Weihnachtsmarkt in Potsdam (今年のコレクション☆)

毎年クリスマス・マーケットへ行くと、グリュー・ワインを飲んで(私はノン・アルコールの子供用だけど^^;)、カップを集めている。
カップは購入の際にカップ代を払い、カップを返却すればお金を返してもらえ、カップが欲しい人は持ち帰って良いというシステムで、私は地名とその年が記入された物を集めることにしているけれどこれが意外と難しい。
地名が書かれていなかったり、地名だけだったり、昔の物の使いまわしだったり、なかなか地名とその年が書かれている物がない。
しかも、できれば地名もいろいろな場所の物を集めたい、ということで、今年はベルリン郊外の街、ポツダムまで行ってみることにし、土曜日にぺーさんに付き合ってもらいポツダムへ。

ポツダムで一番賑やかな商店街のある通りに市場が立っていた。
f0224632_2235186.jpg


クリスマス・マーケットお馴染みの名前やメッセージを書いたお菓子や
f0224632_2231552.jpg

クリスマスのオーナメント等、
f0224632_2254483.jpg

定番のお店が並ぶ。
石鹸?と思って近寄ると、マジパンやヌガー等を売るお店だった。
f0224632_227333.jpg

その他手袋や帽子などを売るお店もよく見かける。きっとお店が少なく、スーパーがなかった時代はクリスマス前、みんながうきうきとお買い物をする娯楽だったのだろうなぁ。

もちろん今でも娯楽の場で、移動遊園地が来たり、
f0224632_228651.jpg

スケートリンクが作ってあったり、子供達は今でもクリスマス・マーケットを今でも心待ちにし、大喜びだと思う。
f0224632_2283181.jpg


煙突が付いた小屋に近寄ってみると、
f0224632_2285423.jpg

炭火でソーセージを焼いていた。
f0224632_2292029.jpg

私は「ちょっと焦げすぎじゃない?」なんて言ったけど、ぺーさんもちろんは迷わず購入。
セルフサービスのマスタードをたっぷりつけて食べて。
f0224632_2210574.jpg

昔はこんな風にソーセージを作ったのね、という絵が壁に描かれていた。
f0224632_22103356.jpg

今でも自家製ソーセージはこうやって作るのかな。

大きなトナカイが頭を動かしながら歌を歌って人を呼び込んでいる小屋はグリュー・ワイン屋さん!
f0224632_22111024.jpg

駆け寄ってチェックしたけれど、こちらは透明なグラスのカップを使用。

巨大クリスマス・ピラミットとなっている小屋もグリュー・ワイン屋さんだけれど、こちらは「ポツダム」とだけ書かれたカップで年の記載がなかった。
f0224632_2211361.jpg


ポツダムまで来たのに~!と残念だったけど、仕方がないので大きな石釜でチーズ入りのパンを焼くパン屋さん等いろいろ眺めたり、
f0224632_22121332.jpg

屋台ではなくクリスマス・マーケットの通りにあった、木製オーナメントのお店は、ショーウィンドーがとってもかわいいので中も覗いたりしながら元来た道を戻ることに。
f0224632_22141396.jpg

とってもかわいらしくクオリティーの高い飾りがたくさん。
f0224632_22144960.jpg

もちろんお値段も素晴らしく、こういった物を飾れるようなもうちょっと大きなうちに引っ越せたら少しずつ増やしたいなぁと妄想しながら眺めた。
f0224632_22162847.jpg

(ちなみにこちらの動く小さな街はナント50万円!!!)

元来た道を戻り、スタートした地点を通り過ぎ更に歩き、
f0224632_22175362.jpg

ついに発~見♪
f0224632_22181572.jpg

ブーツ型のカップに「ポツダム 2011」の記載が!
クリーム色、青・茶色の3色があり、茶色を持ち帰り、今年も無事にコレクションを増やすことができた◎

寒かったけれど、お目当ての物が無事にみつかったし、ポツダムまで行って良かった~♪

ご訪問のしるしにポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
[PR]
by tantan_quelle | 2011-12-20 08:35 | イベント

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle