Fairplay für Vielheit (6月恒例のパレード)

日曜日に今年のChristopher Street Dayのパレード(ゲイ・パレード)があり、ぺーさんと見物に行ってきた。
f0224632_19482960.jpg

今年のスローガンは“Fairplay für Vielheit“(多様性に公正な扱いを)らしく、そう掲げた山車を沢山みかけた。
f0224632_19484922.jpg

他には、スウェーデンの国旗をたくさん付けた山車には“ Anders? Gut so!“(違ってる?だから良いんだよ!)というのもあったし、
f0224632_19492096.jpg


女子サッカーのワールドカップが週末からドイツで開催されているのを受けてか、“Wir Können Fussball“(私達はサッカーができる)と書かれた女性集団のピンクの山車や、サッカーボールを持った集団も見かけた。
f0224632_19494988.jpg

これに対しぺーさんは、女子サッカーの選手がレズビアンとは限らないのであまりワールドカップに便乗するのはどうかなぁ?と難色を示していた。

サッカーボールを付けた山車がベルリンの市バスによく似ているなぁ思ったら市バスで、
f0224632_19502483.jpg

どうやらベルリン交通局はこのパレードのスポンサーらしい。

ドイツの航空会社ルフトハンザもスポンサーだった。
f0224632_19505740.jpg


そして、私が使っている電力会社Lekkerもスポンサー!
f0224632_1951282.jpg

Lekkerは原子力発電を使わないという理由で選んだけれど、地球に優しく公平な電力会社だと知り嬉しくなった◎

ベルリンのシンボル、クマもパレードに参加していた♪
f0224632_19515527.jpg


「ローマ法王来たる」と書いたプラカードに先導された集団は、
f0224632_19524227.jpg

9月のローマ法王がベルリン訪問に際し、同性愛を非難するローマ法王に抗議デモを行うという人達だった。

毎年羽を付けた方はいっぱいで、
f0224632_19534478.jpg

今年も大きな羽を付けた目立つ人達がちらほらと。
f0224632_19541556.jpg

f0224632_19543772.jpg


レディー・ガガの山車もあると思ったら、
f0224632_1955748.jpg

彼女の曲“Born This Way“がゲイ達のテーマ・ソングになっていると知り「なるほど!」と納得。

メリーゴーランドの様なスカート(?)を履いた人は以前も見たことがあるので、
f0224632_19553423.jpg

毎年この衣装で参加しているのかも。

アバターのそっくりさんも居て、
f0224632_1956343.jpg

みんな一緒に写真を撮りたいと引っ張りだこだった。

山車の後ろに乗っている婦人警官コスチュームの2人は男性で、
f0224632_1956469.jpg

2人ともスタイル抜群でとっても綺麗だった。

グラディエーターの様な人達も!
f0224632_19579100.jpg


女性達も頑張っていたし、
f0224632_19595560.jpg

ベルリン在住の人か分からないけれど、スウェーデン、ブラジル、カナダ等いろんな国旗を見かけたし、
f0224632_19575760.jpg

微笑みの国のタイ人もいたし、
f0224632_19581847.jpg

外国人の参加もたくさんだったみたい。

暑過ぎず寒過ぎずのお天気に恵まれ、パレード日和だった◎
f0224632_19475411.jpg


写真をたくさん撮ったけれど、どこまでネットに載せて良いのか分からないので(^^;)この辺で。
ゴールのブランデンブルグ門には特設のステージが設置され、パレードの後はコンサートがあったようだけれど、私達は丁度近くをサイクリングしていたぺーさんのお友達カップルと合流し、夕飯を食べに行った。
楽しい一日だった♪

↓ポチポチっと応援クリック頂けると嬉しいです。(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by jazzbud at 2011-06-28 23:18
タンタンさん。
こんばんは〜
楽しいパレードの様子が手にとるように見えてきますよ。
趣向をこらした主張が楽しいですね。
市バスですか?
素敵な変身ぶりなんでしょうね。
アバターだ!本物見たいにみえますね。
やはりそちらの方達も写真に写されるんですね。一緒に。
こちらでも京都の偽舞妓さん(素人が舞妓さんの格好を
して、祇園周辺を歩くことができるんです)をみて
観光客の方や外国の方が一緒に写真を撮ってる姿を
よく見ます。外国の方わかってるのかな?って不安に
なる時があります。笑..(偽舞妓はんやで〜)って。
Commented by tantan_quelle at 2011-06-29 06:25
♪jazzbudさん
アバター、本当に本物そっくりだったんですよ。

京都のその偽舞妓さん、日本の観光客はともかく外国の方は多分本物だと思ってられるでしょうね。
国に戻って「日本のゲイシャ(そもそも舞妓を知らないかも?!)と写真を撮った!」と自慢されていると思います。(^^;)
Commented by samandra at 2011-06-29 10:00
わーまたまた楽しそうなパレード★
羽根がいいですねー。メリーゴーランドの隣のひとの脚が
きれい。アバターもすごい。
違ってる?だから良いんだよ。っていうのがいいですね。
そんなに 公正な扱いをされていないのでしょうか?

暖かそうでうらやましいー!
Commented by tantan_quelle at 2011-06-29 14:55
♪samandraさん
文化カーニバルとはまた違った楽しさです。(笑)
どの山車もノリノリの音楽をかけていて、一緒に踊ってしまいます♪

ドイツはゲイが市民権を得ていると思います。
同性結婚ができるし、ベルリンハンブルグの市長さん(代わっていなければ)はゲイなんですよ。
それでもやっぱり偏見の目で見る人はどこにでもいるのでしょうね。
幸いにも私はそういう目にあったことはないですが、人種差別をする人がいるように、ゲイに対して偏見を持っている人もいるのだと思います。

この日は割りと涼し目で私は長袖を着ていたし、更に上着を着ている人もいっぱいでしたが、パレードに参加する人は涼しさなんてものともしないパワーでした。(^o^)
Commented by usaoshippo at 2011-06-29 21:01
たんたんさん
こんばんわ^^
電力会社を選べるっていいですよねー。こちらは東電しかないんですもんね。。

ぺーさんといつも一緒にお出かけ仲良しだな♪

>コメントありがとです♪
本ね、いつも図書室で借りてて・・なんてタイトルだったか忘れちゃったの~~~。今度また見ておきますっ♪
たんたんさんも精神的なものなのかな。。
ほんと、アレルギーって嫌(><)
ネトルってハーブティー、、ドイツにあると思うんだけどどうかな・・?

あ、あとローズマリーおめでとう(笑)
Commented by himekagura at 2011-06-30 01:31 x
ゲイパレード、派手で賑やかでいいですね~。一度生で見てみたいです。
Anders? Gut so!“は、金子みすずさんの詩にあった言葉、「みんなちがって、みんないい」というのを思い出しました。それぞれの違いをみんな尊重しあえたらいいのになあと思います。
それにしても、このアバター、すごい。凝ってますね!
Commented by tantan_quelle at 2011-06-30 19:10
♪はるひちゃん
本当に、使いたくなくてもそれしかないってヒドイですよね。
ぺーさんも日本に居た時に電力会社やガス会社といった絶対に無くては暮らせない物が選べず、「独占禁止法に引っかからないの?」と言っていました。

私も日本に居た時は本は図書館派でした。
本って重いし置き場に困るので図書館で借りて読み、気に入って何度も読み返したい本は後で自分で買うようにしていました。
今は図書館で借りられないので、日本に居た頃より本を買っているかも?!

ネトル、探してみます!どうもありがとうございます◎

ローズマリー、お料理にお風呂に活用しますね♪
Commented by tantan_quelle at 2011-06-30 19:15
♪himekaguraさん
金子みすずさんはACのCMで有名になられた詩人さんですよね?
CMに使われていた詩が大正の作品だと知り驚きました。

本当に、違いに拒否反応を示さずみんなが尊重し合えたらイイですよね◎

アバター、本当にそっくりでした。
この2人だけでもっとアップで撮らせて欲しかったです。
Commented by starofay at 2011-07-01 12:48
シドニーでもゲイマーディグラが毎年開かれますよ。
一度だけ見に行きました。こちらのは夜なんです。
確かにネットには載せれないような人達がいっぱいでした。

義父のことはオパと呼ぶこともグランパと呼ぶこともあります。
他にもたくさんドイツ語を学んでくれると良いのにな。
Commented by tantan_quelle at 2011-07-01 14:55
♪starofayさん
オーストラリア人のお友達がコスチュームデザインの仕事をしていて、マーディグラの雑誌の様なものを見せてもらったのがゲイ・パレードの存在を知った初めての時ですごい衝撃を受け、以来「ゲイ・パレード=シドニーのマーディグラ」くらいに思っていました。(笑)
多分シドニーもそうだと思うのですが、音楽とかすごくないですか?夜だとうるさ過ぎないのかなぁ?
まぁ、土曜日だし年に一度のイベントなので大目に見てもらえるのでしょうね!
こういうパレードだからこそ、昼間の方が健全に見れる気もします。(^^;)

日本には時々行かれると思うのですが、ルーツを辿る意味でもドイツにも遊びに来られたらもっと興味が沸くかもしれないですよね。
by tantan_quelle | 2011-06-28 19:35 | イベント | Comments(10)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle