Tim Raue (ベルリンの星付きレストラン☆)

ず~っと前から「行きたいね」と行っていたレストランがある。
以前はベルリンの老舗ホテルAdlonに入っていて、若きドイツのスター・シェフTim Raueが中華料理(以前は和食も)を作っているとの事。
中華にはちょっとうるさいぺーさんなので、ドイツ人が作る中華だし、北の中華が好きなぺーさんに対しTimは南の中華だし興味を示さないかな、と思いきやすごく興味津々で、どんな中華を作るのか是非見てみたいとのこと。
5つ星ホテルの中のレストランで、しかもミシュランで星をもらっているだけありお値段もすごい。
それで行くのを躊躇っていたけれど、やっと去年の夏に行こうと予約の電話を入れると、レストランが無くなっていた…

その彼が、彼が育ったKreuzberg(ベルリンの地区)に自分のレストラン、その名も「Tim Raue」を年9月にオープンした。
f0224632_20435950.jpg

レストランは私達が元々食べてみたかった中華ではなく、中華、和食、タイ料理といったアジア料理の要素を取り入れた創作料理とのことだけれど、それはそれで惹かれる。
「行こう!」と言いつつ行ける日が土曜日しかないのでなかなか行けず、やっと先週の土曜日に念願が叶った☆

通された席は奥の角のソファー席で寛げる席◎
正面に大きな絵が飾ってあり、よく見ると…ゴミの絵?!
f0224632_20442763.jpg

なんでレストランでゴミの絵なんだろう??

最初に温かいおしぼりが出てきて、そんなサービスドイツではまずないので感激。
f0224632_20444671.jpg


まずは小さなサラダやお漬物、カシューナッツといったおつまみが。
f0224632_204576.jpg

沢庵があったので「こんなに食べれない!」と思ったけれど、特に塩っ辛い訳でも、市販の物の様に甘い訳でもなく、サラダ感覚でポリポリ食べるには良かった。

続いて海草とお豆腐のお味噌汁。
f0224632_20452758.jpg

柑橘系の皮が入れてあり、それが柚子の様な香りで美味しかった。
ベルリンでも生の柚子が買えるの?!と驚いて聞いてみると、柚子ではなかったけれど、柚子の代用にきそうな物があることが分かったのは嬉しい♪

そしてここからが私達が頼んだ3品コース。
まず私の前菜は甘エビ。
f0224632_20463414.jpg

盛り付けが綺麗で、ソースもとっても美味しかった。

ペーさんの前菜は牛のタルタル。周りの添えてあるのはワインで煮込んだトマトにビート芋を重ね、更に魚卵をトッピング。
f0224632_2047985.jpg


私のメイン、牛肉のグリル。
f0224632_20473940.jpg

これが絶妙なグリル加減で、外はちょっと焦げ目がついているのに中は血がしたたっていて、胡椒が利いていてめっちゃ美味しい◎
添えてあったのは冬瓜や椎茸で、ソースは干し椎茸の戻し汁をベースにしてあった。

ぺーさんのメインは鴨のグリルを中心とした3点セット。
f0224632_2048628.jpg

f0224632_20482812.jpg

f0224632_20484465.jpg

クリームやスープは鴨のブイヨンで作ってあり、鴨の風味が利いていた。

そしてデザート♪
私はカカオたっぷりのチョコレートと梨のシャーベット。
f0224632_20491065.jpg

ぺーさんはラズベリーとライチ。
f0224632_20495045.jpg

私が最初にチョコを選んだので、ぺーさんは「じゃあ違う方」と選んだら、あまりのかわいさにビックリ。(笑)

そしてもう一品オマケのゼリーが出て終了。
f0224632_2050541.jpg

とにかく一品一品手が込んでいて、盛り付けもすっごく綺麗で感動。
お手洗いに行く時にガラス張りの調理場が見え、多くの人が働いていて驚き「キッチン・スタッフは何人ですか?」と尋ねると、Tim以外に12人との事。
きっといろんな係りに分かれて作業しているんだろうなぁ。

ぺーさんも満足したらしく、次はディナーにも来てみたいね、なんて話していたけれど、ランチでも思ったより高かったし、ディナーとかなり勇気がいるなぁ。
もうちょっとコスト・パフォーマンスが良いと嬉しいのになぁ。

レストランを出て食後のお散歩でブラブラ。
チョコレート屋さんとして有名なLeysiefferがあり、お友達のブログでそこのパンナコッタが美味しいと書いてあったのを思い出し早速購入。
f0224632_2056826.jpg

確かに苺のソースも、バニラ・ビーンズたっぷりのパンナコッタも濃厚で美味しかった◎

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by samandra at 2011-01-27 20:59
ゴミの絵から想像すると,ワイルドな男料理なのに。
ちょこまかとなんて可愛いのでしょうー。甘エビちゃん、泳いでるみたい。ラズベリーとライチは女の子にきゃーって言われそう。
ドイツに行ったらここ、行きたいです。
ゴミの絵、もしかして 残飯なのかな。食べ物を大切にってことかな。
Commented by horime at 2011-01-28 00:52 x
わあ~
ほんと盛り付け素敵♪
デザートなんて宝石みたい☆

デザート大好きなわたし・・・

そうそうベトナムの市場ももちろん何度かいきましたよ♪
Commented by himekagura at 2011-01-28 11:56 x
最初に温かいおしぼりが出るなんて、サービスもいいですね!そして、お料理の盛りつけも美しいし、どれも美味しそうです。たくあんも出て、なんだかおしゃれな洋風(私の感覚では)にも思える牛肉のグリル、鴨のグリルもあったりして、すごくバラエティに富んでるし、面白いですね。ランチとは思えない豪華さです。
↓の日記のピザのレシピ、興味があるのでいただきたい気もするのですが、私、どうもこういう粉系のものをうまく作れなくて、(トルティーヤを大失敗したトラウマ、、。)レシピわざわざいただいても作れないかもしれないので、今回は遠慮します。いつか自信がついたら、またお願いします!(それっていつのことか、、。)
Commented by tantan_quelle at 2011-01-28 20:20
♪samandraさん
なるほど、ゴミの絵にはそういう意味があるんですかね。
ここのお料理は美味しいのはもちろんですが、綺麗にちょこちょこっとしか出てこないので残して残飯になる事はなさそうです。^^;

甘エビ、スイスイ~と泳いでいるみたいですよね。
そして、ラズベリーとライチのデザートは本当に「きゃー!」っていうかわいさでした◎
そのかわいいのが、大男のぺーさんの前に置かれたので思わず笑ってしまいました。(^o^)
Commented by tantan_quelle at 2011-01-28 20:25
♪horimeさん
本当に盛り付けがすごく細やかで、一緒に盛り付けてある物もちゃんと別々に味付けがしてあり、だからキッチンに人が多く、そして全員が忙しそうなんだなぁと納得しました。

デザート、私も大好きです◎
ラズベリーとライチのデザートは、メニューに「ラズベリーとライチ」しか書いてなかったので、お皿にただフルーツが出てくるのだと思い、折角レストランでのデザートだから、と私が他方のチョコを選んだのでぺーさんはこちらにしたのですが、あまりのかわいさにビックリ!
もちろん味も美味しかったし、これなら逆でも良かったな、なんて思いました。
もちろん両方を一緒に食べました。(*^o^*)

ベトナムの市場、楽しいですよね♪
私は螺鈿の下駄やお箸置き等を買いました。
Commented by tantan_quelle at 2011-01-28 20:35
♪himekaguraさん
温かいおしぼりのサービス、日本では普通ですがドイツでしてもらうと嬉しいですよね。
ぺーさん、「日本のおじさんみたいにコレで顔を拭こうかな」なんて言うので、「やめて~!」と止めました。^^;

お漬物は、しっかり漬けたいわゆるお漬物は箸休め・ご飯の友達、という感じですが、浅~く漬けてサラダ感覚にすれば和食の前菜にもなるんだなぁと思いました。
アジア料理の要素(調理法、スパイスや調味料)を取り入れた創作料理なので、何料理、と言えないのですが(敢て言えばTim料理?)、とにかく「へぇ!」という驚きがありました。
確かにランチと思えない豪華さですが、お値段もランチと思えない豪華さでした。(>_<)
私達はお茶しか飲まなかったのですが、他のテーブルは皆さんお昼からワインで、きっとお値段もすごいんだと思います。
夜も行ってみたいのですがちょっと…

ピザ生地は寝かせるのがポイントというだけでとっても簡単みたいですよ。(と作っていない私が言うのもなんですが…^^;)
気が向いたらリクエスト下さい。
Commented by uhihihihi at 2011-01-29 09:44
こんにちは。
ブログに嬉しいコメントをありがとうございました!
ドイツに住んでいらっしゃるのですね。
盛り付けが繊細で品数も多いし素敵なレストランですね。
やっぱりお値段はそれなりにするんだね~。
でもこれだけ手が込mmでいたら仕方ないか・・・
陶芸、私もいつかやってみたいです。
センスがないけれど・・・楽しそうですよね。
これからもよろしくお願いします♪
Commented by tantan_quelle at 2011-01-30 19:50
♪uhihihihiさん
ご訪問&コメントありがとうございます。
一緒に盛り付けてある物も一つ一つ別々に味付けがしてあり、盛り付けもご覧の通りで、本当に仕事が細かく素晴らしかったです。
ただ、お値段も素晴らし過ぎてなかなか行けないのが残念です・・・
uhihihihiさんが年末に行かれた溝口のレストランは美味しそうでコスト・パフォーマンスも良くてイイですね♪
以前三茶に住んでいたので溝口は比較的近かったんですよ。
東京で時間があれば行ってみたいです。

陶芸は私はすごく不器用なので「私なんかがやってもいいの?」という気持ちもあり始めるのを躊躇っていました。今は出来栄えはともかく楽しんでいます。(*^o^*)
こちらこそよろしくお願いします♪
Commented by sandonomeshi at 2011-02-01 18:44
うぉ〜、行ってこられましたかTim Raue!。私も馬の時に試してみようかと思ったことがありましたが、そっちは確かランチをやってなかったので断念したような記憶が・・・。^^; Tim Raueはお昼もやってるんですね。
でもうちは特別な記念日でも無理かな〜。
Commented by tantan_quelle at 2011-02-01 20:45
♪sandoさん
そうなんですよ、私達もmaの時にぺーさんの就職祝いとか、私の誕生日とか、いろいろ理由をつけて「行こう、行こう」と言いつつ夜しかなく激高で躊躇っていて、思い切って予約の電話をした時には「閉店しました」と…
Tim Raueはランチもやっているので、まずはランチからと試してみました。
想像とは違いましたが仕事が細かくお味も見た目も素晴しかったです。
なので夜も行ってみたいですが、ちょっと高過ぎですよね~。
実は私達、ma / Tim貯金をしていたんですよ。(笑)
今回ランチに行ったのでまだ残額はあるのですが、残額ではディナーは賄えそうもありません。(^^;)
by tantan_quelle | 2011-01-27 08:30 | 外食 | Comments(10)

ドイツ、ベルリン在住のたんたんこと私が日々のできごとを気ままにアップします。お気軽にコメント頂けると嬉しいです◎


by tantan_quelle