Zoo mit Opa und Oma (ツアーバスでベルリンへ)

7月6日(土)

ペーさんパパ&ママがベルリンへやって来ました。
ペーさんの実家からベルリンまでは約300キロです。
その距離をドイツの速度制限無しの高速道を運転してベルリンまで来るのは自信が無いし、電車で来るにも電車の駅がある隣の市まで行かないといけなし、ということで、ベルリンまでの日帰りツアーバスに乗ってベルリンへやって来ました。

動物園のすぐ前のバスターミナルに予定通り朝11時に到着しました。
レストランで和食を食べたことがないので、お昼は是非和食を食べて欲しい♪ということで、動物園の近くで朝11時半から開いている一心亭へ行きました。
お料理はいろいろな物を食べて欲しいとペーさんのチョイスであれやこれやとたくさん頼みました。
f0224632_14102096.jpg

2人はお刺身は食べたくないとの事なので、お寿司はしめ鯖、ツナの軍艦巻き、鰻巻きにしました。
f0224632_1410385.jpg

いくらと炙りサーモンはペーさんが自分用にオーダーしました。
f0224632_1411877.jpg

食べ物に対して保守的なパパ&ママはどうかなぁと思いましたが2人とも一通り食べてくれ、パパはほうれん草嫌いなのにほうれん草の胡麻和えにもチャレンジしていたし、豚肉のしょうが焼きをお替りしていたし、ママも甘い鰻に驚きつつも(ドイツでは鰻はたいてい燻製です)美味しいと言ってくれたし一安心◎

ゆっくりおしゃべりしながら食べているとあっという間に13時過ぎで慌てて動物園へ移動しました。
まずは入ってすぐの象の前で記念撮影。
f0224632_14113036.jpg

象コーナーだけでも結構あり、ペーさんが「この動物園には象以外もいるからね」なんて冗談を言っていました。
f0224632_14115372.jpg

たくさんの動物をあれこれ言いながら見ているとあっという間に時間が過ぎてしまい、広い動物園の半分も周れませんでした。
f0224632_14123428.jpg

とてもお天気の良い日でしたが、緑がたくさんで木陰もいっぱいあるのでブラブラ歩くのが気持ち良く、ベンチに座っての休憩も心地好かったです。
f0224632_1413851.jpg

帰りのバスは16:10にまた動物園前のターミナル発だったので、15時過ぎには動物園を出て近くのカフェでお茶をしてバスターミナルへ。
わざわざベルリンまで来てくれたのに本当に慌しいくらいあっという間でした。
「次回は是非是非泊りがけで来て下さいね」と言うと、
ペーさんが「泊りがけだともっと美味しい和食がうちで食べられるからね♪」と私に胡麻をすっていました。(笑)
(好みの問題だと思うのですが、生姜焼きがかなり甘めの味付けでたまたま前日私がうちで作った物の方が彼の好みだったらしいので、私にプレッシャーを掛けていたのではなく胡麻すりだと思います。)

ペーさんパパ&ママを見送った後、リュウがおっぱいを飲みたそうにグズり始めたので私達はまた動物園へ戻り木陰のベンチで授乳タイム。

その後新しくオープンしていた鳥ハウスへ行ってみました。
いろんな鳥がエリア(アジア、東南アジア、オーストラリア、アフリカ等)ごとに分けてあります。
f0224632_14135385.jpg

金網越しに見るコーナーもあるのですが、面白いのは鳥がいるお部屋に入れるコーナーががあることです!
f0224632_14141938.jpg

トロピカルな東南アジアのお部屋に入るとペーさんは「マレーシアへ行かなくてもいいね♪」。
いやいやここには海がないですからー!!!
f0224632_14144683.jpg

お隣のアフリカのお部屋に入ると「アフリカよりマレーシアの方が暑いね」
なんて冗談を言いながら見て周りました。

リュウへのお土産は、お庭で採れたベリー類とペーさんママお手製のベストとソックスでした。
ラズベリーを初めてあげてみました。柔らかいのでイチゴより食べ易そうでした◎
f0224632_14154042.jpg

ドイツは夏でもガクンと気温が下がることがあるので、手編みのベストとソックスも秋までに出番があるかもしれません♪
f0224632_14163482.jpg

「オパ&オマありがとう!次はそちらへ会いに行くよ!それまで毎日いっぱい食べて大きくなるからオパとオマも元気でね~!」リュウより♡

ドイツ国内でベルリンへの日帰りバスツアーなんてあるのね!と思われた方、応援クリックお願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-07-11 14:30 | お出かけ

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle