリュウの足場のある所を自分で探し、自分なりの方法で登っています。以前はすぐに「ママ、助けて~!」だったのがヘルプの回数が減っていて成長を感じます。

Robertの山のおうちの木のブランコは好きでしたが、その後もブランコは乗りたがりますが相変わらずあまり好きではないようです。
f0224632_2221289.jpg

幼児用の落ちないブランコだとかなり激しく揺らしても「もっと~♪」と笑って大喜び◎
f0224632_2221376.jpg

Robertの山のおうちのブランコはあのランダムな動きが良かったのではなく、お尻がピッタリ挟まって安定感があったのが良かったのかもしれません。

今までできなかったこと(恐かったこと)もどんどんできるようになっています。
動物に近づくこともそうで、小さなワンちゃんなら恐る恐るですがなでに行きます。
f0224632_2221150.jpg

冷蔵庫の側面に恐竜のマグネットが綺麗に弓状に並べて付けてあり、ぺーさんがしたのだと思い込んでいたら彼も私だと思っていたとか。私達が気付かない間に龍が並べたようでビックリです。
f0224632_22284334.jpg

↑2歳半ならこのくらい普通なのかも。驚いて写真まで撮ってしまうなんて親バカでスミマセン!

言葉では、私が地元弁で「○○だわ」と言うのですが、リュウも最近「美味しかったわ」「こけちゃったわ」「できなかったわ」等と頻繁に言うようになりました。

私は疑問形で「○○したの?」と聞くことはありますが、語尾に「の」を付けることは殆どないと思うのですが、リュウが突然「食べたいの」「欲しいの」「パンとチーズ、一緒に食べると美味しいの」といった風に「の」を連発するように。友達がそんな話し方をしていたか心当たりがないのですがどこから来たのでしょうか?一過性のブームという気もします。
f0224632_2221216.jpg

その他頻発するのは「から」です。
「りゅーくん、みかん食べたいの。美味しいから。りゅーくんみかん大好きから」「ソファーに行こうよ!一緒に本を見たいから」「denns(近くにあるオーガニックスーパー)行こうよ。りゅーくんのワーゲン(子ども用のショッピングカート)あるから」と理由を説明するようになりました。
「朝からずっとDVD見たかったら、今DVD見てもいい?」とか、車でトンネルから出た際に「トンネルから出たから明るくなったね」等、1つの文章で意味の違う「から」を2つ使えていました。
どの育児書にも「ダメと言ってはダメ」と書いてあるのですがどうしても「ダメ!」と言ってしまい、「リュウくん、ダメ!触らないで!熱いから」「汚いから」「そっちはダメ!危ないから」と言い訳的に理由を言っていたからかもしれません。
f0224632_2221115.jpg

私の真似っこといえば、スーパーやドラッグストアにオモチャを置いてコーナーがあり、リュウがすぐに触りに行くので「リュウくん、触らないで!お店の物よ。見るだけよ」と言っていたら、今年の1月セールの残りを見に行きバッグを物色していると「ママ、お店の物よ!触らないで!見るだけよ!」と言われ、なんとも言えず何か良い物はないかなぁ程度でどうしても必要な物を探していた訳ではないので「そ、そうだね…」と退散しました。
以来リュウは自分が興味のない私のお店に入ろうとすると「ここ、入らないよ!」と抗議し、私が商品を見始めると「触らないで!お店の物よ!」を連発します。
私がゆっくり買い物できるようになるのはリュウが保育園に通い始めてからかなぁ。

指を入れる輪っかの付いたエジソンのお箸ですがお箸も上手に使えるようになり、お蕎麦というなかなか難易度の高い物もお箸で上手にたべられるようになりました。
f0224632_2221346.jpg

お箸を使うのが楽しいらしく、ペーさんや私がスプーンで食べるような献立でもお箸で食べたがり、こぼして汚してしまうという面倒な面もありますが、ここで面倒くさがってはいけないのでしょうね。(^^;)
f0224632_2221372.jpg

リュウより1か月半大きい子が保育園で大きな子がオムツをせずトイレでおしっこをしているのに刺激され簡単にオムツが取れてしまったと言う話を聞きましたが、その子と一緒に遊んだ際に遊びの途中でその子が草むらに用を足しに行ったのを見ていたリュウも刺激されたのか、それ以来積極的にうちではトイレに行くようになりました。
(といってもまだまだオムツは必要ですし、こちらから促す必要もあります。)
ドイツでは早生まれがなく年ごとに学年を区切っているので11月生まれのリュウは小さいし大人しいこともあり慌てて保育園に入れる必要はないと思っていましたが、他の子から刺激を貰う意味でもやっぱりこの夏からは保育園に入れた方が良いだろうと言うことに。
ドイツの保育園では、全ての保育園ではないかもしれませんがリュウと同い年の子でもお泊り保育があり、その後なんと4日間の旅行にも行くそうです!
そういう経験をさせてあげることも大切だろうと、慌てて保育園を探しています。
良い保育園に出会える事を願います。
f0224632_22151683.jpg

かなり体力の付いているリュウと一日遊ぶのはなかなか大変なこともありますが、一日中ベッタリな日々も保育園が無事に見つかれば後もう少し。しっかり楽しもうと思います。


良い保育園が見つかると良いね!と応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-06-08 22:00 | 子育て | Comments(12)
4月3日でリュウは2歳5か月になりました。
f0224632_23234717.jpg

最近は毎朝起きると「(今日は)どこ行く?」「何する?」「誰と会う?」とまず一日のスケジュールを確認します。
そして納得すると遊び始めます。
私がリュウより1-2時間早く起きてリュウが起きるまで自分のことをしているのでリュウが起きた時にはお腹がペコペコで、すぐに朝食にしたいのに1時間近く遊びに付き合わされることもあります。
f0224632_2323545.jpg

いろんなことをよく知っているし覚えているので驚かされます。
f0224632_23235036.jpg

先日電車で出かけた際に、「ママ、電車の歌、歌って」とリクエストされ、電車の歌なんてあったかなぁと考え、「僕らを乗せて、シュポシュポ走る♪」と歌った後に「ガタンゴトン、ポーポー!」と言うと「ナイーン!電車はポーポー言わないよ」と指摘されハッとしました。確かに汽笛を鳴らすのは機関車ですよね。
f0224632_23234977.jpg

以前はお人形やぬいぐるみにばかり興味があり男の子としてちょっと心配していましたが、最近は車や汽車などタイヤのあるものが大好きで、うちでも児童館などでもそういうオモチャを動かして遊んでいます。
f0224632_23234698.jpg

絵本が大好きで、お気に入りの絵本で洞穴に住む動物(グリュッフェロ)の真似っこをしてペーさんにベッドに布団で洞穴を作ってもらい洞穴で遊ぶリュウ。
f0224632_23235150.jpg

単に木製の動物のオモチャを持ってきたのかと思いきや、「グリュッフェロキンド(グリュッフェロの子ども)と同じ♪」と嬉しそうに言うので絵本を見てみると、絵本の中に本当にソックリのオモチャがありました!
f0224632_23235277.jpg

絵本に限らず、いろんな物をよく見てよく観察しています。
(なのに探し物はちっとも見つけられないのが不思議です。苦笑)

お外遊びもお散歩も大好きなのに、着替えて出掛けるのが面倒らしく(←実は私もそういうタイプでどうしてもという用事がないとついつい出掛けるのを止めてしまうこともあります。)「お着替えして出掛けよう!」と言っても「ちょっと遊んでから」「本を見てから」等などなかなか着替えてくれる出掛けるのにとっても時間が掛かります。

食欲は相変わらず旺盛なのですが、以前は好きだったお魚を食べたがらないことがあり好き嫌いが始まってしまったのかなぁと気になりますが、別の日にはモリモリ食べることもあるので好き嫌いというより気分なのかもしれません。
f0224632_2323527.jpg

以前から汁物にご飯を入れて食べたがり、残さないならと好きにさせていましたが、急にそのご飯を「おにぎりを作る♪」と手で捏ねだしてビックリ!
食べ物で遊ぶのは良くないし、テーブルや床や洋服が汚れるし、そんなのを残されても誰も食べられないし困っていましたが、数日のブームで終わりホッとしました。
f0224632_23234930.jpg

おしゃべりなリュウは一人遊びの時も一人でぶつぶつ話していたり歌を歌っていたり。
ちょっとした替え歌は随分前から歌っていましたが、最近はメロディーも即興で自分がやってることや状況を歌にして歌っていることがあります。

不思議なことに、形容詞と名詞の間に「の」が入るという中国人が日本語を話す時の典型的な間違いをリュウがするようになりました。
中国語では「赤い服」=「紅的衣服」、「甘い苺」=「甜的草莓」という風に形容詞と名詞の間に日本語の「の」にあたる「的」が入るのですが、リュウもなぜか「赤いの服」「甘いの苺」という風に言うようになりました。
私のことを毎日「だ~い好き♪」と抱き付いてくれるのですが、その時も「大好きのママ」と言ってくれるので「大好きなリュウくん」と返し、「な」にアクセントを置き強調しているのですがリュウはそれでも更に「大好きのママ」と返してくれます。
どうしてこんな言い間違いをするようになったのか、そのうち直るのか間違いを訂正すべきなのか悩みます。
f0224632_23234861.jpg

かわいい言い間違いとしてはコンピューターのことをずっと「コンキンポン」と言っていたのですが、3月に入って急に「コンピューター」と言うようになりちょっと寂しいというか残念というか…
f0224632_23235183.jpg

日本に住んでいて周りで日本語を耳にする機会が常にある訳ではないので、私がリュウの日本語をきちんと直さないとずっと間違ったまま、ということになってしまうかもしれないし、
それでは困るのでやっぱり間違いは少しずつ訂正しようと思います。

*写真は食事中の物は4/2、他は全て3月中の撮影です。


現時点で未だ中国人的間違いが直らないリュウの間違いが直りますように!と応援クリックお願いします。(*^_^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2015-04-28 22:30 | 子育て | Comments(8)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle