Farbige Kupferstiche (銅版画展『不思議の天音』)

昨日(2/11)は学校を少し早めに上がり銅版画の展覧会に行ってきました。
山口ヒロミさんという作家さんの個展で、日本から作家さんがお越しになり一緒に作品を鑑賞できる貴重な機会でした。

ヒロミさんの作品のモデルはいつも娘さんの天音(あまね)さんです。
生まれつき重度の障害のある天音さんは脳にも重い障害があり常に苦痛があり不機嫌で、お母さんであるヒロミさんが抱いていると落ち着くので起きている時はもちろん寝ている時も常に抱っこだったそうです。
一日中抱っこで他のことができないので、片手で天音さんを抱きながら、もう片方の手で天音さんをスケッチし始めたのが絵を描き始められたキッカケだったとか。
天音さんは19歳で亡くなるまで一度も手足を使ったことがなく、植物の様にくねくねと曲がり細く伸びた手足をヒロミさんは美しく愛おしく感じられ人に見て欲しい!とその手足を表現した作品も何点かあります。
f0224632_23561835.jpg

ヒロミさんの作品がよく分かるので2003年に作られたウェブギャラリーを下記に貼っておきます。
www.selfsoart.jp/yamaguchi-h/
ヒロミさんは天音さんを生きようとする力のとても強い子だったとおっしゃっていましたが、ヒロミさんやダンナさまもとても強く愛情深い方達だと感じました。
生まれること、生きていることは奇跡のような素晴らしいことなのだと改めて感じさせてもらいました。

散歩に出掛けるのも大変な重度の障害でうちに籠りがちになり、そんな中でヒロミさんは社会と繋がりたい、天音さんを社会と繋がらせたいとパソコンやインターネットの普及していない頃に手書きの「あまね通信」を書き始め、そこに天音さんのイラストを描き始めたそうです。
それを機に銅版画を習い始め、天音さんが亡くなった後も天音さんをモデルに作品を作り続け銅版画家として活躍されています。
天音さんを社会と繋がらせたいと願われたヒロミさんを天音さんが今も社会と繋がるお手伝いをしてくれているようだなぁと感じ胸が熱くなりました。

ヒロミさんはパリでも何度か個展をされていて、その際に作品がワイナリーのオーナーの親戚の目に留まり、ヒロミさんの作品をワインのラベルにしたいとの申し出があったそうです。
ヒロミさんの作品は版画なので複数プリントできるのですが、ワインのラベルにするのでその作品は他に出ないよう全版買いたいとのこと。
価格を聞かれたヒロミさんは相場が分からず、最終的にラベル画の購入経験のあるワイナリーの方に価格をお任せしたそうですが、ワイナリーまで出向かれ作品の受け渡しの際に代金が支払われると、なんとヒロミさんは代金分のそのラベルのワインを買われたと聞き驚き思わず笑ってしまいました。
とても粋でお茶目な方ですよね。
そんなヒロミさんなので天音さんの美しさに目を向けられたのだと思います。
http://amanedo.exblog.jp/17173200/
↑ワインのラベルになった作品を検索していたらヒロミさんのブログに辿り着きました。

残念ながら私は出席できませんでしたが、9日の夜に個展のオープニング・パーティがありました。
その際にはこのワインが振る舞われたそうです。

個展は4月14日までですので、ベルリンにいらっしゃる方は是非!
開館日: 2016年2月9日より4月14日までの火〜木曜日11時-16時
会場: Frauenkreise, Choriner Str.10, 10119 Berlin-Mitte


ヒロミさんの作品とお話に思わず涙してしまいました。
ヒロミさんの作品を見てみたい!と思われた方、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2016-02-12 23:55 | イベント

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle