Berlinale 11 teil 1 (映画祭~邦画編)

只今ベルリンでは毎年2月恒例のベルリン国際映画祭が開催中。
(去年のレポートはこちら→
f0224632_2172786.jpg

ぺーさんは今週1週間お休みを取って映画三昧する!と楽しみにしていたのに出張を入れられ大ショック。
週末が2回あるのでせめてその土日のチケットを取ってあげようとチケットを購入した。
f0224632_218219.jpg

割とラッキーなことに、私が観たい映画もぺーさんが観たい映画も週末に上映していて、チケットも購入することができた◎

先週の週末は邦画ばかり3本鑑賞した。
まず1本目は「白夜行」。
f0224632_2183195.jpg

深川栄洋監督と主演の堀北真希が舞台挨拶に来る日だったからか会場は満員!
f0224632_219883.jpg

私は原作は読んでいないけれどドラマ版を観たことがあり、10時間以上のドラマ版と2時間程の映画版では当然ドラマ版の方が細かいエピソードがあり、登場人物それぞれの感情等も描かれていて観ている側としても感情移入できた。
「小説が原作の物を映画化するにあたって注意された点は?」という質問に対し監督さんは「敢えてメインキャラクターの2人が会うシーンを作らないようにした」とおっしゃっていたし、意図的に淡々と描かれたのかもしれないけれど、「なぜそういう行動を取ったか?」というのが分からない部分があり物足りなかった。
ドラマ版は原作と違うという批判も結構あったし、原作はどんな風に描かれているのか読んでみたいなぁと思った。


映画の上映とその後のQ&Aコーナーの後、会場の外で監督と堀北真希ちゃんのファン・サービス。
f0224632_2192734.jpg

真希ちゃんは多くのファンに囲まれていたので断念し、ぺーさんは監督のサインを貰っていた。

翌日2本目は4時間半もある「Heaven's Story」。
f0224632_2194510.jpg

長い上に、突然通り魔に奥さんと子供を殺された男性と、殺害した少年、そしてその人達と関わる人達の物語という重い内容なのでちゃんと最後まで観れるかなぁ、と心配だったけれど、内容に引き込まれ最後まで集中して観れた。
手持ちカメラでの撮影なので走るシーンはブレブレで、やたらとアップが多く、前の方の席だったので大画面で迫られブレるので、そういう意味では疲れたし、登場人物が多過ぎて、要らない人もいる気もしたけれど、内容的には見応えがあった。
「憎しみからは何も産まれない」という事がテーマという感じの内容で考えさせられた。

3本目は南果歩主演の「家族X」。
f0224632_21101537.jpg

夫婦と子供の3人家族で、母親は専業主婦、父親はリストラ寸前のサラリーマン、息子は就職浪人のフリーター。
家族間のコミュニケーションがなく、家庭が崩壊し母親が壊れてゆく、というストーリーで、題材的には面白い気もするけれど、描き方がなんだかあまりにも淡々とし過ぎていて、1時間半位の映画なのに長く感じてしまった。
しかも、こちらもハンディカムでの撮影で、静止している物のシーンですら画像がグラグラと動き観ていて疲れた。
吉田光希という若い監督の作品で、監督もみえていたので上映後にQ&Aの時間があった。
結構厳しい意見が出るのでは?と思いきや、観客の皆さん優しいコメントで驚いた。

今週末はドイツ映画1本と、ロシアが舞台のドキュメンタリーを1本観る予定。
今までの映画は3本とも見終った時に良い気分になれるという感じの映画ではなかったので、今週末の映画でそういう気分を味わえるといいな、と思っているけれど、内容がちょっと重い系なのでどうかなぁ?

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by samandra at 2011-02-18 22:00
映画三昧、いいですねー!
コドモがいると、大好きだった映画館から遠のきます。
ベルリンまで、日本の女優さんが来てるんですね。
楽しそう。
家族X、ちょっと観てみたい題材。。。

ビスコッティのレシピ、ブックマークしました。
近いうち作ってみますね!ありがとうございまーす!
Commented by himekagura at 2011-02-19 01:00 x
堀北真希ちゃん、やっぱりかわいいですね~。
白夜行、私もドラマの方をチラッと見ました。途中を少し見ただけなんですが、綾瀬はるかが恐くてうまかったですね。堀北真希ちゃんだとどんな感じなのかな?
それにしても映画三昧、すごく羨ましいです。
Commented by tantan_quelle at 2011-02-19 05:00
♪samandraさん
ベルリンに来るまで知りませんでしたが、ベルリン国際映画祭は世界3大映画祭の1つらしく、毎年日本からも監督や俳優さんがやって来ます。
去年は大好きな堺雅人さんのサインを貰えました♪

「家族X」、題材は面白いと思ったんですけどねぇ。
まぁ実際の生活でそうそう事件やドラマは起きないので、日常を描いた映画、と思えばああいう感じなのかなぁとも思いますが。
家族のコミュニケーションが直接の原因ではないのですが、同じように母親が精神的に追い詰められて鬱病になって・・・という題材では、前クールでドラマになっていた「フリーター、家を買う。」が面白かったですよ。なんて、私は平日は一人暮らしなので日本のドラマをセッセと見ていますが、リンカちゃんの事やおうちの事などでお忙しいsamandraさんはドラマを見る時間なんてないでしょうか?

ビスコッティ、簡単で美味しいので是非試してくださいね!
私も黄な粉入りや抹茶入りといったアレンジ・バージョンを試したいと思っています。(^_-)
Commented by tantan_quelle at 2011-02-19 05:10
♪himekaguraさん
堀北真希ちゃん、画面で見る以上に華奢で顔がしゅっと細くて綺麗でした。
ただ、この映画では「色気が足りず魔性の女らしくない」という批判もあったようですね。
綾瀬はるかちゃんは、素はすっごく天然キャラの様ですが、「白夜行」の魔性の女も「ホタルノヒカリ」の干物女もしっかり演じていたので、演技力があるのだと思います。
彼女はコメディ・タッチの作品では結構変顔も披露していますが、変顔をしても許されるかわいい顔なのが羨ましいです。(*^_^*)
Commented by jazzbud at 2011-02-20 00:15
たんたんさん。
こんばんは〜
映画三昧ですね。
うらやましい〜。
映画って昔は三本立てとかあって
暇な時間はずっと映画館に入ったまま
途中眠ったり、結構ゆったりと映画観てたな。
今じゃそういう訳にはいきませんね。
でも前の方でみてたらほんと目から耳から疲れてきます。
いつも真ん中より後ろくらいがちょうどいい感じになってきました。
国際映画祭で日本の俳優さんやら監督さんに
会えるってうれしいでしょうね。
サインサービスまであるなんて!
力入ってますね〜。
Commented by tantan_quelle at 2011-02-20 00:35
♪jazzbudさん
こんばんは~!
そうそう、今は1本ごとに入れ替え制なのでそのまま長居して・・・という訳には行きませんよね。

映画は真ん中よりやや後ろの方が良いのでしょうね。
映画祭は俳優さんや監督さんがみえる事もありやや前列に行ってしまい、それが裏目に出てしまいました。^^;

去年の映画祭は自分でチケットを全く手配せずに俳優さん(大好きな堺雅人さんにも!)に会えてサインももらえてラッキーでした☆
去年のレポートにも飛べるようにしたので良かったら見てください。(^_-)
Commented by uhihihihi at 2011-02-20 09:48
おはよう~♪
映画三昧な日々・・・いいね~。
ベルリンに堀北真希ちゃんも来たんだ~!
そういえばNewsでやっていたような・・・

>ラスク、焼きすぎちゃったのね。オーブンってそれぞれ違うもんね。 私もホワイトチョコのほうは焼きすぎな感じでちょっと人には
配れない感じだったよ(笑)
Commented by tantan_quelle at 2011-02-21 20:20
♪uhihihihiさん
そうなんです、堀北真希ちゃんが来て、彼女と監督さんも一緒に鑑賞していて、私達のすぐ後ろの席でしたよ!

ホワイトチョコ、見た目では焼き過ぎ(焦げている)感じではなかったのに、焼き過ぎだったんですか?
難しいですね~。
いずれにしてもうちのオーブンはガス火なので予熱を控えめにして焼き時間も短めが良さそうです。
またチャレンジしますね~♪
Commented by sandonomeshi at 2011-02-21 21:48
どの映画も「見なきゃ良かった」ってことはないにしろ、「あ〜良かった!」ってのがなかったですよね。
ドイツ映画とドキュメンターはどうだったんでしょう? 次のアップも楽しみです! ^^
Commented by tantan_quelle at 2011-02-22 08:00
♪sandoさん
とうとうBerlinale終ってしまいましたね。
ドイツ映画と思っていた映画はオーストリア映画でした。^^;
早々にレポートをアップしますね!
by tantan_quelle | 2011-02-18 08:30 | イベント | Comments(10)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle