Yubu und Iriomote (水牛車で島を渡る)

ジャングル・クルーズ&トレッキングを楽しんだ後は車で由布島の対岸へ。
由布島へは水牛車で渡ります。
水牛車で島から島へ渡れるのは日本でここだけだそうです。
といっても西表島から由布島は目と鼻の先で、水深もそんなに深くないので歩いて渡ることもできるのですが、ここはやっぱり水牛車に乗らないと♪
f0224632_8153698.jpg

リュウは「モーモー!」と喜んでいました。
f0224632_8175077.jpg

水牛は鼻からしか汗がかけないらしく、非番の水牛達は水に浸かって体を冷やしていました。

由布島は島全体が植物園になっていて、熱帯の植物をたくさん見られます。
f0224632_8182684.jpg

いろんな色のブーゲンビリアやハイビスカスがいっぱい!
f0224632_8183830.jpg

植物園といっても特に温室になっているわけではなく南国だなぁ改めて感じました。
f0224632_8185995.jpg


ずっと抱っこ紐の中にいたリュウが歩きたがるのでサンダルを履いて歩かせました♪
f0224632_8191655.jpg

↑胸元(肩)に付けているお花は水牛車の乗車券です。
美味しいアイスやケーキのあるカフェがあり、リュウを歩いて遊ばせぺーさんと私はこっそり交替でお茶休憩。
リュウにはまだケーキなどを食べさせていないので一緒に食べるのが難しいのです。(^^;)

いつまでも遊びたそうなリュウですが、私達のお茶タイムが終わるとまた抱っこ紐に入ってもらい琉球イノシシやいろんな植物を眺めながらテクテク。

最後に蝶ハウスへ。
白い大きな蝶がたくさん舞っていました。
f0224632_8193991.jpg

「丁度今、黄金さなぎが見れますよ」と係りの方が教えてくれました。
本当に黄金色に光っていてビックリ!
f0224632_8195647.jpg

そして蝶になる前の幼虫もいましたが、絵本のキャラクターのような鮮やかな模様でこちらもビックリ!
f0224632_8201363.jpg

黄金さなぎとなんとなく毒々しい幼虫、そしてひらひらと舞う蝶が全部同じ虫だなんてとても不思議です。
f0224632_820448.jpg

驚きながら眺めていると、抱っこ紐の中で眠ってしまったリュウの背中に蝶が止まりました。
f0224632_821727.jpg

なんだかリュウに天使の羽が生えたみたい☆
水牛車に乗りたいが為だけに行った由布島ですが、最終の水牛車ギリギリまで楽しみました◎

夕方紫外線を気にしなくても良い時間帯になったので帰りにまた星砂海岸へより水遊び♪
f0224632_8245128.jpg

名前の由来でもある星の形の砂を見つけました~~~☆

それから一旦ホテルへ戻り夕食へ。
この日はペーさんが飲めるように徒歩で行けるホテル近くのお寿司屋「初枝」さんへ行きました。
お料理はどれも美味しく、特にジーマミ豆腐の揚げ出汁と本日のお魚(名前は忘れてしまいましたが島のお魚でした)が最高でした。
f0224632_8223581.jpg

リュウは初めて食べる海ぶどうが気に入り、私達が「食べ過ぎだよ」と制しても止まりません!
f0224632_8225598.jpg

1品物の海ぶどうは殆どリュウが食べてしまい、お寿司の盛り合わせにあった海ぶどうにもすかさず手を出すリュウ。
f0224632_8231291.jpg

まぁまだお刺身を食べさせていないのでお寿司で食べられるのは海ぶどうと玉子くらいなので仕方ないですね。
正直「南国でお寿司ってどうなんだろう?」と思っていましたが、とっても美味しくぺーさんも私も大満足でした◎

海が綺麗で食べ物が美味しく見所も多い西表島をとっても気に入った私達。
西表島には2泊の予定で翌日波照間島へ移動する予定でしたが、延泊するかどうかこの食事の後延々と悩むことになるのでした。


結局延泊したの?どうしたの?と思われた方、応援クリックお願いします。(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2014-06-21 08:00 | 旅行

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle