hundemüde aber glücklich! (心電図と超音波検査) baby

昨日(12/19)はリュウの心臓の超音波検査に行ってきました。
日本からベルリンに戻ってすぐの11/26に予防接種に行った際に聴診器をリュウの胸にあてたせ先生が「雑音が聞こえるので詳しい検査をしてもらうように」とのこと。
ビックリしましたが、小さな子どもには時々あることで、まず問題はないけれど検査は超音波で害がないので受けてみるようにと言われました。

早速紹介状をもらったクリニックに電話してみましたが、1/14まで予約でいっぱいと言われて唖然としました。
仕方がないし、リュウは元気なのであまり気にしておらず「急いで他のクリニックを」なんて思わず待つ事にしていましたが、一昨日「空きができたので明日の11:45から診れます」と連絡をもらい行ってきました。
f0224632_7111274.jpg

小児科のクリニックですがいつも行くクリニックより大きいのでベビー専用の更衣室もあります。
f0224632_7112962.jpg

健康診断ではないのに体重と慎重の測定もしてくれました。

まずは心電図。
両腕、両足に1つずつ、胸に4つ、お腹に2つと合計10つスナップボタンのような物を貼り付けられ、それぞれにコードが付きます。
スナップボタンのようなポッチだけでもリュウは気になって取りたいのにコードが付いたらもちろん引っ張りたい!それを私の膝に座らせなんとか注意を他に向けクリアしました。
f0224632_7121227.jpg

続いて血圧測定。
リュウは動かずじっとしているのに機器の調子が悪いらしく右腕、左腕、右腿、左腿と順番に8回も試し、やっとなんとか測定できました。
f0224632_7122797.jpg

何度も続く血圧測定に飽きてきたリュウが動かないように看護婦さんが木製の牛と羊を持たせてくれ、私の大好きなMiffyちゃんの作者Dick Brunaさんの絵に似ているなぁと思ったら、やっぱりDick Brunaさんのパズルでした。
f0224632_713073.jpg

ドイツのお隣オランダの子なのにドイツではMiffyちゃんの知名度は極めて低いですが、たま~にこういうパズルを見かけ、なんとぺーさんの実家にあったぺーさんが子どもの頃使っていたパズルもDick Brunaさんの物でした。

看護婦さんから心電図を受け取った先生と問診です。
「妊娠中に大きな病院で超音波検査をしましたか?」
「妊娠中や出産時に問題はありましたか?」
「ご家族に心臓疾患のある人はいますか?」
いずれも答えは「いいえ」でしたが、心電図に問題があったのかとハラハラしました。
多分形式的な質問だったのだと思いますが、大きな病院で検査するべきだったのか、妊娠中か出産時に問題があったと思われるような結果なのか、遺伝的な欠陥が見られるのかと焦ってしまいました。

そしていよいよ超音波検査です。
暗い部屋の診察台にリュウは仰向けに寝なければならず、普段短時間のオムツ替えや着替え中も仰向けでじっとしていられないのに検査の間動いてはダメとのこと。
ジェルをつけて胸やお腹や首の辺りをグリグリされるので動くなと言われても・・・
丁寧に診てくださったのだと思うのですが、検査は多分30分以上もありました。
私が添い寝して押さえ込むようにとのことで、両腕を押さえ、耳元で「大丈夫だからねー」「動かなかったら早く終わるからねー」「帰ったらお風呂だからねー」(リュウはお風呂が大好きなので)と必死でなだめ、終わるとリュウも私もヘトヘトでした。

結果は異常なし◎
問診でハラハラしたので本当にホッとしました。

帰りはベビーカーに乗ったとたん熟睡のリュウ。
本当に疲れたよね~・・・
起こすとかわいそうなので、うちを通り越して近所のショッピングモール内のベンチで読書をしながらリュウが起きるのを待って帰宅。
うちに帰ると既に15時。
遅いお昼ご飯を食べ、約束通りお風呂タイム♪
f0224632_715474.jpg

ポッチを貼っていた所が絆創膏をはがした跡のように汚れていてタオルでゴシゴシ。
f0224632_7161627.jpg

しっかり洗ってしっかり遊びました◎
f0224632_7152516.jpg

急に検査予定が変更になりペーさんに同行してもらえず私一人で大変でしたが、お陰で安心してクリスマス&お正月を迎えられます。

リュウが元気でいてくれる事に感謝です。
これからも元気ですくすく大きくなってくれますように♡


赤ちゃんに30分も動くなって無理よねーと思われた方、頑張った私達に応援クリック頂けると嬉しいです!(*^o^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
Commented by freesia_march at 2013-12-21 14:32
異常なしでよかったですね!心電図や超音波検査をしなくちゃいけないなんてなったらびっくりしますよね。健康で元気にいることがいかにありがたいかを改めて感じさせられますね。
お風呂に入っているリュウくんとっても楽しそうですね!
笑い声がこちらにまで伝わってきそうです^^
Commented by usako at 2013-12-23 00:46 x
リュウくん(たんたんさんも)たいへんでしたね(><)。
子どもが辛そうなのを見るとほんとに心が(私は胃も)痛いです。

うちも、生後30日検診で心音に雑音が混ざるとのことで生後1ヶ月のころ初めて大きな病院でエコー検査しました。
そこで「心室中隔欠損症」と診断されました。
心臓の真ん中の壁に小さな穴が開いてる病気だそうです。
それから、2才ごろに自然治癒するまで半年ごとにエコー検査
してましたが、
日本ではどこでもそうなのかはわかりませんが、まだ小さい子ども
でじっとしていられないとのことで、睡眠薬を使って眠らせてから
ゆっくり検査してました。
詳しく書くと長くなりますが、やはり20〜30分はエコーに時間がかかってたので、そうでもしないとできなかったと思います。
泣くとそれだけでエコー見れないし心音聞けないし。

なので、睡眠薬は口からと座薬(おしりから)と2択でどちらも
イヤがりましたが、その一瞬ガマンしてもらった方がよっぽど
楽でした。

リュウくんはなんともなかったのでもう検査しなくてよくて
重ね重ねよかったですねー。

ほんとにこれからもできるだけ大きな病気をせずに育ってほしいもんですね。
Commented by メイビス at 2013-12-23 08:19 x
リュウくん、よくがんばったね。お疲れ様でした。私も忘れていたのですが、そういえば長男も心臓に雑音が聞こえるといって、検査を受けました。

たんたんさんも、お疲れ様でした。

よい年末年始をお過ごしくださいね!
Commented by tantan_quelle at 2013-12-23 10:10
♪サナさん
ありがとうございます。
本当にホッとしました。
そうなんですよね~。元気でいるのが当たり前のように思ってしまいがちですが、無事に産まれてきてくれて元気に育ってくれている事って本当にありがたいことです◎

リュウがパチャパチャと楽しそうにやっているので、「もっとパチャパチャやって~♪」とリクエストし、パチャパチャと言う時に私の手で自分のももを叩いて見せると、わざわざ浴槽のふちに手を掛けて立ち、体をのりだして私のももをパチャパチャと叩いてくれ、日本のお風呂の様に洗い場がないので床も服を着ていた私もびしょ濡れになりました。(^^;)
Commented by tantan_quelle at 2013-12-23 10:30
♪usakoさん
ありがとうございます。
リュウが泣かずにいてくれたのでまだ良かったですが、それでもなだめながら押さえつけるのは本当に辛かったです。

こちらで仲良くしているリュウより4ヶ月大きい女の子が生まれつき心臓の壁に穴が開いているらしく、同じく2歳頃までに自然にふさがるけれどそれまで定期的に検査しているそうです。
以前会った時に「前日検査で暗い部屋で仰向けで押さえつけられたので仰向けになるのがトラウマらしくオムツ替えも立ってしかできない」と言っていたのでドイツでは睡眠薬は使わないのだと思います。
その話を聞き赤ちゃんでもトラウマになるのだなぁと驚き、この検査の後リュウはオムツ替え等で仰向けになるのを一層嫌がるのでは??と心配しましたが、特に以前と変わった様子はなく、大変ではあったけれど心の傷にはなっていないようで安心しました。

ひなちゃんは心臓の壁はふさがりもう運動なども普通にして良いのでしょうか?
そうだとイイなぁ!
本当に健康で居てくれるってすごーくありがたいことですよね。
来年もひなちゃんが元気に楽しく過ごせますように☆
Commented by tantan_quelle at 2013-12-23 10:50
♪メイビスさん
ありがとうございます。
レントゲンと違い無害な検査と言われ、心電図までは割りとスムーズに行ったので気楽に構えていましたが超音波が本当に大変で、検査が終わると2人ともグッタリでしたが同時に安心でき本当に良かったです。
ハービーくんも同じ検査を受けたのですね!
何もなくて本当に良かった◎

メイビスさん達も楽しいクリスマスを!
そして元気に良いお年をお迎え下さい♪
Commented by samandra at 2013-12-25 22:36 x
少しご無沙汰してしまいましたら、

もー!
ーびっくり、ドキドキしてしまいました。
なんでもなくて良かったー。
もう、本当に、健康で病気と怪我をしないでいてくれること!それだけですね。
Commented by jam at 2013-12-25 23:52 x
お疲れさまでした。何はともあれ、異常なくてよかったですね。

昔、長女が熱性痙攣を起こして、脳波の検査に行ったときのことを思い出しました。頭にいっぱいコードをつけられた姿は、今でも思い出すと涙が出てきます。すごく心配でした。

でも結果は異常なし。本当に心底ほっとしました。

娘に何かあったら自分の命と引き換えに…そう思った若かりしころの私。きっと母になるってそういうことなんだ、と実感しました。
Commented by tantan_quelle at 2013-12-28 21:15
♪samandraさん
最近PCを開けない日もあり、私もご無沙汰しがちです。
なのでコメントがまとめてになりがちです。
リュウ同様目が離せない子が居て、送り迎えの必要な子が居て、一日2回もブログをアップできるなんてもはや神業です☆

本当になんでもなくて良かったです~!
ありがとうございます。
ハラハラさせられた分、安堵の気持ちも大きかったです。
普段何もないと健康で居てくれるのが当たり前と思ってしまいますが、無事に生まれて来てくれ元気に育ってくれているって本当にありがたいことですよね~。
改めて健康で居てくれる事に感謝です!
Commented by tantan_quelle at 2013-12-28 21:20
♪jamさん
ありがとうございます。
本当にホッとしました。

脳派の検査だなんて、それも心配でしたねー。
検査の様子を想像すると私も胸が痛いみます。
jamさんのお気持ち、本当によく分かります。
私もリュウの検査は痛みを伴うわけではないのに押さえつけるのに抵抗があり訳が分からず不安がっているリュウを見て胸が痛み、代われるものなら代わってあげたいと思いました。
本当に五体満足で生まれてくれて健康でいてくれることに感謝ですね。
by tantan_quelle | 2013-12-21 07:00 | 子育て | Comments(10)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle