Abstieg vom Berg Brocken (魔女の山を歩く)

8月30日(日) 後編

お昼休憩をした後、皆でブロッケン山の頂上にある観測所や展望台の周りをぐるりと歩きました。
f0224632_14504235.jpg

ブロッケン山のあるハルツ山地は魔女が集う山として有名です。
頂上にあった岩には魔女や悪魔が集まって腰かけるそうです。
f0224632_14504190.jpg

リュウはヤコブくんと一緒なので大はしゃぎで、ヤコブくんを追いかけて走り回り何度もこけ、おでこをすりむいた時は痛さで一瞬泣きましたが抱き上げるとすぐに泣き止みまたヤコブくんを追いかけていました。
f0224632_14504138.jpg

以前は別の山からブロッケン山まで何度も歩いたというペーさんパパ&ママですが、最近ペーさんママは普段の生活には全く問題のない程度ですが歩くのが辛いとのことで2人は往復のチケットを買っていたので、駅に行き2人を見送りました。
f0224632_14504114.jpg


この山を自転車で登る人も多く、すごいなぁと思っていると、小学校高学年くらいの子どももお父さんお母さんと自転車で登っていて驚きました。
ただ、下山する自転車がすごいスピードで下っていくのが危なくておチビ2人を歩かせられず仕方ないのでパパ2人が肩車を。
f0224632_1450415.jpg

頂上でも見かけましたが、馬車でも登れるらしくビックリ!
馬にとってはとても過酷な仕事だと思うしかなり時間も掛かると思います。
f0224632_14504330.jpg

下山中にも機関車を見かけ「エマ~♪」と喜ぶリュウ。
f0224632_14504359.jpg

舗装された道から登山道にそれ、自転車が来ないので子ども達を歩かせました。
f0224632_1450431.jpg

大人でも気をつけないと危ないような岩ぼこ道が多く、リュウはぺーさんが強制抱っこ紐や肩車していましたが、岩から岩へぴょんぴょんと上手に飛び移りながら下って行くヤコブくんを見て同じことをしたがります。(^^;)
5歳でもうあんなに歩けるのだと感心しました。
f0224632_14504442.jpg

大きな岩場は無理ですがちょっとしたでこぼこ道なら歩かせ、2歳児にしてはかなり歩いたと思います。
上が居ると成長が速いとよく聞きますが、まさにそんな感じでした。
f0224632_14504449.jpg

ブロッケン山には雪のあった2008年12月に登ったことがあり、その時は登りも下りも歩いたのですが割と簡単な登山だったという印象だったので、今回は子ども連れとはいえ下山に2時間以上掛かりかなり疲れました。
ズブズブ踏み込まない程度の雪山より暑い夏の山の方が疲れるのかも⁈

街に出ると、魔女の集う観光地らしい看板を見かけました。
f0224632_14504521.jpg

観光地なのでかわいらしいペンションもたくさん並んでいました。
町役場と思われる建物もとてもかわいらしかったです。
f0224632_14504612.jpg

以前に一度行ったことがありますが、ハルツ地方には温泉に入れる所もあるので次回は温泉&街歩きもいいなぁ♪と思います。


魔女が集う山ってすごいね!と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by uhihihihi at 2015-09-13 21:07
こんばんは~♪
リュウくん、ヤコブくんと一緒のハイキング
それはそれは楽しかったんでしょうね。
魔女の集う山 なにやら面白そうなネーミングですねー。
ペンションも可愛いね~泊まってみたいです!
Commented by himekagura at 2015-09-13 23:27 x
うわ~。青空きれい!山の景色も素敵!
魔女が集まってくるのもわかる~。魔女達も楽しく集会ができそうな場所ですよね。
リュウ君はヤコブ君と一緒に登山、楽しかったでしょうね。
Commented by freesia-march at 2015-09-14 12:18
魔女が集う山というのがヨーロッパっぽいですね♪でこぼこ道をリュウくん頑張って歩いてますね!
確かに上がいると成長が早いって言いますよね。リュウくんにとってヤコブ君とのハイキングはいい経験になったんでしょうね^^
街の建物もかわいらしい。まさに魔女がいそうな雰囲気ですね^^
Commented by yukadiary at 2015-09-15 00:11
こんばんは^^

お兄さんのヤコブくんと同じことをしたいのですね^^
楽しいのだろうな~~^^
まだまだ小さいリュウくんには危ないところも多いでしょうけど
こうして子供同士で成長していくのでしょうね^^

そういう瞬間を一緒に見守っている気分です^^

男の子の運動量は、あっという間に伸びそうです^^

>やっぱりお休みって大事ですね~~
リセットの日が無くて
そういう意味でも、大事だなって思います^^
Commented by starofay at 2015-09-15 13:13
ここも自然はきれいだし、建物は素敵だし、魔女が集まるというワクワクするような所ですね。
⬇️列車もとってもカッコいい!
Commented by bonbonniere0826 at 2015-09-16 07:43
エマって機関車トーマスかと思いきや、ミヒャエルエンデに登場するんですね!
渋いっ、リュウくん♪
Commented by tantan_quelle at 2015-09-16 15:05
♪うひひさん
この日リュウは機関車に乗れたしヤコブくんが一緒だったし終始大はしゃぎでした。
下山した後皆でピッツァを食べに行く予定だったのですが、疲れてしまったヤコブくん親子はレストランに寄らずに帰ってしまいリュウはガッカリしていました。今回の日帰り旅行でヤコブくんとリュウの距離はグッと縮まったように思います◎
登山も良いですが、次回は温泉に入って街をブラブラするのも良いなぁ♪
Commented by tantan_quelle at 2015-09-16 15:10
♪himekaguraさん
ラッキーなことに快晴で気温は30度まで上がり8月最後の日曜日は今年最後の夏日の日曜日でした。
今回は登山のみでしたが、観光地なので街中にはかわいらしい建物が並び魔女にちなんだデコレーションもちょこちょこ見かけ面白いし、次回この辺りを訪れる際は温泉&街ブラも良いなぁと思いました。
Commented by tantan_quelle at 2015-09-16 15:15
♪サナさん
魔女の山は快晴の夏日なので恐さはなかったですが、本当に魔女や悪魔が集まったら恐いでしょうね。
でこぼこ道は大人でも足を取られないように気を付けて降りなければならなかったのですが、リュウはヤコブくんに追い付けと頑張ってかなりのスピードで下っていました。
今回のハイキングはリュウにとって良い経験だった上に、ヤコブくんとの距離もぐんと縮まったように思います◎
Commented by tantan_quelle at 2015-09-16 15:20
♪yukaさん
何でもヤコブくんと同じことがしたいらしく、危ないからとぺーさんが強制だっこや肩車をすると「ヤコブも歩いてるよ!りゅーくんも歩くよ!」と抗議します。
重い子ども達を何度も肩車しながら下山したパパ2人はとても疲れたと思いますが、子ども達にとっては良い経験でした。
どんどん体力がついていて、この日も夏日で山の上でも暑かったのにリュウはお昼寝ナシで大はしゃぎでした。
そのうちそのパワーに私達が付いて行けなくなりそうです。(^^;)
Commented by tantan_quelle at 2015-09-16 15:25
♪かおりさん
登山鉄道はリュウの為に乗りましたが大人でも楽しめました♪
もちろん鉄道マニアの方もたくさん見かけました。
今度は魔女の山の麓の街をゆっくり散策したいです。
Commented by tantan_quelle at 2015-09-16 18:30
♪picoriさん
リュウはトーマスももちろん大好きですよ。
エマは黒い小型の蒸気機関車なのでこの黒い機関車(普通は機関車って黒ですよね)を「エマ」と呼んだんだと思います。
原作は長い小説のようですが、その中のエピソードを取り出した子供向けの絵本や人形劇のDVDがあり、夫も子どもの頃大好きだったそうです。
主 人公のジム達は中国へ行き、お姫様のLi Siと会うんですよ。リュウのなりきりごっこ遊びは続いていて、自分がジムの時は私はお姫様だそうです♡ 「Li Si」という名前ではなく「Prinzessin(姫)」と呼ばれるので嬉し恥ずかし。外では呼ばないで~!という感じです。(*^o^*) この本の影響でリュウは中国へ行きたいそうです。
Commented by bonbonniere0826 at 2015-09-19 12:06
息子くんに姫と呼ばれるなんて♪
男の子ってほんとう優しいですね。
Li siの故郷中国のリュウくんのイメージが中国旅行で壊れないことを祈ります^^:
Commented by tantan_quelle at 2015-09-19 13:50
♪picoriさん
確かに、いつまで姫と呼んでくれるでしょうか⁈
最近のなりきりごっこはほぼ一日中ジムなので私はずっと姫ですが、ある日「こんなオバさんを姫と呼んでいたのか!」と気付き愕然とするのでしょうか。(^^;)
リュウが中国にどんなイメージを持っているのか分かりませんが(絵本では古典的な中国風景画出てきます)今の上海は私にとっても見る物全てが新鮮だと思うのでリュウにとっても驚きと興奮の訪問になると思います。
by tantan_quelle | 2015-09-12 23:55 | お出かけ | Comments(14)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle