am Müggelsee (ベルリン内で旅行気分♪)

お天気が良かった日曜日、ベルリンのはずれにあるMüggelsee までお散歩へ行きました。
ベルリンの街中にも緑がいっぱいの公園がいくつかありますが、ベルリン市内でもちょっとはずれまで行くと湖や森があり自然の中でリフレッシュできます。
ベルリンは市内の電車・バス・トラムのチケットや定期がゾーン制で、こちらの湖までも通常のチケットや定期で行けるのも嬉しいです♪

この湖は旧独時代は海水浴ならぬ湖水浴場として栄えていたらしく、数年前この湖に泳ぎに行った際には大きなレストランが併設された脱衣所の建物が残っていました。
レストランは今は廃墟でしたが、脱衣所は使えたのでそこで着替えて泳ぎました。
大きな脱衣所がある位なので泳ぐならそこなんだと思っていましたが、とても大きな湖なので、「Müggelseeへ泳ぎに行った」というと「どこ側?」と聞かれてしまいます。
f0224632_16391437.jpg

今回は泳ぐ用意はせずにお散歩に行きました。
f0224632_16393925.jpg

湖に平行した散歩道は森の中で、木陰で水の音を聞きながら森林浴ができるという夏のお散歩にピッタリの場所です。
f0224632_1639583.jpg

青々とした緑がとっても綺麗で思わず深呼吸したくなります。
f0224632_16401418.jpg

ビールの原料になるホップがたくさん実っていました。

しばし森を歩いて反対側に出ると「ビア・ガーデン」の看板があり、当然ペーさんは引き寄せられます。
f0224632_16403114.jpg

確か1919年創業で、東独時代にはクローズしていましたが、東西ドイツの統一後以前こちらのレストランを経営していた家族がこの場所を買い取り再度レストランを始めたそうで、化学調味料は一切使っていないとのことで、お昼を食べていなかったしこちらでランチを食べることにしました。

飲み物は、ペーさんは珍しくベルリンに訪れる観光客がおさえておくべき飲み物Berliner Weissを。ビールを緑のハーブのシロップで割った物です。
f0224632_16411173.jpg

私は黒ビール、ではなくMalz Bierというモルトの天然の甘みが利いたノン・アルコールのビールにしました。

食事はペーさんは「キュウリとベーコンの炒め物」に。なんだか中華っぽいと思いましたが、キュウリとはキュウリの酢漬け、ピクルスのことでした。
私は牛レバーの煮込みにマッシュ・ポテトと赤キャベツを添えたものを。マッシュ・ポテトが絶品で、ぺーさんは「どうやって作っているのか知りたい!」としきりに言っていました。
f0224632_16413548.jpg

どちらも美味しく「ドイツ料理にもまだまだ知らない物があるね~♪」と2人とも満足でした◎
リュウもカボチャのピューレを食べて満足していたと思います。(*^_^*)

レストランの向こう岸には別荘なのか住宅なのかおうちが並んでいました。
f0224632_16421255.jpg

↑こちらのおうち、お庭の滑り台が湖へ!楽しそう~♪

自家用やレンタルのボートでクルージングを楽しむ人達もたくさん居ました。
f0224632_1642313.jpg

ボートの上でBBQができるパーティ・ボートも時々やってきて、何かの際にレンタルしたいね、と眺めました。
f0224632_1643142.jpg


ランチを食べたレストランの裏手はホテルとの事で、裏手に回って見てみましたが、ホテルとしてはどうなのかなぁ・・・という感じでした。
f0224632_16432166.jpg

環境・食事・お部屋などの設備、全て良しというホテルを探すのは意外と難しいのかもしれません。

更に森を歩くと森の中に突然ビーチが現れました!
f0224632_16433796.jpg

老若男女問わずトップレスで寛ぐ方達に目のやり場に困ってしまいます。

バス停まで歩き、今度はバスに乗って湖の反対側へ。
f0224632_16435140.jpg

こちらはビール工場で、併設されたレストランやビア・ガーデンもあります。
f0224632_1644667.jpg

今度はこちらでお食事してみたいなぁ♪
f0224632_16442062.jpg

気温は22度位と過ごし易く、湖のほとりのビーチ・バーで夕涼みをして寛ぐ人達を眺めながら私達は家路へつきました。
トータル7時間ちょっとの1日散歩。
ベルリン市内で定期で行ける範囲なのに日帰り旅行気分が味わえ楽しかったです◎


ベルリンって自然がいっぱいなのね、と思われた方、応援クリックお願いします。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
Commented by crystalkika at 2013-08-27 17:51
^^ キレイなところがいっぱい・・・・

キュウリの炒め物ですね。 食べたことないですね。

絶品のマッシュポテト気になります。^^

Commented by sunakobo at 2013-08-27 21:32 x
この湖は、東独に滞在していた時に、一度だけ、遊覧船を借り切って
大使館員とその家族が一日遊んだ覚えがあります。
この日は、夫たちの身分に関係なく、全くのプライベートな一日旅でした。
特命全権大使も運転手を使わず、自分で運転して(!)来られました。
職務では、運転手が何人もついているのに、大使が自分で車を運転するなんて、ネ。
全員が家族をつれ、晴天の中、楽しい(うわべだけだったかも)一日を過ごしました。
まさか、東西ドイツがほどなく統一するなんてだれも思いもしなかった頃のことです。
Commented by uhihihihi at 2013-08-28 06:49
とても気持ちの良さそうなところですね~♪
のんびりお散歩にぴったり。
日帰りで気軽にいけるところもいいね。
ビールの緑のシロップ割りがベルリン名物なんだ!
いつか行く日のために覚えておきまーす。
Commented by sandonomeshi at 2013-08-28 18:12
ミューゲル湖はプチ・バカンスの場所として私もお気に入りです!
どの辺りにいらっしゃったのか上のテキストからは判断できませんが、BVGのチケットで乗れるフェリーもあり、それも楽しいですよ。
次回にでも是非。^^/
ドイツ料理が美味しいビアガーデン、貴重な情報です!(笑)
Commented by starofay at 2013-08-30 06:38
湖に森にビールに美味しいレストランなんて良い所ですね。楽しそう〜。
ホップがきれい。
Commented by tantan_quelle at 2013-08-30 15:55
♪crystalkikaさん
お天気の良い気持ちの良い日で、日差しに緑が映えて美しかったです。
キュウリの炒め物ってなんだか中華っぽいなぁと思ったのですが、キュウリ=ピクルスでしっかりドイツ料理な感じでした。
マッシュポテトは多分バターが入っていて、ポテトも2種類使って1種類はトロトロにマッシュ、もう1種類は少し塊が残る程度に潰してあるようでした。
Commented by tantan_quelle at 2013-08-30 16:00
♪sunakoboさん
ここは東ドイツ時代の東ベルリンや周辺の人にとっては有名なリゾート地だったようですね。
sunakoboさんご家族もここで楽しい時間を過ごされたのですね!
辛いご経験も多かった東ドイツでの生活の中、楽しい思い出話が聞けて嬉しいです。(*^_^*)
ベルリンの中(中心地)に関しては、今では旧東エリアの方が旧西エリアより栄えている場所もあるくらいですが、当時からしたら想像もつかないことでしょうね。
Commented by tantan_quelle at 2013-08-30 16:05
♪うひひさん
そうなんです!
長距離列車に乗る必要も無いのでチケットや座席の予約もなく、気が向いたらぶらりと行けます。
週末に泊りがけで来てボートに乗ったり泳いだりピクニックやBBQをしたりするのも楽しそうです♪

こちらのビール、Berliner Weisseと言います。ベルリンにお越しの際は是非お試し下さい。(^_-)
Commented by tantan_quelle at 2013-08-30 16:15
♪sandoさん
同じベルリン内の湖でもWannseeより人が少なく、緑も多く良いですよね。
フェリーにも乗りたかったのですが、運行が1時間に1本で時間が合わなかったり、行き先が私達のコースに合わなかったりで残念ながら今回は乗れませんでした。
また次回のお楽しみとします♪
こちらのレストラン、インターネットで検索できるでしょうか?
場所が見つからなかったらご連絡下さい。ぺーさんに聞いてみますね。(連れられて歩いただけなので私自身不確かなのです・・・)
Commented by tantan_quelle at 2013-08-30 16:20
♪かおりさん
ベルリン市内なのにこの自然、スゴイですよね!
ペーさんとも「同じ首都でも東京じゃ考えられないね」と話していたのですが、奥多摩まで行けばかなり自然があるので東京も自然がない訳ではないのですが。
ぶらっとお散歩でしたが、思いがけず美味しい物も食べられ日帰り旅行気分を味わえました♪
by tantan_quelle | 2013-08-27 15:50 | お出かけ | Comments(10)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle