U5 und Wiegen (腸の変化と離乳食)

5月23日(木)
リュウの定期健診の日でした。
久しぶりの検診で、0歳児最後の検診だと思いペーさんも一緒に行ってもらったのですが、次は1歳前検診が10月にあるようです。
f0224632_1991368.jpg

検査の結果、特に異常なし◎
・・・でしたが、体重が6キロ丁度でやや軽過ぎでした。
f0224632_1911308.jpg

実は前の週の金曜日からかれこれ1週間下痢気味だったので体重は減ってしまったのだと思います。
実際うちで数週間前に測った際に6.4キロありました。
先生にその旨を伝えると、1週間後再度測定に来るように、とのこと。
そして、離乳食を開始するように言われました。
f0224632_19115023.jpg

日本は重湯から始めるのですが、というと、それでも良いけれど、重湯は殆ど水分なので、体重を増やしたいのだし、下痢止め効果もある人参から始めては、とアドバイスを貰い、早速人参の離乳食を開始しました。

日本の離乳食の作り方を見ると、人参は重湯やお粥の後だからか人参はすり鉢で摩り下ろすとあったので茹でてから摩り下ろしました。
f0224632_19122087.jpg

最初の1杯を拍子抜けするくらいあっさりパクンと食べて飲み込んだので、最初はスプーン1-3杯と書いてあったのでスプーン山盛り3杯を小分けにしてあげました。
調子に乗って食べさせていると、最後の1杯を食べてむせて咳き込み大慌て。
思えば今まで水分を飲んだ事しかないんですものねー。
後で帰ってきたペーさんが摩り下ろし人参を見て、「茹で汁とミキサーに掛けた方が食べやすいんじゃない?」と。(←普通は最初からそうですよねー。無謀な母でスミマセン!)
f0224632_19135571.jpg

(↑便の出過ぎでお腹がペタンコです。)

翌日は早めに帰ってきたぺーさんとお食事。
水分大目のゆるーい人参をパクパク。
f0224632_19144063.jpg

オモチャのスプーンを持たせても、人参がのったスプーンを自分でつかみたがるのであちこち汚れてたいへ~ん!
f0224632_19151367.jpg

それでも楽しそうにパクパク食べてくれるのでヨシとします◎

そして迎えた1週間後の体重検査。
f0224632_19153572.jpg

結果は同じく6キロ・・・
下痢(というか、便はもう普通になっていましたが一日6-7回ドバーっと出ていました)がまだ治っていなかったので、スプーン3杯の人参では体重増加にそんなにつながらないだろうし、減っていないだけ良いのでは、と言うと、先生はもっとあげるように、と。
どの位あげて良いのですかと聞くと、「本人が食べたいだけ」なんてざっくりした回答でした。
そしてその日は何と人参1本(ドイツの人参は日本の物より細く短いですが)をペロリと平らげビックリ!

人参を1週間食べさせ、翌週は繊維質が多く下痢にも便秘にも良いというサツマイモにしました。
甘くて美味しいのか最初の一口を食べてニッコリ。
そしてパクパク。

サツマイモも1週間経ったので今日からズッキーニにしようと思っています。
(追記:日本と違ってこちらではカボチャは季節限定なので、カボチャの代わりにズッキーニと思ったのですが、カボチャが見つかったのでカボチャにしました。)
今度の月曜日、再度体重測定に行きます。
体重が増えているといいな♪

なーんて、ペーさんの遺伝子にも私の遺伝子にも太る要素はしっかり入っているので、体重が増えずに悩むのはきっと人生で今だけなんだろうな。(^^;)

ちなみに下痢は2週間ほどで治まりました。
原因はよく分かりませんが、本人はいたって元気で機嫌も良かったので生理的な下痢だったようです。
生理的な下痢って何?という感じですが、腸の消化機能の変化の過程だったのかもしれないし、これも成長の過程の1つだったのかなぁと思います。

なかなか体重が増えない小粒ボーイに応援クリック、お願いします!(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by tantan_quelle | 2013-06-07 19:00 | 子育て

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle