U7 (先生の一言にドキリの2歳前検診)

10月7日(火)

リュウの2歳前検診に行ってきました。
お部屋はいつものクマちゃんが居るお部屋でした。
今までは体重計の上にリュウを寝かせて体重を量り、身長はベッドに寝かせて測っていましたが、今回からまずはクマちゃんを体重計の上に座らせこうやって量るのよ、と見せてからリュウを量り、身長は立って測りました。
f0224632_8351840.jpg

体重は10.8キロ、身長は79.5cmと相変わらず小さめです。
f0224632_8352987.jpg

この日、ペーさんも行きたがっていたのですが仕事の都合で行けず、彼がリュウが小さいことをとても心配していたので聞いても意味がないと思いつつ先生に「大丈夫でしょうか?」と聞いてみました。
f0224632_8354231.jpg

先生曰く、全く成長していないと問題だけれど、緩やかでも成長しているので問題ないとのこと。
そんなに心配なら、と3月にまた体重と身長を測定してもらうことになりました。

体重と身長の測定の後、看護婦さんと能力検査の様なことを。
ドイツではよく見かける木のオモチャで棒に輪を通す物や、大きなカップに小さなカップを入れる、瓶の蓋を開ける、などのチェックがありました。
f0224632_8353115.jpg

オモチャはうちにも同じ物がありやったことがあるので難なくクリア。
瓶の蓋は開けさせたことがないので(うちではむしろ触らせないようにしていました)どうかなぁと思いましたがこちらもできました。
視力検査はだまし絵の中から星や車などを探すという物でしたが、それもリュウはすぐに見え、逆に私が見えなくて自分の視力が心配になったくらいでした。(^^;)
看護婦さんにと~っても誉めてもらい検査終了♪かと思いきや・・・
今度は先生が来てやや難易度の高いオモチャを。
↑写真にあるくるくる回して音を出すオルゴールを回すように言われ、これはうちにもあるのですがうちでもいつも半周しかできず、この日も最初は半周でしたが先生にもっと同じ方向に回して、と言われ、その後できるようになり一応クリア。
その次が、同じくドイツでよく見かける木のオモチャなのですが、丸や三角、四角などに穴が開いていて、その穴に同じ形の積み木を入れるという物でこちらはうちにない物でした。
リュウは正しい穴に積み木を持って行っても、積み木を垂直に入れないので積み木が穴に入らず、先生が「まっすぐ入れるのよ」と言うのですがリュウは先生の顔ばかり見て手元を見ないので上手く行きません。
そこで先生が「私の顔ばかり見て手元を見ないけど、この子は私が言っていることを理解してないんじゃない?ドイツ語の為に早く保育園に入れた方が良いんじゃない?」
なんて言われてしまいました。
リュウはいつも言葉が早いと言われていましたし、話すのは9割以上日本語ですがドイツ語もよく理解しているようなので言葉の心配は全くしていなかったので驚きました。

その他ボールを投げたり蹴ったりする検査や、診察台に登るはしごの様な階段を登る検査は難なくクリア。
f0224632_8351994.jpg

検診の帰りに寄った公園でもっと高い階段にも登ります。
f0224632_8353012.jpg

公園に行く度に階段は登っているし、最近はアパートの階段も時間がある時は自分で上り下りさせているので階段は得意です。
f0224632_835445.jpg

↑滑り台に登るのが階段ではなくかなり垂直なはしごの所も多く、最近ははしごも登れるようになっています。

言葉に関しては、後日小学生の子どもがいる先輩ママ達にこの日の話をするとみんな「ドクターはそういうことを言いがちだけど問題ないよ」と言ってくれ一安心。
ペーさんも、ベルリンは移民が多く、移民の人達が子どもを保育園に入れず義務教育の小学校で子どもは初めてドイツ語環境になり授業についていけないという問題があるのでドクターもそれを心配したのだろうとのこと。
お友達もリュウは日本語の習得が早いので保育園に通うようなりドイツ語を耳にする機会が増えるとドイツ語の習得も早いだろうと言ってくれホッとしました。
f0224632_8352657.jpg

日本語はメキメキ上達していて、この検診の翌朝、一日外出予定だったので出かける前に夕飯の下ごしらえをとバタバタしていると、
「たんちゃん、エプロンぬいで!おててつないで!一緒にソファー行く!」
と言うので一緒にソファーへ行き、遊ばせておいてキッチンに戻ると
「たんちゃ~ん、来て!りゅーくん待ってる!」と叫ぶので
「ちょっと待って~!」と応えると
「今来て!」とピシリと言われビックリ。
今までは「○○食べる」「○○飲む」だったのが、「○○食べたい」「○○飲みたい」「遊びたい」など希望を訴えるようになり、うちでは「○○欲しい」という物をお店では「○○買う」と言うようにシチュエーションによって動詞を使い分けられるようになりました。
動詞の過去形は数ヶ月前から使っていましたが、最近は「美味しかった」「速かった」「面白かった」「暗かった」「寒かった」など形容詞も過去形にして使えるようになってきました。

先生の一言に焦ってすぐに入れる保育園を探すべきかと思いましたが、予定通り来年の夏の入園で行こうと思います。


ちょっとした一言にアタフタの私に応援クリック頂けると嬉しいです。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
Commented by メイビス at 2014-10-26 07:36 x
うちにも、四角や三角の積み木を同じ形の穴に入れるおもちゃがありますが、同じ形のところに持っていけても、角度がなかなかあわせられないので、入れるところまではできないです。

それに、2才前で初めてのことをすぐしろと言われてもねえ。。。

星や車がちゃんと探せているのだから、ドイツ語も分かっておられると思うんですが。。。

日本語は本当にお上手で、うちは大丈夫だろうかとあせるくらいです。

言葉が得意なリュウくんだから、保育園に行かれたらきっとあっという間だと思いますよ。
Commented by tantan_quelle at 2014-10-26 20:20
♪メイビスさん
ありがとうございます。
そうですよね、初めてのことをいきなりしろとしわれてもできないですよね。
確かにだまし絵の中の物はきちんと探せていたし、その他の指示にも従えていたので(私がリュウの反応を待たずについ日本語に同時通訳してしまっていた時もありましたが。だまし絵の時はリュウが見つけるのが速く私が何か言う前に絵を指差してドイツ語で「星!」「車!」なんて叫んでいました。)ドイツ語もある程度分かっていると思うんですよね。
改めてメイビスさんに心強いコメントを頂いて安心しました◎
Commented by uhihihihi at 2014-10-26 20:34
リュウくん すごいよー!
ドイツ語と日本語、ちゃんと使い分けてるんだろうし。
両方の言葉を覚えるのって大変なんだろうなーって
ちょっと思っちゃいます。
バイリンガルってやっぱり羨ましいわ。
↓の動画いいですね! かわいくって癒されちゃいましたー。
Commented by bonbonniere0826 at 2014-10-28 10:51
たんたんさん こんにちは♫
リュウくんの文法力すごいですね!
男の子って言葉が遅くてパパママが心配する場合が多いのに、パパさんも語学に長けた方ですし、たんたんさんも丁寧に向き合って育てていらっしゃるからなのでしょうね。
リュウくんの動画、可愛すぎて笑ってしまいました♡
赤い鳥だのお花が笑ったを歌える2歳児が、いま日本に何人いるかしら。音程もリズムもバッチリで!
パパやママとおしゃべりするリュウくん動画もよろしくで〜す♫^^
Commented by samandra at 2014-10-28 17:21 x
というかリュウくんが言葉が上手なのは知っていましたが
9割日本語なのにびっくりー! えらすぎる。
ドイツ語は ドイツに暮らしてたら必ずそのうち話すんだから気にしなくて良くないですか?

昨日のいただいたコメのお返事を
自分のコメ欄にしてます、なぜか。
Commented by himekagura at 2014-10-29 00:55 x
リュウ君すごいと思います。日本語とドイツ語のバイリンガルで、いろいろちゃんと理解してるんだもん。来年になって、保育園に行き始めたら、またきっといろいろ語彙が増えるでしょうね。楽しみですね。
Commented by tantan_quelle at 2014-10-29 10:05
♪うひひさん
ありがとうございます。
まだ使い分けという程ではなく、日本語でもドイツ語でも言える、という感じです。
人によって使い分けられるようになったらすごいですよね。
動画も見てくれたんですね。ありがとうございます。(*^o^*)
Commented by tantan_quelle at 2014-10-29 10:15
♪picoriさん
旅行帰りでお忙しいでしょうに早速のご訪問ありがとうございます。
リュウがどんどん言葉を習得するのには私も日々驚いています。
とにかく自分の要求がはっきりしているので、それを伝えたい一心で言葉を屈指しているという気がします。(^^;)
リュウの歌、大丈夫でしたか~?
夫も私も音痴なので、リュウがそれを受け継いでいないと良いのですが。
『赤い鳥』は実は私も知らなかったのですが、頂いた「うたのえほん」(ボタンを押すと歌が流れます)に入っていて覚えました。
最近は季節外れに「こいのぼり」や季節に合う(?)「大きな栗の木の下で」をよく歌っています。
Commented by tantan_quelle at 2014-10-29 16:05
♪samandraさん
普段ブログに書いているリュウのセリフは記録用に全てそのままで、ドイツ語で書いてる物以外日本語なんですよ。
以前頂いたコメントで過去形の話がでましたがそれらも日本語です。ドイツ語の過去形は英語よりずっと不規則変化が多いしリュウのボキャブラリーではドイツ語で過去形はムリだと思います。
私もドイツに住んでドイツの幼稚園や学校に通っていれば自然とドイツ語はできるようになると思っていましたが、そうでもないという話も聞き心配になりました。
日本語もドイツ語も中途半端というかわいそうなことにはなって欲しくないです。
リュウのボキャの9割以上が日本語なこと、全然すごくないですよー!
私と過ごす時間が長いのと(平日夫と過ごすのは1-2時間)、私の友達も日本人ばかりだからなんです。私がいかにドイツ語を使わずに日本語環境で生活しているか、ですよね。(^^;)

施設の呼び方やシステムが違うんですね。
そちらでも共働きの人が多いと思うので、やっぱり小さくても子ども預けられる施設はありますよね。
アイジくんを預けるのはsamandraさんが通われる学校の付属の託児所で、一般には3歳までどこにも預けられないのかと思って驚きました。
そういえば、アメリカでは小さな幼児が通う所がプレスクールで、就学前の幼児が通う所がキンダーだと聞き逆では?と驚きました。
Commented by tantan_quelle at 2014-10-29 17:25
♪himekaguraさん
ありがとうございます。
日本語もドイツ語も中途半端、なんてことにならないようにしたいものです。
その為にも今はしっかり日本語で基礎作りでも良いかなぁと思うことにしました。
いずれどっぷりドイツ語環境になってしまいますものね。
保育園に通い始めたら私の知らないドイツ語をどんどん覚えてくるのだと思います。
先生や他のお母さんとのやり取りの為にも私がもっと頑張らねばです。
by tantan_quelle | 2014-10-25 08:30 | 子育て | Comments(10)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle