カテゴリ:妊娠( 13 )

内容が1ヶ月遅れですが、前回のアップの続きです。

この日は夕方産前検診の予約がありました。
母が着いた翌日も予約があったのですが、その日はクリニック内の助産婦さんとの予約でお腹の赤ちゃんの心電図と子宮の収縮具合を計るだけだったので、母にとってつまらないだろうと私一人で行き、この日はてっきりお医者さんの検診=超音波検診でお腹の赤ちゃんの様子が見れると思っていたので母も一緒に行く事にしていました。
大聖堂を見終わった後、検診の時間までまだ時間があったので、バスに乗ってジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)へ。
f0224632_813913.jpg

大きな塔で、母は大きな天使の像をどうやって塔の上に乗せたのだろうと驚いていましたが、言われてみると不思議~!

こちらも上まで(天使の像の足元まで)登れますが、時間的にも体力的にも私達は下からの見学のみでした。
f0224632_82482.jpg


ジーゲスゾイレの周りは大きなロータリーになっているので、周りをぐるりと周って記念撮影。
f0224632_824122.jpg

そうこうしていると方向感覚が狂ってしまいバス停を探してあたふたしてしまい、乗りたかったバスに乗り損ねてしまいました。
しかも、その後のバスが3-4本なぜか来ません。
仕方がないのでタクシーを捕まえてクリニックへ急行!

なんとか間に合い、会社から直行し先に到着していたぺーさんと合流しました。
前回の検診が助産婦さんの検診だったので今回の検診はドクター検診だと思っていましたが、なんと又もや赤ちゃんの心電図と子宮の収縮具合のチェックのみ。
折角母が超音波でお腹の赤ちゃんを見れると楽しみにしていたのにガーン・・・
そこでぺーさんが看護婦さんに「お母さんはわざわざ日本から来たんです。超音波で赤ちゃんを見せてもらえませんか?」と言うと、
看護婦さんは「次の検診は超音波検診ですよ。次の検診で見れますよ」と言われ、次の検診は予定日の11月5日だったので
「その日にはもう産まれているかも知れません!」とペーさんがすかさず言い、看護婦さんがドクターに掛け合ってくれ、なんと超音波をしてくれました♪
正直私は初産だし予定日より遅れるだろうと思っていたので11月5日に産まれているとは思っていませんでしたし、ぺーさんとしてもそう言えば見せてもらえるかも、と言っただけだと思うのですが、実際3日に生まれたので5日の検診は当然キャンセルとなり、ぺーさんの機転と看護婦さん&ドクターの配慮により母が一足早くお腹に居るリュウタを見せてもらえて感激です☆

***************************


クリニックからうちに戻り夕食です。
この日は10月31日だったのでハロウィンにちなみカボチャ尽くしワン・プレートでした。
f0224632_83368.jpg

ミニカボチャBaby Booに鶏肉を詰めてオーブンで焼いた物と
f0224632_87621.jpg

鶏肉ときのこのソテーに、カボチャとジャガイモのサラダでした。
f0224632_87298.jpg

Baby Booはホクホクに焼けていて、器の部分までしっかり食べられました◎

あの日お腹に居たリュウタは外の世界に出てきてすくすくと育っていま~す♪
f0224632_88128.jpg

手足も日々大きくなっているようで、一番小さなサイズの靴下さえぶかぶかだったのに、今ではピッタリになりました。(^o^)

ドイツの看護婦さん&ドクター、優しいなぁ!と思われた方、応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-11-30 23:30 | 妊娠 | Comments(6)
予定日より2日早い11月3日の早朝に出産しました。
といっても、予定日は最初の検診では10月31日と言われていたので、丁度間を取った感じです。

2日の午前2時過ぎに少量の破水があり、ぺーさんとタクシーで病院に向かいました。
その後検査をしてもらい、陣痛が来るまでの待機室で待つ事になりました。

待機室にはダブル・ベッドと2人用のダイニング・テーブル、バランス・ボール、TVがありました。
寝てしばらくのところをを私に起こされ病院に来たぺーさんは朝食の時間までスースーと寝息を立てていました。
私は痛みはまだ殆どなかったものの落ち着かなくて寝れません。
f0224632_851329.jpg

しばらくして彼は起きると、ベッドの向かいの壁にあるTVで朝のニュースをチェック。
痛みがあまり強くなくまだ余裕のあった私も「ホテルみただね~」とTVを見ていました。

しばらくして朝食が運ばれてきました。
病院から支給される食事は私の分のみなので朝食は私の分のみでしたが、母が日本から持って来てくれていたパンや大福餅を持って来ていたので2人で食べられました☆
f0224632_872559.jpg

(大福餅は朝食前に食べ終わっていました^^;)

陣痛が弱いし、子宮口が開かないので少し歩いてくるようにと言われ、自分の服に着替えて病院の裏庭や周りを少し散歩しました。
f0224632_88768.jpg

お天気の良い日で良かった~!

お散歩から戻ると昼食タイムでした。
ドイツでは夕食ではなく昼食に温かい物をしっかり食べるのでお昼が一番豪華です。
f0224632_883776.jpg

キリスト教徒は金曜日に肉ではなく魚を食べる習慣があるので「お昼は魚かも♪」と期待しましたがお肉でした。
f0224632_8999.jpg

丁度母が差し入れを持って来てくれたので、お昼ご飯もぺーさんと一緒に半分ずつ食べました。

だんだん陣痛が強まってきましたがそれでも間隔があき過ぎているとの事で、陣痛を促進する作用(実際には胃にできるポリープに対する薬で、副作用として陣痛を促すらしく早産の危険があるので妊婦の服用は止められているらしいのです。)があるタブレットを飲みました。
しばらくすると陣痛がかなり激しくなり、間隔も5分おきになりましたが、まだ子宮口の開きが足りないし陣痛の間隔ももっと縮まる必要があるとの事です。
ぺーさんはうちから持参したハリネズミ・ボールでずっと準備コースで習った通りにマッサージをしてくれますが痛みを和らげる助けにはあまりならず、手で背中をさすってもらう方が楽な気がしました。

夕食の時間になり、母とぺーさんは病院の近くのレストランへ食事へ。
私は病院食です。ドイツの病院の夕食は恐ろしく質素なのは知っていましたがやっぱり。
温かい物が出ないとは知っていましたが、サラダすら出ないなんて…
f0224632_89531.jpg

いずれにしても痛みがひどくてこれだけ食べるのもままならず、2人が戻るまで友達のアドバイスに従いバランス・ボールの上に乗って痛みを和らげていました。

2人が戻るより早くに助産婦さんが検診に来てくれましたが、やはりまだ陣痛も子宮口の開きも足りないとの事です。
私としてはもう充分痛いく脂汗も出ているのに足りないだなんて~!
丁度ベルリン在住の日本人の知人から頑張ってと携帯にメッセージが届き、彼女は「無痛分娩にしたので楽に産めたよ」と書いてあり、日本人でも大丈夫なんだと無痛分娩をしてもらうべく麻酔の承諾書にサインをしました。

その後、陣痛の痛みを和らげ子宮口を開くのに役立つだろうとお風呂に入れる事に。
持参していた入浴剤を入れて入浴しました。
f0224632_8104039.jpg

入浴前に鎮痛剤の座薬が処方されました。
湯船に使って最初は気持ちが良く痛みが和らいだ気がしましたが、しばらくするとやはり痛くて痛くて。
熱いお風呂に浸かっていると汗がどんどん出始め、熱いからなのか痛みによる脂汗なのか分からない感じになり、40分程浸かって出ました。

お風呂に浸かって子宮口が開いてくれている事を期待したのですが入浴前とあまり変わらず、結局同じ錠剤を再度飲む事に。
服用後は痛みが3分おきになり、痛みもかなり酷くなりました。
麻酔をする前に痛みを抑える点滴と安定剤の点滴を打つ必要があると言われました。
痛み止めの点滴は副作用としてめまいがすると言われました。実際打ってみるとめまいはするけれど痛みは治まらず…
その後安定剤の点滴も終わったのに麻酔を打ちに来てくれずたまりかねてぺーさんに催促しに行ってもらいましたが待つように言われただけでした。

22時を過ぎ分娩室に移動するように言われました。
鎮痛剤の座薬も点滴も効かず痛みでフラフラでしたが、ぺーさんに支えられてなんとか分娩室に行きました。
そこで、助産婦さんから夜勤で2名いる麻酔医が2人とも急患についてしまったので来れないので麻酔無しでと言われ、絶望的な気持ちになりました。
オペが必要な急患が運ばれたならそちらが優先されるのは分かりますが、急に麻酔をお願いしたわけではなく何時間も前にお願いし、準備の点滴も終わらせてひたすら待っていたのに!と怒りすら感じてしまいました。

その後、助産婦さんが痛みを和らげる為尾てい骨辺りをずっとマッサージしてくれ多少楽にはなりましたが、気が狂いそうな程痛い事には変わりありませんでした。
陣痛に合わせて深呼吸するようにと言われましたが、痛くてどうしても浅く速い呼吸を繰り返していました。
ぺーさんが一生懸命深呼吸のお手本をしてくれますが、頭では分かっていても痛過ぎてできないのよ~!
どうしても深呼吸ができずにいましたが、お腹の赤ちゃんが酸欠になりつつあると言われどうにかこうにか深呼吸をしました。
そのうちいきむ様にも言われましたが、痛くてタイミングが上手くつかめません。
助産婦さんが一生懸命アドバイスしたり話しかけてくれますが痛過ぎて応える気にならず、私を支えてくれているぺーさんにきちんと私の顔の汗を拭けと日本語でお願い(というより命令)するのが精一杯でした。
そうこうしていて、1時12分にブルンっとすごい勢いで赤ちゃんが出てきて、すぐにホギャア、ホギャアと泣き始めました。
3100g、48cmと思っていたより小さな赤ちゃんでしたが、それでもこんな大きな赤ちゃんがお腹にいて私から出てきただなんて見た瞬間にはとても驚きました。
産まれてすぐの赤ちゃんを胸に抱かせてもらい、出てきたばかりなのにとっても小さな手でしっかり私につかまりおっぱいを探して吸おうとする生命力に感動しました。
f0224632_811195.jpg


ぺーさんは2日に病院に入った際に誕生日の新聞を、と新聞を買っていましたが、日付をまたいだので3日の新聞を改めて買い直していました。
f0224632_8175336.jpg

森鴎外の記事で「Tokio – Berlin」のタイトルがあり、うちの子の誕生日にはなかなか良いヘッドラインでした☆

ドイツでは特に問題がない場合は産後の入院は3泊です。
母が毎日差し入れを持って来てくれたのですが、2日目の夜はぺーさんが出産前の夕食に母と行ったイタリアン・レストランにテイク・アウトの交渉をしてくれ、3人でパスタを食べました。
私は魚の煮汁ベースのペンネをオーダーすると、白身魚に衣を付けてあげた物や素揚げした海老が具として入っていて、ガーリックと葱が薬味として効いていて、美味しかったのですがかなりオイリーで病院で食べるには匂いのキツいパスタでした。
f0224632_8183289.jpg

そして、その日の夜に初めて母乳が出始め、なんとうちの子の初めてのミルクはガーリックと葱の効いたかなり匂いのキツい物でしたが、産まれてから丸1日以上何も口にしていなかったからか一生懸命飲んでくれました。(^^;)

退院前の3日目の夕方には静子ママがお見舞いに来てくださり、なんと私だけではなく母とぺーさんの分も豪華な手作り幕の内弁当を持って来て下さいました。
f0224632_8191982.jpg

日本で買っても入っていないような立派な鮭が入っていて大感激でした。
枝豆入りの炊き込みご飯もとっても美味しかったです◎

母乳があまり出ず夜中でも看護婦さんが診てくれる病院と違いうちに帰ることを不安に思っていると、母乳の量をチェックして少な過ぎたらもう1泊しても良いと言ってもらえましたが、30分ほど授乳して20ml出ているので帰っても良いと言われ、予定通り3泊し6日の午後に帰宅しました。
f0224632_8194325.jpg

まだまだ母乳の出が悪く奮闘中ですが、母とぺーさん、そしてうちに指導に来てくれる助産婦さんに助けられ頑張っています。

名前はリュウです。
うちでは「リュウくん」と呼んでいますが、こちらでの愛称はリュウタにしようかと思っています。
今後は我が家のニュー・メンバー、リュウタ共々よろしくお願い致します。

母乳に奮闘中の母と息子に応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-11-11 22:55 | 妊娠 | Comments(20)
母が私の産後の手伝いの為にはるばるベルリンにやって来てくれました。
ベルリンはもちろん、ヨーロッパ初上陸です。
ベルリンには直行便がない為乗り継ぎが必要で、ドイツ語も英語も話せない母はとても心配していましたが、ルフトハンザで有料の日本語による乗り換えサービスがあり、それを頼んでおいたので無事にベルリンまで来られました。

私は元々和菓子が好きですが、ドイツに来て特に和菓子が恋しいという事はありませんでした。
それなのに、妊娠してからやたら餡子やお煎餅が食べたくて食べたくて。
母にあんぱんをリクエストしていたのですが、預け荷物2つ分を何度も重量を測ってパンパンに詰めた後あんぱんは餡子がペーストとみなされ手荷物では没収される可能性があると分かり大ショック!
その事に気が付いた時は既に荷物を空港宛に発送した後だったのですが、当日荷物にあんぱんやあんこ餅を加え、重量は1キロ少々オーバーしたようですがそれ位なら特に何も言われなかったようです。

そうやって持って来てくれた母の餡子セレクション☆
f0224632_17212490.jpg

あんぱんはメーカー違いで他にも2つありましたが、すぐに私のお腹へ入ってしまいました。(笑)
メロンパンはリクエストしていなかったのですが、これなら手荷物で持てると追加して持ってくれたそうです。

既に17キロ程体重が増えてしまっている私の為にかんてん系のお菓子をど~っさり。
f0224632_17215089.jpg

(写真に載せきれない程和菓子もお煎餅も洋菓子も来ているので、あまりダイエットとはなりそうもありませんが^^;)

産後はお餅や団子を食べるとお乳の出が良くなるらしく、お餅類もどっさり!
f0224632_17221613.jpg


空港の売店で明太子が買えたら欲しいとお願いしていたら、明太子の他に柿の葉寿司やきびだんごも♪
f0224632_17224940.jpg

柿の葉寿司は2箱あったので、味は落ちてしまうだろうなぁと思いつつ出張中のぺーさん用に1箱冷凍してみました。

ぺーさんへのお土産は、彼がリクエストしていた塩辛です。
f0224632_17234346.jpg

地元のイカの塩辛に加え、土佐鰹の塩辛です。
土佐鰹の塩辛はデパートで店員さんに薦められ、「塩辛といえばイカでは?」と思いつつ買ってみたら、父が買っていた週刊誌に取り上げられていたらしく、雑誌の切り抜きと共に持って来てくれました。

この他にも私の好きなヨックモックのクッキーや、抹茶のカステラ、抹茶プリン等など、ここで紹介しきれないくらい盛りだくさん。
60キロ程の母の荷物のうち、赤ちゃんの服やアルバム、お願いしていたDVD、私の授乳服を除くと殆どが食料なので(7週間の滞在だと言うのに、減らす物は自分の服しかないと母は驚くほど服を持って来ていませんでした。)、ぺーさんファミリーやお世話になっているご近所さんへのお土産を含め40キロ強が食料品だと思います。
流石お母さん☆

*************************************

母が到着する日までの数日、ちょっと歩いただけでお腹がとても硬くなり下腹部が痛んだので、もう産まれてしまうのでは?と焦りましたが、丁度母が来た翌日の検診でまだ子宮口が開いていないし大丈夫と言われホッ。
安心したからか痛みも治まりました。
到着したのは火曜日の夜で、水曜日は私の検診がお昼だったので母とは午後ゆっくり出掛け、私が出産する病院までの道を覚えてもらったり、赤ちゃんの寝袋を買いに行ったり、アジア・スーパーへ行ったり。
木曜日もお昼に助産婦さんの予約があったので午後遅くに出掛け、近所のスーパーを何軒か周りお買い物の事などを覚えてもらいました。
そして3日目の金曜日、やっとお天気が良くなったので少し気温の上がったお昼からベルリン観光へ出掛けました。

テレビ塔やその近くのマリエン教会に立ち寄ったり、
f0224632_17254734.jpg


大聖堂を見たり(この日は礼拝か何かをしていて中には入れませんでした)、
f0224632_17261314.jpg


その横の旧博物館の前で写真を撮ったり。
f0224632_17264768.jpg

旧博物館はドイツが誇る建築家シンケルの作品で、1830年に建てられた物です。
f0224632_1727203.jpg

内装も素晴らしいので、いつかこちらでご紹介できればと思います。

この辺りは「ミュージアム島」として世界遺産に登録されていて、博物館がたくさん立ち並び、その建物がどれも素晴らしく、初ヨーロッパの母はヨーロッパ風の大きな建物に圧倒され写真をたくさん撮っていました。

最後はベルリンと言えば!のブランデンブルグ門へ。
f0224632_17282838.jpg

この日も多くの観光客で賑わっていました。

折角お天気が良いのでテレビ塔へ登ろうとテレビ塔まで戻ったのですが、チケット売り場で2時間待ちだと言われて愕然。
その時点で15時半だったので、17時半では折角上がっても辺りは薄暗くて何も見えないだろうと諦めて、近くのデパートで私の買い物に付き合ってもらい、カフェに向かってブラブラしていると18時前になり、お腹がすいたのでカフェは止めて早めの夕食を食べてこの日は帰宅となりました。

前日、前々日より外出時間も歩いた距離もずっと長いのですが、この日は「覚えなければ!」と気負いがなかったからか母は疲れることなく楽しんでくれました♪
母が来る前の週は20度前後あったのに、今週は急に最高気温5-6度まで下がってしまいましたが、また赤ちゃんが産まれる前にお天気に恵まれて多少なりとも観光ができるといいな、と思っています。



お天気にな~れ!と応援クリック頂けると嬉しいです!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-28 15:30 | 妊娠 | Comments(8)
親しくさせて頂いているご近所さんはテキスタイル・デザインのお仕事をされていて、お裁縫教室もされています。
産休に入り時間ができたので教室に通わせて貰おうと、7月に2-3回行ったものの具合が悪くなったりバタバタしていたりで、作りかけていた物2つはどちらもほぼ完成していたのにそのままになっていました。
いよいよ出産が近付いてきたし、母が来てくれたら母と一緒に可能な限り出かけたいし、という事で先週慌てて仕上げて来ました。

作ったのはハイハイ・マットと授乳ケープです。
ハイハイ・マットはパッチワークで作ってみたらとご提案頂いたのですが、裁縫初心者な上に不器用な私には難易度が高過ぎるという事で、布2枚を合わせるだけの簡単な作りにしました。
中には綿が入れてあります。
f0224632_21583466.jpg

綿が動かないように一応グルグルとミシン掛けしてあり、洗濯機で丸洗いOKなのが嬉しいです◎

持ち運びできるように、余った布で巾着を作りました。
f0224632_2159135.jpg

表側に使ったハリネズミとウサギの柄の布で巾着を作ったのですが、持ち運び用なので汚れる事が多いでしょうし、裏側につかった水玉で袋を作った方が良かったかな。
まぁ汚れてしまえば水玉の布で袋をまた作ります♪

もう一つは外出先で授乳する時の為の授乳ケープです。
f0224632_21592643.jpg

ネットで型紙を見つけて作ってみたのですが、もうちょっと小さくても良かったかも・・・

作った後にたまたま見ていた日本のマタニティ&授乳服の通販サイトに秋冬物の授乳グッズとして授乳ケープとしても使えるオシャレなニットのストールやカーディガンが載っていて、わざわざ自分でこんなちゃちい物を作ることはなかったかなぁとも思いましたが、コットン100%なのでうちでジャバジャバ洗えるし、小さく丸められるし、季節を問わずに使えると思うのでこれはこれでイイのではと思うことにしました☆


不器用ながら頑張っている私に応援クリックを頂けると嬉しいです!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-23 22:10 | 妊娠 | Comments(10)
先週末、5-7日(金-日)と3日間出産準備講座に参加しました。
最初は8月のコースを申し込もうとしたら既に満員と言われ、9月のコースに申し込んでいたらその週末にぺーさんの出張が入ってしまい、ギリギリですが今月のコースに入れました。
当初予定していたお友達お薦めのコースは10月も日程が合わず、結果出産予定の病院主催のコースに参加したのですが、実際に産む病院で受講できて良かったと思います。

講師は病院で働いておられる助産師さんなので、実際に私のお産に立ち会ってもらう可能性もある方です。
初日の金曜日は出産の仕組みについてのお勉強でした。
当然ながらドイツ語のみの説明ですし、広い部屋で声が聞き取り辛い事もあり途中で話に集中できずにいると、「吊るす事もあります」と聞こえ、「え?」と・・・
f0224632_1347950.jpg

私は産まれたての赤ちゃんを赤ちゃんが泣かない等の何かの理由で吊るす事があるのかなぁと思い、ぺーさんに「誰を吊るすって?」と聞くと、私との事。
「え、私?」と聞き返すと、「僕じゃない」と。
そりゃあ分かってるよ!!!
私が分娩台でうんうん唸っている横で吊るされるぺーさんを想像。
f0224632_13472236.jpg

それは何かの儀式でしょうか?安産の為にぺーさんを生贄に?だとしたらぺーさんの下では火が焚かれちゃうのでしょうか?!
なんて想像すると可笑しくなり、全然笑う時じゃないのに笑えてきて、笑ってはいけないと思うと益々笑いが止まらなくて困りました。

一通りお勉強が終わった後は、実際にこちらの病院の陣痛が始まって病院に行ってから待機するお部屋や
f0224632_13474690.jpg

分娩室を見せてもらいました。
分娩室の一つには水中出産用の大きなバスタブがありました。
f0224632_13481575.jpg

お風呂大好きの私達は思わずお風呂に釘付け。
ぺーさんもお風呂に惹かれたのか(彼はお風呂に入れる訳ではないのですが^^;)
「お風呂で産みたいならどうぞ♪」と。
「血が見えると恐いから嫌なんじゃなかったの?」と言うと、
「頑張ります!」と今までと打って変わって(最初は恐いからと分娩室すら入る事さえ嫌がっていました。)頼もしい!
ただ、水中出産はあらゆる状態が完璧でないとできないとの事なので、希望しても断念しなければならない事もあるようです。

注:上記の写真にあるように、分娩室では分娩椅子やベッド、お風呂の上に布の束の様な物が吊るされており、実際はそれに「吊るされる」のではなく「自分でぶら下がる・つかまる」というのが正しいようです。

2日目は実際に陣痛が起こってからのリラックス法や呼吸法、また陣痛に苦しむ妊婦をパートナーはどう対処(マッサージ等)するか、というものでした。
バランス・ボールの上に座ったり、上半身をボールの上に乗せたりして呼吸を整え痛みを和らげます。
f0224632_13484887.jpg

その間、パートナーは手のひらサイズのイガグリ・ボールを使ってマッサージ。
練習しながら、バランス・ボールもイガグリ・ボールもないなぁと思っていたら、ぺーさんがマッサージしてくれながら
「コレ(イガグリ)、買った方が良いかなぁ」とポツリ。
f0224632_13491242.jpg

うんうん、陣痛の時以外も足つぼマッサージ等いろいろ使えそうだし、買って買って♪

3日目はこれまでの復習をし、最後に授乳と赤ちゃんの沐浴について習いました。
お産に関するいろいろなシチュエーションの説明もあり、中には無痛分娩(麻酔の使用)を断固拒む人がいるけれど、あまりにも痛みがひどくパニックになっている場合は使用した方が良いと言われました。
私は以前は麻酔を使用するつもりでしたが、お友達の話を聞いて使わない方向に気持ちが変わり、麻酔を使用せずに頑張ってみるつもりでしたが、今回の話を聞いて一応麻酔使用の同意書にサインをしておき、状況に応じて必要なら使ってもらおうかと思います。

*****************************
金曜日は仕事帰りの時間帯に設定してあり、18:00から20:30までだったので夕食を食べて帰ることにしました。
ぺーさんが「オクトーバー・フェストで食べたチキンが美味しかったからまたチキンが食べたい」と言うので、うちの近所に最近オープンしたチキン屋さんへ行ってみました。

チキン半身のグリルにぺーさんはポメス(フライド・ポテト)を、私はポテト・サラダを添えて。
f0224632_13493963.jpg

皮がパリパリカリカリで美味しかったのですが、オクトーバー・フェストで食べた物はもっとジューシーだったと思います。
「コレも悪くないけどオクトーバー・フェストの方が美味しかったね。イベント会場の食事って高くて不味い事が多いのにスゴイね」と言うと、
ミュンヘンのオクトーバー・フェストはとにかくお客さんの数がすごく引っ切り無しに調理している状態なので、常にグリルしたての新鮮ジューシーなチキンが出て来て美味しいと評判だそうです。
なるほど☆
ビール等の値段も普通のお店に比べて若干高いかな、位だったし、オクトーバー・フェストはなかなか良心的なイベントの様です。
酔っ払いの少ない昼間ならまた行きたいなぁ、と改めて思いました。(*^o^*)


出産時にパニックになりそうと怯える小心者の私にポチポチっと応援クリックよろしくお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-10-12 23:55 | 妊娠 | Comments(14)
妊娠してから皆さんに「マタニティ・ライフを楽しんでね」と言って貰いとても有難いのですが、時間はできたものの常に不快感があるし、妊娠そのものは幸せな事なのですがこの状況をなかなか「楽しむ」という感覚は持てませんでした。

そんな私にも妊婦ならではの楽しみができました!
それは、マタニティ・スイミング♪
スイミングというか、水中エクササイズという感じで、1時間水の中で音楽に合わせて体操をしたり踊ったりします。

プールは「ここがプール?」という様な古い建物の中にあり、
f0224632_2024253.jpg

プールもとてもクラシカルなデザインです。
f0224632_20243482.jpg

(というか実際に古いのだと思います。天井のペンキは剥がれて来ていて修理が必要な様です。^^;)

プールサイドに個室の更衣室があり、こちらは新しく最近作られた物の様で清潔です。
f0224632_2025179.jpg

写真では見えないかと思いますが、仕切りの柱の上には1つ1つ別々の動物の彫刻があります。

お手洗いのマークも古めかしくてイイ☆
f0224632_20252989.jpg


妊娠29週目から通い始め、お腹はどんどん膨らみパンパンに!
それでもドイツ人の妊婦さんに比べるとお腹は小さめです。

水中エクササイズをしている間は、お腹の赤ちゃんにとってゆりかご状態なのか気持ち良く寝てくれている気がするし、私も気分が良く楽しく通っていました。

コースは8時半からで、駅からプールへ向かう途中に川があり、朝日に照らされた川がとっても綺麗です。
f0224632_20261028.jpg

通い始めた8月はまだ暖かく、川岸で朝の散歩やジョギングを楽しむ人もちらほら見られ、私もコースの後に、と思いつつ予定があったりドライヤーを忘れて髪が濡れたままだったりで素通りしてばかりでした。
f0224632_20264080.jpg


朝晩はかなり冷え込むようになってしまいましたが、それでも水中エクササイズは楽しいし、髪をしっかり乾かして帰れば風邪の心配はないし、川辺のお散歩もまだしていないし、出産ギリギリまで通ってお産が楽だったという人もいたし、私もギリギリまで通うつもりでした。
f0224632_20271916.jpg


なのに、突然インストラクターの方から連絡が入り、コースを運営している機関の都合で急遽コースがキャンセルになったとの事で大ショック!
一応私達の「続けたい」という声を集めて機関の方と掛け合ってくれるそうですが、しばらくはお休みだそうで本当に残念です。

という訳で水中エクササイズのコースはどうなるか分かりませんが、コースの復活を願いつつ、それとは別に担当してもらう助産婦さんが主催しておられるマタニティ・ヨガに通う事になったので、今後はそちらが楽しみになってリラックスできると良いなぁと思っています。



ご訪問のしるしにポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-09-27 17:00 | 妊娠 | Comments(13)
語学学校時代の友達で中央アフリカ出身のJean-Pierreとは学校が終わってからも仲良くしていて、彼の奥さんでドイツ人のPetraにも仲良くしてもらい彼抜きで2人で会った事も何度かあります。
2人に子供が産まれてからは夜は会い難く、昼間は私が仕事なのでなかなか会えず、去年の4月に彼のBirthday Partyに招いてもらって以来会えていませんでした。
今年の4月も招待してもいましたが私達が日本に一時帰国している時期と重なり、戻ってきてからは私の仕事の事や体調の事でなかなか落ち着かず会えないままでした。

先週の日曜日、や~っと1年と4ヶ月振りの再会を果たしました♪
夕方彼らのうちでお茶する事になったので、冷蔵庫にあったブルーベリーを入れてチーズケーキを焼いてみました。
f0224632_2231520.jpg


この週末はベルリンに夏が戻ってきて、なんと日曜日は今年最高の気温(多分37度位)を記録しすごい暑さ!
午前中は今年最後のチャンスかもしれないので屋外プールへ行こうと提案したけれど、前日お友達の結婚披露パーティで焼酎や泡盛を呑み過ぎてやや二日酔いのぺーさんがどうにもこうにも無理だったので、せめて運動に歩いていこうと、うちと彼らのうちの間にある空港跡地の公園を歩いていく事にしました。
滑走路だったコンクリートの上を歩くと、照り返しで体感温度は40度以上。
随分大きくなってきたお腹が歩いていると痛み出し、その上それでなくても妊婦は体温が高いのにその暑さで汗っかきのぺーさんもギョッとするくらい私の顔を滝の様に汗が流れ落ち、「痛い、痛い」とゆっくりゆっくりなんとか公園を反対側に出ると丁度バス停があったので、そこからはバスで移動。
無事に彼らのおうちに着けてやれやれでした。

彼らの息子くん、ネヘミアくんが元気にお出迎えしてくれました。
f0224632_22314471.jpg

1年の間に随分大きく男の子らしくなっていてビックリ。
先日4歳になったらしく、「ボク、長い間ずっと3歳だったけどこの前やっと4歳になったんだよ!」と。
f0224632_22321919.jpg

うんうん、きっと1年間ずっと3歳だったんだよね。(笑)

会ってから驚いてもらおうと電話で敢えて私の妊娠の事は告げておらず、2人とも「あら、おめでたなのね!おめでとう!」と祝ってくれ、その後、「うちも4週間前に産まれたのよ」なんて言われて私の方がビックリ☆
寝室でお昼寝中だった生後4週間のデボラちゃんを連れてきてくれました。
f0224632_22325048.jpg

寝ているところを起こされて、まだまだ眠そうだったけれどそれでもくっきり二重のパッチリお目目で、
唇がポテッとしていてかわいい◎

1人で見ていても大きくなったと驚いていたネヘミアくんが、デボラちゃんを抱くと更にお兄ちゃんらしく見える!
f0224632_22331746.jpg

甘い赤ちゃんの匂いのプクプク赤ちゃんを抱っこさせてもらって、嬉しい日曜日の午後となりました◎

**********************************

今年はドイツのお友達も日本のお友達もその他の国のお友達も妊娠・出産ラッシュです。
Jean-Pierre&Petra以外にも、しばらく連絡を取っていなかった日本の友達からも「子供が産まれたよ」と嬉しいお便りをもらいました。
その他、なかなか子供に恵まれず、不妊治療をして子供を授かったものの流産し、子供を諦めかけていた友達がなんと自然妊娠したという嬉しいお知らせもありました。
今年の干支は「壬辰」で両方の感じに女偏を付けると「妊娠」となる年なので妊娠い易い年なんだとか。
そのご利益に私達もあやかれたようで本当に嬉しいです。

私の周りには「早く赤ちゃんを授かりたい!」と言っている人が何人かいます。
今年はまだ後4ヶ月あります!
そんなアナタの元へも赤ちゃんがやってきてくれますように☆


ご訪問のしるしにポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-08-25 23:50 | 妊娠 | Comments(8)
2週間ちょっと前に突然の激しい嘔吐と腹痛に倒れ、以来うちで安静に過ごす日々で、妊娠糖尿病の検査も無事にクリアし、そろそろまたお友達とお出掛けを、と思っていた矢先にまたダウンです。

木曜日は本当は2週間前に会う予定だったのに体調不良によりドタキャンしてしまったお友達とやっと会えました。
ちょっとオシャレなベトナム料理屋さんでランチを食べつつ、おしゃべりに花を咲かせました。
f0224632_18104216.jpg

お会いするのは半年振りということもあり話題は尽きず、ゆっくり食べながらい~っぱいおしゃべりをし、楽しい時間を過ごしました。
f0224632_1811850.jpg

アパートの内見の帰りにぺーさんと食事することはあっても(ぺーさんとなら具合が悪くなればすぐに食事を中断して帰る事もできるので、具合が悪くなってからも時々外で食べていました。)、お友達と食事することも会うことも久しぶりで、本当に楽しい時間を過ごせました♪
と、喜んでうちに帰ったら、うちに着いて一息ついたとたんに激しい腹痛が!
しばらく横になって休んでいると、ぺーさんから帰るコールが。
「お腹が痛くて食欲ないし、作るのもしんどいからなんならぺーさんは外で食べてきて」と言うと、
「じゃあ、買い物して帰って鶏粥作ります!いいですか?」と。
お粥なら食べられるかも、という事でお願いしました。

鶏の半身を買ってきて、圧力鍋で生姜や八角と煮込み、鶏肉と薬味を取り出し、浮いている脂を取り除いて取れたお出汁でご飯を炊いて、鶏粥を作ってくれました♪
私は胡麻油とほんのちょっぴり胡椒を振って(本当はスパイスは避けるべきでしょうね。)、後で刻み海苔をのせて頂きました。
f0224632_1811526.jpg

優しい味で食べ易く、ゆっくりちょっとずつ頂きました。
ぺーさんは胡麻油と胡椒の他に、お酢をふって、更にピリ辛明太高菜をのせて。
f0224632_18123162.jpg

私の食べたお粥とは別物の味でしょうね。(笑)

この日は朝まで腹痛で眠れず、夜中に何度もトイレに駆け込み、深夜に救急病院へ駆け込もうかと思ったくらいでしたが、なんとか朝になるのを待ってぺーさんといつもの産婦人科へ。
赤ちゃんも子宮も問題なく、多分胃腸炎か何かなので水分と塩分をしっかり摂って休むようにとの診断でした。
胃腸炎になるような疲れる事をしていないのにどうして??
或いは、この日の前日に食べた激辛タイ料理(一つ前の記事のタイ料理です)に胃がビックリしてしまったのでしょうか?!
折角お友達との外食を解禁したと思ったら、また引き篭り生活に逆戻りです。

週末はお天気がよく、私はもちろんぺーさんも太ってきているのでプールに行こう!と張り切っていたのにとてもとても・・・
という訳で、プールへは行けなかったのですが、4週間前に行ったプールの写真をアップします。

ベルリンで何度かプールへは行ったことがあったのですが、屋内プールばかりで、屋外プールはこの日が初めてでした。
50mプールが3つもあって、真剣に泳ぐ人達でいっぱいで、私は無理だわ~と焦ったのですが、ちゃんと子供用プールもありました♪
f0224632_1813202.jpg

噴水のある一番奥側は私の膝ぐらいで、そこから段々深くなり私の胸くらいになるので、私はそこでパチャパチャ水泳もどきを楽しみました。
f0224632_1814162.jpg

50mプールは深さが1.8m~2mあり私はパスしたのですが、ぺーさんはそこで1キロ程泳いでいました。
プールの奥には緑がいっぱいで、ピクニックをしている人達も。私達が行ったのが朝早かったので人が少なかったですが、午後にはきっとピクニックをする人でいっぱいになったのだと思います。
f0224632_18144585.jpg

チャプチャプ泳ぎしかしない私は散策してこの緑地を見つけ、ぺーさんに「奥に公園もあるよ!」と報告すると、「ドイツの屋外プールでは普通だよ」との事で、これがスタンダードらしく驚きました。
緑地の隅にはちびっ子の水遊びプールもあり、みんなキャッキャと楽しそうでした。
f0224632_18152675.jpg

「また来たいね~♪」と張り切って回数券を買ったのに、その後お天気が悪くなったり、私の体調が悪くなったりでなかなか行けません。
8月になれば屋外プールはちょっと…というくらい涼しくなることもザラのドイツですが、なんとかもうちょっと夏が留まってくれて、来週末こそプールへ行けるといいなぁ!!!

ご訪問のしるしにポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-08-05 23:55 | 妊娠 | Comments(12)
昨日(7/31)は妊娠糖尿病の再検査でした。
妊娠糖尿病に掛かると薬の服用だけでなくかなりの食事制限があるらしいので、引っ掛かっていたらどうしようとドキドキ・・・

前回の検査では、検査薬を飲んで1時間経ってから採血するだけでしたが、今回はまず採血し、検査薬を飲んで1時間後と2時間後の2回採血し、それから結果を聞きます。
この時期は先生や看護婦さんも夏期休暇の方が多いらしく、前回もそうでしたが、今回もいつもの看護婦さん以外に臨時の看護婦さんがいました。
看護婦さんにも派遣ってあるのでしょうか?!
f0224632_16231338.jpg

3回中2回が臨時の看護婦さんによる採血で、その方が刺した時、なんと1滴も血が採れず・・・
1回の採血の為に3回も針を刺されるというハプニングはありましたが、検査結果は無事正常値とのことでした♪
f0224632_16245799.jpg

嬉しかったので、夕飯は外食に?! それともデザートを奮発?! なんて思いましたが、体重が増え過ぎているという現実がありますし、珍しくぺーさんに夕飯のリクエストを聞くとパスタとの事だったので、夕飯はアボガドとゴマたっぷりのヘルシーなパスタにしました。

その代わり、という訳ではないのですが、今日の夕方アパートの内見が入っていたので、その帰りに彼のタイ通の同僚お勧めのタイ・レストランへ行きました。
最近辛い物がいつもに増して好きなのでタイ料理にワクワク♪

レストランというより食堂という雰囲気で、タイ人もたくさん食べに来ていました。
お店の方のお勧めを聞き、パパイヤ・サラダ、内臓のスープ、豚の挽肉のハーブ炒めを選びました。
f0224632_16253345.jpg

パパイヤ・サラダには小さなカニが何匹か入っていてビックリ!
酸っぱ辛くて美味し~☆
f0224632_1626749.jpg

内臓のスープをオーダーした際、ぺーさんがドイツ人だからか「辛くないようにしましょうか?」と聞かれ、辛い物好きの彼は「辛くして下さい」と応えたからか、めちゃ辛っ!!!
通常の辛さだったのか、辛くして下さいという言葉通り通常より辛くされたのか分かりませんが、一口目は辛さに驚いたものの、その辛さが癖になり汗をかきながらこちらも平らげました。

糖尿病ではなかったものの、体重は増え過ぎなので調子に乗っていてはいけません!
こちらで気に入るマタニティが全然見つけられず、仕方なく日本のネット通販で買い、母にこちらに転送してもらいました。
妊娠糖尿病の疑いアリと話す前でしたが、21週目で既に10キロ増えてしまった話をしていたからか、海藻類や、寒天冷麺、寒天で作るデザート等、ダイエット食がたくさん入っていました。
f0224632_16264124.jpg

おせんべい類が多いのは、しょっちゅうお腹がすいて何かつまみたいけれどドイツでお菓子というとチップス系やクッキー系のような高カロリーな物になってしまうと話していたからです。
今回は急ぎで服が欲しかったので食べ物は特にリクエストしなかったのに、こんなにいろいろ入れてくれていて感謝です。
送ってくれた食品を活用し、お散歩もしっかりして、ウエイト・コントロールに励もうと思います!



ご訪問のしるしにポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-08-01 23:50 | 妊娠 | Comments(4)
7/26(水)に助産婦検診と妊娠糖尿病検査に行ってきました。
助産婦さんの検診の結果は全て良好でした。
赤ちゃんの大きさ、向き、私のお腹の大きさ等全てOKとの事でした。
先週、食後に激しい腹痛に見舞われ、吐いたり下したりと大変だった事を話しましたが、食事はなるべく少しずつ取るようにするようにというアドバイスだけで、とくに問題はみられないとのことだったので、心配することはなさそうです。
f0224632_21165219.jpg


妊娠糖尿病の検査は、その場ですぐに検査結果が出たのですが、私の数値が妊娠糖尿病であるかないかの境目だったので、再検査が必要となってしまいまいた。
ただ、病院の指導によると検査の前日22時以降は何も食べてはいけなかったのですが、説明を聞いたのが1ヶ月前で記憶が曖昧で、検査薬(事前にクリニックで処方箋をもらい自分で薬局で購入しなければなりませんでした。)に添えられていた説明書によると検査の8時間前は飲食をしてはいけないとあったので、検査が9時からだからと深夜0時過ぎにバナナという糖分の高いものを2本も食べてしまっていて、それが原因かなぁとも思ったり・・・
f0224632_21173244.jpg

普通はそんな時間に食べないのですが、その日に限って起きていたのでお腹が減り、しかもお腹がすくとすぐに吐き気がするのに翌日検査が終わるまで食べられないと言う恐怖心もあり、ついつい「今ならまだ食べられるから食べておこう!」と2本も食べてしまいました。
そんなちょっとした事が影響するのかは分かりませんが、来週再検査なのでその結果を見てみるしかありません。
f0224632_2118664.jpg


クリニックを出ると、ぺーさんは仕事へ。
私は先日お部屋探し中に見つけた中国人のやっているマッサージ屋さんへ。
f0224632_2118529.jpg

写真の花は駅からマッサージ店へ向かう途中の子供広場に咲いていたお花です。
ドイツの他の都市も同様かもしれませんが、ベルリンは緑がたっぷりの大きな公園がいくつかある上に、こういう小さな子供が遊べる広場がいくつもあるので良いなぁと思います。
f0224632_21193423.jpg

ここ数日ベルリンにも夏日が戻ってきたので、この日は炎天下の中子供たちがほぼ裸んぼでキャーキャー歓声を上げながら遊んでいました♪

マッサージ店は古そうでしっかり治療をしてくれそうな店構えだったので行ってみたのですが、迎えてくれたお姉さん達はピチピチのミニのチャイナドレスを着ていて、「ここって違うマッサージ店?!」と焦りましたが、入り口に書いてあったフット・マッサージをお願いしました。
f0224632_2120514.jpg

まずはお花のお湯に足をつけてリラックス。
それからマッサージをしてもらいました。
f0224632_21204381.jpg

担当してくれたお姉さんはフレンドリーな良い方で、しっかり長めにマッサージをしてくれたのですが、正直あまりマッサージの経験がという感じではなく、かなり物足りない感じでした。
という事で、残念ながら次回はないなぁ。

ベルリンには中国人やタイ人経営のマッサージ店がたくさんあるので、また別の所をトライしてみようと思います。


ご訪問のしるしにポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

[PR]
by tantan_quelle | 2012-07-28 21:30 | 妊娠 | Comments(6)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle